CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月 »
登録団体名簿一覧
検索機能
Google

Web全体
ブログ内
市民活動情報等
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
プロフィール

志摩市市民活動支援センター「あすぱ〜る」さんの画像
原発についての講演と上映会のお知らせ[2011年06月30日(Thu)]
花講演タイトル『放射能と子どもたち』
今回の東日本大震災で飯館村から三重に避難された方の
生の声、現状の声を聴き、子ども達の安全について考えましょう!

日時 7月1日(金) 19:30〜21:00
場所 いせ市民活動センター・シティプラザ2F
参加費 500円
講演者 村上真平さん (福島県飯館村からの移住)
お問い合わせ 3・11を考える会 090−4163−5283(林)


花講演タイトル
『そのプルトニウム、どうするねん?』

もんじゅは福島原発とは全く違う形の原発!
原発よりも恐ろしい原発とも言われているそうです。この謎の原発の正体をはっきりとつかむため、初歩から説き起こしていただくもんじゅ講座にご参加ください!

日時 7月10日(日) 13:30〜15:30
場所 アスト津3F ミーティングルームAB 津市羽所町700
参加費 無料
講演者 大島茂士郎さん(ストップ・ザ・もんじゅ事務局)
お問合せ 原発おことわり三重の会
       0596−22−5090 090−4163−5287


花映画タイトル
『ミツバチの羽音と地球の回転』
日本の祝島とスウェーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の物語。持続可能な未来を求めて、今全国で大反響をよんでいる長編ドキュメンタリー映画!

日時 7月17日(日) 10:00〜12:20 13:00〜15:20
              16:00〜18:20 18:40〜21:00
場所 三重県総合文化センター生涯学習センター2F 視聴覚室
    津市一身田上津部田1234
鑑賞代金 1000円
お問合せ ひとつひとつの会
      090−2264−9833 hitotsu888hitotsu@yahoo.co.jp

日時 8月20日(土) 10:00〜12:15 14:00〜16:15
               19:00〜21:15
場所 いせトピア研修室1・2 伊勢市黒瀬町562−12  
鑑賞代金 大人(前売り・800円、当日・1000円)
       高校生以下(前売り・400円、当日500円)
前売り券販売所 中岡書店 鵜方2971−2 43−2706
           その他伊勢市の2書店でも販売しています。
お問合せ 090−3555−1893(さくま・10時〜15時)
       0599−55−3693(森下・10時〜18時)



星あすぱ〜るに上記で紹介したすべてのチラシを設置してありますのでご利用ください。また講演内容やチケットのお問合せは各お問合せ先へ連絡をお願いします。
Posted by 志摩市民活動支援C at 13:29 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
毎年恒例・DON舞フェスタ[2011年06月30日(Thu)]
鳥羽志摩地区少年警察協助員協議会さんからのお知らせ

キラキラ今年もやってきました、DON舞フェスタ!キラキラ
今年もおなじみ志摩スペイン村が会場になり
7月31日(日)に開催されます。


〓鳥羽志摩少年協議会(略)さんは地域にあって子供たちの非行防止のみならず青少年の健全育成を目的に組織され三重県警察生活安全部に属されています。

毎年貴団体はDON舞フェスタを開催し子供たちによる『よさこいソーラン踊り』と『太鼓演奏』のコンテストを実施しており今年で7回目を迎えるそうです。

去年のフェスタの模様↓

http://blog.canpan.info/shima0nsc/daily/201007/30

今回、代表の平賀さんは
 『東日本大震災で被災されて志摩市内に避難在住されている方々に子ども達が踊りと太鼓を通して精一杯頑張る姿を見ていただき元気を取り戻していただければと思い、フェスタにご招待したい。』 とおっしゃられました。

びっくりそこでこのブログを見ていただいているみなさんへお願い
志摩市に避難し在住されている方を知っている方へお知らせ、
またはこの件を知人や仕事場で広く周知していただけないでしょうか?


クローバーお問合せはあすぱ〜るまで宜しくお願いします。
あすぱ〜るにて情報を取得後、関係者からお問合せされた方々へ電話連絡が行くようになっています。

みなさんのご協力のほど、よろしくお願いします!!


志摩市市民活動支援センター あすぱ〜る
0599−43−7744 (火・水曜日は閉館日)
メール:asu−pearl@s1.city.shima.mie.jp
Posted by 志摩市民活動支援C at 09:57 | 団体からのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
市民活動力あっぷ↑↑セミナー[2011年06月30日(Thu)]
平成23年度 市民活動力あっぷ↑↑セミナー
第2回 「市民活動の極意」


みなさ〜ん!こんにちは(^o^)/
市民活動力あっぷ↑↑セミナーが6月11日に開催されましたので、
遅くなりましたがご報告させていただきます音符

今回の講師の方は市民活動力あっぷ↑↑セミナーではお馴染みとなりました、
釘山先生男の子と小野寺先生女の子です〓
今回は『市民活動の極意』ということで、会場の飾りつけのテーマは「夏〜ビーチ〜」←題目関係ないがな( 一一)/と。ツッコミも入りつつ、飾りつけ命炎で頑張りました笑顔
ド、ド、ドーン!!
…シンプルでしょ?(笑


でも「夏」を連想させる飾り付けにはなっています(よね?)今回のように飾りつけをする事で、参加者からは「ですね泳ぐ」「可愛い浮き輪ですね帽子クジラ」などの会話が弾みます♪
アイディアを出し合うときには飾りつけ冠をネタにするのもいいかもしれませんね電球

と、前説はさておき、
 (「浮き輪」「ビン玉」等のグループに分かれ)
今講座ではまず(志摩市のNPO法人数は14件ということで)これから活躍する団体向けの講座をしていきます。最初にNPONPO法人市民団体ボランティアNGOの言葉の意味を考えていきます。
NPO・NGO等の専門用語の意味を知っておくことも大事ですよね音符

用語を理解した後は、いよいよ今講座のテーマ『市民活動の極意』を学んでいきます(^^)/

講師の釘山先生は2005年に「愛・地球博」における、EXPOエコマネー事業NPO法人エコデザイン市民社会フォーラムの事務局長となり、当初予算0円だったところから、予算1億円を捻出された方です。
今講座では、その時に培ったノウハウを実体験を元に講義していただきます。

唐突ですが、質問です!

「みなさんが、ご自分たちでEXPOエコマネーの企画を考えたとします。
第一歩目として何をされますか?」

@博覧会協会に話しに行く。
Aどこかの一店舗で実験を行う。
Bマスコミに話して、記事にしてもらう。
Cチェーンストアー協会に話しに行く。
D行政に協力を依頼しに行く。
(ちなみに、この5項目は当時、事務局長であった釘山先生が実施した内容です。)


みなさんは出だしの一歩として、どれが一番効果的だと思いますか?笑顔
どれも効果的で良く感じますが、そこにもちゃんとテクニックがあります電球そのテクニックは実際に釘山先生の講座を受けていただければ身に付きます力こぶ
きっと目からうろこですよ音符


戦略(?)を学んだ後は、予算獲得のために決め手となるものが必要です炎
みなさんは、活動(事業)をされるときって何を使って、周囲の協力を呼び掛けますか?(モチロン、予算0円、活動(事業)自体も出発点の状態です)

企画書メモ?チラシメガホン?はたまた、熱意炎
…当時の釘山先生は【報告書】で勝負されました!
これが、コツなんですねぇ(ーwー)/


「え〜。」「企画書でしょ!」「ぃんや、熱意だでびっくりびっくり」と思われると思います。
(勝手な想像ですけど…)

しかし、この報告書を上手く活用すれば、効果は絶大です!!
EXPOエコマネー事業の実績が裏づけしていますよね(^ー^)/


しかし!!びっくり報告書を作るには中身(事業の実施)が必要ですよね?
そこで、始めは小さなことでも、出来る範囲で事業(活動)を行ってください笑顔

そして、それを元に報告書を作成電球
その様に、作成された報告書は団体の実績となり、宝となります
ぜひ、日頃の活動で報告書を活用してみてください!

また、報告書を作成するときにもモチロン!コツがあります。が、
あすぱ〜るとしても、非常に市民活動に役に立つ・明日から使えるコツばかりなので、すべてご紹介したいのですが、これ以上は釘山先生に「職権乱用だ〜!」と言われるといけませんので、みなさんで報告書作りを試行錯誤してみてください。
模範を知りたい場合は、講座等を受けてみてください。
今回もこのようにブログにて紹介させていただいていますが体験するのが一番理解しすい!!
と、いうことで、市民活動のテクニックの紹介はこの辺ですいません

今回のセミナーもお茶を飲みながらお菓子を食べながら和気藹々楽しく市民活動についてみなさんと話し合うことが出来き、帰る頃にはみなさん(参加者・スタッフ・講師)が仲間・友人になれたような一体感がありましたキラキラ
最後は恒例(?)のジャンケン大会〓笑い



昨年度から、今回で計6回のセミナーを講師の先生方と一緒に出来たことを嬉しく思います。
そして、各回に参加していただきました、参加者のみなさん!ありがとうございますキラキラ

このような形でセミナーを今後とも志摩市で開催していきたいと思いますし、またその時にはみなさんにも参加いただき、
再会や新しい出会いがあり、
みなさんと一緒に志摩市を盛り上げていきたいと考えています。


次はどんな出会いになるのかなぁロケット


Posted by 志摩市民活動支援C at 08:14 | センターからのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
フェスタ2011前日準備[2011年06月27日(Mon)]
昨日26日に行われました『しま市民活動フェスタ2011』傘雨に降られることも無く無事に終えることができました。今日はそのフェスタ2011の走る前日準備についてお伝えします。

太陽梅雨の晴れ間の中、午後からフェスタ実行委員と出展者団体の代表者の方々バニーがお集まりになりみんなの手で協力しながら会場設営を行いました。

人数は把握してませんがドキドキ小い〜い感じドキドキ小男の子女の子男女半々の割合で集合し、男性は会場のシート貼り、パネルや机などの搬入を、女性は各出展者団体名が入った紙をプラカードに貼り貼りしていく作業を行いました。


さすがですねぇ〜、女性の方はさっさとプラカードの搬入、団体名の入った用紙を張る作業、テープ渡しなどなど各部門に分かれあっという間に作業を終わらすことができました。OK

怒それに比べ男性陣は・・・○▲◇×!?

・・・ではなくて、

会場のシート貼りに炎奮闘炎されていました。これってとっても大変な作業汗でしかも重くてズレるとややこしい〜んですよねぇ?


キラキラ男性陣のみなさんありがとうございましたキラキラ

そんな中女性陣は会場外のロビーからセッティングを行いました。机・イス・パネル等みんなで力を合わせながら・・・。

さて、会場ではシートが張られると次にパネル・机・イスの搬入が始まり男女一緒に作業走るダッシュを進めていきました。この時の状況なのですが、

クローバー『みんなが一体となって作業をしていたなぁと感じました。』


自分達のブースの準備・段取りを進めたいという気持ちを持つことは当たり前ですが、でも各ブースの担当者が隣同士を助け合いながら力こぶ用意していったのが印象に残っています。


助け合いの心がそのような行動で現れた時点でこのフェスタのテーマである
『市民活動をつなげたい・ひろげたい・はぐくみたい』がすでにちょこっと達成し、心が広がったような感じをおぼえました。

私も実際みなさんとの面識はありませんでしたが一緒に何かを協力しあったり、お話したりして汗だらだら〜困った汗の中充実した日を過ごすことができました。


『あ〜、出会いっていいなぁ〜』としみじみ熱燗感じました。


こんな様に感じた前日準備でしたが後日、当日の模様をテリーとアンの日記21で皆さんにお伝えしたいと思っているので楽しみにしていてくださいねぇ〜リボン
Posted by 志摩市民活動支援C at 13:33 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
テリーとアンの日記20[2011年06月24日(Fri)]
テリーとアンの日記20
6月24日(金)晴れ


こんにちは、アン女の子です。
 『またアンかぁ・・・テリーはどこへ行ったんだぁ!?』っと思われている方。


実は今日テリーはキラキラ磯部町のお田植え祭キラキラに参加しているんですよ。

今頃お酒熱燗を飲みすぎてフラフラ〜しているのか・・・
朝早くからの大役を見事終え眠り落ち込みZZZについているのか・・・。


拍手テリー、とにかくご苦労様でした。拍手


さて、あすぱ〜るではこの日曜日に阿児アリーナで開催される
しま市民活動フェスタ2011に向けて
パネルやらポスターやらセンターの整理やら・・

やらやら〜で忙しい日々走るダッシュを過ごしています。


明日は午後1時から出展者さんたちがブースの準備に入られるので活気づいてくるでしょうねぇ?

女の子アンは今回始めてフェスタに参加するのでとても楽しみです。団体名や活動内容は把握していますが、なかなか志摩市でがんばって活動されているみなさんにお会いすることは難しかったのでこの機会に色々おしゃべりしたいと考えています。音符

あすぱ〜るももちろんオーシャンホールの会場にブースを設けるのでアン女の子に会いに来て下さいねぇ。そして私達の事務所も同じく開館しているのでテリー男の子にも会いに来てください。これでテリーとアンの正体宇宙人がわかっちゃいますね。というか分かっていただいたほうがこれからハートお付き合いしやすいので是非声をかけて下さい!! お願いしますびっくり

ではちょっとしたあすぱ〜るの当日の催しのお知らせをします。音量

26日午後1時30分から2時30分、あすぱ〜るで震災時でのボランティア活動やこころのケアについてのテレビビデオを20分ほど上映する予定です。その他ちょっとしたアンケートや津波○×クイズも開催する予定ですので興味のある方はぜひお越しくださいね。

当日は40以上の活動団体さんがブースを構え
活動体験や発表会・フリーマーケット
などもあるので活気付いたフェスタを体感しにきてください。


お待ちしていま〜す
チラシ↓
Posted by 志摩市民活動支援C at 15:29 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
助成金情報![2011年06月24日(Fri)]
お金第9回 MPドリーム助成金募集案内お金


三重県遊技業福祉連合会ではボランティアグループに
必要な資金の助成を行っています。


応募資格: 三重県内に活動拠点をおくボランティアグループ

助成対象: 下記のいずれかの事業で
         2012年1月1日から6月30日までに実施するもの

     @学習会・研修会の開催
     A調査・研究の実施
     B福祉教育・ボランティア啓発の実施
     Cボランティアグループによる先駆的・モデル的活動
     D器具・器材の購入
     Eその他
注意助成対象とならないものもありますのでご確認ください注意

助成金額: 1グループ20万円以内 40グループ以内
        但し、申請する10%以上は自主財源

審査: 今年10月中旬に書類審査、
     第2次審査とプレゼンテーションは12月上旬です。

応募受付期間: 2011年6月20日から8月19日(金)17時必着


キラキラ必要書類や詳細はコチラをご覧ください↓キラキラ
http://www3.ocn.ne.jp/~m-yuukyo/
MPドリームと書かれたところをクリックしてください。
Posted by 志摩市民活動支援C at 09:23 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
脳を活性化してみませんか?[2011年06月23日(Thu)]
 『脳活性化!ゆらゆら健康&美容体操教室』開催

この4月にあすぱ〜るに登録された
ハート新しい市民活動団体『RIKAI』さんが
アリーナにて体操教室を開催されます。

この団体さんは子供から大人までいろいろな課題をみんなでお話またはコュニケーションを図りながら楽しく考えていきます。

キラキラ今回の教室は脳の活性化を図りながらの体操です。キラキラ
たくさんのご応募宜しくお願いします。

日時:7月1日(金)
  昼の部 13:30〜15:30  
  夜の部 18:30〜20:30

場所:阿児アリーナ(体育指導室)

参加費:大人500円 小人300円(高校生以下)

連絡先:RIKAI 
電話090−7049−6156
メールrikaisimasu1976@gmail.com

チラシはコチラ↓
Posted by 志摩市民活動支援C at 13:57 | 団体からのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
外国人対象の防災セミナー[2011年06月21日(Tue)]
祝日外国人を対象にした地震・津波への備え及び放射線についての正しい知識を学ぶセミナーを伊勢市文化会館で開催されます。この事業は財団法人・三重県国際交流財団が実施するものです。みなさんの職場や近所に住む外国人の方など知っておられる方がいましたらお知らせください。


内容
@地震・津波への備えについて
A行政の防災の取り組み
B放射線に関する正しい知識
C質疑応答

炎日時 6月28日(火) 16時から17時30分

場所 伊勢市観光文化会館(宇治山田駅まえ)

炎対象者 三重県在住の外国人

通訳言語 中国語・ポルトガル語・スペイン語・英語・タガログ語

炎申し込み・参加費 不要


黒電話お問い合わせ先は
三重県国際交流財団 中村またはホセ まで
電話 059−223−5006 (9時から17時まで)
メール mief@mief.or.jp
ウェブ www.mief.or.jp


あすぱ〜るにも各言語で防災についての冊子がありますのでご利用ください


日本語・ポルトガル語・中国語チラシ
http://www.mief.or.jp/jp/life/pdf/110628_adviser_bousai_jp_po_ch.pdf

英語・タガロク語・スペイン語チラシ
http://www.mief.or.jp/jp/life/pdf/110628_adviser_bousai_tag_en_sp.pdf
Posted by 志摩市民活動支援C at 23:17 | センターからのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
多気町役場の岸川さん[2011年06月20日(Mon)]
昨日賢島にある代々木高校で今テレビで炎話題沸騰中炎の高校生レストランについて多気町役場から岸川政之さんが来られセミナーが開催されました。

岸川さんによると三重県下ではほとんど高校生レストランのお話などはされてこなかったようですが、去年は全国で28回ほどセミナーを開くために飛び回られていたそうです。この4月からは多気町のまちの宝創造特命監としての役をいただいたそうなのでもっと忙しくなりそうです走る汗

今回のセミナーですがそんな全国を飛び回られている方をいち早く捕まえセミナー実施まで漕ぎ着けた方がいらっしゃいました。その方は日頃から志摩市でイベントを開催したりしている方で活動家達の星ご縁で岸川さんの協力を得ることができたそうです。

岸川さんが今後の計画をしている事にその方は従事されていて、知り合いを通して相談を受けられた際に町おこしなどについてお話をしてほしい・・とラブお願いをして実現されたそうです。


星やっぱり・・人の縁は大切ですよねぇ〜星


初めて岸川さんとコンタクトを取られこのセミナーのお話を承諾されたのが5月。なんとその間わずか1ヶ月という短時間で実現されました。町おこしに携わっている方々は話がスムーズに運ぶようですね。 まるさすがです!


さて、岸川さんのお話の内容ですが・・・

実際に男の子本人に聞いた内容とテレビで出てくる岸川さんとは少しずれがありました。もちろんテレビドラマテレビなのでしょうがないですけどね。

ドラマでは

『まちづくりのためにレストランを開く!』

というようなあらすじになっていますが、岸川さん曰く

『まちおこしとしてしかけたわけじゃない!』と

はっきりおっしゃられました。  はてなでは・・どうしてはてな

 『すばらしい料理の腕前を持つ高校生の調理倶楽部があるということをアピールしたかっただけ』 っだったようです。


あの高校生レストラン料理が立ち上がったのはドラマみたいに簡単ではなかったようです。町民の方たちからの意見・規制との戦いがあったけれど、学校からの協力・地域ぐるみの全協力がなければあの立派なレストランは開店できる事はなかったそうです。

ごはん初めての高校生レストランはH14年10月に多気町五桂池ふるさと村に調理実習施設としてオープンされました。岸川さんはすばらしい高校生達を知ってもらおうと立ち上がったわけですが、みごと地域の方たちの反響まるやふるさと村への入場者数が増え売り上げもアップOKするというキラキラ地域活性化にも役キラキラにたちました。そんな中がんばっている高校生のためにもより良い環境を提供するため今ある立派なレストランを立ち上げることになったようです。

岸川さんは町役場の職員なのでおにぎり食べ物のことなど全くわからない、高校でのメモ教育方針など全く分からなかったそうで、でもこの小さな町にはこんなに立派な高校生達がいることを発見〓しそれをみなさんが体験実感したことにより町おこしとして成功した。と言われました。

高校生がこんなにがんばっているんだったら私達も頑張らなきゃ、応援しなくちゃ!力こぶという思いが住民に生まれ、色んな規制がある行政の支え、メニュー作り、食材提供、レストランの設計、企業協力、人、応援するひとすべて多気町住民の方たちみなさんとクローバー協働で実現できたと語られました。
↑参加者約60名
  
全国から町おこしについて意見を聞かれることが多いようですが、やはりどこでも聞かれるのが『こんな小さいまちでは・・、若者はいない・・、仕事が無い・・、高齢者だけだし今からこの町に店なんか作ってもしょうがない・・』すいませんなどなどの意見があったようです。

しかし岸川さんは

『無いものを探すのではなくあるものを見てそれを使う!』といわれました。

そうなんですよねぇ、
よく聞こえてくるのは上記にようなマイナス思考ばかり・・


『ポジティブシンキング!』
と岸川さんはセミナー中何回もおっしゃられていました。
※ポジティブシンキング=プラス思考・強い気持ち


クローバーまちを変えたいと思うのであればそのまちにいる家住民の協力なしでは町おこしなんてできないと私も思いました。この住民というのはその町にある大小関係ない企業・商店、行政職員も含めての意味です。その町にある・その町にいる人々が協力しあわないとダメだと思います。

セミナーの終わりには高校生レストラン・まごの店に引き続き『せんぱいの店』という店がすでに開店したこと、そして相可高校の生産経済科では『まごころ・TEAハンドジェル』が開発、販売されるということをお知らせしてくださいました。
↑試供品です。

高校生が企画・開発
町の企業が製造販売に協力
ジェルに使われる柿・みかん・お茶は地元生産物を使用。

みかんみごとな相乗効果ですねみかん 


町おこしを仕掛けたいと思われている方・・・
イベントを作ってみたいと思われている方・・・

志摩市にあるものをもう一度見直してそれらを一緒に引っ付ける、または引っ付けられるように協力してもらい町全体がグルグルと色んなところで関係を持てるような電球仕掛けを考えてみてはいかがでしょうか??

今回のセミナーの仕掛け人の方はこれからも活動を行っていく上で沢山のご縁星でまたこのような方にお会いしたらこれからもセミナーを開き市民の方々に発信していきたいと語っていただきました。

ドキドキ大今回のセミナーの模様はMCTVさんで22・23日の(水・木)、26日(日)に放映予定なのでご覧ください。



Posted by 志摩市民活動支援C at 13:39 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
あしたのまち・くらしづくり活動賞[2011年06月17日(Fri)]
公益財団法人 あしたの日本を創る協会からのお知らせ
あしたのまち・くらしづくり活動賞について


ドキドキ大皆さんの地域づくり・くらしづくりをお寄せくださいドキドキ大

この賞は地域が直面しているさまざまな課題を自らの手で解決して済みよい地域社会の創造をめざし独自の発想により全国各地で活発に展開されているコミュニティづくり・くらしづくり・人づくりの活動に取り組んでいる住民集団・企業等の活動のレポートを募集しその中で大きな成果を挙げ先導的な事例として他の参考になる活動を顕彰することにより地域性豊かな活力に満ちた地域づくり・くらしづくり・ひとづくり活動をより一層普及・推進していくことを目的としています。


詳細はコチラをご覧ください↓

キラキラこの活動賞に入賞した団体の活動の様子は
読売新聞やNHKで紹介されます。キラキラ


応募締切り:6月30日(木)必着

メール応募書類の送付先・お問合せ:公益財団法人あしたの日本を創る協会

〒160−0013 東京都新宿区霞ヶ丘町7−1 日本青年館
電話:03−5772−7201 FAX:03−5772−7202
メール:ashita@ashita.or.jp
Posted by 志摩市民活動支援C at 12:57 | センターからのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
リンク集(登録団体)
カテゴリアーカイブ
最新コメント
まつぼくり
最終日&ありがとうございました! (10/02) たま♪
テリーとアンのありがとう日記(最終) (10/05) あすぱ〜る
第2回・打ち水報告 (08/19) G jewel by ROKO(鵜方ファミリープラザ)
第2回・打ち水報告 (08/19) あすぱ〜るアン
地域一斉打ち水開始! (08/12) たま♪
地域一斉打ち水開始! (08/11) あす
広報力アップ勉強会(書き描き塾) (07/07) 佐藤えみこ
広報力アップ勉強会(書き描き塾) (07/04) あすぱ〜るアン
テリーとアンの日記20 (06/27) たま♪
テリーとアンの日記20 (06/25)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/shima0nsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shima0nsc/index2_0.xml