CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今治プチグルメツアーE 洋菓子『玉屋 サントノーレ』 | Main | 今治プチグルメツアーG 『あわびや餅店』»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
リンク集
取材メンバー紹介

大三島メンバー
智 武 徳
おすすめはコレ
海風と海肌。旅人とのふれあい。
プロジェクトに参加した理由
大三島で多くの人に楽しんでもらいたいから。地域を元気にしたい!

大三島メンバー
大三島をもっと知ってほしい卓さん
「大三島を元気づける仲間を一人でも多く増やし、活気ある島にしたい!声をかけてください。」
おすすめはコレ
多々羅大橋の眺め。飽きることはないです。
プロジェクトに参加した理由
大三島のすばらしさ(自然、人情、景観等)を島内・島外の人たちに知ってもらうため

大三島メンバー
お お み
「あなたの笑顔と出会いたい。」
おすすめはコレ
鷲ヶ頭山から見る日の出
プロジェクトに参加した理由
山本優子さんの熱意に(賛同?)負けて。

大三島メンバー
ゆ き ん こ
「ゆったりと、やさしい気持ちになれますよ。あそびに来てね。」
おすすめはコレ
海、山、空・・・。自然に囲まれて空気がおいしい!
プロジェクトに参加した理由
大三島が好きだから。

大三島メンバー
みつこさん
「風は感じる心にそよぐ」
おすすめはコレ
星 ・ わくわくパーク
プロジェクトに参加した理由
大三島の素敵さを外から感じてもらい、島をルーツに育った人にそれが伝わり、 島の活性化につながればいいなと思って。

大三島メンバー
井上貞子
「瀬戸内海は地中海に負けませんよね。  私の目で確かめてみたいです。」
おすすめはコレ
上浦イチゴは全員が空中栽培(高床)です。
プロジェクトに参加した理由
大三島を楽しんでもらいたい。

大三島メンバー
KiKi.S
おすすめはコレ
海の歴史がいたるところに眠っていますよ。
プロジェクトに参加した理由
楽しい人たちとの出会いを期待して。

今治プチグルメツアーF 『くろふね菓舗』 [2009年12月15日(Tue)]
お寺さんが7件ほど居並ぶ寺町(現室屋町)。
その一角にある『くろふね菓舗』の扉をくぐる。



 風格ある和菓子屋の佇まいは、昭和37年に、
ご主人が修行先から独立して開いたお店だ。

開店当時からあるのが、
カステラにラム酒をしみこませた"ラムリン(4個入り¥462)"。
修行先にあった味を引き継いだものだという。
「普通よりもたっぷりとバターを入れたカステラを使うんよ。
ラム酒がしみ込んでも崩れんように」とのこと。



 「当時は、まだ洋菓子が珍しかったけんね。
この味もお客さんにずいぶん喜んでもらいました」

50年近いロングセラーだけに、ファンも多いのだ。

「"都会に出た子どもに懐かしい味を送りたい"と
買いに来る人もおるんよ」とも。

食べ染めた味に、郷愁にかられる人はきっと多いことだろう。

■くろふね菓舗
住 所 :今治市室屋町4−4−6
電 話 :0898-22-2236
営業時間 :8:30〜18:30
定休日  : 第二&第四の日曜日

Reported by Kazunari Utsunomiya


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント