CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月02日

「朝日新聞デジタル」で緊急避妊薬の処方に関するコメント紹介!

36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【『なぜ障がい者が性暴力を経験しているの?〜刑法に「性犯罪被害者としての障がい者」の概念を盛り込みたい〜』オンライン署名実施中】

==============

理事長中野のコメントが、朝日新聞デジタルで紹介されました。

女性医師薬.jpg
厚生労働省の検討会で、これまで初診時に対面が必要であった緊急避妊薬が、オンライン診断等、直接対面でなくても、処方が可能になる見通しになりました。
中野からは
無理やり性交等をされた後、95%以上が警察にも病院にも相談していない現状
☆緊急避妊薬にアクセスしやすい環境整備の重要性
☆オンラインのみでは、心のケアや性感染症への対応が困難であるため、更なる支援につながげる必要性
を指摘しています。

ぜひご覧ください。


『緊急避妊薬オンライン処方解禁へ 望まぬ妊娠回避に期待』詳細はこちらです(有料会員のみ全文ご覧いただけます)


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック