CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年02月28日

性暴力を描いた映画「月光」鑑賞会&トークショーを開催しました


IMG_4252.JPG
2月25-26日、性暴力を描いた映画「月光」鑑賞会&トークショーを開催しました。
会場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。


IMG_4239.JPG
上映後は監督の小澤雅人さん、ジャーナリスト池上正樹さんをお招きしたトークショーを開催。
25日は小澤さんからは、性暴力をテーマにした映画を製作したきっかけ等をお伺いしました。
池上さんからは、ひきこもりと性暴力の関係について、お話いただきました。
ファシリテーターは上智大学3年千谷直史でした。


IMG_20170226_115254.jpg
26日は、前日の内容を踏まえて、性暴力を経験した女性の描き方や、映画の「その後のストーリー」について、話し合いました。
ファシリテーターはwafactory 代表取締役南相旭でした。


25日は40名、26日は19名の方にお越しいただきました。
また寄付も両日合わせて21,485円となりました。
刑法性犯罪改正実現に向けた活動に、大切に使わせていただきます。

なお映画上映専門会場ではなかったこともあり、画像が見えづらかったり、音声が聞こえづらかった箇所がございました。
心からお詫び申し上げます。


アンケートへのご協力ありがとうございました。
以下掲載いたします。


IMG_4227.JPG
☆25日☆
参加者      39名
アンケート回答者 16名

■1.イベントの満足度を、100%〜0%で教えてください!
100%   4名
98%   1名
90%   1名
80%   5名
60→80% 1名
70%   1名
50%   1名
10%   1名
無記入   1名

[理由]
(100%)性暴力を受けた女性がその後、どのような人生を歩んでゆくのか、話では聞いたことがありましたが、映像で見ることによって、その状況がとても深刻で、暴力が終わっても日常生活の中で被害を受けるということに、すごくショックを受けました。
(100%)重い映画。でも集中できた時間。
(100%)一度、機会を逃してしまったので、今回トークショーもあり、参加できて良かったです。
(100%)映画+トークショー+国会活動、上手にかみあっていました。
( 98%)難しいテーマを映像として再現したと思います。
( 80%)男性の監督による映画と男性2人のトークショー(ファシリテーターも男性)ははじめてで良かった。もっといろいろ話の聞ける時間があると良かった。
( 80%)こういったことに男性がかかわっていることに、希望が持てました。映像は明るすぎて観辛かったです。
( 80%)対談とセットだったので、頭の中の混乱が整理できた。
(60→80%)映画に少し救いがあればよかったかも。最後に勇敢に立ち向かっていくとか。実際には難しいでしょうし、この映画の趣旨ではないでしょうが。トークショーを聞いて、少し救われました。
( 70%)以前から見たかった映画だったので、良いチャンスでした。いろいろ考えさせられました。
( 50%)映画の鑑賞会としては15〜20%の満足度。スクリーンに日が差し込んで、暗幕を貼るまでしばらく見辛くて、鑑賞会として成立していなかった。最初からカーテンで日光を隠しておいて欲しかった。ファシリテーターも全く機能していなかった。ゲスト2人のトークは非常に面白かったので、50%で。
( 10%)肝心のシーンが全然見えなかった。途中で黒幕を持ち出すなら、フィルムを止めて再生しなおすべき(その前にそもそもその場で試写をしていなかったのか?)有料上映会なのに、全く見えないシーンが10分もあるのはひどい。その場で再映できないなら入場料をその分返してほしい。


■2. 本日のイベントを、あなたの友だちに一言で伝えるとしたら、なんと言いますか?
・「映画」で社会から目を向けられるには、とてもよくできていると思いました。監督の生の言葉も伝わりました。
・性暴力、合意のない性交渉は、被害者の一生をめちゃくちゃにしてしまう。
・スゴイ重いテーマ、でも大切なこと。
・しんどいけど見てほしい映画。
・多くの人が知って、話し合える社会を作りたいと思うので、ぜひ観てください。
・現実を伝えるための闘い。
・現実を知らなすぎるよ我々は・・・・男性に見せることが必要。
・とても考えさせられたイベント。
・共に感じよう。
・重い。被害者はどこに希望を見出せばいいか、映画ではよくわからない。
・重かった・・・。
・ちょっとつらいかも。


■3.性暴力を経験した方へ、あなたからのメッセージをお願いします
・あなたは悪くない。
・あなたはまったく悪くない。悪いのは、あなたにひどいことをした人だ、と伝えてあげたいです。
・大丈夫だよ。いつか乗り越えられるし、それが力になるよ。
・とにかく生きぬいてください。ひとりじゃないから。
・前に向かって歩いでください。
・経験していない私にできることを探し続けます。生き続けてください。
・辛い毎日だと思います。どうかご自分を責めずにご自身をご自愛ください。
・まずは社会が変わらなくてはですね。あなた自身は悪くないです。
・救いがありません。描き方に誤解があります。女性のたくましさがみえないです。


■4.その他気付いたこと、感想等、伝えたいこと等、何でも自由に教えてください!
・性暴力を行う側が悪いということが、もっと広く社会で知り、そういう人は責任を追求される、ということが、多くの人の共通の思いとして広がって欲しいと思います。
・一人ひとりにできることは少なくても、集まれば大きな力に結集できるかもしれない「希望」
・難しいテーマですし、伝える時にデリケートな部分なので、対応に困ることがあります。参考になりました。
・全く社会から目を向けられることのない人たちがいます。もっと世の中に知ってほしいです。
・男性は性被害に女性ほど敏感でないと感じていたので、監督や大学生ががんばってくれて心強いと感じました!!
・多くの男性がこの映画を観て、女性のことを理解してほしい。
・映画の内容は、異性のためか、表現されている内容が分からなかったというか、共感できなかったというか、長く感じた2時間でした。主人公の苦しみとかが、いろんな形で表現されているのでしょうが、ちょっと分かりにくかったというか、解説が必要な感じがしました。性虐待を受けると、誰にでも性的に向かっていってしまう、ということを表現したかったのかな、と理解しましたが。→トークショーでの解説を聞いて、よく分かりました。
・まだまだ勉強不足だな、と映画を見て思います。
・ファシリテーターさん、お疲れ様でした。
・ファシリテーターが進めない。質疑応答が少ない。途中の映像の不備がありえません。
・会場設営、場所の詳細等が雑だった。参加費2000円相応の内容ではなかった。


IMG_20170226_094611.jpg
☆26日
参加者      19名
アンケート回答者 13名

■1.イベントの満足度を、100%〜0%で教えてください!
100%   4名
90%   1名
80%   5名
75%   1名
無記入   2名

[理由]
(100%)映画「月光」を通して、性被害者の心をここまで壊していくんだと、改めて思いました。小澤さんと池上さんのトークショーは勉強になりました。
(100%)性被害を受けた女性の心理、リアルがよくわかりました。ありがとうございました。
(100%)想像よりとてもいい映画だった。トークとセットになっているのが効果的だった。
( 90%)東京では公開が終了した月光が見られたこと、トークショーを聞けたこと(やっと消化できました)、貴重な機会をありがとうございました。
( 80%)人間は回復することが出来るのだと実感した。
( 80%)監督のお話が実際に聞けてよかった。映画の内容は良くも悪くも男性が作ったものだと感じた。冷静な第三者が作ったと感じる風景描写が(特に後半)。ただレイプされて心がむしばまれていく様子はとてもリアルだった。しかし生々しくなく、すこし遠慮を感じた。
( 80%)感想をシェアするのがとても面白かった。貴重な話を聞けた。
( 75%)少し見えづらく聞こえなかったです。中身は関心がありましたので、良かったです。
(無記入)被害後の言葉にできない心の動き、錯綜する気持ちにリアリティを感じた。ラストシーンは希望と捉えたい。


■2. 本日のイベントを、あなたの友だちに一言で伝えるとしたら、なんと言いますか?
・ぜひ次の機会に足を運んでほしい。百聞は一見に如かず。
・よい2,000円の使い道です。
・月光の鑑賞会と監督のトークショーで、作り手の意図も聞きながら作品を味わえた会
・映画と現実が地続きだと確認するイベント
・現実に起こっていることを(性暴力や性被害)知ってほしい。
・自分の五感で被害実態を受け止めて。
・性暴力は魂の殺人
・性暴力に向き合って、これから自分ができることを考える時間になった。もし興味があれば参加してほしい。
・他人の痛みがわかる人であってほしい。
・性暴力のない世界をつくる。


■3.性暴力を経験した方へ、あなたからのメッセージをお願いします
・少し怖かったけど最後まで観れました。あなたは絶対に悪くない。あなたはかけがえのない存在だということを忘れないで。私ももがき苦しみながら生きてきました。
・あなたが暴力を受けることはあってはならなかったので、社会に責任があります。
・希望を捨てないでください。あなたは一人じゃない!
・ぜひかかえこまず、力になってくれる人とつながってもらえたらと思います。
・苦しさを認めてください。まず自分から認めて、それを人に伝えましょう。何もはずかしいことでもないし、相手の理性に欠ける行動が100%悪いです。自分を受け入れてくれる人をできるだけ早く見つけてください。
・1人でも多くの人に事実を知ってもらうこと。
・時間はかかるかもしれませんが、地道なPR活動を工夫をこらして重ねていき、じわんと浸透させていいきたいと思います。


■4.その他気付いたこと、感想等、伝えたいこと等、何でも自由に教えてください!
・みんなに映画を観てもらい、考えるきっかけになってほしいと思いました。
・映画をどういう形で伝えられるか分かりまんが、また相談させて下さい。
・貴重なイベント主催していただいてありがとうございました!
・今後も性被害の現実や問題について訴え続けてください。
・上映したいです。
・刑法は早く改正されるべきです。
・小声のシーンがきこえずらくて残念なところもありましたが、設備上やむなし。丁寧な運営ありがとうございました。
・音量をもっと上げて欲しかったです
・感想を共有する時間を頂けて嬉しかったですけど、最低でも5分はほしかったです。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1253237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック