CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


====================================

【特定非営利活動法人しあわせなみだ ウェブサイト】
http://shiawasenamida.org/
【メールニュース「Tear's Letter」ご購読はこちらから】
http://shiawasenamida.org/m07_03
【facebookページはこちら】
https://www.facebook.com/nposhiawasenaida/

2017年08月18日

毎週1人の子どもが虐待で命を奪われています〜背景にある「予期せぬ妊娠」〜


b892399efac58b3cab1b86a2265bdf25_s.jpg
厚生労働省は、子ども虐待に関する調査結果を公表しました。
[「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第13次報告)及び児童相談所での児童虐待相談対応件数」詳細はこちら]

これによると、平成27年度の子どもの虐待死は52人。
うち0歳が30人(57.7%)と最も多く、月齢0か月が13人(43.3%)を占めていました。

2a982b5c421c301cb93efd69626b3540_s.jpg
子どもの虐待死、とりわけ0歳児、月齢0ヶ月の子どもの虐待死の背景には、予期せぬ妊娠があります。
「レイプ」「避妊の拒否」「妊娠を告げたら男性と連絡がつかなくなった」等、思いがけず妊娠し、出産した場合、子どもを育てる自分の姿を想像できず、「殺すしかない」という考えに行きつくこともあります。
多くの場合、妊娠を誰にも相談できず、出産がばれないよう、周囲から孤立しています。

また母親に障がいがあり、妊娠や出産、育児が難しく、意図せぬ虐待につながることもあります。


虐待する親を責めるだけでは、問題は解決しません。


☆予期せぬ妊娠の相談先があることを知らせる
☆「中絶」「特別養子縁組」「施設に預ける」といった方法もあることを知らせる
☆予期せぬ妊娠につながる性暴力撲滅を啓発していく
といったことが必要ではないでしょうか。


71df6e4f0e6d17ce6489f1052731be5a_s.jpg
厚生労働省では、全国に、出産に関する悩みを相談できる「女性健康支援センター事業」を実施しています。
ぜひご相談ください。
[女性健康支援センター一覧はこちら]


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年08月15日

刑法性犯罪改正を後押しした活動、動画&ウェブ記事で紹介!


刑法性犯罪改正後の記者会見が動画に、成果報告会がウェブ記事になりました。
しあわせなみだ他3団体で活動してきた「刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト」が、どのように戦略を立て、活動を展開していったか、また今回の改正のポイントも、まとめられています。
ぜひご覧ください!

19113492_1713853135309039_4208782050896233087_n.jpg
私たちの声は届いた〜刑法性犯罪の改正法案が成立、そしてこれから〜(8bit news動画7:39)



19894824_10213905784708686_7102185564328710576_n.jpg
刑法の性犯罪厳罰化はなぜ110年ぶりに果たせたのか − 「運動のスタートアップ」に学ぶ(BUSINESS INSIDER JAPANウェブ記事)


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年08月08日

災害時の性暴力をテーマに講演いたしました


170806ohoto1.jpg
しあわせなみだ理事長中野が災害時の性暴力をテーマに講演いたしました。


170806ohoto4.jpg
登壇したのは、減災と男女共同参画研修推進センター主催「東日本大震災から7年目の現状を考える」
東日本大震災後、共同で「震災後の女性・子ども応援プロジェクト」を立ち上げた、NPO法人ライトハウス(当時はポラリスプロジェクト)代表藤原志帆子さんとともにお話しました。


170806ohoto2.jpg
こんな内容をお話しました。

☆性暴力の現状
1.性暴力の定義
2.性暴力発生件数
3.刑法性犯罪改正

☆災害時の性暴力
1.なぜ災害時に性暴力が起こるのか
2.なぜ災害時の性暴力は潜在化するのか

[災害時の性暴力についてはしあわせなみだウェブサイトもご覧ください]


しあわせなみだでは、災害時の性暴力をテーマにした講演を、積極的にお受けしています。
お気軽に[お問い合わせ]ください。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年08月04日

性犯罪被害相談電話全国共通番号「#8103(ハートさん)」運用開始


180804photo.jpg
【8/4:東京】パートナーが性被害を経験した男性の会「寅さんのなみだ」

====================

ハートさん(背景白).jpg
警察庁による、性犯罪被害相談電話の全国共通番号ができました!
【性犯罪被害相談電話全国共通番号「#8103」詳細はこちら】


8月3日(木)午前10時から運用が始まっています。
ダイヤルすると、発信された地域情報をもとに、各都道府県警察に設置されている性犯罪被害者相談窓口につながります。


ダイヤル設置にあたり、担当の方が意見交換の場を設けてくださいました。
番号の設定や広報の方法等、私たちの意見をたくさん聞いていただきました(当初はもっと「相談して!」みたいな感じでした)。

性暴力被害者に対する警察の対応については様々な意見がありますが、こうした取り組みを評価し、レベルを底上げしていくことが大事だと思っています。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年08月02日

「法律に一文を加える取り組み」〜講演の様子がレポートになりました〜

180804photo.jpg
【8/4:東京】パートナーが性被害を経験した男性の会「寅さんのなみだ」

====================

20517341_1482124198538963_589910886_o-1024x768.jpg
しあわせなみだ理事長中野の講演がレポートになりました。

7月2日にNPO法人Soclal Change Agency主催で開催されたSocial Action Schoolでの講演の様子です。
内容の詳細をご紹介いただき、また参加者の感想も掲載されています。
ぜひご覧ください!


20502761_1482124298538953_595575730_o.jpg
【レポートはこちらでご覧いただけます】


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年07月28日

主催イベントがウェブマガジン「wezzy」に掲載されました!


180804photo.jpg
【8/4:東京】パートナーが性被害を経験した男性の会「寅さんのなみだ」

====================

IMG_0750.JPG
7月17日に開催した主催イベント『「抵抗しなかった君が悪い」と言えますか』 が、ウェブマガジン「wezzy(ウェジー)」に掲載されました!
各登壇者のコメントも、詳細までご紹介いただきました。
ぜひご覧下さい!

[記事はこちらです]



====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年07月25日

【8/4:東京】寅さんのなみだ〜性暴力被害者をパートナーにもつ男性の語り場〜


パートナーが性被害を経験した男性の会「寅さんのなみだ」のご案内です!

180804photo.jpg
[詳細はこちらです]
[チラシはこちらです(PDFファイルです)]


こんにちは。
寅さんのなみだはパートナーが性被害にあった男性が自らの経験・悩みを語り、パートナーを支えるため、また自分自身を支えるための場でもあります。

パートナーが被害に遭い、悩み苦しんでいる男性は少なくありません。
私たちはそのような人も被害者のひとりであると考えています。
あなたの経験・悩みを同じ経験をした仲間と共有し、分かちあいましょう。


日時:8月4日(金) 19:10〜21:00
会場:新宿 3 丁目付近(参加申し込み者にご案内いたします)
参加費:1000 円(会場代・お飲み物代) 
定員 10 名(先着順)

申込:
メールにてお申し込みください。(partner@shiawasenamida.org) 
その際は、
1)お名前(本名でなくても構いません)
2)連絡先(当日の緊急連絡先:電話番号かメールアドレスのどちらか)
をご記入ください。

主催:
NPO法人しあわせなみだ


 ====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年07月21日

刑法性犯罪改正を後押しした活動をまとめました

19894824_10213905784708686_7102185564328710576_n.jpg
理事長中野が、Change.org主催「世の中が変わる瞬間って、どんなことが起きているの?」に登壇いたしました。


刑法性犯罪変えよう!プロジェクトのメンバーが登壇し、刑法性犯罪改正に向けたゴール設定、戦略づくりから実践までを、具体的にお話しました。

中野からは、以下の点等をお伝えしました。
☆目的達成に集中する
このプロジェクトは、刑法性犯罪改正「しか」やらなかったことで、「やるべきこと」に限られた人員と時間を集中投下でき、賛同も得やすかった。
☆人は変わる、政治は動く、社会は良くなると信じる
社会を変えたい、と活動する人は、現状に何らかの課題を発見し、動こうとしているので、基本「不満」「不平」があるが、それをそのまま政治家や社会にぶつけても、相手には届かない。
目の前にいる相手と信頼関係を構築し、「何とかしよう」と思ってもらえる存在になることが重要。
☆運をつかみ縁を拡げる
・刑法改正のきっかけとなったのは、松島法相(当時)の一言であり、ある意味トップダウンであった。
それを「限られたチャンス」と捉え、活かすことが大切。


その他プロジェクトの活動をまとめた媒体を紹介します。

FullSizeRender (11).jpg
[私たちの声が届いた!法務大臣に署名を渡した日ー刑法性犯罪改正までの道のり(動画 6:18)]


IMG_0740.JPG
[110年ぶり刑法性犯罪開催される(性搾取問題ととりくむ会ニュース PDF)]



しあわせなみだでは刑法性犯罪改正に関する取材を積極的にお受けしています。
お気軽にお問合せください、
[お問い合わせはこちらから]


 ====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年07月18日

「抵抗しなかった君が悪い」と言えますか


IMG_0746.JPG
7/17『「抵抗しなかった君が悪い」と言えますか』を開催しました!
性暴力に対する男性の発言について、男性が登壇して議論するという、これまでにないイベントになりました。


IMG_0771.JPG
まずは理事長中野より、イベント開催の背景をお話しました。


IMG_0755.JPG
ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン安藤哲也様からは、日本の暴力の現状、ホワイトリボンキャンペーン・ジャパンの活動紹介、そしてご自身の経験を踏まえて、フェアメンをどのように増やしていけばよいか、多角的な視点からご提案をいただきました。


IMG_0757.JPG
バズフィードジャパン渡辺一樹様からは、これまでご自身が書かれた記事から学んだこと、そして批判を想定した記事の書き方を、共有していただきました。
性に暴力を振るう他者に対する率直な気持ちを吐露してくださり、参加者の多くが共感したのではないでしょうか。


IMG_0761.JPG
その後のトークセッションでは、「男性VS女性」ではなく、社会構造の中にある暴力に、私たち市民がどのように立ち向かうか、そして多くの共感を得るには何が必要か、様々な視点から意見が交わされました。
会場の皆さんからも、積極的な質問をいただきました。


IMG_0772.JPG
アンケートへのご協力ありがとうございました。
以下掲載いたします***

参加者30名
アンケート回答者18名


IMG_0769.JPG
■1.イベントの満足度を、100%〜0%で教えてください!
100%・・・4名
80%・・・5名
70%・・・2名
65%・・・2名
60%・・・1名
50%・・・1名
30%・・・1名
  0%・・・1名
無回答・・・1名

[その理由]
・今の日本でこのようなイベントが開催されたこと、そしてそこに参加したという事実だけで、現時点ではある程度満足です。
・性暴力に関するイベントは女性主体(登壇者も参加者も)が多いので、男性側の意見を知りたいと思って参加しました。しかし単にジェンダ−の問題ではなく、社会全体の認識(文化)の問題だと思いました。
・性暴力について男性がメインで話すイベントが珍しいので、聞けて良かった。
・男性の立場からの考え方が面白かった。男性が上から目線で女性を守るという考え方かと思ったが、「公平」だった。
・男性側の意見「インフルエンサー」からの言葉を身近に聴く機会が初めてだったので、学ぶことができた。
・他では聞けないお話を聞けました。
・動画に関するお話、パネルティスカッション、とてもためになりました。
・家庭の話や働き方の話も非常に興味深く、もちろん根っこは同じなのもわかりますが、短い時間では散漫に感じました。もっと性暴力にガツッとフォーカスした内容にしてほしかったです。
・もう少し具体的に何ができるのかの話が聞いてみたかった。
・思っていたより具体的な話が出なかったから。
・現時点で、非会員でもやれる効果的なことを教えてもらえるとよかったです。この記事RTして!とか。
・共依存の話と、本当のPTSDの克服の仕方も含めてほしかった。
・男子絵のほとんどは暴力を振るわない人、というのはおそらく皆分かっていたけれども、性暴力への理解が深まらない理由というのが話し合われず残念だった。男の言い訳を聞いている気持ちでした。
・参加者はもう少し男性が多いと思ったので残念。
・参加者同士の話し合いがあると良かった(イベント前半のような)。
・アウトプットの時間がほぼ取れなかったのが、惜しいです。
・時間が短いので、ちょっと不足を感じた。
・しあわせなみだの活動内容をもう少し知りたかった。


IMG_0766.JPG
■2. 本日のイベントを、あなたの友だちに一言で伝えるとしたら、何と言いますか?
・抵抗しないことは同意じゃない。
・性暴力は身近な問題だよ。だからちゃんと知っておこうよ。
・男性と女性の相互理解のためのイベント。
・男性も女性も、男性のパートナー、友人に「こうしたイベントあるよ、ためになったよ!」と伝えてください。第2弾につなげるために!
・「常識」を疑おう!
・暴力・ジェンダーの問題を、特に男性の立場から考え、世に訴えていくイベント。
・行くべき!
・性暴力に対するイベントに行ってきた。
・こういうタイトルのイベントがあったよ。
・わかりません。


IMG_0750.JPG
■3.「抵抗しなかった君が悪い」と発言した人に対して、あなたなら何と声をかけますか
・ジョン・カビラさんと同じ投げかけで「自分事」にして考えてもらいたいです。
・じゃあボブ・サップに押し倒されてる自分を想像しよう。
・抵抗して、殺されたり、身体を傷つけられたリしたら、どう償うのですか。
・抵抗できない状態の気持ちを言葉で選んでじっくり伝えたいと思います。
・自分自身、ジェンダー学や性暴力について学んでいて、危険な場合はこうした等々常々考えていたものの、実際に危ない状況になると声が出ない、思考が停止することを経験した。そういう自分自身の経験を話す。
・強盗にあってケガをさせられた時、殺された時、「抵抗しなかった君が悪い」といわないのはなぜですか!なぜ性暴力だけ別に扱うのか、その理由を考えてみてください。
・「コミュニケーション」という言葉を知ってますか?
・「本当に怖かったから、何も言えなかったんだよねー」と共感する。
・悪いのは加害者です。
・性暴力は「女性問題」と言われるけど、むしろ「男性問題」。
・男性が性暴力が起きる理由を理解しないとなくならない。
・「男の本能だから仕方がない」ではなく、理性を使って止めてください。
・「考えが古すぎる」「そんな意見男が廃る」と声をかけたいですが、大きい方に飲まれてしまわないか、不安になります。
・実際に言われましたが、何も言い返せません。
・こういうことを言う人には、何を言っても馬の耳に念仏なので、無理に説得して改心させようとしないことにしてる。時間と労力をムダにするだけなので、諦めた。
・縁を切ります。
・「アホか」
・「お前抵抗してみろ」と言ってみる。
・誰もが抵抗できると思っているのか?
・「抵抗しなかった君が悪い」という女の人はもれなくブスなので「だまれブス」と言う。「ブスはいーなー、性犯罪にあわなくて」って言う。男の場合は顔にワンパンチを食らわせて「スキがあった」と言ってやりたい。できないけど、こう言ってやりたい気持ち。


IMG_0770.JPG
■4.その他気付いたこと、感想等、伝えたいこと等、何でも自由に教えてください!
・男性目線のイベントをたくさん増やしてもらいたいです。
・女性として聞いておいてアレですが、男性限定イベントにすると、もっと違った展開になると思います。
・もっともっと男性の意見を聞きたいです。
・ホワイトリボン、もっと海外の動きを紹介してください。
・「フェアメン」などを標榜しないといけない世の中なんだと、悲しくなった。
・学校教育も含めて、日本は性を話題にするのがすごく難しいと感じています。この現状を少しでも変えていかないと、被害に寄り添うことも、加害に寄り添うことも、できていかない。
・このイベントが伝えようとしているメッセージを本当に届ける必要がある人は、そもそもこういうところには来ないだろうと思います。どうやってそういう人たちに伝えるかを考えていきたいと思います。
・ここに来る男性は少なくとも意識がある人なので、意識がない人にどうアウトリーチするかを考えないと、大きな変化はないように思います。
・これまで社会で学んできたこと、刷り込まれてきたことを、意識をもって見直さないといけないと思った。
・質問であった「女性はギリギリまで断れない」というのは本当にそうだと思います。ご飯に誘われてOKすれば「ヤレるかも」と思われるかもしれなけど、Noと言えば「ご飯だけなのに自意識過剰」と思われるかもしれないし。女性に対しての「自意識過剰なブス」という呪いは大きいと思います。
・男性→女性への性暴力への話しかなかったので、残念でした。できればイベント案内に、男性→女性への性暴力限定、との旨を書いておいていただければよかったと思います。
・日本は「常識」「ルール」を重んじる社会で生きづらさを生み出していると思った。
・「当事者意識」=「自分も同じことをしてしまうかも」ということでないことに驚きました。
・男性の生きづらさが強調されすぎていた気が・・・。女性のほうが圧倒的に生きづらい格差社会であるということを前提にした議論がもっとあれば良かった。
・意に反する性交表現等、アニメ、AVは規制できないのか?疑問に思う。特にAVは人身取引の問題も。
・「自分にもできること」をもっと知りたいです。
・人権や公平・公正の問題を語る時に「経済のメリット」を持ち出すのは納得できない。


***


今後もこうしたイベントを開催してまいります。
ぜひ一緒しましょう!


 ====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

2017年07月14日

改正刑法施行〜日経新聞・JapanTimesに掲載されました〜

68e2e8b7ed3a5353a882f665801654a7_s.jpg
【7/17:東京】「抵抗しなかった君が悪い」と言えますか

 ====================

16326661_1245604848855521_166254209_o.jpg
性犯罪処罰規定を見直した改正刑法が、7月13日に施行されました。


改正のポイントは下記です。

☆1)名称の変更
「強姦罪」という名称を、「強制性交等罪」に変更。

☆2)範囲と対象の拡大
「男性器を女性器に挿入すること」に限られていた「強姦罪(→強制性交等罪)」を、「口腔性交」「肛門性交」まで拡大。これにより、「女性」に限られていた被害者を、「女性以外」まで拡大。

☆3)刑期の引き上げ
「3年以上」だった「強姦罪(→強制性交等罪)」の刑期を「5年以上」に、死傷させた場合は「5年以上」から「6年以上」に引き上げ。

☆4)監護する者であることによる影響力に乗じた性犯罪の創設
監護権を持つ者(子どもの養育に責任を持つ親等)が、その立場を利用して強姦(→強制性交等)やわいせつをしたことによる罪を創設。

☆5)「強盗後に強姦」と「強姦後に強盗」の順序を問わない
これまでは「強盗後に強姦」のほうが重かった量刑を「7年以上」に統一。

☆6)非親告罪化
これまでは被害者が告訴しなければ検察は事件を起訴できなかったが、傷害事件等の犯罪同様、検察が起訴できるようになる。


改正に対する、理事長中野のコメントが掲載されました。

IMG_0714.JPG
【7/13付「日本経済新聞」(インターネット版は中野のコメントはありません)】

n-sexcrimelaw-z-20170714-870x516.jpg
【7/14付「Japan Times」(英語です)】


改正刑法が着実に運用されるよう、私たち市民の目で、しっかり見届けていきましょう。

[刑法改正を後押しした「刑法性犯罪を変えよう!プロジェクト」成果報告会が開催されます]


 ====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】