CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年03月21日

警察に届け出のあった性的虐待、児童ポルノ、児童買春件数は過去最悪


PPS_sakuranoenburemu.jpg
警察庁は平成28年における少年非行、児童虐待及び児童の性的搾取等の状況について」「を取りまとめました。


da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpg
これによると、警察に通報のあった性的虐待は251件、前年比46.8%増で過去最悪となりました。
検挙された162件の内訳は、強姦34件、強制わいせつ45件、児童福祉法違反63件、児童買春児童ポルノ違反11件、青少年健全育成条例違反9件となっています。
加害者は実父42件、実母4件、養父継父67件、内縁(男)36件、その他(男)14件(加害者が複数のため件数と一致しない)です。


girl-626826_1280.jpg
また児童ポルノの検挙数は2097件、前年比8.2%増で、こちらも過去最悪となりました。
内訳は、製造が1,262件、提供・陳列が761件、所持が74件です。


そして児童買春の検挙数は、児童買春が809件と前年比11.1%増で過去最悪。
青少年健全育成条例違反(みだなら性行為)が1,305件で前年比3.1%増と過去最悪。
児童福祉法違反(淫行させる)が前年比14.9%減の257件でした。



性的虐待、児童ポルノ、児童買春のすべての被害者は子ども、そしてすべての加害者は大人です。
大人が子どもの性的人権を侵害する事件がこれだけ起きている、という事実に、私たち大人が目を背けないことが、「子どもへの性暴力を許さない」風土を醸成する第一歩ではないでしょうか。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1258506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック