CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
10498576_845742372152015_8335320676785484951_o.jpg

====================================

【特定非営利活動法人しあわせなみだ ウェブサイト】
http://shiawasenamida.org/
【メールニュース「Tear's Letter」ご購読はこちらから】
http://shiawasenamida.org/m07_03
【facebookページはこちら】
https://www.facebook.com/nposhiawasenaida/

2018年09月21日

【10/28:東京】社会を変えるデザイン〜性暴力を抑止する「Stop痴漢バッジプロジェクト」〜 社会を変えるデザイン 〜性暴力を抑止する「Stop痴漢バッジプロジェクト」〜 【10/28:東京】 社会を変えるデザイン 〜性暴力を抑止する「Stop痴漢バッジプロジェクト」〜 【10/28:東京】社会を変えるデザイン〜性暴力を抑止する「Stop痴漢バッジプロジェクト」〜


東京ウィメンズプラザフォーラムで実施する企画をご案内します。

IMG_2447.jpg
講師にお招きする痴漢抑止活動センターは、ちかんにあっていた女子高校生と母親が考案した「痴漢抑止バッジ」のプロジェクトを手掛けています。
代表松永さんは、関東では初登壇になります。

IMG_2451.jpg
痴漢抑止バッジは多くのメディアで紹介されています
【毎日新聞】
【ハフィントンポスト】
【yahoo!ブログ】

松永さんのお話を踏まえ、参加者で、痴漢を抑止するLINEスタンプ案を作成します。
スタンプ案は、プロのデザイナーの手で製品化し、販売します。

ぜひお越しください!


*****☆☆*****☆☆****☆☆*****

【10/28:東京】
社会を変えるデザイン
〜性暴力を抑止する「Stop痴漢バッジプロジェクト」〜
[詳細はこちらです]

*****☆☆*****☆☆****☆☆*****
女性高校生メガホン.jpg


「性暴力防止」というと「加害への厳罰」をイメージすることが多いのではないでしょうか。
しかし「懲罰」による抑止効果は限定的です。
さらに加害者としての「男性」vs被害者である「女性」という「対立構造」を生み出しがちです。

一方で、行動心理学に基づき「加害欲求を削ぐ」方法が、少しずつ効果をあげるようになってきました。
その1つが、一般社団法人痴漢抑止活動センターが実施する「痴漢抑止バッジプロジェクト」です。

今回は痴漢抑止活動センター代表松永弥生さんをお招きして、そのアイディアの秘訣を伺います。松永さんは、関東では初講演となります。
その後参加者で「痴漢を抑止するLINEスタンプ」デザインを考えます。優れたデザインは、プロのデザイナーが商品化し、販売します。

あらゆる性が一緒に「楽しみながら」性暴力をなくす知恵を出し合いましょう!


☆日時
2018年10月28日(日)14:00-16:30

☆会場
東京ウィメンズプラザ第1会議室
(渋谷駅から徒歩12分/表参道駅から徒歩7分)
[地図はこちらです]


☆内容
第1部:一般社団法人痴漢抑止活動センター代表松永弥生さん講演
第2部:痴漢を抑止するLINEスタンプデザインを考えるワークショップ

☆講師
プロフィール.jpg
松永弥生さん
一般社団法人痴漢抑止活動センター代表。
1965年生・大阪市在住。
本業はフリーライター、文章講座講師。ロボット、中小製造業の記事を得意とする。10年以上ロボットコンテストを取材し、コンテストを人材育成教育に活かす手法とその成果を見守ってきた。
その知見を生かし学生を対象とした「痴漢抑止バッジデザインコンテスト」で、10年後、性犯罪に対する社会の意識を変える可能性を見いだした。「痴漢抑止バッジ」考案者の母とは幼なじみ。


☆LINEスタンプデザイン
2018pro.jpg
キタイミコトさん
兵庫県神戸市出身・在住。大阪芸術大学キャラクター造形学科、HAL大阪CG学科グラフィックデザインコース出身。
2007年よりフリーのイラストレーターとして活動。
2015年痴漢抑止バッジコンテスト最優秀賞、その後同封リーフレット、広告デザインも手がけ、翌年からの学生向けコンテスト審査員を担当。
大阪美術専門学校・バンタンゲームアカデミー大阪校臨時講師。キャラクターデザインについてや、絵を仕事にするには、LINEスタンプの作り方などの講義を行っている。
また、金魚作家としても活動。ちゅちゅたんをメインキャラクターに、デフォルメされた可愛い金魚イラストでグッズを制作販売しクリエイターイベント、百貨店、ロフトや東急ハンズ等の催事に出店している。


☆資料代
1500円(痴漢抑止バッジのお土産付)

☆チャリティ
ご自宅にあるご不要の本、ゲーム、DVDをお持ちください。
「ありがとうブック」を通じて、性暴力撲滅に向けた啓発活動へのチャリティに使わせていただきます。
[「ありがとうブック」詳細はこちらです]


☆申し込み
[フォーム]からお申し込みください
登録できない場合は「氏名」「ふりがな」「メールアドレス」「当日の緊急連絡先」「保育の有無」を記載し、
メールしてください。
181028@shiawasenamida.org

☆企画
NPO法人しあわせなみだ
性暴力撲滅に向けた啓発活動を手掛けています


※本企画は平成30年度東京ウィメンズプラザフォーラム参加事業として実施します


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年09月18日

ソーシャルワーカーを対象とした養成プログラムに登壇しました


理事長中野が、社会福祉従事者(ソーシャルワーカー)と何らかの困りごとを抱える当事者団体NPO法人Social Change Agency(SCA)養成プログラム登壇しました。


41793829_864764323730093_5704936266785619968_n.jpg
↑SCA代表横山北斗さんと


講演では、以下の内容をお届けしました。

☆アイスブレイク

☆刑法性犯罪改正〜ソーシャルアクション事例〜

☆ソーシャルアクションのポイント
1)課題を明確にする
2)課題を解決するための目標を明確にする(誰にでもわかる明確な目標)
3)目標達成のための戦略を明確にする(変えられるものを変えるために)
4)戦略達成のための行動を明確にする(今日から自分にできること)

☆しあわせなみだのこれまでとソーシャルアクション実践
1)直接支援
2)イベントを通じた社会啓発
3)法制度改正の後押し

☆これからやっていきたいこと
“障がい児者への性暴力”が認識される社会を実現したい

☆皆さんにお願いしたいこと
1)社会を変える仲間になろう
2)性暴力のない世界の実現に向け、しあわせなみだを応援してください
3)全国キャンペーンのお誘い

☆終わりに


41748655_328828140996975_3277089531798487040_n.jpg
2/23に登壇する、難病カフェおむすびの新井美子さんもかけつけてくれました


しあわせなみだでは、ソーシャルワーカー向けの講演を、背局的にお受けしています。お気軽にお問い合わせください。

[お問い合わせはこちらです]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年09月14日

山本太郎参議院議員と面会しました

cover-S8kPtPnOu70ehiVhxMGKd9WdZQr3NT5l.jpg
<会場変更>【9/16:東京】Social Change Agent養成プログラム2018

====================


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
ソーシャルジャスティス基金をいただき実施している「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」
障がい児者への性暴力の調査結果を、国会議員の皆様に報告しています。


41263772_1718355491620772_641521217550942208_n.jpg
今回は自由党共同代表山本太郎参議院議員と面会しました。
調査実施先である発達障害当事者のピアサポートNeccoの皆さんとご一緒しました。
今後の活動に向けたアドバイスをいただくことができました。


これからも多くの議員に現状を伝え、2020年の刑法性犯罪見直しに「被害者としての障がい児者」が盛り込まれるよう、努力してまいります。

10月14日に本調査の報告会を開催します。ぜひお越しください。
[詳細はこちらです]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年09月11日

自民党性暴力議連障害者プロジェクトが進行中です!

cover-S8kPtPnOu70ehiVhxMGKd9WdZQr3NT5l.jpg
<会場変更>【9/16:東京】Social Change Agent養成プログラム2018

====================

36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
調査に回答した32名の発達障害者のうち23名が何らかの性暴力を経験していた「障がい児者への性暴力に関する調査」
この結果を様々な政党の国会議員の皆さんに届けています。

41040129_319088905532222_6738281883257274368_n.jpg
自民党は性暴力の議員連盟「12(ワンツー)議連」の中に障害者プロジェクトを立ち上げ、この問題に取り組んでくれています。


40790394_481697775662117_5520223785107587072_n.jpg
プロジェクトリーダーを務めてくれている宮路拓馬衆議院議員と打ち合わせをしました。
今回は宮路事務所が受け入れている大学生インターンの方ともご一緒しました。
プロジェクトメンバーが固まり、10月から予定されている臨時国会で、会合を持っていただける予定です。


多くの皆さんに障がい児者への性暴力の現状を伝え、2020年の刑法性犯罪見直しに「被害者としての障がい児者」の概念が盛り込まれるよう、努力してまいります。

※10/11に本調査に関する報告会を開催します。ぜひお越しください!


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2018年09月07日

【10/11:東京】孤立が生む被害〜障がい児者への性暴力を生まない社会へ〜


cover-S8kPtPnOu70ehiVhxMGKd9WdZQr3NT5l.jpg
【9/16:東京】Social Change Agent養成プログラム2018

====================

しあわせなみだは今年ソーシャル・ジャスティス基金をいただき「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」を実施しています。
助成元であるNPO法人まちぽっと主催によるイベントに登壇します。
ぜひお越しください。


250SJF20181011.jpg
[詳細はこちらです]
[お申し込みはこちらです]


発達障がい児者を対象とした調査を<しあわせなみだ>が2018年前半に実施し、32名中23名が何らかの性暴力を経験していることが明らかになりました。これだけ多くの割合で被害が生まれる背景にあったのは、障がい児者をめぐる「孤立」です。褒められる経験が少なく、仲間外れにされがちで、存在を無きものとされることもある障がい児者たちは、社会のなかで、つながりを持てず、疎外されがちです。

自分の特性が社会で認められないまま育った経験からくる「自己肯定感の低さ」は、不快なことにも笑顔で応え、声をかけられればついて行き、嫌なことがあっても抵抗できないという言動を生み出します。これが、性暴力に遭うリスクを高めています。障がいの有無に関わらず、あらゆる人々が包摂され、多様性が認められるために、私たち市民にできることは何か。対話を通じて考えます。


☆日時
2018年10月11日 18:30〜21:00 (開場18:00) 

☆会場
文京シビックセンター 5階 会議室C
東京都文京区春日1-16-21 
(丸ノ内線/南北線・後楽園駅1分、三田線/大江戸線・春日駅1分)
[地図はこちらです]


☆登壇

岩田.jpg
岩田千亜紀さん
東洋大学社会学部社会福祉学科助教。日本女子大学文学部社会福祉学科卒業後、インドJawaharlal Nehru University修士課程、日本社会事業大学大学院社会福祉学研究科修了(社会福祉学博士)。専門は、障害者福祉、子ども家庭福祉、ジェンダーと福祉、プログラム評価、社会開発論。
発達障害をもつ母親の子育て支援や、障害者の性被害に関する調査、学習支援プログラムの評価調査等に取り組んでいる。
主な論文に「障害者へのDVなどの暴力についての国際的な動向と課題:文献レビュー」『東洋大学 社会学部紀要』55(1) 43-55(2018年)など。

photonakano2018[small].jpg
中野宏美
NPO法人しあわせなみだ代表。東洋大学大学院社会学研究科修了。社会福祉士。精神保健福祉士。
友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、しあわせなみだを2009年に立ち上げる。性暴力等に遭った方を応援する【Cheering Tears】、性暴力等に遭った方を美容の力で輝かせる【Beautiful Tears】、性暴力ゼロを実現するために社会に働きかける【Revolutionary Tears】を展開中。2018年AERA「社会起業家54人」選出。
主な論文に「災害時の性暴力―見えないリスクを可視化する」(自治体危機管理研究,2016)など。

☆参加費
一般1,000円
学生500円 ※当日受付にてお支払ください。

☆お申込み
[こちらのフォーム]からお申込みください

☆主催
NPO法人まちぽっと ソーシャルジャスティス基金

====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年09月04日

<会場変更>【9/16:東京】Social Change Agent養成プログラム2018


理事長中野が、社会福祉従事者(ソーシャルワーカー)と何らかの困りごとを抱える当事者団体NPO法人Social Change Agencyの養成プログラムに登壇します。
ぜひお越しください。

cover-S8kPtPnOu70ehiVhxMGKd9WdZQr3NT5l.jpg
[イベント詳細ならびにお申込みはこちらです]
[養成プログラム特設ページはこちらです]
[昨年の講座レポートはこちら]


☆Social Change Agent養成プログラムとは
Social Change Agentとは、「様々な社会システムにおける変化を促進する主体者としてのソーシャルワーカー」を示す造語であり、わたしたちの法人名「Social Change Ageny」には、「様々な社会システムにおける変化を促進する主体者としてのソーシャルワーカーの集団を形成する」という意味が込められています。

本来、ソーシャルワーカーには目の前にいる人への個別支援だけではなく、その人の困りごとを生み出している社会構造への働きかけが必要です。
しかし、現状、日本のソーシャルワーカーの多くは個別支援に終始し、社会へ働きかける機能(ソーシャルアクション)が非常に弱いという課題意識から、ソーシャルワーカーのソーシャルチェンジマインドの醸成、パートナー(仲間)づくり、スキルの獲得が急務だと考え、本プログラムの開始に至りました。

第1期は7名の方を迎え、9ヶ月のプログラムを走り抜きました。
【前年度のプログラム報告はこちらから】

わたしたちは事業を通して、若?のソーシャルワーカーの方たちから ”ミクロ実践に留まることの危機感” を感じ、また、変?主体への関与はさまざまな方法があるということ( 独立起業、所属組織のシステムへの介?、 所属組織の資源の活?、外部資源の活?、 様々なアクションシステムに関与すること等)、つまりは、多様なメニューをもつことができることが、ソーシャルワーカーたちがしなやかに社会の変?に関与していく上で必要だと考えています。

今期は内容を、基礎パート、実践者から学ぶパート、スキルパート、実践パートの4セクションに分け、よりスキルにまで踏み込んだ内容となっています。

実践パートにおいては、当事者として声をあげ、仲間を集め、社会資源をつくり、活動している方たちをゲストにお呼びし、受講生とともに、当事者の声から(ニーズから)社会資源を生み出すということを学び・実践していきます。

Social Change Agent養成プログラムは、”社会福祉の現場から、社会を支え、そして、より良い社会をつくるための方法をデザインする”ためのソーシャルアクションに必要な、マインド(意識)、ネットワーク(仲間)、スキル(技術)を得るために、共に学び合う場です。

未来を切り開くソーシャルワーカーを志す皆さんの参加をお待ちしています!!



☆日時
2018/9/16(日) 11:00?13:00

☆会場
※当初のご案内から会場が変更になりました
株式会社ジェイフィール
東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル 6F
渋谷駅から徒歩7分
[地図はこちらです]


☆講師
160808_155642.jpg
NPO法人しあわせなみだ理事長 中野宏美
東洋大学大学院社会学研究科修了。社会福祉士。精神保健福祉士。
友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。2011年にNPO法人化。
2011年女性デープレゼンコンテスト「女性デー特別賞」受賞。2013年度東京都「性と自殺念慮調査委員会」委員。2018年AERA「社会起業家54人」選出
主な論文に「災害時の性暴力〜見えないリスクを可視化する〜」(自治体危機管理研究,2016)、「性暴力経験者へのソーシャルワーク実践」(日本ソーシャルワーク学会誌,2017)。


☆参加費
3000円
※同会場で14:00-16:00開催される「実践者に学ぶ2」とともにご参加いただくと、5000円になります。

☆申し込み
[ウェブサイト]からお申し込みください

☆主催
NPO法人Social Change Agency


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年08月31日

公明党法務部会ヒアリングで障がい児者への性暴力調査を報告しました


38808563_1031785506996251_744044363239129088_n.jpg
【8/1-31:埼玉】SHE検定パネル展示
====================


40234946_248538009326034_7448995509278081024_n.jpg
しあわせなみだが実施した「障がい児者への性暴力調査」について、公明党国会議員の皆さんへの報告の場を設けていただきました。

40187726_1034153080078873_2044094095739060224_n.jpg
ご参加いただいたのは下記の皆さまです(五十音順)

伊藤孝江参議院議員
大口善徳衆議院議員
國重徹衆議院議員
佐々木さやか参議院議員
竹谷とし子参議院議員


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
調査では、回答した発達障害者32名中23名が何らかの性暴力を経験、うち11名は複数の性暴力を経験していました。
性暴力の背景に、障がい特性(言ったことをその通り信じる)や、障がいならではの育ち(孤立しがちで自己肯定感が低い)があることも、わかりました。

日本国内では障がい児者にスポットをあてた性暴力被害調査が行われていないこと、海外の刑法では性犯罪被害者としての障がい児者が明示されていることなど、大変関心をもってくださいました。

今後もこうした機会を増やせるよう努力し、2020年の刑法性犯罪見直しに「被害者としての障がい児者」の概念が盛り込まれるよう、働きかけてまいります。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年08月28日

「障がい児者への性暴力調査報告会」の様子がメディアで紹介されました


38808563_1031785506996251_744044363239129088_n.jpg
【8/1-31:埼玉】SHE検定パネル展示
====================

37838932_1885014861558089_2916354653081829376_n.jpg
7月27日に開催した、障がい児者への性暴力調査報告会の様子が、8/20付「新聞あかはた」に掲載されました。

☆回答者の7割が何らかの性暴力を経験
☆個別インタビューの概要
☆監修していただいた東洋大学岩田千亜紀さんのコメント
等が紹介されています。
ぜひご覧ください!


IMG_2868.JPG
[掲載紙はこちらでご覧いただけます(PDFファイルです)]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年08月21日

イベント会場で集めた書籍・DVD・ゲームが寄付になりました


38808563_1031785506996251_744044363239129088_n.jpg
【8/1-31:埼玉】SHE検定パネル展示
====================


DSC_3444.jpg
7月21日に開催した「しあわせなみだ7周年記念大感謝祭」
当日は段ボールがいっぱいになるほどの書籍、CD、ゲームをご持参いただきました。
「ありがとうブック」を通じた寄付金9291円を受け取りましたので、感謝とともに報告いたします。
性暴力撲滅に向けた啓発活動に大切に使わせていただきます。

[うちにもあるよ!という方、こちらからお申込みください]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2018年08月17日

【9/8:東京】犯罪被害者支援弁護士フォーラム


38808563_1031785506996251_744044363239129088_n.jpg
【8/1-31:埼玉】SHE検定パネル展示
====================


しあわせなみだがご縁をいただいているVSフォーラム(犯罪被害者支援弁護士フォーラム)がシンポジウムを開催しますので、ご案内します。


【第4回犯罪被害者支援弁護士フォーラム】
[詳細はこちらです]
[チラシはこちらです(PDFファイルです)]

☆日時
平成30年9月8日(土)11:30-15:45

☆会場
日本記者クラブ
・千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10階ホール
・東京メトロ千代田線・日比谷線霞ヶ関駅C4出口/東京メトロ丸の内線霞ヶ関駅B2出口/都営地下鉄三田線内幸町駅A7出口/JR新橋駅日比谷口
[地図はこちらです]

☆プログラム
★第1部「被害者報道を考える〜メディアスクラムと実名・匿名報道〜」
・被害者3名/東京新聞2名/弁護士2名

★第2部「性犯罪のない社会を目指して〜盗撮罪の創設と再犯防止」
・来賓挨拶:上川陽子法務大臣
・基調講演:斉藤章佳(大森榎本クリニック)/弁護士等2名
・パネルディスカッション:斎藤章佳/弁護士3名/法務省1名


☆参加費
無料

☆申し込み
不要

☆主催
VSフォーラム

====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】