CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


====================================

【特定非営利活動法人しあわせなみだ ウェブサイト】
http://shiawasenamida.org/
【メールニュース「Tear's Letter」ご購読はこちらから】
http://shiawasenamida.org/m07_03
【facebookページはこちら】
https://www.facebook.com/nposhiawasenaida/

2017年04月21日

交流サイトの性的被害が過去最悪〜児童ポルノ・児童買春・不純性交〜


170403.jpg
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 

====================

90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s.jpg
2016年に交流サイトで起きた、性犯罪を含む犯罪被害が過去最悪であったことが分かりました。
[詳細は警察庁「平成27年における出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について(PDFファイル)」をご覧下さい]


5c35ea218a07bd283af1b4e15895faa8_s.jpg
出会い系サイトに起因する事犯の被害児童は93人。
最も多い被害は児童買春で43人と、全体の46.2%を占めています。

twitterやfacebook等のコミュニティサイトに起因する事犯の被害児童は1,652人。
最も多い被害は、青少年保護育成条例違反(不純な性交等の禁止など)で699人、全体の42.3%です。
次いで児童ポルノが507人、全体の30.7%となっています。


da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpg
子どもへの犯罪が起きた時
☆なぜ見知らぬ大人と接点を持ったのか
☆なぜ性的な写真を撮って送ったのか
☆なぜ交流サイトで知り合った人と直接会ったのか
等、子どもを責める風潮は、少なくありません。

しかし、子どもにポルノや買春を持ちかけるのは、大人たちです。
大人が子どもをだましたり、従わせるのは簡単なことです。
すべての責任は、子どもの性的人権を侵害した大人にあります。

買う大人がいなくなれば、買われる子どもはいなくなります。
大人がこの事実と向き合うことが求められています。


1511リベンジポルノ.jpg
なぜ性的な写真を撮って送るのか。
リベンジポルノの構造を詳しく知りたい方は、渡辺真由さん著「リベンジポルノ」がオススメです!(しあわせなみだが出版協力しています)


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月18日

TV生放送に出演いたしました〜刑法性犯罪「暴行脅迫要件」撤廃を訴える〜


17976585_10212411277418344_1623891923_o.jpg
しあわせなみだ理事長中野が、TVに生出演いたしました。
[動画は本日4/18(火)23:00までご覧いただけます/中野が出演した刑法性犯罪に関する話題は40:35から]


18015945_10212411278098361_1869200662_o.jpg
番組はAbemaTVのニュースチャンネル「abema news」で平日21:00-放送の「Abema Prime」。
昨日4/17(月)21:35-刑法性犯罪改正、特に暴行脅迫要件の撤廃について、その必要性を、30分ほどの時間を割いて、取り上げていただきました。
出演者の皆さんも刑法性犯罪の現状に強い疑問を抱き、海外の事例等も交えながら、改正を後押ししてくださいました。


170403.jpg
また本日4/18(火)AM7:00-8:30放送のTOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」では、刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトが作成した、刑法性犯罪改正の必要性を伝える動画【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
が紹介される予定です。こちらもぜひご覧ください。


しあわせなみだでは、性暴力撲滅を啓発するために、取材を積極的にお受けしています。
お気軽に[お問い合わせ]ください。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月14日

「毎日新聞」&「週刊女性」にコメントが掲載されました


170403.jpg
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 

====================

しあわせなみだ理事長中野のコメントが掲載されました。


20170315_110648.jpg
本日4月14日付「毎日新聞」朝刊(会員登録で全文ご覧いただけます)では、キャンパスレイプに関するコメントが掲載されました。
キャンパスレイプの起こる背景や、加害を防ぐための取り組みについて、お伝えしています。


写真 2017-04-05 20 29 59.jpg
今週04月11日発売の「週刊女性」2017年4/25号では、刑法性犯罪改正に関するコメントが掲載されました。
性犯罪の親告罪(被害者が告訴しなければ起訴できない)が非親告罪化される重要性を、お伝えしています。


しあわせなみだでは、性暴力のない社会を実現するための風土を醸成するために、取材を積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせ下さい。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月11日

刑法性犯罪改正を伝える動画が公開されました


170403.jpg
刑法性犯罪改正を伝える動画が公開されました!
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 


d1bc45b98561e7243cd0ff12c114832d_s.jpg
刑法性犯罪改正が佳境を迎えています。


現在刑法が定める「性犯罪」と、実際に起きている「性暴力」との間には、かい離があります。

たとえば、いつも仕事を教えてもらっている職場の上司や、お世話になっているサークルの先輩に逆らうことは、なかなか難しいですよね。
そんな関係の中で性行為を強要されて、きっぱり断れる人は、あまりいないのではないでしょうか。

刑法では「必死に抵抗したのに逃げられなかった」ことが裁判で立証されなければ、無罪になる可能性があります。
「上司や先輩に従わざるをえない状況」は、あまり考慮されません。


sad-505857_1280.jpg
こうして「性犯罪」と「性暴力」の間で、困難を抱えている方は少なくありません。


このような刑法性犯罪の現状を伝え、改正を求めるために、しあわせなみだが関わる「刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト」では、動画を公開しました。
ぜひご覧ください!&シェアをよろしくお願いします!


【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】

2017年04月07日

刑法性犯罪のすみやかな改正を要望〜国会議員を訪問しています〜


170403.jpg
【あなたにできる「刑法性犯罪改正実現」の後押し】
安倍首相・自民党に呼びかけるツイートリツイートで応援してください!

====================

IMG_0252.JPG
刑法性犯罪改正に向け、政局が動いています。
先日、まずは「テロ等準備罪」を新設する「組織犯罪処罰法」改正案から審議入り、刑法性犯罪改正についても今国会内での成立を目指す、ということで、与党の自民党と公明党が同意しました。
【詳細は4月3日付「時事通信」をご覧ください】

これに対してしあわせなみだもメンバーとなっている刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトは、今国会で性犯罪改正が実現されるよう、声を届けていることを、ご取材いただきました。
【詳細は4月4日付「東京新聞」をご覧ください】 


こんな中、今週も国会議員に面会し、刑法性犯罪改正の必要性を伝えました。
(掲載は面会順)


藤原崇 衆議院議員(自民).jpg
藤原崇 衆議院議員(自民党)

小川敏夫 参議院議員(民進).jpg
小川敏夫 参議院議員(民進党)

糸数慶子 参議院議員(沖縄の風).jpg
糸数慶子 参議院議員(沖縄の風)

松浪健太 衆議院議員(維新).jpg
松浪健太 衆議院議員(日本維新の会)

畑野君枝参議院議員(共産党).jpg
畑野君枝 参議院議員(共産党).

宮崎政久 衆議院議員(自民)2.jpg
宮崎政久 衆議院議員(自民党)


毎日129件の強姦・強制わいせつが起きています(詳細はこちら) 
刑法性犯罪改正が遅れれば遅れるほど、実際に起きている性暴力と、刑法が定める性犯罪との狭間で困難を抱える人が増えます。
すみやかな改正を求めて、声を届けてまいります。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】

2017年04月04日

しあわせなみだの行動指針を策定しました


160202_121217.jpg
【あなたにできる「刑法性犯罪改正実現」の後押し】
安倍首相・自民党に呼びかけるツイートリツイートで応援してください!

====================


しあわせなみだロゴ(文字なし).jpg
しあわせなみだは2011年7月にNPO法人となり、皆様のおかげで現在5期目を迎えています。
そして2017年は、「2047年までに性暴力をゼロにする」ビジョンまで、あと30年という節目の年です。


そこで、今週金曜日の2017年4月7日、「し(4)」あわせ「な(7)」みだの日に向け、スタッフで話し合いを重ね、行動指針を策定しました。


☆1)すぐそばにある性暴力に目を向けよう
☆2)性暴力を振るわない選択をしよう
☆3)性暴力を振るうなんてカッコ悪いと言おう


1907879_739000242814580_5590336560964309943_n.jpg
☆1)すぐそばにある性暴力に目を向けよう
2017年の今、性暴力は「女性の問題」「特別な問題」とされがちです。
しかし本当は、上下関係のもと、あらゆる人が経験する可能性があります。
性暴力を自分事と捉え、他人の痛みに気付き、「何とかしたい」と思える人を増やします。


13558664_851934491617836_498246400365185652_o.jpg
☆2)性暴力を振るわない選択をしよう
2017年の今、誰もが、他人に怒りの感情を持ったり、暴力を振るいたくなる「暴力性」を持っています。
しかし人には、その気持ちを「暴力以外の方法で表現できる力」があります。
各々の「暴力を振るわない選択」を信じ合い、リスペクトできる人を増やします。



DSC_0666.JPG
☆3)性暴力を振るうなんてカッコ悪いと言おう
2017年の今、私たちは性暴力を受け入れ、赦し、当たり前とする社会の中を生きています。
暴力に頼ることは、ラクで、有利で、時には賞賛も得ます。
性暴力を振るわないメリットを拡大し、「性暴力のない世界はいいもんだ」と思える人を増やします。


「2047年までに性暴力をゼロにする」ビジョン実現に向け、新たに策定した行動指針と共に、進んでまいります。
 
ぜひあなたもしあわせなみだの仲間になりませんか?

☆ご寄付
しあわせなみだでは、ご寄付をいただいた方を「Tear's Supprter」として認定、会員Noを発行しています。
 [ご寄付の詳細はこちらです] 
☆メールニュース
毎週日曜日に配信しています。
[登録はこちら] 
☆facebookページ
最新情報をお届けしています。
[登録はこちら]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】

2017年03月31日

【4/17:東京】私も、性暴力被害者を傷つけない報道と発言を考える〜テレビ・新聞からインターネットのコメントまで


【あなたにできる「刑法性犯罪改正実現」の後押し】
安倍首相・自民党に呼びかけるツイートリツイートで応援してください!

====================


170417photo.png
しあわせなみだスタッフ山本潤が、性暴力に関するイベントに登壇します。
もう1名の登壇者、小川たまかさんは、しあわせなみだの活動をたびたび取り上げてくださっているライターさんです。
ぜひお越しください!


====================

リーブラ主催 メディア・リテラシー講座
私も、性暴力被害者を傷つけない報道と発言を考える
〜テレビ・新聞からインターネットのコメントまで〜
平成29年4月17日(月)午後2時30分〜4時30分
[イベント詳細はこちらです]
[チラシはこちらです]

=====================


☆講座について
性暴力犯罪とは、どのような被害と影響をもたらす犯罪なのか、被害者にはどのような配慮が必要なのか。
理解ないままの取材・報道が、被害者を傷つけ、その記事に対するネット上のコメントがさらに、それを目にする他の被害者をも傷つけます。
被害当事者の立場から性暴力被害者と報道記者を中心にした対話の会を継続する山本潤さんと、性暴力犯罪の報道の現状と難しさについて取材をしてきた小川たまかさんにお話をうかがいながら、情報や意見の発信者として、一緒に考えてみませんか。
民放テレビ局、新聞社の報道関係者のみなさん、広告業界関係者のみなさん、一般の方々のご参加をお待ちしています。


☆講師について
170417yamamoto.jpg
★山本 潤(やまもと じゅん)さん 
看護師・保健師。性暴力被害に遭った経験から勉強を始め、2007年SANE(性暴力被害者支援看護師)研修修了、2010年看護学修士取得。2008年より講演活動開始。被害経験と専門的知識を融合させたワークと講演は、納得ができ理解が深まると定評がある。性暴力被害支援者研修、一般市民対象の講演活動多数。NPO法人女性の安全と健康のための支援教育センター運営委員、日本フォレンジック看護学会理事、自助グループ野いちごの会運営者。 
ブログ「SANE山本潤〜学びが変える世界〜」は[こちら]
著書に『13歳「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル』 (朝日新聞出版,2017)


170417ogawa.jpg
★小川 たまか(おがわ たまか)さん 
ライター/プレスラボ取締役。フリーランスとして活動後、2008年に共同経営者とともに編集プロダクションを始める。2015年1月に性暴力被害経験をネット上に執筆したことをきっかけに関連の取材を始める。このほか教育、働き方などをテーマにYahoo! ニュース個人などで執筆。 
株式会社プレスラボウェブサイトは[こちら]
Yahoo! ニュース「たまたま生きてる」は [こちら]


☆日 時
平成29年 4月17日(月) 午後2時30分〜4時30分 (開場:2時10分)

☆会 場
港区立男女平等参画センター「リーブラ」 みなとパーク芝浦 2階 学習室C
東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦(リーブラ受付は2階)
JR田町駅 東口(芝浦口) 徒歩5分
都営地下鉄三田駅 A6出口 徒歩6分
[地図はこちらです]


☆参加費
無料

☆対 象
報道関係者、広告業界関係者など、またはこのテーマに関心のある方

☆定 員
20名(申込順)

☆保 育
あり・無料(定員あり・申し込み順)
※0歳4か月以上、未就学児まで。
※要予約(電話、FAX、Eメール、リーブラ窓口にて受付。)
ただし保育は3月30日(木)に申込みを締め切ります。 保育の申込みをされた方にはリーブラから託児利用票を郵送しますので、申し込みの際に支障のない郵送先を記入してください。

☆申 込
〜3月13日申込み受付開始〜
電話・FAX・メール・窓口にてお申し込みください。
【リーブラ】
◆TEL: 03-3456-4149
◆FAX: 03-3456-1254
◆メール: libra@career-rise.co.jp
メールでお申込みの場合は、
メールタイトル: 【講座申込】メディアリテラシー
本文: 1. 氏名 2. 年代(例:40代)  3. 社名(任意) 4. 電話番号 5. 港区との関係(在住・在勤・在学・その他 のいずれか) 6. 何で知ったか(例:HPを見て)  7. 保育希望の有無
 (保育希望の場合のみ→) 8. お子さんのお名前、9. お子さんの月齢(○歳▲ヶ月※講座日時点)、10. 郵便番号と住所(※後日、保育利用票郵送のため)
◆FAXまたはメール受信後、当方より確認のご連絡をさせていただき、受付完了といたします。

☆お問い合わせ先
港区立男女平等参画センター(リーブラ)
〒105-0023 東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦
TEL: 03-3456-4149  FAX: 03-3456-1254 E-mail: libra@career-rise.co.jp


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】

2017年03月28日

刑法性犯罪改正に向けた動きが佳境〜twitterリツイートのお願い〜

d1bc45b98561e7243cd0ff12c114832d_s.jpg
刑法性犯罪改正に向けた動きが佳境を迎えています。


2014年9月、松島法相が就任挨拶で改正を呼びかけたことから、法務省で「性犯罪の罰則に関する検討会」が立ちあがりました。


検討会を経て、2015年11月から法制審議会(刑事法−性犯罪部会)で審議が進められ、6月に出された 要綱が9月に 法務大臣に答申されました。


そして今年3月7日、改正案が閣議決定しています。

しかし現在はあくまで「閣議決定」です。
今後国会に審議入りして、衆議院・参議院での議論を経て、可決成立するかは、分かりません。


160202_121217.jpg
そんな中、「刑法性犯罪」と「テロ等準備罪(共謀罪)」、どちらを優先させるかで、与党の自民党と公明党の意見が割れています。
【詳細はこちらです】


16357166_1245604858855520_1366264781_o.jpg
制定から110年、はじめての抜本的改正を今国会で実現するために、私たちは議員へのロビイング等を行ってきました。

何としても今国会で刑法性犯罪改正を実現したい!
ご賛同いただける方、twitterで安倍首相・自民党に呼びかけるツイートができています。
ぜひリツイートでの応援をお願いいたします!


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】

2017年03月24日

高齢者への性的虐待通報は84件


6e3653713ebbf1cee9925f67e89f22fa_s.jpg
平成27年に通報のあった高齢者への性的虐待は、施設職員によるものが19件(虐待判断事例386 件の2.4%)、養護者(=在宅での介護者)によるものが65件(虐待判断事例件数 15,976 件の0.4%)でした。
【詳細は「平成27年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」をご覧ください】



「高齢者虐待防止法(高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律)」
は、子どもへの虐待を定めた「児童虐待防止法(児童虐待の防止等に関する法律)」に比べて歴史が浅く、「高齢者虐待」という概念も、まだまだ浸透していません。

とりわけ高齢者への性的虐待は、高齢者福祉に携わる人々の間では、残念ながらほとんど想定されていない状況で、発見が難しいです。
さらに高齢世代は、若年世代以上に、性的なことを口にするのをはばかる風潮があります。
そして本人から性的虐待の告白があっても「ぼけている」「勘違いだろう」「この年で色気づいて」等、性的虐待として認識してもらえない現状があります。


高齢者への性的虐待は、身体的虐待や心理的虐待とは異なり、「介護者のストレス」で解決できる問題ではありません。
加害者との早急な分離が不可欠です。

「高齢者も性暴力に遭う」という認識を、多くの人が共有することが必要ではないでしょうか。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】

2017年03月21日

警察に届け出のあった性的虐待、児童ポルノ、児童買春件数は過去最悪


PPS_sakuranoenburemu.jpg
警察庁は平成28年における少年非行、児童虐待及び児童の性的搾取等の状況について」「を取りまとめました。


da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpg
これによると、警察に通報のあった性的虐待は251件、前年比46.8%増で過去最悪となりました。
検挙された162件の内訳は、強姦34件、強制わいせつ45件、児童福祉法違反63件、児童買春児童ポルノ違反11件、青少年健全育成条例違反9件となっています。
加害者は実父42件、実母4件、養父継父67件、内縁(男)36件、その他(男)14件(加害者が複数のため件数と一致しない)です。


girl-626826_1280.jpg
また児童ポルノの検挙数は2097件、前年比8.2%増で、こちらも過去最悪となりました。
内訳は、製造が1,262件、提供・陳列が761件、所持が74件です。


そして児童買春の検挙数は、児童買春が809件と前年比11.1%増で過去最悪。
青少年健全育成条例違反(みだなら性行為)が1,305件で前年比3.1%増と過去最悪。
児童福祉法違反(淫行させる)が前年比14.9%減の257件でした。



性的虐待、児童ポルノ、児童買春のすべての被害者は子ども、そしてすべての加害者は大人です。
大人が子どもの性的人権を侵害する事件がこれだけ起きている、という事実に、私たち大人が目を背けないことが、「子どもへの性暴力を許さない」風土を醸成する第一歩ではないでしょうか。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】