CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
セボネ12月号キラリ世田谷人「工藤恵子さん」 [2017年12月19日(Tue)]

キラリ世田谷人は、世田谷を中心に活躍するキラリと光る素敵な方がたをご紹介します。

児童館から「きぬたま」へ
子どもの育ちをささえる
 工藤 恵子さん
kudo-san2-hp.jpg


 工藤さんの40年以上にわたる児童館人生は、ひょんなところから始まりました。大学の社会福祉学科を卒業し、そのまま1年間研究室に助手として在籍。「勉強は向いていないなあ」と思って受けた東京都の職員採用試験に受かり、世田谷区への赴任が決定したのが3月の終わり。4月1日からの勤務先がたまたま、船橋児童館開設準備中の児童課でした。

「子どもと遊ぶなんて向いていない」と思っていたのに、常勤職員は新米の自分ひとり。助けてくれたのは地域の方たちで、一緒に「どんな児童館にしたいか」と必死で考えました。「あの頃は23区全体で、子どもに向き合うために、子どもの『命』とか『生きる』といった本質的なことも論議していたんです。今もそれが糧になっています」

 児童館によく来ていた子どもが学校で問題を起こした時にも「児童館で頑張っている子だから」という工藤さんの一言で、停学を免れたこともありました。時には就職のために推薦文を書いたり、子どもと一緒になって頑張り、子どもの力になりました。

 児童館を子ども主体の場にしようと、子どもたちと共につくってきた工藤さんですが、ある児童館の経験で大人がお膳立てし、子どもがお客様になってしまっていることに違和感をもちました。退職の時にたまたま家の近くに、地域の子育て支援の場「きぬたまの家」がつくられることになり、「子どもが主体になるためには幼児期の育ちから遊びをつくる場が必要。それをつくるのを最後のご奉公にしよう」と決め、理事として準備に関わりました。

 「きぬたまの家」は外遊びと親子をつなぐ屋根のある拠点、里帰りのように親子が遊びにきます。子どもの一時預かりもあり、お母さんたちはリフレッシュできます。月に一度は「夕ごはん会」や「宿題クラブ」も開催されます。歩いて3分の多摩川の河川敷のはらっぱには、プレーワーカーのいる「きぬたまあそび村」があり、自然の中での子どもの外遊びにつながります。

「児童館時代に関わった子どもたちがいまだにもめごとを持ち込んできますが、ここに工藤がいるからと訪ねて来てもらえる。子どもたちとは一生のつきあいかな!?」と嘆息する日々。「きぬたま」は工藤さんの今の居場所です。
(取材/編集委員 星野弥生)



Posted by setabora at 18:06
セボネ12月号まちの市民力「イクリスせたがや」 [2017年12月19日(Tue)]

「まちの市民力」
は、街の中で地域やそこで暮らす人たちと一緒に活動している団体を紹介します。

外国にルーツをもつ家族も
安心して子育てできるまちにしたい
イクリスせたがや

icris-01.jpg

「イクリスせたがや」は多文化共生のための子育て支援活動をしている団体です。代表の吉田千春さんは世田谷生まれ世田谷育ち。なぜこの活動を始めたのか、お話をうかがいました。

 吉田さんは、大学生の時に語学留学し、ホームステイ先で様々な国の人に出会い、楽しかった経験から日本語教師をしていました。出産を機に自身の子育てでママ友に救われた経験から、ふと「日本にいる外国籍の人たちは子育てをどうしているんだろう」と考え、大学院で研究を進める傍らで2014年にママ友たちと一緒にグループを立ち上げました。

 多文化共生というと、英語を教えたりするイメージがありますが、「イクリスせたがや」は英語以外の言語を大切にしています。そうした言語は日本ではマイナーであるために、母語で話すと変な目で見られたりするので母語を隠したりする人もいるのだそう。そうではなく、「どんな言語であっても日本に受け入れられていることを示したい。様々な言語と文化背景があるということを小さい頃から知ってもらいたい」というのが活動のねらいです。

 現在の主な活動は多言語による絵本の読み聞かせ(年間5回ほど)。毎回あるテーマに沿った絵本を決めて、その絵本を4つの言語で読みます。言葉はわからなくても絵を見れば話はだいたいわかるので、子どもたちも興味津々で聞いてくれます。そのほかにも、交流イベントやワークショップなども行っています。

icris-02.jpg

icris-03.jpg

 外国籍の人たちの子育ての悩みは、他の当事者とつながる機会がないことや、家庭での言語教育をどうするかなどのほか、差別の問題もあるといいます。そうした人たち、特に未就学児のいる家庭にどうやってアプローチしていくかが一番の課題となっています。

 吉田さんは、自分たちの強みは「当事者であり、かつ研究者でもあること」と話します。「多様な人たちが混ざり合うのが普通、そういう人たちがいるから世田谷はいい『まち』と言われるようにしたい」
このような活動を通じて、世田谷が多様性を受け入れ、誰にでも住みやすい社会になればと感じました。
(取材/編集委員 市川徹)

イクリスせたがや
http://icris-setagaya.com/
Mail:icris.setagaya@gmail.com


Posted by setabora at 17:55
セボネ12月号特集「「失語症カフェ」はじめました 〜コミュニケーションのバリアフリーをめざして〜」 [2017年12月14日(Thu)]

「失語症カフェ」はじめました 
〜コミュニケーションのバリアフリーをめざして〜

 「言葉」は私たちがコミュニケーションをとる上で、必要不可欠なものです。しかし、突然の事故や病気で、「言葉」を使ったコミュニケーションが難しくなると、今までの生活が一変してしまいます。
 失語症への理解を深め、失語症会話パートナーの活動の幅を広げようと、梅丘で「失語症カフェ」の試みが始まりました。「失語症会話パートナー世田谷連絡会」の横井美代子さんにお話をうかがいました。

cafe-01.jpg
9月の失語症カフェの様子


◆「失語症」のむずかしさとは

 脳卒中や事故による脳損傷の後遺症で、失語症は起こります。脳の萎縮によって起こる認知症とは違い、左脳にある言語野が損傷することにより、「話す」「聞く」「読む」「書く」ことが難しくなります。症状は人によってさまざまで、話を聞いて理解することはできるけれど、自分の想いを話すのが難しい人や、一見会話ができているように見えても、相手の言葉を理解するのが難しい人もいます。判断力や記憶力は変わりませんが、適切な言葉を引き出すのが困難になったり、言葉と意味の関連付けが難しくなったりします。

 NPO法人全国失語症協議会によると、患者は全国に30万〜50万人いると推定されていますが、その実態はなかなか解明できず、社会における理解や支援が進んでいないのが現状です。言葉の障害は外見でわかりにくく、自分の思いをうまく伝えることができないため、もどかしい思いをして、会話や外出をする機会が減り、孤独になってしまいがちです。


◆思いに寄り添うパートナー

 そんな失語症の方のコミュニケーションをサポートするのが、「失語症会話パートナー(以下、会話パートナー)」です。もともとは、カナダで失語症の人のための会話パートナーの養成を行っている、ということを知った言語聴覚士が「日本でも会話パートナーを養成しよう」と呼びかけたところから始まりました(現在はNPO法人「和音」)。2000年に第1回目の「失語症会話パートナー養成講座」が開催され、横井さんはその第2回目に参加しました。

 養成講座は失語症の基礎知識を学ぶ座学と、実際に失語症の方とのコミュニケーションを支援する実習形式で行われます。横井さんは、実習で訪れた世田谷区立総合福祉センターの失語症のグループの会話パートナーとして、講座終了後も継続してかかわり、15年以上活動してきました。

cafe-02.jpg
お話をうかがった横井さん

 自主グループでは、失語症の方が7〜8人集まって会話を中心とした活動をしています。病院で言語聴覚士が失語症の方の言葉のリハビリをするときには1対1ですが、ふだんの会話は複数で行われることがほとんどです。失語症の方にとって集団の中で会話することは貴重な機会であり、集団の中で言葉を回復していくのです。

 「例えば、話すことはできるけど相手の話を理解するのが難しい人には、会話パートナーが要点をかいつまんでわかりやすく筆記し、その人の理解度を確認しながら、みんなの会話の輪に入っていけるよう支援をします。一方、頭の中に言葉はあるけど、話すのが難しい人に対しては、言いたいことをゆっくりと聞き出して、本人に代わって伝え、会話がスムーズにいくよう支援します」と横井さんはいいます。会話パートナーには、失語症の方の理解を助けたり、失語症の方の思いを伝えたりする役割があるのです。

 「言葉に不自由がなければ自分の意思で選んだ言葉を発言できますが、失語症の方はそれが難しいので、思いを代弁するときには、言葉の選び方に特に気をつけています」と横井さん。会話パートナーの大事な道具は、「地図」「カレンダー」「紙と鉛筆」のほか、会話のきっかけとなるような絵や文字が載っている「コミュニケーションボード」などがあります。

ume02-re.jpg
「コミュニケーションボード」があると会話もスムーズ。

 失語症の自主グループの活動は「自分の思いが話せる場、ゆっくり話を聞いてもらえる場」になっています。会話パートナーはあくまでもボランティアなので言葉のリハビリはしませんが、こうしたていねいなサポートをうけた会話を重ねることによって、失語症の方の意欲を引き出すことができるのかもしれません。


◆当事者を尊重する支援

 世田谷区では2005年から毎年養成講座を開催し、「失語症会話パートナー」を養成しています。講座を受講する方のなかには、ご家族が倒れて失語症になり、そのために学び始める人もいるといいます。ある日突然、病に倒れ、言葉を失い、以前のような会話が難しくなるということは、本人にとっても家族にとっても、大きなショックを受けることは想像に難くありません。

 また、失語症は認知症と間違えられたり、状況を理解していないと誤解されて子ども扱いされてしまうこともありますが、頭の中には言葉も感情もあります。会話パートナーは「その人の尊厳を尊重して接すること」を鉄則とし、言葉だけでなく目線の動きや表情などにも注目し、感情の変化を見逃さないようにしています。

◆失語症をもっと知ってほしい

 「この2年ほどで失語症を取り巻く状況も変わってきている」と横井さんはいいます。障害者総合支援法で「意思疎通支援」という枠組みが規定され、昨年度からモデル事業として「失語症者向け意思疎通支援者の養成講座」も実施されています。今後は全国的に展開されていくそうです。

 失語症の場合、会ったその場からすぐに十分な会話支援ができるわけではなく、ある程度コミュニケーションを重ねて、その方の症状や背景等を知っていかないと会話のサポートが難しいという課題もあります。制度やしくみを充実させていくのはこれからのようです。
「失語症ゆえに当事者の方が自ら社会に対して声をあげるのは難しく、声が届きにくいので、会話パートナーが発言していかなければと感じています」


◆だれでもどうぞ「失語症カフェ」


 この13年で、世田谷区で養成された会話パートナーは120人をこえているそう。長年、失語症の方の会話をサポートしてきた横井さんに、転機が訪れました。ある失語症の方から、「養成された会話パートナーはたくさんいるらしいけど、いったいどこにいるの?」と尋ねられました。「総合福祉センターの自主グループでは活動しているけど、失語症の人はもっといろんなところにいるのに、どうしてもっと活動を広げないの?」と問われました。

 その声に押されるように、徐々に「会話パートナーの活動の幅を広げていきたい」「失語症に対する世間の認知をもっと高めていきたい」という想いが、会話パートナー仲間のなかで強まっていきました。「失語症の方に寄り添うつもりで支援をしてきたけれど、もう一歩積極的になったほうがいいんじゃないか、と思うようになったんです」と横井さんは振り返ります。

 ちょうどその頃、世田谷ボランティア協会の拠点のひとつである梅丘ボランティアビューローのスタッフとして働き始めた横井さんは、ビューローの事業として「失語症カフェ」を立ち上げることを提案しました。そして今年5月に開催した第1回目のカフェには24人が集まり、第2回の9月には30人をこえる人たちで大賑わいでした。失語症の方やご家族のほか、高齢者施設の職員、言語聴覚士をめざす学生、会話パートナーがたくさん集まり、情報交換したり、交流を図りました。

cafe-05.jpg

***
「失語症カフェ」に参加した方の感想

・失語症の人とのコミュニケーションの取り方について学びたいと思って来ました。

・どのような病気でも憂鬱になりますが、気持ちを前向きに持つことが大切だと思います。
そのきっかけを見つけられるカフェだと思います。

・言語聴覚士の先生のお話、とてもよかったです。グループ内でも意見交換できました。

***


◆夢が広がる 地域に広がる 

 年明け1月12日(金)には第3回目の「失語症カフェ」を計画しています。会話パートナーが失語症の方々の活動についてご紹介し、お茶を飲みながらゆったりとお話を聞くことができます。
「ご近所の方や失語症のことをよく知らない人にもぜひ来てもらえたらと期待しています。そして、くつろぎのひとときに、おいしいコーヒーをいれてくださるボランティアも募集しています」

 2階にある梅丘ビューローまでは階段をあがらなければならず、失語症の方のなかには足にまひのある方もいるので、できればバリアフリーな環境で実施したいところです。横井さんをはじめ、会話パートナーたちは「梅ヶ丘に限らず、こんな場がもっといろいろな場所にあったらいいな」と考えています。さっそく、尾山台のほうに住んでいる方からも「地域で失語症カフェをやってみたい」という声があがっているそうです。認知症を地域で支えようと「認知症カフェ」は区内のあちこちで開催されるようになってきましたが、「失語症カフェ」の試みが広がるのも、もうすぐかもしれません。
(取材/編集委員 家井・伊藤、事務局 宮崎)

第3回「失語症カフェ」
日時:2018年1月12日(金)13時半〜15時半(要申込み)
会場:梅丘ボランティアビューロー
参加費:300円
問い合わせ:03-3420-2520
http://www.otagaisama.or.jp/1-wanted/20171213/5880.html



Posted by setabora at 21:36
ボランティア情報誌「セボネ12月号」を発行しました [2017年12月14日(Thu)]

sevone201712-image.jpg

★12月号表紙 イラスト/ふかさわ とみこさん


【今月の掲載記事】
★特集「「失語症カフェ」はじめました 〜コミュニケーションのバリアフリーをめざして〜」
 失語症について詳しく知ったり、話したりすることができる「失語症カフェ」を特集しました。
5月、9月に続き、1月にも梅丘ボランティアビューローで開催を予定しています。
≪関連情報≫ 1月12日(金)13時半〜15時半「失語症カフェ」
http://www.otagaisama.or.jp/1-wanted/20171213/5880.html

★まちの市民力「イクリスせたがや」
 多文化共生のための子育て支援活動をしている団体をご紹介します。英語だけでなく、多言語による絵本の読み聞かせに子どもたちも興味津々です。

★キラリ世田谷人「工藤恵子さん」
 長年、児童館職員として活躍し、いまは地域の子育て支援の場「きぬたまの家」で親子をささえています。



世田谷ボランティア協会の情報誌「セボネ」は、
区内の図書館や区民センター、出張所・まちづくりセンターなどでも配布しています。

なお、情報誌「セボネ」はボランティアの編集委員が企画・取材して制作しています。
ボランティア募集、イベント告知など、みなさまからの情報を集めていますので、
ホームページの投稿フォームから情報をお寄せください。
http://www.otagaisama.or.jp/usp_form/toukou
Posted by setabora at 21:16