CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

全国地域生活支援ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/shien-net/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shien-net/index2_0.xml
NPO法人全国地域生活支援ネットワーク

〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25-307

Phone: 025-530-7260 Fax:0025-530-7261

メール:shien.net.japan@gmail.com
全国地域生活支援ネットワーク強度行動障害支援者養成研修のご案内 [2016年04月25日(Mon)]
関係各位

特定非営利活動法人
全国地域生活支援ネットワーク
代表理事 大原裕介


強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)の実施について(ご案内)


日頃より、障害福祉の推進にご尽力いただき誠にありがとうございます。
さて、この度、下記の要領で厚生労働省のカリキュラムを基に作成した強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)の指導者研修を開催することになりましたのでご案内いたします。
つきましては、研修へのご参加および各地での周知についてご高配賜わりますように宜しくお願いいたします。



研修名:強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)指導者研修
    (別紙カリキュラム参照)
日にち:平成28年6月2日(木)〜3日(金)基礎研修
      平成28年6月4日(土)〜5日(日)実践研修
場 所:中央法規ビル多目的ホール(東京都台東区台東3-29-1)
対 象:各都道府県において強度行動障害支援者養成研修を実施する方又は指導者として携わる方
定 員:80名
参加費:30,000円(テキスト代含む)
申込方法:受講を希望する方は、所定の申込書によりFAXもしくはe-mailで直接
     お申込みください。(都道府県の推薦等は不要です。)

申込締切:平成28年5月6日(金)定員になり次第締め切ります。

応募多数の場合は選考基準(都道府県開催の有無等)により受講者を選考いたします。
受講決定者には研修詳細、振込先案内等をメールでお送りします。(5月中旬予定)

本研修を受講した方には各都道府県での研修の開催方法等についてもお伝えいたします。


(注記)
・当指導者研修は国立のぞみの園が開催する指導者研修とは内容が異なります。
・当指導者研修は厚生労働省の告示に定められているカリキュラムに基づいて作成しております
が、本研修の受講が重度障害者支援加算の対象となるかどうかは各都道府県の判断となります。

 〜参考〜
平成27年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A(vol.2)(平成27年4月30日)
(重度障害者支援加算)
問30 強度行動障害支援者養成研修について、都道府県独自の研修や国の指導者研修を修了した者について、当該加算の対象となるか。
(答)告示に定めるカリキュラムの内容以上となっていると判断されれば認めて差し支えな
い。

H28,6 強行研修指導者研修案内.pdf

H28,6_基礎研修.pdf

H28,6_実践研修.pdf

基礎研修カリキュラム対応表.pdf

実践研修カリキュラム対応表.pdf

H28,6受講申込書.docx
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 16:15 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
アメニティーフォーラム20 ポスターセッションのお申し込みについて [2015年11月30日(Mon)]
アメニティーフォーラムで恒例となりましたポスターセッションについて、お知らせいたします。ご案内はすでにさせていただいておりましたが、

アメニティーフォーラム20ポスターセッションのご案内

参加申し込みや出展要綱についてのアップが遅れていました。
本日、このブログ上でアップいたしますので出展希望の団体は、以下から資料をダウンロードしてください。

ポスターセッション開催要綱

ポスターセッション申込書

ちなみに例年、出展料として7000円をいただいておりましたが、今回から出展料が10000円に改訂されていますので、ご了承ください。

ポスターセッションに関してのお問い合わせ
全国地域生活支援ネットワーク
 〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25-307
 Phone: 025-530-7260
 Fax: 025-530-7261
 メール:shien.net.japan@gmail.com(担当:片桐)
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 14:41 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
アメニティーフォーラムと同時開催!「強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)」 [2015年11月20日(Fri)]
都道府県で強度行動障害支援者養成研修を開催しようとしている方には必見です!
全国地域生活支援ネットワーク
「強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)」のご案内

全国地域生活支援ネットワーク主催「強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)」今回はアメニティーフォーラムの開催にあわせて大津プリンスホテルで開催することにしました。テキストを執筆した日本の第一線で活躍する専門家や実践家による充実の指導者研修です。研修受講者には各地での研修を全国地域生活支援ネットワークがバックアップします。

日程:平成28年2月4日(木)〜6日(土)
 4日(木)10:00〜20:20
 5日(金) 9:00〜19:10
 6日(土) 9:00〜18:30

会場:大津プリンスホテル(〒520-0801 滋賀県大津市におの浜4丁目7−7)

対象:各都道府県で強度行動障害支援者養成研修を実施する方、又は指導者として携わる方

定員:50名

参加費:30,000円

申し込み方法:以下のULRから申し込み用紙をダウンロードしていただき、お申し込みください。

申し込み締め切り:平成28年1月15日(金)
(受講決定者にはあらためて研修の詳細をお送りいたします)

※本研修を受講される方は研修中はアメニティーフォーラムを並行受講することはできません。ただし研修後の時間や7日の講義などはご参加いただけます(特別なパスをご用意いたします)
※宿泊やお食事の案内は、受講申し込みのあった方に個別にご連絡いたします。アメニティーフォーラム20のお申し込みはしないようにお願いいたします。

!!注意!!
当研修は自主開催の指導者研修であり、研修受講によりそのまま重度障害者支援加算の対象となるものではありません。ただし、厚生労働省で定められているカリキュラムの内容に沿うものですので都道府県の判断で加算の対象になる場合もあります。

受講申込書(↓からダウンロードしてください)
http://goo.gl/3DxaFA

○お申し込み
全国地域生活支援ネットワーク
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25-307
Phone: 025-530-7260 Fax: 025-530-7261
E-mail:shien.net.japan@gmail.com

○研修についてのお問い合わせ
研修担当:福島龍三郎
(全国地域生活支援ネットワーク / NPO法人ライフサポートはる)
Phone: 0952-37-7078
E-mail: fukushima-haru@mopera.net
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 16:57 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
アメニティーフォーラム20のご案内 [2015年11月13日(Fri)]
「アメニティーフォーラム」第20回記念大会への参加のお誘い


晩秋の候、皆さまにはご健勝のこととお喜び申し上げます。

 来る2016年2月5日(金)〜7日(日)に滋賀県大津プリンスホテルを会場に「アメニティーフォーラム20」を開催いたします。

 この催しは、障害がハンディにならない社会の実現を目指して開催してきました。この間大きな制度改革を経てきましたが、一貫してハンディのある人の豊かな地域生活の実現に向けて必要なサービスとそれを提供していく仕組みづくりを提案してきました。

 第20回を記念するフォーラムの開催パンフレットができあがりました。
 総合支援法3年目の見直しの議論も盛んですが、福祉を巡る課題は広がりを見せています。引きこりや高機能発達障害、高次能機能障害に苦しんでおられる方への福祉サービスの開発、子どもの貧困が以後の様々な福祉課題に連鎖していることなど福祉が担うべき支援は広がってきています。子どもたちのこと、認知症高齢者のことへと視点を拡げ、これから成熟した社会を創り上げるためにどうすればいいのか、福祉はそのすそ野を広げていく努力が求められていると思います。そんな思いから、20回を迎える今回はゼミナールも準備して盛り沢山な内容になりました。

今年も「びわこアメニティーバリアフリー映画祭2016」とさらに「盲ろう者が楽しめる映画祭」を、そしてアール・ブリュット展&トークセッションを開催します。

 課題は多いですが変わらずこの場所から「障害のある人をはじめとする社会的弱者といわれる人が地域で安心して暮らせる社会の実現」を目指して発信します。
美しい冬景色の琵琶湖・比叡の山並みとともに皆様のご参加をお待ちしております。
 職場の皆様やお友達にもフォーラムの情報を広くお伝えいただければ幸いです。

アメニティーフォーラム実行委員会
代 表  田中 正博  
 


アメニティーフォーラム実行委員会事務局
〒520-3202 滋賀県湖南市西峰町1ー1
オープンスペースれがーと内
TEL 0748−75−8210
FAX 0748−75−8270


アメニティーフォーラム20 _表紙 http://goo.gl/KtfaoD

アメニティーフォーラム20_プログラム http://goo.gl/FqzrC8

アメニティーフォーラム20_アールブリュット http://goo.gl/abfFhB

アメニティーフォーラム20_映画祭 http://goo.gl/oE4DMt

アメニティーフォーラム20_ポスターセッション http://goo.gl/Qdh4W3

アメニティーフォーラム20_募集要項 http://goo.gl/kKRLNO

アメニティーフォーラム20_申込書 http://goo.gl/J1IWyr
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 16:17 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
全国地域生活支援ネットワーク 平成27年度 総会&特別研修会のお知らせ [2015年07月19日(Sun)]
 毎年恒例となりました全国地域生活支援ネットワーク総会後の特別なお楽しみプログラム。今年は「新しい社会課題」について掘り下げていきます。さらに今、注目の「地域生活支援拠点」と「強度行動障害支援者養成研修」について全国地域生活支援ネットワークメンバーが完全解説いたします。 皆さまのご参加、お待ちしています!!

日 時:平成27年8月8日(土) 総会:13:15-14:15  研修会:14:30〜17:00
会 場:新橋ビジネスフォーラム(東京都港区新橋1丁目18−21 第一日比谷ビル)
     三田線内幸町駅 2番出口目の前、地下鉄新橋駅 7番出口徒歩3分、SL広場 徒歩4分
参加費:会員→無料(団体会員は5名まで無料)、非会員→1000円

第1部 14:30-15:30
◯完全解説!地域生活支援拠点のこと 強度行動障害支援者養成研修のこと
       〜きっと、今、みんなが知りたいと思うテーマについて話します〜
 福島龍三郎(NPO法人ライフサポートはる理事長・全国地域生活支援ネットワーク)
 片桐 公彦(社会福祉法人みんなでいきる副理事長・全国地域生活支援ネットワーク)

第2部 15:30-17:00
◯全国地域生活支援ネットワーク風
          〜「新しい社会課題」について向き合ってみる…〜
 全国地域生活支援ネットワーク理事メンバーによる「新しい社会課題」への提案
 末松忠弘、小林瑞恵、加藤恵、田島光浩(全国地域生活支援ネットワーク)《予定》
 進 行:大原祐介(全国地域生活支援ネットワーク 代表理事)
 助言者:津曲共和(厚生労働省 障害保健福祉部 障害福祉課障害児・発達障害者支援室長)

第3部 17:15〜 懇親会(会場未定、会費5000円〜6000円程度)

○申し込み・お問い合わせ
NPO法人全国地域生活支援ネットワーク
〒943-0834 新潟県上越市西城町2-10-25-307
Phone:  025-530-7260  Fax:025-530-7261
E-mail:shien.net.japan@gmail.com

20150808_全国ネット_特別研修会.pdf
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 11:06 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
カリキュラム対応表(基礎・実践)全国地域生活支援ネットワーク強度行動障害支援者養成研修 [2015年07月17日(Fri)]
全国生活支援ネットワークが開催する強度行動障害支援者養成(指導者研修)について、示したカリキュラムが厚労省の示したカリキュラムに適合しているかどうかのお問い合わせを多くいただいております。

事務局で「カリキュラム対応表(基礎・実践)全国地域生活支援ネットワーク強度行動障害支援者養成研修」を作成いたしましたので、都道府県と協議する際の参考にしてください。

(注記)
・今回の研修は、あくまでも今後地域ネット版研修を各都道府県で行うための指導者養成が目的です。

・今回の研修を受講することで、加算対象になるかどうかは都道府県の判断です。研修申し込み前に各自に都道府県に問い合わせをしてください。(カリキュラム対応表を参考に各都道府県に相談をしてください)

基礎研修_全国ネット版強度行動障害支援者養成研修カリキュラム対応表.pdf
実践研修_全国ネット強度行動障害支援者養成研修カリキュラム対応表.pdf

Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 09:53 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)の実施について(ご案内) [2015年07月07日(Tue)]
強度行動障害支援者養成研修(指導者研修)の実施について(ご案内)


研修名:強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)指導者研修(別紙カリキュラム参照)

日にち:平成27年8月20日(木)〜21日(金)基礎研修
    平成27年8月22日(土)〜23日(日)実践研修

場所:基礎研修:情報オアシス神田セミナーハウス(東京都千代田区神田多町2-4)
   実践研修:中央法規ビル多目的ホール(東京都台東区台東3-29-1)

対象:各都道府県において強度行動障害支援者養成研修を実施する方又は指導者として携わる方

定員:100名

参加費:25,000円(テキスト代含む)

申込方法:受講を希望する方は、所定の申込書によりFAXもしくはe-mailで直接お申込みください。(都道府県の推薦等は不要です。)

申込締切:平成27年7月31日(金) →8月13日(木)まで延長します。

・応募多数の場合は選考基準(都道府県開催の有無等)により受講者を選考いたします。
・受講決定者には受講票や研修詳細、振込先案内等をお送りします。(8月上旬予定)
・日本の第1線で活躍する専門家や実践家による充実の4日間研修です。
・本研修を受講した方には各都道府県での研修の開催方法をお伝えします。

(注記)
・当指導者研修は国立のぞみの園が開催する指導者研修とは内容が異なります。
・当指導者研修は厚生労働省の告示に定められているカリキュラムの内容に沿うものであり、受講された方は都道府県の判断で重度障害者支援加算の対象となるものです。

〜参考〜
平成27年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A(vol.2)(平成27年4月30日)
(重度障害者支援加算)
問30 強度行動障害支援者養成研修について、都道府県独自の研修や国の指導者研修を修了した者について、当該加算の対象となるか。
(答)告示に定めるカリキュラムの内容以上となっていると判断されれば認めて差し支えない。


受講申込書.docx

基礎研修_カリキュラム.pdf

実践研修_カリキュラム.pdf
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 17:21 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
「共生社会を創る愛の基金」第4回シンポジウム 「罪に問われた障がい者」の支援- 新たな制度展開と多様な草の根の取組み -のご案内 [2015年06月16日(Tue)]
「共生社会を創る愛の基金」第4回シンポジウム
「罪に問われた障がい者」の支援
- 新たな制度展開と多様な草の根の取組み -



日     時: 2015年7月5日(日)
時     間: 10:00〜17:00
開場・受付開始: 09:00
会     場: 日本教育会館 一ツ橋ホール
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
【道案内専用電話番号:03-3230-2833】
事 前 申 込: 要(定員750名先着順)
申 込 締 切: 6月26日(金)
資  料  代: 3,000円
主     催: 共生社会を創る愛の基金
お申込み 方法: このページの上にあるお申込みフォームか、
FAX:0957-77-3966でお申込みください。
HP:http://www.airinkai.or.jp/ainokikin/index.html

締切り:6月26日(金)
※ お申込みはWeb、FAXにて随時受け付けております。

※当日はご記入いただいた申込用紙か、申込受付メール(自動配信)をお持ち下さい。

【シンポジウム プログラム】
○10:00〜 「罪に問われた障がい者」を支援する活動
○13:30〜 鼎談「刑務所で何が起こっているのか」
         堀江 貴文氏(SNS株式会社ファウンダー)
         村木 厚子氏(厚生労働省事務次官)
         コーディネーター 浜井 浩一 氏(龍谷大学法科大学院 教授)
○15:45〜 シンポジウム「地域で何が起こっているのか」
         森川 誠氏(出所者支援をしている造園業者・元受刑者)
         小長井 雅代氏(静岡刑務所ソーシャルワーカー)
         コーディネーター 野澤 和弘氏(毎日新聞論説委員)

【講師紹介】
堀江貴文 氏
1972年、福岡県生まれ。SNS株式会社ファウンダー。 現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。HORIEMON.COMの人気コーナー「WITH」では『テクノロジーが世界を変える』をテーマに、各界のイノベーター達に堀江自らがインタビュワーとなり取材したものを連載中。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文サロン」をスタートした。 近著に『我が闘争』『ゼロ』など。
Twitterアカウント:@takapon_jp
その他、詳細は HORIEMON.COM へ。


【お問合せ先】
「共生社会を創る愛の基金」シンポジウム事務局(社会福祉法人 南高愛隣会内)
〒859-1215 長崎県雲仙市瑞穂町古部甲1572  (担当:南口)
TEL 0957-77-3600戟^FAX 0957-77-3966/E-mail:ainokikin@airinkai.or.jp


【会場アクセス】
東京都千代田区一ツ橋2–6-2
◆地下鉄都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
◆地下鉄都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分
◆東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
◆東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分
◆JR総武線水道橋駅(西口出口)下車徒歩15分

※当日は休日のため、近隣の飲食店が閉店している可能性があります。ご注意下さい。
 また、会場ホール内は飲食禁止となっております。
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 21:48 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
第2回 北摂杉の子会研修セミナーのご案内 [2015年06月12日(Fri)]
第2回 北摂杉の子会研修セミナー
知的障がいのある人たちの
高齢化の課題と暮らしの支援を考える


以前はできていたのに、介助がないと入浴や排泄など身の回りのことができない、バスに一人で乗り込むことができていたのにスタッフの手伝いが必要になった・・・転倒による骨折や疾病などをきっかけに機能が低下していく人たちがいます。障がい特性により、医療との関係が築けない人もいます。北摂杉の子会では、3年前に重度高齢化対策プロジェクトを立ち上げ、ご利用者が地域で安心して暮らせる方策を検討してきました。

50歳を過ぎると認知症の人も出てくるようです。知的障がい者が認知症になるとどのような課題があるのでしょうか?そこで、4人に1人が50歳以上の利用者である国立のぞみの園の研究部長である志賀利一氏に「50歳からの支援」というテーマでご講演いただきます。志賀氏は知的障がい者の認知症の判別テストも開発されています。

また、午後には志賀氏に加えて、国に対して様々な政策提言をし、知的障がい者の暮らしやすい生活を実現されてきたNPO法人全国地域生活支援ネットワークの福島龍三郎氏、水流源彦氏をシンポジストにお迎えし、高齢化した知的障がい者の支援や環境調整、地域生活を支える仕組み・制度などについて討論します。

この機会にぜひ知的障がい者の高齢化について認識を深めることができたら幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成27年7月28日(火)

■会 場:高槻市立 生涯学習センター 多目的ホール

■参加費:¥3000

■定 員:300名

■主 催:社会福祉法人 北摂杉の子会
後 援:高槻市(予定)、NPO法人全国地域生活支援ネットワーク

第2回 北摂杉の子会研修セミナー.doc
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 17:03 | セミナー・フォーラム情報 | この記事のURL
アメニティーフォーラム19「障害福祉を積極推進する国会議員、知事による共同アピール」のアップ [2015年02月08日(Sun)]
アメニティーフォーラム19の2日目《いまこそ障害を「力」に、生きることを「光」に!〜準備を急ごう!2020年は東京オリパラ!〜》のシンポジウムで宣言された「アメニティーフォーラム19 障害福祉を積極推進する国会議員、知事による共同アピール」をアップします。

アメニティーフォーラム19国会議員・知事共同アピール.pdf
Posted by 全国地域生活支援ネットワーク at 10:38 | この記事のURL
| 次へ