CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今治プチグルメツアーF 『くろふね菓舗』 | Main | 今治プチグルメツアーH 『松月堂』»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
リンク集
取材メンバー紹介

大三島メンバー
智 武 徳
おすすめはコレ
海風と海肌。旅人とのふれあい。
プロジェクトに参加した理由
大三島で多くの人に楽しんでもらいたいから。地域を元気にしたい!

大三島メンバー
大三島をもっと知ってほしい卓さん
「大三島を元気づける仲間を一人でも多く増やし、活気ある島にしたい!声をかけてください。」
おすすめはコレ
多々羅大橋の眺め。飽きることはないです。
プロジェクトに参加した理由
大三島のすばらしさ(自然、人情、景観等)を島内・島外の人たちに知ってもらうため

大三島メンバー
お お み
「あなたの笑顔と出会いたい。」
おすすめはコレ
鷲ヶ頭山から見る日の出
プロジェクトに参加した理由
山本優子さんの熱意に(賛同?)負けて。

大三島メンバー
ゆ き ん こ
「ゆったりと、やさしい気持ちになれますよ。あそびに来てね。」
おすすめはコレ
海、山、空・・・。自然に囲まれて空気がおいしい!
プロジェクトに参加した理由
大三島が好きだから。

大三島メンバー
みつこさん
「風は感じる心にそよぐ」
おすすめはコレ
星 ・ わくわくパーク
プロジェクトに参加した理由
大三島の素敵さを外から感じてもらい、島をルーツに育った人にそれが伝わり、 島の活性化につながればいいなと思って。

大三島メンバー
井上貞子
「瀬戸内海は地中海に負けませんよね。  私の目で確かめてみたいです。」
おすすめはコレ
上浦イチゴは全員が空中栽培(高床)です。
プロジェクトに参加した理由
大三島を楽しんでもらいたい。

大三島メンバー
KiKi.S
おすすめはコレ
海の歴史がいたるところに眠っていますよ。
プロジェクトに参加した理由
楽しい人たちとの出会いを期待して。

今治プチグルメツアーG 『あわびや餅店』 [2009年12月16日(Wed)]
くろふね菓舗を出て海沿いに進み、二本目の角にある『あわびや餅店』。
年季の入った木の看板に“創業慶応元年”とある。西暦1865年か?
144年間も続く超老舗ではないか! 



「“塩もち”食べたことある?」と、あちゃYOSHITAKEさんが聞く。
「甘くない塩あんが入っとるんよ」とのこと。
遠い記憶のかなたで味覚がよみがえる。
あれは何処で食べたのだろう。

が、無念、本日は売り切れとのこと。

老舗といえば、気になるのは跡継ぎのこと。
見ればご主人も女将さんも年齢的に充分がんばっている感じだ。
「子どもらはもう他の仕事しよるけど、
孫が『ボクがあわびやする』と言うてくるよるけんね」と女将さん。

「高校生なんやけど、よく店の手伝いに来るんよ。
さっきまで居たけど、勉強せないけん言うて帰った」と嬉しげな表情だ。

跡継ぎがおらず、店を畳まざるを得ないケースは多い。
がんばって続いてほしい。




■あわびや餅店
住 所 :今治市本町4−1−4
電 話 :0898-22-1384
営業時間 :8:00〜18:30
定休日  :月曜・火曜

Reported by Kazunari Utsunomiya


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント