CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月08日

当時の後悔をどう今に活かしていくか〜「寅さんのなみだ」を開催しました〜


180425info.jpg
4月25日、パートナーが性被害を経験した男性の会「寅さんのなみだ」を開催しました。


IMG_3791.JPG
今回の寅さんのなみだはこれまでと少し形を変えて、被害後当事者に起こる精神的な変化や苦痛を資料で共有しました。
「パートナーとの接し方を考えよう」というテーマに沿い、それぞれのパートナーとの接し方を思い出しながら、共有しました。
パートナーから被害を打ち明けられた時の自分の反応、それに対するパートナーの反応を思い出し、参加者の方から当時の自分の対応に対する反省の言葉が漏れる場面が印象的でした。


当時の後悔をどう今に活かしていくか、現在も当事者のパートナーと接する機会があれば、関わりの中で自分の気持ちを直接伝えることが難しくても、被害を思い出させないように工夫することや回復に向けて共に歩むことで間接的に伝えることはできるが、現在そのパートナーと接する機会のない方はどうすればよいかというのが難しい課題だと思いました。
もしかしたら自己満足かもしれないけど、今後関わる女性、特に子どもが被害に遭わないように注意喚起をすることなど微力ながら何か伝えてあげることで当時のパートナーに対する罪滅ぼしになれば、などそれぞれの考えを共有しました。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】