CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月30日

【10/25:東京】Sexual Health Education 〜 障がい児の性が尊重される社会を実現するために〜


IMG_5146.jpg
【<弁護士の皆様へ>障がい児者への性暴力事件集調査ご協力のお願い】
【障がい児者の性犯罪裁判が困難な現状を変えたい】啓発イベントを10か所で開催!クラウドファンディングサイト実施中!

==============


しあわせなみだが東京ウィメンズプラザフォーラムにて企画を実施します。
今年のテーマは障がい児者への性教育です。
ぜひお越しください!


┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

【10/25:東京】Sexual Health Education
〜 障がい児の性が尊重される社会を実現するために〜
[イベント詳細はこちらです]
[チラシはこちらです(PDFファイルです)]

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

b71a029ed5f00e3cfa0ec72625e99352_s.jpg
海外の調査では、障がい児者は障がいのない人の3倍、性暴力を経験するリスクが高いことが明らかになっています。その背景には、障がいならではの「特性」に加え、障がいならではの「育ち」があります。
国内ではまだまだ取り組みが少ない、障がい児への性教育の現場からの声をお届けし、性が尊重される社会の実現を考えます。

日 時:
2019年10月25日(金)18:30-20:30

会 場:
東京ウィメンズプラザ視聴覚室AB
東京都渋谷区神宮前5-53-67
(渋谷駅から徒歩12分/表参道駅から徒歩7分)
[地図はこちらです]

内 容:
1)門下祐子さん講演
  ・性教育の概要
  ・特別支援学校での取り組み
2)大貫詩織さん講演
  ・子どもからよく聞かれること
  ・起きがちなトラブル
3)トークセッション
4)質疑など


ゲスト:

photokadoshita.jpg
門下 祐子(かどした ゆうこ)
宮崎県の特別支援学校教諭として、重度の肢体不自由のある小学部児童、知的障害や自閉スペクトラム症の高等部生徒らの担任を務める。現在は、早稲田大学大学院教育学研究科修士課程に在籍し、知的障害児・者及び発達障害児・者の性的行動に対する支援について研究しながら、関東を中心に講演活動も行なっている。 “人間と性”教育研究協議会、反貧困ネットワーク埼玉、インクルーシブな学校づくり研究会に所属し、共生社会の実現に向けて活動している。

photooonuki.jpg
大貫 詩織(おおぬき しおり)
助産師/思春期保健相談士
総合病院産婦人科にて勤務ののち、現在は学校での性教育に関する講演や性の知識を学べるイベントの講師を務める。精神科思春期病棟にも勤務し、入院患者への性教育プログラムに従事。
性を学ぶオンラインサロン「yottoko labo」オーナー。
【性教育YouTuber】シオリーヌとして動画も配信中!


対 象:
1)障がい児者に関わる仕事をされている方
2)障がいを持つ子どもを育てるご家族
3)本テーマに関心のある方

*障がいをお持ちの方へ*
▼手話通訳付きで開催いたします。
▼館内はエレベーターならびに車いす対応のトイレがございます。


資料代:
500円

申 込:
[こちらのフォーム]からお申込みください。
▼登録できない場合は「氏名」「ふりがな」「メールアドレス」「当日の緊急連絡先」「保育の有無」「参加理由、期待すること、講師への質問(あれば)」を記載し、メールしてください。
メールアドレス→191025@shiawasenamida.org


企 画:
NPO法人しあわせなみだ
性暴力撲滅に向けた啓発活動を手掛けています

※本企画は、令和元年度東京ウィメンズプラザフォーラム参加事業として実施します


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年08月27日

警察庁ヒアリングで「障がい児者への性犯罪被害」への取り組みを要望しました

IMG_5146.jpg
【<弁護士の皆様へ>障がい児者への性暴力事件集調査ご協力のお願い】
【障がい児者の性犯罪裁判が困難な現状を変えたい】啓発イベントを10か所で開催!クラウドファンディングサイト実施中!

==============

景色法廷小.jpg
7月30日のブログで紹介した、「第3次犯罪被害者等基本計画の見直しに関する要望・意見の募集
しあわせなみだは8/23に開催された要望・意見聴取会に参加し、警察庁に直接声を伝えてまいりました。
15分という短い時間ではありましたが、障がい児者への性暴力の現状を踏まえた、施策の実現を要望、警察庁犯罪被害者等施策担当参事官室の皆さんは、大変熱心に聞いてくださいました。


要望内容はこちらです===

FullSizeR2.jpg

【障がい児者への性犯罪被害に関する要望】
海外では、障がい児者は健常者の3倍性暴力被害を経験するリスクが高いことが、明らかになっています。
しかし現在の基本計画において、(犯罪被害による障がいへの補償ではなく)障がい児者が犯罪被害に遭った際の支援は、弁護士利用の促し(185)ならびに調査(212)のみです。また法務省は、犯罪被害者に占める障がい児者の割合を把握していないことがわかっています。
これらを踏まえ、下記を要望します。

1.障がい児者が健常者同様犯罪被害者等支援施策を利用できる体制の整備
▼アクセシビリティ改善
・電話以外でのアクセス(FAX、メールなど)
・来所せず相談できる体制の整備(スカイプなど)
▼人員の確保
・コミュニケーション支援(手話、要約筆記、代読等)人員確保、
ならびに財源確保(本人負担なしでの利用)
・職員に対する研修による、障がいの理解促進
・障がい当事者による支援(支援員としての障がい者雇用)

2.障がい児者が健常者同様犯罪被害者としての権利を保障される条件の整備
・第三者による通報をもって、被害者として認定する
・家族、支援者等による障がい児者の証言のサポートの実施
・障がい児者に対する司法面接の実施ならびに証拠としての採用

3.障がい児者における犯罪被害実態調査の実施
・障がい児者を対象とした犯罪被害調査の実施
・既存の調査に障がい関連の項目を追加する

===

要望は8/29までインターネット等でも受け付けています。
個人による要望もできます。
ぜひ皆さんの声を届け、障がい児者への性犯罪被害への取り組み促進を実現しましょう!

【「第3次犯罪被害者等基本計画の見直しに関する要望・意見の募集等について」詳細はこちらです】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年08月23日

障害者就労支援施設で講演を行いました


IMG_5146.jpg
【<弁護士の皆様へ>障がい児者への性暴力事件集調査ご協力のお願い】
【障がい児者の性犯罪裁判が困難な現状を変えたい】啓発イベントを10か所で開催!クラウドファンディングサイト実施中!

==============


しあわせなみだ0821@.JPG
理事長中野が障害者就労支援施設で講演を行いました。


FullSizeR2.jpg
講演をご依頼いただいたのは、東京コロニー大田福祉工場です。
就労継続支援B型、ならびに就労移行支援施設に通う障がい者の皆さんに、2日間に渡り、「職場におけるセクシュアルハラスメント」をテーマにお話をしました。

こんな内容をお届けしました。

【第1回】
☆自分を大切にすることを通じた職場の人間関係
▼素敵なあなたを発見ゲーム
▼サークルズ
▼自分が思っている以上に他人が接してきた時

【第2回】
☆他人を大切にするためにすることを通じた職場の人間関係
▼前回の復習
▼自分と相手の距離
▼なぜ職場の仲間に触らないのか


しあわせなみだでは、講演を積極的にお受けしています。
お気軽に[お問い合わせ]ください。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2019年08月20日

[障がい児者の性犯罪裁判が困難な現状を変えたい]啓発イベントを10か所で開催!クラウドファンディング実施中!


人アンケート.jpg
【<弁護士の皆様へ>障がい児者への性暴力事件集調査ご協力のお願い】

==============


IMG_5146.jpg
しあわせなみだでは、「障がいのある方の中に、性暴力被害を経験している方が少なくない」事実を共有し、「何とかしたい」と思ってくれる人を増やすために、全国10か所で、知的障がい者への
性暴力被害を取り上げた映画「くちづけ」上映と、有識者によるトークセッションを実施しています。

10ヶ所での開催を実現するためには、あと145万円が必要です。
そこで、資金獲得に向けたクラウドファンディング(サイトを通じた資金調達)を実施します。

私たちはこのプロジェクトを通じて、以下のような社会を実現したいと考えています。
・刑法に「障がいに乗じた性犯罪」を創設し、障がいがあることにつけこんだ加害が、適切に処罰されるようにしたい
・犯罪被害者等基本法や、犯罪被害者等基本計画において、被害者が障がい児者である場合の支援施策を明確にし、障がいがあっても安心安全に裁判ができる体制を整えたい
・障がいがあることが、性暴力被害のリスクを高めることにつながらない社会を実現したい

「障がいのある方の中に、性暴力被害を経験している方が少なくない」事実を日本中に届け、法制度の整備を実現するために、あなたの力を貸してください。

応援よろしくお願いいたします。

<シェア歓迎>【障がい児者の性犯罪裁判が困難な現状を変えたい】啓発イベントを10か所で開催!クラウドファンディングサイトはこちらです



以下クラウドファンディング詳細です***


☆はじめに・ご挨拶

DSC_3444.jpg
こんにちは!NPO法人しあわせなみだです。

私たちは、性暴力撲滅に向けた啓発活動を行うNPO法人です。
2011年に法人化、これまでに、性暴力被害等の困難を経験した女性たちが暮らす施設でのメーク講座開催、パートナーが性暴力被害を経験した男性の会運営、性暴力被害者支援に関わる人々への研修等を行ってきました。


☆プロジェクトをやろうと思った理由

今日はぜひ皆さんと共有したいことがあります。それは、この日本で、「障がいのある方の中に、性暴力被害を経験している方が少なくない」ということです。

私たちは活動を通じて、性暴力被害を経験した方とお会いしてきました。
その中で1つ、気づいたことがあります。
それは「性暴力被害を経験した方の中で、障がいのある方の割合が、明らかに高い」ということです。

信じていた相手からレイプ被害に遭った、発達障がいのある方。
だまされて、水商売や風俗で働かされ、必死に逃げてきた、知的障がいのある方。
性暴力被害によって、予期せぬ妊娠・出産をした、身体障がいのある方。

普段の生活の中でお会いする障がい児者の割合よりも、性暴力撲滅に向けた啓発活動を通じてお会いする障がい児者の割合のほうが高いのはなぜだろう。
この疑問を解決する必要がある、と考えました。


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
そこで私たちは、2018年に、発達障がい当事者グループを対象に、調査を実施しました。
その結果、回答者32名中23名が、「望まないキス」「望まないわいせつ」「望まないセックス」「望まない性的撮影」等、何らかの性暴力被害を経験していることが、明らかになりました。
このうち11名は、複数の性暴力被害を経験していました。

また以下の理由によって、障がいのあることが、性暴力被害のリスクにつながる可能性があることがわかりました。
▼障がいならではの「特性」(排泄や入浴等の性的部位の介助、不審を察知することが苦手、等)
▼障がいならではの「育ち」(いじめに遭いやすく、褒められた経験が少ないことが、自己肯定感の低さにつながり、「イヤと言えない」「断れない」、等)
▼暴力の構造(暴力は「強いもの」から「弱いもの」に対して起こるが、障がいがあることは様々な面で「弱い」立場に置かれる、等)

36603233_1848833838509525_6311622134175105024_n.jpg
この調査報告書は、NHKなどでも取り上げていただきました。

公的機関による調査としては、昨年内閣府が、性被害を経験した若年女性を支援する団体を対象に、調査を行っています。
被害者の障がいの有無を確認している事件は127件。
うち70件、55%の方に、障がいの可能性があることがわかりました。

海外の調査では、障がいのある人は、ない人の約3倍、性暴力被害を経験していることも、明らかになっています。


☆これまでの活動

そこで、1人でも多くの人と「障がいのある方の中に、性暴力被害を経験している方が少なくない」事実を共有し、「何とかしたい」と思ってくれる人を増やすために、法制度の実現に向けた署名、そして全国10か所で、イベントを開催することにしました。

署名は2018年12月から開始、これまでに11,000人を超える方が、賛同してくれました。


DSC_4885.jpg
イベントでは、知的障がい者への性暴力被害を取り上げた映画「くちづけ」上映と、有識者によるトークセッションを実施しています。
2019年5月から6月にかけて、鹿児島、山口、大阪、福岡、鳥取、東京の6か所で開催。
TVや新聞等でも、取り上げていただき、少しずつ「障がいのある方の中に、性暴力被害を経験している方が少なくない」ことを、知ってくださる方が増えつつあります。


☆このプロジェクトで実現したいこと

IMG_1338.JPG
私達はもっと多くの人と、この課題を共有し、法制度の整備を実現したいと考えています。
イベントを開催するために、これまでに312万円を確保することができました。
しかし、残り4か所でイベントを開催するためには、あと124万円の資金が必要です。


☆資金の使い道

会場代 30,000円×4か所 120,000円
映画上映代 75,600円×4か所 302,400円
講師謝金 30,000円×2人×4か所 240,000円
手話通訳謝金 20,000円×4か所 80,000円
チラシ印刷代 10円×1,000枚×4か所 40,000円
運営スタッフ交通費 38,000円×3人×4か所 456,000円
実費計 1,238,400円

手数料 14%+端数 211,600円

計 1,450,000円


☆リターンについて

3,000円 お礼メール
6,000円 上記+「障がい児者への性暴力調査報告書」送付
10,000円 上記+イベント告知媒体にてお名前のご紹介
50,000円 上記+書籍『地域共生社会に向けたソーシャルワーク』
(しあわせなみだの活動掲載)贈呈
100,000円 上記+イベント当日ご挨拶
200,000円 上記+ご希望の場所にて本イベント開催

*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


☆実施スケジュール

s_メイン.jpg
(C)2013「くちづけ」製作委員会
2020年1-3月、4か所で映画上映会ならびにトークセッションを開催します。


「障がいのある方の中に、性暴力被害を経験している方が少なくない」事実を日本中に届け、法制度の整備を実現するために、あなたの力を貸してください。よろしくお願いいたします。


<シェア歓迎>【障がい児者の性犯罪裁判が困難な現状を変えたい】啓発イベントを10か所で開催!クラウドファンディングサイトはこちらです


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年08月13日

【弁護士の皆様へ】障がい児者への性暴力事件調査ご協力のお願い


人アンケート.jpg
しあわせなみだでは、障がいに乗じた性犯罪の法制度化に向け、障がい児者への性暴力の実態を明らかにするための、事件集を作成いたします。
そこで、障がい児者への性暴力事件に関わったことのある弁護士の皆様に、調査へのご協力をお願いしています。
下記をご覧いただき、お力をいただける方、連絡をお待ちしてます。


***以下依頼の詳細です***

障がい児者への性暴力事件に関わったことのある弁護士の皆様


拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

私たちNPO法人しあわせなみだは、性暴力撲滅に向けた啓発活動を手掛けるNPO法人です。
2009年に活動を開始、2011年7月にNPO法人として認証され、性暴力等を経験し、施設で暮らす女性等を対象とした講座、性暴力を経験した女性の会、パートナーが性被害を経験した男性の会等を運営してきました。

活動を通じて、性暴力を経験した方の中に、障がいのある方が少なくないことに気付きました。
そこで昨年、発達障がい当事者グループを対象にした調査を実施したところ、回答者32名中23名が何らかの性暴力を経験、うち11名は複数の性暴力を経験していることが、明らかになりました。

障がい児者への性暴力について、国内ではこうした調査は限られています。
また行政も、実態を把握していない状況です。
そこで、弁護士の皆様が関わった、障がい児者への性暴力事件をまとめることで、現状を明らかにし、必要な法制度の在り方等を提案していきたいと考えております。

本調査は、障がい児者への性暴力の実態、ならびに、既存の法制度が障がい児者への性暴力への対応に限界があることを明らかにするために、実施いたします。

=====

・回答は、弁護士名を除き、公開いたします。このため、回答にあたりましては、被害者本人、もしくは家族への同意を得ていただきますよう、お願いいたします。
・回答には約15分程度かかります。
・回答は、事件集への掲載以外の目的では使用いたしません。
・9月20日(金)までに
(1)ご案内するURLに掲載されているフォームにて回答、
(2)お送りするシートに必要事項を記入し、下記メールアドレスまでご返信、
いずれかでご回答ください。

=====

上記の趣旨をご理解いただき、ご回答いただけますと幸いです。

なお、調査へのご協力は任意であり、ご協力いただけなかったことで不利益を被ることはありません。
アンケート調査へのご回答をもちまして、本研究への協力についての同意書に代えさせていただきます。

大変お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。


【回答協力のご連絡ならびに問い合わせ先】
NPO法人しあわせなみだ 理事長 中野宏美
E-mail:bridgingthegap@shiawasenamida.org

==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年08月09日

ヤフーニュースに[被害届が受け取られない現状]へのコメントが掲載されました


20190730_001.jpg
理事長中野のコメントが、ヤフーニュースに掲載されました。

7/30NHK「クローズアップ現代プラス」で、警察が性犯罪の被害届を受け取らないやり取りが放送されました。

これを受け、中野からは
☆被害届を受け取らない背景にあるレイプ神話
☆警察をはじめとする専門職による二次加害
について、お話しています。
ぜひご覧ください。


photonakano190116.jpg
【『警察官「性被害者にも責任」、門前払いの実態をスクープ 「攻めた」クロ現の意義』はこちらです】



しあわせなみだでは、性犯罪事件に関する取材を積極的にお受けしています。
お気軽に[お問い合わせ]ください。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年08月06日

NHKウェブで、障がい児者への性暴力撲滅啓発イベントが紹介されました


K10012019751_1908031202_1908031204_01_02.jpg
福岡で開催した、ブリッジング・プロジェクト〜Bridging the Gap〜障がい児者への性暴力撲滅啓発イベントの様子が、NHKウェブで紹介されました。

番組では、イベントに寄せられた、障害者就労施設の施設長による性暴力を経験した、障がい児者家族へのインタビューが紹介されています。

▼障がいにつけこみ、言葉巧みに逆らえなくした
▼「同意がないなら抵抗できる」とされ、警察の捜査が打ち切られたこと
▼現在もPTSD等の後遺症が残っていること
などが紹介されています。

番組は、福岡放送局をはじめ、九州各地で放送していただきました。
ご覧いただけなかった方、ぜひお読みください。

【『障害がある娘が受けた性暴力 母親が決意の告白』はこちらです】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年08月02日

性暴力被害者支援研修に登壇しました


FullSizeR.jpg
理事長中野が、東京ウィメンズプラザ主催、性暴力被害者支援のための研修に登壇しました。


講師は3名。

67390834_1251561538349122_6743267129107152896_n.jpg
トップバッターは斉藤章佳さん(大森榎本クリニック精神保健福祉部長)による「性暴力の『加害者』とは」。
持っているのは斉藤さんの著書「男が痴漢になる理由」です。


67695162_2197014307091385_1262840270446133248_n.jpg
2人目は鶴田信子さん(被害者支援都民センター犯罪被害相談員)による「性暴力の被害者を支援するために」。


中野からは、「性暴力被害者支援の実際‐制度と組織の活用について 報告−障がい児者への性暴力の実態」をテーマに、以下をお話しました。

★はじめに
1)自己紹介
2)性暴力撲滅啓発に関わるきっかけ

★実践報告〜障がい児者への性暴力の実態〜
1)実態調査
2)なぜ障がいが性暴力へのリスクにつながるのか
(1)障がいならではの「特性」
(2)障がいならではの「育ち」
(3)暴力の構造

★制度と組織の活用について
1)すべての責任は加害者にある
2)性暴力被害当事者の支援
(1)カラダ
(2)ココロ
(3)ライフ
3)東京都の支援体制

★支援専門職にできること
1)ソーシャルワーカーが持つ権力と暴力性
2)専門職としての知識に基づく「気づき」
3)エンパワメント

★終わりに


67322987_504962056999999_6451337162615947264_n.jpg
↑会場には性暴力に関する書籍も紹介されていました


しあわせなみだでは、性暴力経験者に関わる方を対象とした研修を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

[お問い合わせはこちら]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】