CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年11月17日

「リベンジポルノ―性を拡散される若者たち」著者インタビュー!


4f8cc8a97534e1a916fcfd9ab86d51fb_s.jpg
【11/28:大阪】性暴力当事者のピアサポートグループ「Tear's Cafe」
*11月の開催後、グループは半年間お休みします。ぜひお越しください!*

====================================


しあわせなみだが取材協力した書籍が出版されます!

1511リベンジポルノ.jpg
渡辺真由子著
『リベンジポルノ―性を拡散される若者たち』
弘文堂 1,404円
[アマゾン予約購入はこちら]


性的な画像や動画を、本人の同意なしに公開・拡散する「リベンジポルノ」。
被害にあってしまった当事者や被害者支援に取り組む実践者たちの生の声をもとに、リベンジポルノをめぐる現状にせまり、その予防策・打開策を探る書籍。
しあわせなみだ理事長中野へのインタビュー、ならびに昨年11月に開催された、立川市デートDV防止講座「リベンジポルノから自分・わが子を守る」の様子をご紹介いただきました。

出版を間近に控えた著者、渡辺真由子様へのインタビューです!


***


☆しあわせなみだ:
書籍出版おめでとうございます!
そしてしあわせなみだへの取材ありがとうございます。
なぜ「リベンジポルノ」をテーマに書籍を出版しようと思われたのですか?

▼渡辺様:
「なぜ若者たちは性的な撮影に応じるのだろうか」、という素朴な疑問からです。
私の世代の感覚とはかけ離れている気がして、その心理を知りたいと思いました。



☆しあわせなみだ:
書籍のサブタイトルである「性を拡散される若者たち」という言葉に、リベンジポルノの本質的課題や、渡辺様の思いが凝縮されているように感じました。
この「性を拡散される若者」について、もう少し詳しく教えていただけますか?

▼渡辺様:
紙焼きの写真と違い、デジタル画像は、ひとたびネットに投稿されるとあっという間にコピーされ、無数のサイトに拡散してしまいます。
ネットならではの怖さがある、という意味を込めました。



☆しあわせなみだ:
しあわせなみだには、被害者が相談できない理由や、加害者の心理、暴力防止のワークショップについて、ご取材いただきました。
特に印象に残った話などはありますか?

▼渡辺様:
ワークショップで私も体験した「王様ゲーム」は素晴らしいと思いました。
人から無条件で褒められることってこんなに自己肯定感を高めるんだ、というのが実感できます。



☆しあわせなみだ:
しあわせなみだは、性暴力をゼロにすることを目指して活動していますが、リベンジポルノをはじめとする性暴力への誤解や偏見は根深いなぁと感じています。
メディアジャーナリストとして活躍されている渡辺様は、こうした現状を変えるには、どのようなアクションが必要だとお考えですか?

▼渡辺様:
性暴力を許す風潮は、メディアが助長している部分も大きいと感じます。
アダルトビデオや漫画の性表現を、人権を侵害しない内容に変えていくことが必要だと思います。



☆しあわせなみだ:
最後に、読者に、メッセージをお願いします。

▼渡辺様:
「撮らせるな」と注意するだけでは十分ではないことが、本書をお読み頂ければおわかりになると思います!



watanabe.jpg
著者渡辺真由子(わたなべ・まゆこ)さんのサイトは[こちら]

***


これからの性暴力を考える上で、重要な示唆を与えてくれる書籍。
ぜひお手に取ってご覧ください!

[アマゾン予約購入はこちら]

====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック