CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月19日

性暴力に関する書評が掲載されました


4a97ef0fad7bab6211fb424e07464dd8_s.jpg
【1/5:東京】寅さんのなみだ〜パートナーが性被害を経験した男性の会〜
【1/9:東京】助成発表フォーラム第6回

====================

IMG_1653.JPG
しあわせなみだ理事長中野が執筆した書評が、12月17日付「赤旗」に掲載されました。
[書評はこちらです(PDFファイルです)]


ハリウッドに端を発した、自身の性暴力を告白する「#Metoo」の流れを踏まえて、下記の書籍を紹介しています(掲載順)。


▼山本潤さん著『 13歳、「 私」をなくした私』( 朝日新聞出版1,400円)
▼角田由紀子さん著『性と法律=変わったこと、変えたいこと』( 岩波新書820円)
▼仁藤夢乃さん著『 女子高生の裏社会「関係性の資困」に生きる少女たち』(光文社新書760円)
▼上問陽子さん著『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版1,700円)


これらの書籍を通じて、日本における性暴力の現状や、その背景にある法制度が、多角的に理解できます。
ぜひご覧ください。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック