CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


====================================

【特定非営利活動法人しあわせなみだ ウェブサイト】
http://shiawasenamida.org/
【メールニュース「Tear's Letter」ご購読はこちらから】
http://shiawasenamida.org/m07_03
【facebookページはこちら】
https://www.facebook.com/nposhiawasenaida/

2017年05月23日

震災後の性暴力〜シブヤ大学で講演いたしました〜

最新:0528イベントバナーFB(1).jpg
<土屋アンナさんも登壇!>【5/28:東京】「性と法〜刑法性犯罪を変えよう!」

【6/2:東京】寅さんのなみだ〜パートナーが性被害を経験した男性の会〜

====================


IMG_0457.jpg
しあわせなみだ理事長中野が、シブヤ大学で講演いたしました。

登壇した講座は「女性だけで聞く&語る。震災時の安心と安全」
震災時の性暴力をテーマに、講座とシェアの時間を設けて、理解を深めました。


IMG_0458.jpg
ともに講師を務めた「減災と男女共同参画 研修推進センター」共同代表浅野幸子さん。


こんな内容をお話しました。
☆東日本大震災後、しあわせなみだ他2団体と立ち上げた「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」活動紹介
☆性暴力の現状
・性暴力の定義
・性暴力の発生件数
・性暴力の発生要因

その後は浅野さんから
☆災害時の暴力について
☆災害時の暴力の特徴
☆災害時の暴力を防ぐ対策
☆東日本大震災で見られた暴力対策の活動事例
☆災害時の相談支援の留意点
についてお話がありました。


IMG_0463.jpg
災害時の性暴力については、以下でも情報を提供しております。
[しあわせなみだウェブサイト]
[震災後の性暴力についてお話したBS11「INsideOUT」内「今私たち市民にできること」(動画3:00)]
[震災後の性暴力関する論文「災害時の性暴力とは〜見えないリスクを可視化する〜」(PDF) ]


しあわせなみだでは、性暴力の現状を多くの方に届けるために、講演を積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
[お問い合わせはこちらから]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年05月16日

<小島慶子さん・東小雪さんも参加>1,000人が繋ぐ「#性を守る法を作ろう」写真募集中!

最新:0528イベントバナーFB(1).jpg
<土屋アンナさんも登壇!>【5/28:東京】「性と法〜刑法性犯罪を変えよう!」

【6/2:東京】寅さんのなみだ〜パートナーが性被害を経験した男性の会〜

====================

5/28開催「性と法〜刑法性犯罪を変えよう!」を主催する、刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトでは、、これまでワークショップやロビイング等、様々なアクションをとってきました。
​私たちは、参加してくださった皆さんの性を守る社会や法律を願う想いに勇気づけられてきました。

ビリーブ・キャンペーンの集大成として、皆さんの想いを見えるカタチにしたいと思っています。
​そこで今、その想いを自分のカラダで表現(記号カラダ)した写真を募集しています!
 
みんなが自分らしく体で表現した「記号カラダ」を繋ぎ合わせ、NHK Eテレ「障害者情報バラエティーバリバラ」でフラッシュモブを演出したダンスファシリテーターのくはっちがダンスを作ります。
そして5.28「性と法(sex and the law)」イベントでお披露目されます!
ダンスを作るにはみなさんの「記号カラダ」が必要です!


photokojima.jpg
photoazuma.jpg
<タレント小島慶子さん、LGBTアクティビスト東小雪さんも参加!>[1,000人が繋ぐ「#性を守る法を作ろう」記号カラダ詳細はこちらです]

 
参加方法はシンプル!
 
☆1)記号カラダを考えて写メしよう
​「Happyな性!」
「刑法を変えたい!」
のどちらかについて自分の「記号カラダ」を作り写メしてください!
 
☆2)ビリーブキャンペーン事務局に写メを送ろう
​info@believe-watashi.comに「記号カラダ」の写メとそれに込めた意味を送ってください。
[こちらのページに掲載されます]
そしてダンスファシリテーターくはっちの作る5.28ダンスの元になります。
 
☆3)よかったら、ハッシュタグ#性を守る法を作ろう、で自身のSNSに投稿してね。
自分のSNSでハッシュタグをつけて発信してください!
 
☆4)ほかの友達や家族を誘ってね!
記号カラダの輪が広がれば広がるほど、社会や法を変える力が作れます。
身近な人と大事な「性」のことを話すきっかけにもなるかも。
[今の刑法の問題点はこちらのページにあります]


photoosawa.jpg
phpokamata.jpg
photosuzuki.jpg
photoyamamoto.jpg
[1,000人が繋ぐ「#性を守る法を作ろう」記号カラダ詳細はこちらです]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 
 

2017年05月12日

【5/28:東京】土屋アンナさんも登壇!「性と法(SEX&LAW) 〜刑法性犯罪を変えよう!〜」


170602photo.jpg
【6/2:東京】寅さんのなみだ〜パートナーが性被害を経験した男性の会〜

====================

しあわせなみだ他3団体で構成している「刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト」が主催イベントを開催します。
モデルの土屋アンナさんも登壇します!
ぜひお越し下さい!


最新:0528イベントバナーFB(1).jpg
『性と法(SEX&LAW)〜刑法性犯罪を変えよう!』
[イベント詳細はこちらです]


「自分の身体や性が大事にされる社会ってイイよね!」
「友だちや家族、大事な人が守られる社会がステキだよね!」
でも、実は、今の日本の法は、襲われてしまった時、
「怖くてイヤと言えなかった」
「早く終わってほしいから、黙って耐えた」
では、あなたや大事な人を守ってくれません。

現在、刑法性犯罪改正に向けた議論が進んでいます。
刑法って私には遠い、、、
でも「社会でやってはいけないこと」を決めるのが刑法。
自分自身や大事な人を守るためにとても大事な社会の約束事になります。

多くの人と声を上げることで約束事に私たちの意見が取り入れられ、周りの人の意識も変わっていきます。
それをビリーブキャンペーンのメンバー一同実感しています!

なぜ法律を変えることが必要なのか。
変わると私たちの生活はどう変わるのか。
変えるにはどうすればいいか。
そして改正案が抱える課題とは。
国会議員へのロビイングと草の根で性暴力の防止するワークショップを展開してきたビリーブキャンペーンの9ヶ月の活動成果を報告し、性暴力経験者・専門家・市民が、一緒になって刑法性犯罪を考え、みんなの気持ちが表現されたダンスパフォーマンスが披露されます!


photokojima.jpg
【タレント小島慶子さんも賛同!】
[当日お披露目するダンスパフォーマンスに、あなたのアイディアを盛り込みませんか?「1,000人が繋ぐ「#性を守る法を作ろう」ダンスのためにあなたの「記号カラダ」をください!」はこちら]



【日時】5月28日(日)14:00-16:30

【会場】東京大学大学院 情報学環・学際情報学部 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
東京都文京区本郷7丁目3-1
東京大学大学院情報学環・学際情報学府 本郷キャンパス・ダイワユビキタス学術研究館
*丸ノ内線 東京メトロ 丸ノ内線 「本郷三丁目 (M21)」 より徒歩8分
*大江戸線 都営地下鉄 大江戸線 「本郷三丁目 (E08)」 より徒歩7分
*南北線 東京メトロ 南北線 「東大前 (N12)」 より徒歩7分
*千代田線 東京メトロ 千代田線 「根津 (C14)」 より徒歩10分
[地図はこちらです]


【対象】この問題に関心のある市民 100名

【スケジュール】
14:00 開始
▼第1部 シンポジウム[ビリーブキャンペーン活動成果報告と刑法性犯罪改正案の現状と課題を考える]
登壇者(予定・五十音順) 
photoozawa.jpg
・小澤雅人さん(性暴力を描いた映画「月光」監督)

phototsuchiya.jpg
・土屋アンナさん(モデル/ ILADY.アクティビスト)

photomurata.jpg
・村田智子さん(弁護士、日弁連被害者支援委員会副委員長)

photoyamamoto.jpg
・山本潤(刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト)

モデレーター 
photokamata.jpeg
鎌田華乃子(刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト/ILADY.アクティビスト)


15:30 
▼第2部 ダンスパフォーマンス披露[刑法性犯罪改正をダンスパフォーマンスで表現]
ファシリテーター 
くはのゆきこ(刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト)

16:00 
▼第3部 シェアタイム[シンポジウムとダンスパフォーマンスで感じたことの共有]
ファシリテーター 
大澤祥子(刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト)
くはのゆきこ(刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト)

16:30 終了


【お願い】
動きやすい服装でお越しください。


【それにしてもなんでダンスパフォーマンスなの?・・・ファシリテーターくはのゆきこからのメッセージ】
今まで乳幼児とお母さんから高齢者まで様々な人たちと一緒に踊ってきました。
その中には身体・精神障害を持つ方、認知症の方といった他の人たちと少しカラダの形や考え方のしくみが違う人たちも入っています。
見た目や感じ方が違う人たちが一緒に場を共有して踊り始めるとどんなことが起こるかというと、日常だったら確実に「区別」という状況が起こりうることが「共有」になるんです。
それぞれがそれぞれの良さを体感する。
だから楽しくてたまらなくなる。
みんなでただただ大笑いしながら踊っている光景は最高に素晴らしい。
カラダを解放することはココロも解放する、そこから相手のことを知ろうとしたり、目の前にある問題について考え始める。
私にとってはダンスはそのステージに向かうための導入部分だと思っています。

隣にいる人を感じて欲しい。
ひとりじゃないんだということを体感してほしい。
日常至る所にある「知らない」ことを知っていく「眼」を持ってほしい。
その大勢の力はきっと世の中を動かす。
ダンスを通じて笑顔で楽しさを共有することがそのきっかけになると信じています。


【参加費】
大人1,500円/学生1000円(学生証をご持参ください)/中学生以下無料(子連れ大歓迎!)
※参加費の一部は、公益財団法人ジョイセフが実施している、ネパールの女の子に包括的な性の健康教育(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスの情報・教育)プログラムへのチャリティになります


【申し込み】
事前申込をお願いします(事前申込なしの当日参加はできません)
[申し込みはこちら]


【主催・問い合わせ】
刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト
E-mail:info@believe-watashi.com
「嫌よ嫌よも好きのうち」、「仕方ない」で性暴力が片付けられてしまう日本の現状をなんとかしたい。社会の性暴力に対する見方を変え、100年ほぼ変わっていない刑法性犯罪条項が変わるチャンスが次の1月からの国会であるのでそれを実現するための4団体、アートグループ「明日少女隊」、性暴力撲滅を啓発する「NPO法人しあわせなみだ」、刑法が性暴力の実態に見合った法律になるよう、勉強会の開催や意見の発信を行う「性暴力と刑法を考える当事者の会」、皆が自分らしく生き、自由に想いを口にすることができる世界を目指して活動「ちゃぶ台返し女子アクション」から構成される団体です(団体掲載は五十音順)。

【共催】公益財団法人 ジョイセフ I LADY.キャンペーン


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年05月09日

【6/2:東京】寅さんのなみだ〜パートナーが性被害を経験した男性の会〜


170403.jpg
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 

====================

GWはいかがお過ごしでしたか?
本日のブログでは、パートナーが性被害を経験した男性の会、開催のご案内です!


170602photo.jpg
【6/2:東京】寅さんのなみだ〜パートナーが性被害を経験した男性の会〜
[詳細はこちらです]
[チラシはこちらです(PDFファイルです)]



家族、恋人が性暴力の被害にあった。
どのように接してあげたらいいか分からない。
誰かに相談したいけど自分のことじゃないから人に相談できない。
どこにもぶつけられない気持ちをどうしたらいいか分からない。

大切なパートナー(家族・恋人)が性暴力にあい、悩んでいる男性は少なくありません。
寅さんのなみだはパートナーが性被害にあった男性が自らの経験・悩みを語り、パートナ ーを支えるため、また自分自身を支えるための場でもあります。
あなたの経験・なやみを同じ経験をした仲間と共有し、分かちあいましょう。

〜運営より〜
会の流れは、参加者同士で自己紹介をしたのち、それぞれ同じ境遇の人に質問をしたり、自分の話したいことを話す時間となります。
途中参加、途中退室も可能です。お気軽にご連絡ください。


☆日時
6月2日(金)
19:10〜21:00

☆会場
新宿 3 丁目付近(参加申し込み者にご案内いたします)

☆定員
10 名(先着順)

☆参加費
1000 円(会場代・お飲み物代)

☆申し込み方法
メールにてお申し込みください。(partner@shiawasenamida.org)
その際は、
1)お名前(本名じゃなくても構いません)
2)連絡先(当日の緊急連絡先:電話番号かメールアドレスのどちらか)
をご記入ください。

☆主催
NPO法人しあわせなみだ


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年05月02日

GWはブログ更新をお休みいたします

こいのぼり.JPG
今週はGWということで、ブログの更新をお休みいたします。
次回更新は5月9日です。
皆様ステキなGWをお過ごしください。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月28日

自民党ヒアリング参加&記者会見が多くのメディアで紹介されました!


170403.jpg
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 

====================

18176189_10211401604969655_934813515_o.jpg
しあわせなみだ他3団体で構成される、刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトが、自民党ヒアリングに参加、その後刑法性犯罪改正を求める記者会見を開催しました。


18143194_10213102055415956_815369116_n.jpg
参加したヒアリングは、自民党司法制度調査会。
犯罪被害に関するヒアリングで、性暴力経験者、支援者が、現状を伝えました。


18119538_1322917934450584_4133992431282359532_n.jpg
その後、審議入りが遅れている刑法性犯罪の今国会での成立を求める記者会見を開催しました。
女性に参政権がなく、男性も2.2%しか投票できなかった110年前に制定され、これまで抜本的な改正が行われてこなかった刑法性犯罪処罰規定は、現在の社会情勢における性的人権の感覚からかい離しています。


18157573_1322917984450579_1516069212874362987_n.jpg
↑記者会見会場の様子です。
速やかな改正を求める声は、多くのメディアで取り上げられました!

nhk.jpg
【NHK『性犯罪被害者 刑法改正案の審議が後回しと抗議』】 


テレビ朝日.jpg
【テレビ朝日『性犯罪の厳罰化「早期成立」を 被害者ら訴え』(動画有)】


TBS.jpg
【TBSテレビ「今村復興相辞任の余波、性犯罪被害者の不安と怒り」(動画あり)】


弁護士ドットコム.jpg
【弁護士ドットコム『私たちは110年待ちました』】


yahooニュース.jpg
【yahoo!ニュース『「今国会での成立に大きな不安を感じています」自民調査会で性暴力の被害当事者らが訴え』】


6月の国会会期末までの改正を求めて、声を届けてまいります。
応援よろしくお願いします!


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月25日

【5/20:東京】女性だけで聞く&語る。震災時の安心と安全

170403.jpg
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 

====================

しあわせなみだ理事長中野が、シブヤ大学主催講座で、災害時の性暴力をテーマに講演をいたします。
ぜひお越しください。

***

[イベント詳細はこちらです]


東日本大震災があってから、災害対策について色々なことを学びました。
家の強度を確かめておくこと、防災グッズを備えること、避難所がどこにあるか調べておくことなど実践している人を、まわりでも多く見かけます。

しかし、語られにくいもうひとつの問題があります。
災害時は、性暴力の発生するリスクが高まるといわれているのです。

支援団体らの尽力により、先の大震災での被害の実情が明らかになり東日本大震災に続いて熊本地震でも、公共団体などから注意を促す呼びかけがありました。

しかし、性暴力は被害にあっても誰にもそのことを相談していないケースが67.9%(※平成26年内閣府調査)と表に出にくく、それだけに、まだまだ知っている人は少ないように思います。

授業では、力強いおふたりの先生が来てくださいます。

多様な視点をもちあわせた災害の復興支援、防災の体制づくりにとり組まれる 「減災と男女共同参画 研修推進センター」共同代表の浅野幸子さん
性暴力ゼロの社会に向けてさまざまな活動をする特定非営利活動法人「しあわせなみだ」代表の中野宏美さんです。

まず中野さんから、「そもそも性暴力とは何か」ということから「加害が生みだされる社会構造」まで、「性暴力について全体のこと」を、次に浅野さんから、「特に災害時にリスクが高まるといわれている理由」と 「過去の震災で報告された被害のケース」そして、「災害時、誰もが安心して過ごせる環境をつくるためにはどうすればいいのか」「一住民として私たちにできることは?」などのお話をしていただく予定です。

さらに、後半は数人のグループに分かれて、お互いに感じたことや気づいたことを話し合う時間にできたらと考えています。

なお、性暴力は社会問題ともいわれており、老若男女に通じるテーマと思いましたが、とても深刻で複雑な問題であるため、今回は女性限定の授業とさせていただくことにしました。

身近な人の安全を守るため、社会問題を見つめたい、防災対策の一環にetc. もちろん、参加のきっかけはさまざまだと思います。
一緒に、“知る”ことができたら嬉しいです。


【授業の流れ】
13:40 受付開始
14:00 はじめに
14:05 講師紹介
14:10 講師の講演
15:15 質問タイム1
15:30 休憩
15:40 グループ分け
15:45 グループで話し合い
16:10 話し合いのシェア
16:20 質問タイム2
16:25 アンケート
16:30 終わり

【注意事項】
※:女性限定の授業といたします。

日時 : 2017年5月20日(土)14:00〜16:30

教室 : 千駄ヶ谷社会教育館
渋谷区千駄ヶ谷1-6-5
最寄り駅:JR総武線千駄ヶ谷駅 下車 徒歩7分 
地下鉄大江戸線国立競技場駅徒歩5分
[地図はこちらです]

先生 : 
ssasanosachiko_phot.jpg
浅野 幸子
減災と男女共同参画 研修推進センター 共同代表
早稲田大学地域社会と危機管理研究所 招聘研究員。大学非常勤講師。阪神・淡路大震災ではNGOのスタッフとして、在宅避難者・仮設住宅・全焼地域の復興まちづくり協議会の支援などに4年間従事。その後、非営利組織の職員として働きながら法政大学院修士課程修了(政策科学修士)。2011年6月に発足した東日本大震災女性支援ネットワークの活動に参加。2014年4月より、後継団体である、「減災と男女共同参画 研修推進センター」共同代表。主な分野は地域防災。ここ数年、年間100前後の防災講演・講座・研修を各地で行っている。


snakano_sama.jpg
中野 宏美
特定非営利活動法人 しあわせなみだ 代表
1977年東京生まれ。東洋大学大学院社会学研究科修了。社会福祉士。精神保健福祉士。友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。2011年にNPO法人化。現在は、性暴力等に遭った方を応援する【Cheering Tears】、性暴力等に遭った方を美容の力で輝かせる【Beautiful Tears】、性暴力ゼロを実現するために社会に働きかける【Revolutionary Tears】を展開。2011年女性デープレゼンコンテスト「女性デー特別賞」受賞。2013年度東京都「性と自殺念慮調査委員会」委員。

参加費 : 無料 
定員 : 30名 
参加対象 : 女性

【申し込み方法】
[WEBフォーム]より抽選予約制で申し込みを受付いたします(〆切:5/9まで)
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。

【入場】
教室へは、授業開始時間までに必ずお入りください。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来かねる場合がございますのでご留意ください。

【参加】
授業の途中退場はご遠慮ください。「日時」に記載しております授業時間にフルで参加できるものにお申込みください。

【交通手段】
当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。

【撮影等】
会場での撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承ください。

【当日の持ち物】
筆記用具

【その他】
※1:女性限定の授業といたします。
※2:講演では加害内容に触れる話もでてきます。ご自身を大切にして参加してください。
※3:筆記用具をお持ちください。
※4:授業の内容や進行は、多少変更する場合があります。
※5:本授業は、授業中の撮影はいたしません。また、テーマの深刻性に配慮して、レポートを控えさせていただく予定です。
※6:本授業の抽選は2017年5月10日(水)に行います。 (抽選予約受付は5月9日(火)24時までとなります。) 
※7:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2017年5月19日(金)10時まで先着順でお申し込みを受付いたします。お電話、メールでのキャンセル待ちの受付はしておりませんのでご了承ください。

【主催】
シブヤ大学


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月21日

交流サイトの性的被害が過去最悪〜児童ポルノ・児童買春・不純性交〜


170403.jpg
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 

====================

90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s.jpg
2016年に交流サイトで起きた、性犯罪を含む犯罪被害が過去最悪であったことが分かりました。
[詳細は警察庁「平成27年における出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について(PDFファイル)」をご覧下さい]


5c35ea218a07bd283af1b4e15895faa8_s.jpg
出会い系サイトに起因する事犯の被害児童は93人。
最も多い被害は児童買春で43人と、全体の46.2%を占めています。

twitterやfacebook等のコミュニティサイトに起因する事犯の被害児童は1,652人。
最も多い被害は、青少年保護育成条例違反(不純な性交等の禁止など)で699人、全体の42.3%です。
次いで児童ポルノが507人、全体の30.7%となっています。


da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpg
子どもへの犯罪が起きた時
☆なぜ見知らぬ大人と接点を持ったのか
☆なぜ性的な写真を撮って送ったのか
☆なぜ交流サイトで知り合った人と直接会ったのか
等、子どもを責める風潮は、少なくありません。

しかし、子どもにポルノや買春を持ちかけるのは、大人たちです。
大人が子どもをだましたり、従わせるのは簡単なことです。
すべての責任は、子どもの性的人権を侵害した大人にあります。

買う大人がいなくなれば、買われる子どもはいなくなります。
大人がこの事実と向き合うことが求められています。


1511リベンジポルノ.jpg
なぜ性的な写真を撮って送るのか。
リベンジポルノの構造を詳しく知りたい方は、渡辺真由さん著「リベンジポルノ」がオススメです!(しあわせなみだが出版協力しています)


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月18日

TV生放送に出演いたしました〜刑法性犯罪「暴行脅迫要件」撤廃を訴える〜


17976585_10212411277418344_1623891923_o.jpg
しあわせなみだ理事長中野が、TVに生出演いたしました。
[動画は本日4/18(火)23:00までご覧いただけます/中野が出演した刑法性犯罪に関する話題は40:35から]


18015945_10212411278098361_1869200662_o.jpg
番組はAbemaTVのニュースチャンネル「abema news」で平日21:00-放送の「Abema Prime」。
昨日4/17(月)21:35-刑法性犯罪改正、特に暴行脅迫要件の撤廃について、その必要性を、30分ほどの時間を割いて、取り上げていただきました。
出演者の皆さんも刑法性犯罪の現状に強い疑問を抱き、海外の事例等も交えながら、改正を後押ししてくださいました。


170403.jpg
また本日4/18(火)AM7:00-8:30放送のTOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」では、刑法性犯罪を変えよう!プロジェクトが作成した、刑法性犯罪改正の必要性を伝える動画【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
が紹介される予定です。こちらもぜひご覧ください。


しあわせなみだでは、性暴力撲滅を啓発するために、取材を積極的にお受けしています。
お気軽に[お問い合わせ]ください。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年04月14日

「毎日新聞」&「週刊女性」にコメントが掲載されました


170403.jpg
【「レイプされた私が悪いの?」〜守ってくれない日本の刑法〜性犯罪厳罰化法案を知っていますか?(動画)】
 

====================

しあわせなみだ理事長中野のコメントが掲載されました。


20170315_110648.jpg
本日4月14日付「毎日新聞」朝刊(会員登録で全文ご覧いただけます)では、キャンパスレイプに関するコメントが掲載されました。
キャンパスレイプの起こる背景や、加害を防ぐための取り組みについて、お伝えしています。


写真 2017-04-05 20 29 59.jpg
今週04月11日発売の「週刊女性」2017年4/25号では、刑法性犯罪改正に関するコメントが掲載されました。
性犯罪の親告罪(被害者が告訴しなければ起訴できない)が非親告罪化される重要性を、お伝えしています。


しあわせなみだでは、性暴力のない社会を実現するための風土を醸成するために、取材を積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせ下さい。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】