CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年10月30日

【11/19発売】取材協力をした書籍「リベンジポルノ―性を拡散される若者たち」が出版されます


4f8cc8a97534e1a916fcfd9ab86d51fb_s.jpg
【11/28:大阪】性暴力当事者のピアサポートグループ「Tear's Cafe」

====================


しあわせなみだが取材協力した書籍の出版が決定いたしました。
ぜひお手に取ってご覧ください。

1511リベンジポルノ.jpg
渡辺真由子著
『リベンジポルノ―性を拡散される若者たち』
弘文堂
1,404円
【アマゾン予約購入はこちら】

リベンジポルノが起こる現状、被害者が置かれた状況、なくしていくための取り組みについて、お話しています。


【著者】
watanabe.jpg
渡辺真由子さん
メディアジャーナリストで、青少年健全育成政策を専門とするメディア学者です。
青少年の「性」や「ネットいじめ」、ジェンダー、LGBT問題を長年に渡り取材し、メディア・リテラシーの観点から対応策を提言されています。



【内容紹介】
★「撮らせたあなたが悪い」、その無理解が、リベンジポルノの被害を拡大させている!

相手の性的な画像や動画を、本人の同意なしに公開・拡散する行為のことを「リベンジポルノ」と呼び、2013年に東京都三鷹市で発生した女子高生殺害事件を機に、社会問題化しました。

「性」を拡散されるリベンジポルノの被害者が受けるダメージは甚大であるにもかかわらず、責められるのはなぜか被害者。

リベンジポルノの被害にあってしまった当事者や被害者支援に取り組む実践者たちの生の声をもとに、リベンジポルノをめぐる現状にせまり、その予防策・打開策を探ります。

リベンジポルノが増殖する社会に、私たちはどう向き合えばいいのか。
被害者、保護者、警察関係者、先生はじめ教育関係者、メディア関係者など、必読の一冊。


【目次】
第1章 性が拡散される社会
1 リベンジポルノとは何か
2 リベンジポルノはいつから日常になったのか

第2章 リベンジポルノはなぜ生まれるのか
1 性を拡散するというコミュニケーション
2 性を拡散するというビジネスモデル
3 「撮らせなければいい」という「対策」に意味はない
4 リベンジポルノの当事者たち
5 被害者はどのような気持ちなのか
6 加害者はどのような気持ちなのか

第3章 性が拡散される社会をどう生き抜くのか
1 相談機関に連絡すれば解決するのか
2 法律を使えば解決するのか
3 被害にあわないために出来ることはあるのか
4 リベンジポルノをなくす方法はあるのか



====================

本ブログは毎週火・金更新!

【しあわせなみだ代表中野のブログはこちら(月・木更新)】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック