CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年06月20日

刑法性犯罪改正!記者会見が多くのメディアに取り上げられました


16326661_1245604848855521_166254209_o.jpg
6月16日の参議院本会議で、刑法性犯罪改正案が可決成立しました!

同日午前に行われた参議院法務委員会では、しあわせなみだ会員で性虐待経験者である山本潤が参考人招致され、性暴力の現場の声を届けました。
[参考人質疑の様子]
※左のカレンダーで「6月16日」をクリック、新たに表示される画面で「法務委員会」「2017年6月16日」を選択、「検索」すると、表示されます


改正案のポイントは以下です。
☆「名称変更」(強姦罪→強制性交等罪)
☆「定義の変更(口腔・肛門性交も性器性交と同等に)」
☆「非親告罪化(告訴がなくても起訴できる)」
☆「監護権(子どもの養育に責任を持つ者)に乗じた性犯罪の創設」
☆「重刑化」(強姦罪は3年以上→5年以上へ)
☆「強盗→強姦」と「強姦→強盗」の量刑を合わせる(これまでは「まず強盗してから強姦」のほうが重かった量刑を「7年以上」に合わせる)

これらは大きな前進であり、評価すべき点です。

一方で
☆暴行脅迫要件(必死の抵抗が証明されなければ無罪)が残る
☆監護権以外の地位関係性(「教師から生徒」「上司から部下」「先輩から後輩」等)は考慮されない
☆集団強姦罪がなくなる
等、課題もあります。

[改正案のポイントは、しあわせなみだメールニュース「Tear's Letter」6月18日号をご覧ください]


3年後の見直しに向け、実態調査を含め、市民がもっと性暴力の実態を知り、議論の場を増やせるよう、一緒に活動していきましょう!


<法務委員会ならびに改正後に開催した記者会見が、多くのメディアに紹介されました!>
IMG_0657.JPG
「性犯罪厳罰化 改正刑法が成立」@NHKニュース
“性犯罪”刑法改正も 「課題はまだ残されている」@テレビ朝日
『性犯罪撲滅へ「大きな一歩」被害者、法改正喜ぶ』@朝日新聞
※会員登録で全文ご覧いただけます
「性犯罪厳罰化 告訴不要 評価の声」@読売新聞(プレミア会員登録で全文ご覧いただけます)


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1281161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック