CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
10498576_845742372152015_8335320676785484951_o.jpg

====================================

【特定非営利活動法人しあわせなみだ ウェブサイト】
http://shiawasenamida.org/
【メールニュース「Tear's Letter」ご購読はこちらから】
http://shiawasenamida.org/m07_03
【facebookページはこちら】
https://www.facebook.com/nposhiawasenaida/

2019年03月22日

性犯罪裁判のセカンドレイプに関するコメントが掲載されました


190320huhhpost2.png
理事長中野のコメントが、3/20付「ハフポスト」に掲載されました。
[『性犯罪の法廷は、どれほど被害者を傷つけるのか 無罪判決の医師わいせつ事件を振り返る』詳細はこちらです]


190320huhhpost1.png
先月、乳腺医師による強制わいせつが問われた裁判が無罪になりました。
検察は控訴し、今後この事件は高裁で争われることになります。


景色法廷小.jpg
この裁判では、性暴力を経験した方への無配慮なやりとりが繰り返されました。
本来裁判では、事件に関係のないことを取り上げるのは禁止されています。
しかしこの裁判では、被害者の職業や過去の性的言動が明らかにされています。
またコメントでも触れているように、「ピルを使用している女性はふしだらな関係を好む」など、社会が持つ誤解や偏見を悪用し、裁判官に対し、被害者へ不利な心証を与える弁護もありました。


女性悩み.jpg
このように、裁判をすることで、被害者がより一層傷つけられることは、残念ながら少なくありません。
性暴力そのものだけでなく、性暴力後の周囲の人々の言動等が、性暴力を経験した方を傷づけることは、「セカンドレイプ(二次加害)」と呼ばれています。
これが、裁判を起こせない、もしくは起こしても示談に持ち込まれる要因にもなっています。


性暴力を経験した方が安全安心な環境で裁判を行えるように、今後も声を届けてまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年03月19日

加害者の作品販売に関するコメント「Business Insider Japan」に掲載!


06.jpg
【購入費が寄付に!ちかんにあった友だちを励ますLINEスタンプ】

==============

理事長中野のコメントが、インターネットメディア「Business Insider Japan」に掲載されました。

ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された件を受け、性犯罪を含めた加害者の作品販売について、「謝罪」と「更生」の観点からお話しています。ぜひご覧ください。


190318businessinsider.png
【ピエール瀧が売れない俳優でも公開中止に反対しましたか?「作品無罪」を考える】記事はこちらです


しあわせなみだでは、取材を積極的にお受けしています。
お気軽に[お問合せ]ください。

==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年03月15日

「毎日新聞」で登壇イベントが紹介されました


03.jpg
【購入費が寄付に!ちかんにあった友だちを励ますLINEスタンプ】

==============

54374584_306685163374393_1144595263826952192_n.jpg
理事長中野の登壇イベントが、3/13付「毎日新聞」オンラインで紹介されました。


53208727_299583790715316_676323522234023936_n.jpg
登壇したのは、NPO法人ピルコン主催「緊急避妊薬アクセスの諸課題を考える」です。


IMG_4018.jpg
現在厚生労働省で、妊娠を防ぐ緊急避妊薬(アフターピル)の市販化が検討されています。
現在緊急避妊薬は、病院で診断を受けた上で、購入できます。
しかし緊急避妊薬は、性行為からできるだけ早く(できれば72時間以内に)服薬する必要があります。
夜間や土日祝日の場合、多くの医療機関は空いていません。

また内閣府の調査では、無理やり性交をされた男女のうち、病院や警察に相談しているのは、わずか2〜3%であることが、わかっています。
中野からは、こうした現状を踏まえ、緊急避妊薬が薬局やオンライン診療で購入できることにより、性暴力を経験した方が支援につながるきっかけになることを、お話しています。
ぜひご覧ください。

FullSizeR (1).jpg
[記事はこちらです]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年03月12日

見えにくい障がい者への性暴力「被害を見逃さぬよう刑法へ記してほしい」オンライン署名に携わる父親の思いは

190312image.png
【本日3/12:東京】緊急避妊薬アクセスの諸課題を考える

==============

36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
しあわせなみだは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい者」の概念を盛り込み、海外同様、日本でも障がい児者の特性に応じた性犯罪裁判ができるよう、活動しています。

今回、障がい児を持つ父親の会、NPO法人ファザーリング・ジャパン メインマンプロジェクトリーダー橋謙太さんに、「障がい児者への性暴力」についてインタビューを行いました。
ぜひお読みください!


***

IMG_3868.JPG
障がい者差別を含め、男女差別、人種差別等、世の中には様々な差別があります。

「多くの差別は偏見から起こります。少しでも差別をなくしていくには、当事者以外の方が関わっていくことが大切です。当事者だけだと社会全体が変わっていかない。それでは障がい者が生きやすい社会になっていかない」。

そう話すのは橋謙太さん。
橋さんには、知的障がいを伴う自閉症スペクトラムを持つ娘がいます。
現在、特別支援の高校に通っています。

当事者でない人が関わるために、何ができるだろうか。
橋さんはそんなことを考え、周囲の人に理解してもらうために発達障がい児を支援する活動をしています。
そんな活動を通して出会ったのが「障がい者への性暴力」
しあわせなみだが実施している、『なぜ障がい者が性暴力を経験しているの?〜刑法に「性犯罪
被害者としての障がい者」の概念を盛り込みたい〜』オンライン署名
の活動に携わっています。2018年12月8日から始まった署名への賛同は、3月10日時点で1万1千人を超えました。


☆障がいが性暴力にリンクする

IMG_3933.JPG
橋さんの娘は特別支援学校に通っています。
通学には電車を利用していますが、車内に高齢の方や小さな子どもがいると積極的に席を譲る、優しい女の子です。
橋さんは、「人に優しくすれば、それが返ってくる。そういう子に育っているので、嬉しい」と語ります。

娘の成長とともに、橋さんが心配するようになったのが、「性暴力」です。

年頃の娘を持つ親であれば、一度は「ちかんにあったらどうしよう」「ストーカーに会ったら?」といった心配をするのではないでしょうか。
障がいがあることで、心配は、一層深まります。

橋さんが、障がいと性暴力を考えるようになったきっかけは、娘が小学校高学年の時、親のネットワークを通じて、性暴力の話を聞いたことです。
「小学生でも、障がいがあっても、性暴力の対象になる」という現実を知りました。

37838932_1885014861558089_2916354653081829376_n.jpg
2018年7月、橋さんは、しあわせなみだが発達障害者を対象に実施した「障がい児者への性暴力調査」報告会に足を運びます。
そこで、発達障がいをもつ女性たちが、性暴力の経験を語る場面がありました。

橋さんが、性暴力経験者からリアルに話を聞いたのは、これが初めてでした。
身近な人からの性暴力を経験し、相談しても、障がいがあるために「誰にも信じてもらえなかった、対応してもらえなかった」という言葉に「衝撃を受けた。記事で読むのとは全く違う。」と感じました。

そして娘の姿がオーバーラップします。

性暴力が”悪いことである”ことすらわからない、と話している人がいて、『そういえば』と思った。障がいにより、されていることが”悪いことだ”っていう認識がない。」

自閉症を含む、発達障がいの特性として挙げられる「オリジナルの世界観」や「独特のコミュニケーション方法」。
これは、優れたセンスや才能として開花する可能性を持つ一方で、「空気を読めない」「内容の解釈に相違がある」といった、対人関係を構築する上での支障にもなりえます。
また知的障がいを伴う場合には、「騙されやすい」傾向もあります。

その結果、
「あやしい人を見抜けず、騙される」
「『何もしないから』という言葉を信じて、ついていく」
「相手の指示に従うことが、どういう結果になるかわからない」
といった、性暴力へのリスクを高める可能性につながっています。


☆国会議員に状況を伝える
47689227_258097858219851_4122674030085931008_n.jpg
48403777_654641804973231_4760383631665397760_n.jpg
46307713_350098085741199_7352878762578411520_n.jpg
45480420_327886551333413_1919217320312438784_n.jpg
報告会後、この課題を深刻に受け止めた橋さんは、しあわせなみだのメンバーらとともに、これまで3人の国会議員を訪問。また政党が開催するヒアリングにも参加し、声を届けています。

「父と娘は、大抵の場合、年齢とともに自然と距離ができます。でも、障がいがあると、いつまでも身体的距離感が近い。親側が意識して、距離感を変えていかねばならないんです。」
「障がいがあると、何となく雰囲気で理解する、ということができない。一つひとつ説明する必要があります。」
「家と外の区別がつきづらいんです。家の中ではやってよくても、外ではやってはいけないことを、何度も伝え理解させる必要があります。」
橋さんの話に、面会した国会議員は大きくうなづきました。
 
「様々な態度の議員がいるけれど、理解してもらうことが大事だな、と思いました。」
橋さんはこれからも、機会を見つけ議員会館に足を運ぶつもりです。


☆わからなくてもいい、理解してほしい

IMG_3902.JPG
橋さんは、娘が育っていく社会に、何を望んでいるのでしょうか。
「障がい者に優しい社会になってほしい。障がい者が生きやすい、過ごしやすい社会は、すべての人にとって生きやすい、過ごしやすい社会になります」
「わからなくてもいい。やはり当事者にしかわからないことはたくさんあります。でも理解してほしいですね。本当に簡単なことでいいんです。ちょっとした特性であったり、対応であったり。そういう人が増えれば、世の中は変わります」


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年03月08日

立憲民主党の皆さんに「障がい児者への性暴力」の現状をお話しました


190312image.png
【3/12:東京】緊急避妊薬アクセスの諸課題を考える

==============

しあわせなみだでは、刑法をはじめとする法制度で、障害児者の特性を踏まえた対応が行われるよう、国会議員に働きかけています。
今回は、立憲民主党の国会議員の皆さんと面会しました(掲載は五十音順)

53491994_385556175591044_1963887200688930816_n.jpg
西村智奈美衆議院議員
国際ボランティアに携わり、厚生労働副大臣の経験も踏まえたアドバイスを、たくさんいただくことができました。


52354565_436053737139044_4497770033899896832_n.jpg
森山浩行衆議院議員
国会の各委員会でたびたび質問に立っており、どのような働きかけを行っていけば、法制度見直しを実現できるか、様々な視点からご意見をいただきました。


52901554_642739206196321_8800170767238037504_n.jpg
山尾志桜里衆議院議員
検事としてのご経験、そして司法面接への深い知識をお持ちだからこその、厳しい現状もお話いただき、解決しなければならない課題を整理できました。


これからも多くの議員とこの社会課題を共有し、法制度化実現を働きかけてまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
[「障がい児者への性暴力調査」報告書はこちら]
[刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むことを求める署名はこちら]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年03月05日

【3/12:東京】緊急避妊薬アクセスの諸課題を考える


06.jpg
【購入費が寄付に!ちかんにあった友だちを励ますLINEスタンプ】

==============


理事長中野が登壇します。
ぜひお越しください。


***

190312image.png
[イベント詳細ならびにお申し込みはこちらです]


女性にとって、妊娠を防ぐ最後の砦となるアフターピル(緊急避妊薬)。
日本初のジェネリック薬が富士製薬工業より製造販売の承認を受け、近日中に発売予定となります。
アフターピルのアクセス改善を巡り、2017年にOTC化(市販化)について厚生労働省の検討会で話し合われ、また現在は別の検討会でオンライン診療への適用が議論されています。
現行のアフターピルは1回1万5千円ほどと高額で、医療機関の受診が必要とされる一方で、SNS等を使った非合法な販売が横行していることが問題となっています。

2月27日、衆議院予算委員会第五分科会にて自由民主党の木村やよい議員より緊急避妊薬のアクセス改善に関する質問・答弁がありました。
衆議院インターネット審議中継 ビデオライブラリからもご確認いただけます。

現在大きな転換期になるアフターピルのアクセスについて、どうすれば必要な人に安全に届けることができるのか、緊急避妊の「今」そして「これから」を専門家、当事者で共に考えます。

***

■日時:2019年3月12日(火)17時〜19時30分(開場16時30分)

■会場:衆議院第一議員会館 大会議
【アクセス】
・「永田町」 ●有楽町線 ●南北線 ●半蔵門線 1 番出口 徒歩 5 分
・「国会議事堂前」 ●丸ノ内線 ●千代田線 1 番出口 徒歩 5 分
[地図はこちらです]


【開催概要・プログラム】
1.ご挨拶・参加議員からのご発言

2.講演・報告(敬称略)
●産婦人科医 遠見 才希子「緊急避妊薬を巡る現状とアクセスの課題」
●#なんでないのプロジェクト 福田 和子「海外の先進事例に学ぶ緊急避妊政策」
●NPO法人ピルコン 染矢 明日香 「性教育・当事者の視点から考える緊急避妊薬」
緊急避妊薬の使用経験のある当事者の声(予定)

3.有識者を交えてのパネルディスカッション
報告者に加え、木村やよい衆議院議員、NPO法人しあわせなみだ中野宏美氏他が登壇予定

4.当事者・関係者のリレートーク


■対象者:問題に関心のある一般の方、国会議員の方、医療・薬事に携わる方、メディアの方

■定員300名(定員に空きがあれば当日参加可)

■参加費:無料

■お申込み
[フォーム]からお申し込みください

■主催:NPO法人ピルコン 

■協力:#なんでないの。プロジェクト

***

アフターピル(緊急避妊薬)を必要とするすべての女性に届けたい!署名キャンペーン中!
ピルコンでは、厚生労働大臣、日本産科婦人科学会理事長、日本薬剤師会会長に対し、若者・当事者の立場から、アフターピルのアクセス改善を求める署名活動を行っています。2019年3月現在、1万7千筆以上が集まっています。
▼オンライン署名は[こちら]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年03月01日

自民党国会議員に障がい児者への性暴力の現状を報告しました


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
しあわせなみだが2018年に実施した調査で、発達障がい者32名中23名が、何らの性暴力を経験していました。

海外では障がい児者への性暴力に関する大規模調査が行われ、性犯罪規定に反映されています。

一方日本ではこうした調査はほとんど行われておらず、刑法にも概念が盛り込まれていません。

しあわせなみだでは、刑法をはじめとする法制度で、障害児者の特性を踏まえた対応が行われるよう、国会議員に働きかけています。

今回は自民党の国会議員と面会しました(掲載は面会順)。


52835959_362086431311425_6204942254713339904_n.jpg
長峯誠参議院議員
障がい者施設の運営に携わっていたことがあり、この課題に大変関心をもってくれました。


52947166_2096517557136534_5329746546785255424_n.jpg
武井俊輔衆議院議員
委員会の合間に駆けつけて下さり、真剣に耳を傾けてくれました。


障がい児者への性暴力は、その存在もほとんど知られてきませんでした。
多くの人と共有し、取り組みが進むよう、声を届けてまいります。
応援よろしくお願いします!

【〜刑法に「性犯罪被害者としての障がい者」の概念を盛り込みたい〜署名賛同はこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年02月26日

「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」助成ありがとうございました


【〜刑法に「性犯罪被害者としての障がい者」の概念を盛り込みたい〜署名実施中】

====================

36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
しあわせなみだは2018年1月〜12月、NPO法人まちぽっとソーシャル・ジャスティス基金をいただき「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」を実施しました。

助成により
実態調査
☆イベント開催などによる周知
☆国会議員へのロビイングによる法制度見直しへの働きかけ
を行うことができました。


助成の詳細を以下でご案内いただきました。
ぜひご覧ください

190116photo.jpg
[ソーシャル・ジャスティス基金活動報告]
[1/16に開催された助成発表フォーラム]


当団体は収益事業がなく、活動費は助成金と寄付金でまかなっています。
ソーシャル・ジャスティス基金のおかげで、これまで国内ではほとんど知られていなかった、障がい児者への性暴力の現状に、アプローチすることができました。
心よりお礼申し上げます。

今後も性暴力のない社会の実現に向け、努力してまいります。

====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年02月22日

衆議院法務委員会所属の議員と面会しました


物4.jpg
【メールニュース400号記念読者プレゼント実施中!】

====================

IMG_4016.jpg
刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は、刑法性犯罪を話し合う法務委員会に所属する、2名の国会議員に面会することができました。


FullSizeR (4).jpg
お一人目は自民党宮ア政久衆議院議員です。
議員になる前は弁護士として活動されており、2017年の刑法性犯罪改正における議論でも、経験を踏まえた改正の必要性を法務委員会でご説明くださる等、多大なるお力をいただきました。


FullSizeR (2).jpg
もう1人は国民民主党源馬謙太郎衆議院議員です。
障がい児者への性暴力が、2017年の改正時は論点として取り上げられなかったことに強い関心を持ち、現実的な見直しについて、一緒に考えてくださいました。

これからも多くの議員とこの社会課題を共有し、法制度化実現を働きかけてまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


[障がい児者への性暴力調査報告書はこちらです]
[署名賛同はこちらです]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年02月19日

【Tear’s Letter】400号記念読者プレゼント!


物4.jpg
しあわせなみだが配信するメールニュース「Tear’s Letter」は2/17におかげさまで400号を迎えることができました!

2009年10月配信の第1号から足掛け9年半。
連休と年末年始以外、毎週配信してきました。

現在「Tear’s Letter」の配信を始めた頃は、想像もしていなかった事業を実施できたのも、皆さんの応援のおかげです。

2018年4月からは、配信サイトを変更し、新たなスタート(サイト変更ではお手数をおかけしました)。
現在は250名の皆さんに、お届けしています。

9年半の感謝の気持ちを込めて、しあわせなみだ初となる読者プレゼントを企画しました!


プレゼントはこちら!


DSC_3444.jpg
A:しあわせなみだオリジナルTシャツ(サイズSS・S・M)
↑7周年イベントでメンバーが着用している、なみだのマーク付き、「しあわせなみだブルー」のTシャツです。
※希望の方はサイズを指定してください


IMG_3103.jpg
B:公益社団法人日本社会福祉士会編集『地域共生社会に向けたソーシャルワーク 社会福祉士による実践事例から』中央法規
↑第3章第6節「多様な働きかけによる世論喚起と現実的な要求で刑法改正を実現した実践」を、理事長中野が執筆しています。


03.jpg
C:ちかんにあった友だちを励ますLINEスタンプ
↑ワークショップ参加者とともに出したアイディアを、プロのデザイナーキタイミコトさんが商品化。売上が寄付になります。

3つのプレゼントを、計10名に差し上げます。


[詳しい応募方法はこちら]
[メールニュース登録はこちら]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】