CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
セボネ11月号キラリ世田谷人「相沢祐司さん」 [2016年11月05日(Sat)]

キラリ世田谷人は、世田谷を中心に活躍するキラリと光る素敵な方がたをご紹介します。

休日は山登り ときどきボランティア
相沢 祐司 さん

aizawa-san.jpg

 ふだんは会社員としてお勤めしている相沢さん、いまやボランティアセンターのイベントに欠かせない名物ボランティア。威勢よく、わなげ屋さんを盛り上げて、子どもたちを笑顔にし、見ている人をも虜にしてしまう名人です。

 そんな相沢さんが地域に目を向けるようになったのは、2011年の東日本大震災がきっかけでした。「自分も何かしなくちゃ」と思い、ネットで調べて見つけたのがボランティアセンターとの出会い。2011年11月のボランティアバスに参加し、岩手県山田町に行きました。その時の街の様子は衝撃的で、いまでも忘れられないといいます。それから2013年3月のボラバス終了まで、計10回以上被災地支援にかかわりました。

「それまで地域のことには見向きもしなかったけど、このことをきっかけに地域のことを考えるようになった」と話します。「今ここで何か災害が起こったら地域はどうなるのかとか、自分に何かできることはないかと思って、動いてみようと思ったんです」

 地域の防災訓練や避難所運営訓練にも参加するようになり、ご近所の顔見知りも増えました。行動的な相沢さんは、その後も福島県浪江町の町の人にガイドしてもらって実際に現地を見に行ったり、昨年の茨城県常総市の水害支援にも参加してきました。

 今年も熊本地震や豪雨災害など各地で被害が出ました。それらの報道を「遠くの他人事としてみるのではなく、自分にも降りかかるかもしれない心配事として、少しでも関心をもつことが大切」といいます。しかし関心をもつ人は多くても、そこから一歩行動を踏み出すのはなかなか難しいこと。

 休日はもっぱら近郊の山登りに行くのを楽しみにしている相沢さんですが、「山登りと同じですよ」と話します。
「高い岩場でも、まずは足を一歩前に踏み出し、手を岩にかけることから始まる。一歩一歩小さくやっていけばおのずと前に進んでいく。ただ眺めているだけでは先には進めないですからね。少しずつでも動いていくことが大切なんじゃないかな」と。

ボランティアで地域とかかわることは、仕事などの日常生活から一歩離れて、自分自身を解放でき、いろんな発見ができるのだとか。「自分が楽しくないと、まわりも楽しくないしね」自然体で楽しむ姿勢がまわりを元気にしています。
(取材/事務局)
Posted by setabora at 15:52
セボネ11月号まちの市民力「学習支援ボランティア 桜んぼ塾」 [2016年11月05日(Sat)]

「まちの市民力」は、街の中で地域やそこで暮らす人たちと一緒に活動している団体を紹介します。

日本大学文理学部 学習支援ボランティア
桜んぼ塾

 「桜んぼ塾」は、近所にある福音寮などの児童養護施設やひとり親家庭の子どもたちに対して学習支援をしている日大文理学部の学生ボランティアサークルで、2006年に発足しました。

sakura-01hp.jpg
お話をうかがった斎藤さん、福田さん、宮崎さん

 活動は週1回、金曜日の18〜19時半に日大文理キャンパスの教室で行われています。ここに通っている子どもたちは小学5年生から高校生まで29名。子どもたちの居場所となることをめざして、学校の勉強以外のことも教えるなど、子どもたちのやりたいことをサポートしています。

 桜んぼ塾のメンバーは77名。当初は社会福祉学科の井上先生のゼミ生が中心でしたが、2011年にサークル化してから学科外の学生が増えました。ボランティアに興味がある学生や、教職課程を履修しているので子どもたちと関わりたいなどの理由からだとか。

 1人の子どもの学習を、学生2〜3人で担当するチーム制にしているほか、担当の学生が変わっても対応できるよう子どもたちの様子を毎回記録するなど、活動の工夫も重ねています。ただ、桜んぼ塾に参加するには、児童養護施設のことや子どもとの付き合い方などを学んだり、子どもの学習の進捗状況に合わせて担当の学生が自作で学習資料を毎週つくる必要があるなど、活動条件が厳しく、継続していくには負担もあります。

sakura-03hp.jpg
手づくりのプリント

 それでも多くの学生が参加しているのは、子どもたちが毎週楽しみにしていたり、困難な環境にある子どもたちと接して違う考えが得られるなど、関係性ができて楽しくなってくるからだといいます。子どもたちも最初は人見知りだったものの、徐々に会話が増え、わからないことを聞いてくるようになるなど、コミュニケーション面での成長が多く見られました。

sakura-02hp.jpg

 最近では部活が終わってから学習に来る子や、家庭でひとりでご飯を食べる「孤食」の子もいることから、おにぎりを用意して一緒に食べる「子ども食堂」的な活動や、卒業した子どもや学生OB・OGの居場所として「桜んぼカフェ」を2ヶ月に1回開催して、現役世代も含めた交流の機会をつくり始めるなど、さらに活動の幅が広がっています。長い目で応援していきたい活動です。
(取材/編集委員 市川徹)

桜んぼ塾  sakuranbojuku@gmail.com

 
Posted by setabora at 15:43
セボネ11月号特集「食べ物の「もったいない」を「ありがとう」にかえるしくみ」 [2016年11月05日(Sat)]

食べ物の「もったいない」を
「ありがとう」にかえるしくみ


mottainai-02hp.jpg

 賞味期限が近いけどまだ食べられるもの、家庭で余っている食品など、「もったいない」ものがあふれています。「もったいない」を「ありがとう」に変える仕組みが「フードドライブ」であり、「フードバンク」です。
 世田谷区が取り組んでいる「フードドライブ」、そして「セカンドハーベスト・ジャパン」がコーディネートする、食品を循環させるプログラムについてお伝えします。


◆捨てられている食べ物

 「フードドライブ」という言葉を聞いたことはありますか?
「フードドライブ」とは、家庭で余っている食品などを持ち寄り、広く地域の施設などに寄付する活動です。世田谷区でも大きなイベントや講習会などで年間十数回のフードドライブが実施されています。この取り組みについて、世田谷区清掃・リサイクル部にお話をうかがいました。

 世田谷区で「フードドライブ」を始めた背景には、区内で捨てられている可燃ごみのうち、未使用の食品を含む生ごみが3割を超えているという事実があります(「家庭ごみ組成分析調査」より)。そこで、区では、食品を無駄に廃棄せず、買い過ぎたり、つくりすぎないよう「適量購入・適量調理」を啓発してきました。それでもなお家庭で食べ切れず余ってしまう未使用食品の受け皿として、2014年から「フードドライブ」に取り組むようになりました。

food-loss.jpg


 世田谷区のフードドライブでは、一定の条件を満たす未使用・未開封の食品を対象として受け取っています。最近実施されたフードドライブの参加者からの聞き取りでは、余剰食品の発生要因としては「贈答品」が最も多く、次に「買い置き ・買い過ぎ」の順で多かったそうです。提供する人に世代的な偏りはないものの、比較的年配の方やファミリー層が多いとのこと。食品の種類としては缶詰・お菓子類が多く(中には米袋を持ってくる人もいたとか!)、最近では災害時の非常食の買い換えに伴って発生したものが提供されることもありました。

fooddrive-list.jpg


◆関心の高まり

 世田谷区におけるフードドライブの取組みは、開始から2年余りの間で、毎回提供してくれるリピーターや気にかけてくれる人が増えるなど、徐々に広まってきているようです。2014年度〜2015年度に世田谷区で実施されたフードドライブでは、重量500kg、点数2,000点、受付件数260件を超える食品の提供がありました。
 
mottainai-01hp.jpg

 これらの食品は、イベント終了後に、連携先である「セカンドハーベスト・ジャパン」により、食品を必要としている社会福祉関係のさまざまな施設に配送されています。
 現在は主にイベントに併せて実施しているため、都合が合わなかったり、会場が遠いなどの理由で参加機会を逃した方からは、常時受付できる窓口の設置など、受け皿の拡充を望む声が区にも寄せられていて、今後の課題となっています。

 区としては、フードドライブはまだ食べられる食品を無駄にしないための最後の手段であるということ、それ以前に、そもそも余剰食品を発生させないことが大切であるということを今後もPRしていくとのことです。また、子どもから大人まで、多くの区民が「もったいない」と共感できる「食の問題」を出発点に、ものを大切にする意識の醸成を図っていきたいということでした。


◆「すべての人に食べ物を!」
 
 「セカンドハーベスト・ジャパン」(以下、2HJ)は、山谷などで炊き出しのための食材を集める活動から、長年日本に住んでいるアメリカ人のマクジルトン・チャールズさんを中心として、2002年にスタートしたNPOです。「セカンドハーベスト=第2の収穫」とは、集めた食料をもう一度分配する「2回目の活用」を意味し、フードバンク活動のネーミングとして定着しています。

 浅草橋にある事務所内には、企業からの寄贈品、また防災の備蓄品入れ替えのためのアルファ化米、缶詰、粉ミルクなどの入ったダンボールが山と積まれています。市販ルートとは異なる「志」のある無償のドネーション(寄付)は、児童養護施設などの福祉施設や生活困窮者の支援団体などに提供されています。

2HJ-02.jpg

 また、個人世帯を対象に食料支援を行う「ハーベスト・パントリー」も大切な活動です。自治体の福祉事務所、社会福祉協議会の相談窓口、ひとり親支援、難民支援に携わるNPOなどと連携し、様々な事情で食料を必要としている人たちに、バラエティに富んだ食品をダンボールに詰め合わせて提供します。

 世田谷区のフードドライブで集まった品の行き先は、主としてこの「パッケージ」です。箱詰めの作業にはボランティアの手を借ります。提携している企業からのボランティアも。また施設などに食料を配送する2〜4トントラックのドライバーもボランティアです。配達先で直接に感謝をされる仕事なので、「やりがい」にもつながります。

2HJ-01.jpg
取材が終わったら、外はもう真っ暗でした。

 2HJのもうひとつのプログラムが「ハーベスト・キッチン」。寄贈された食品、市場から届く規格外の生鮮食品、農家からの寄付などを材料に上野公園で炊き出しを行い、生活が困窮している方々へ温かい食事を提供するプロジェクトです。この10月の新キッチンオープンに伴い、今後は学習支援施設にお弁当を届けるなどの新たな活動を展開していきます。

 2HJのプログラムすべてに通じる考え方は「フードセーフティネット」。人が生きていくために欠かせない「食」に、誰もがアクセスできるようにする、ということです。行政やNPOと連携しながら「食」をつないでいくこの仕組みは、多くの人の手が編み出すヒューマンチェーンのようです。


◆みんなでつくって食べるごはん

 寄贈された大口の食品の提供先のひとつに、川崎のフリースペース「たまりば」があります。さまざまな背景を持つ子ども・若者たちが「自分」を大切に「生きる」場を、「多摩リバー(多摩川)」の近くにつくってから今年は25年目。

 「たまりば」では、みんなで一緒に昼食をつくり「同じ釜のメシ」を食べるということをなによりも大切にしています。2週間に1回、2HJから届けられる食材は毎日のご飯づくりになくてはならないもの。旧版のパッケージ、ちょっとつぶれた缶詰、時期外れの季節物、賞味期限が近い飲み物、お菓子、パン・・・。お昼にはお米、パスタ、パンケーキのもと、バナナなどが大活躍。

 2HJとのつながりは3〜4年前から。登録団体になるためには、活動内容についての審査があります。登録団体から他の団体や施設を紹介することもあり、「たまりば」では、野宿者支援の水曜パトロール、フィリピン女性の支援グループなどを紹介し、2トントラックの川崎便には、これらの施設に配達されるダンボールがまとめて積まれます。10月16日の世界食料デーには、ケロッグ社が提供する子ども支援のシリアルが「たまりば」にも届きました。


◆地域で「食」の循環を

 世田谷区が実施する「フードドライブ」、セカンドハーベスト・ジャパンによる「フードバンク」「ハーベストパントリー」などの活動、利用者である「たまりば」。「もったいない」が「ありがとう」になる「食」の循環を見てきました。

 行政が積極的に取り組むフードドライブは、食品ロスを身近な問題として考えるきっかけになり、また、地域住民が直接参加できるボランティア活動でもあります。今後は世田谷区で集めたものを区内で循環させるのが理想的ですが、食品の保管場所や配布先の確保、配送方法、フードバンク活動をしている団体が区内にない、などの課題があります。子ども食堂などの活動も盛んになってきているので、個人から個人へという「ハーベストパントリー」の仕組みを世田谷でもつくり出せたらいいですね。

 区内のフードドライブの実施情報は「区のお知らせ」やホームページなどで告知されています。今年はこれまで、せたがや環境フェスタ(5月)、せたがやふるさと区民まつり(8月)、世田谷清掃工場環境フェア(10月)などで実施してきました。
11月6日「世田谷くらしフェスタ」でも実施します。ご家庭の「もったいない」を提供してみませんか?
(取材/市川徹、星野弥生)

フードドライブに関する問合せ
世田谷区清掃・リサイクル部事業課
TEL:03-5432-2929 FAX:03-5432-3058

セカンドハーベスト・ジャパン
http://2hj.sakura.ne.jp/
TEL:03-5822-5371 台東区浅草橋4-5-1水田ビル1F

世田谷くらしフェスタ2016〜未来のためにくらしを見直そう〜
11月6日(日)10時半〜15時 会場:三軒茶屋分庁舎 
フードドライブ実施します!

Posted by setabora at 15:00
ボランティア情報誌「セボネ11月号」を発行しました [2016年11月05日(Sat)]

sevone201611-image.jpg

★11月号表紙 こな ゆきさん

【今月の掲載記事】
★特集「食べ物の「もったいない」を「ありがとう」にかえるしくみ」
 前月号のモノの「もったいない」特集に続き、第2弾は食べ物の「もったいない」について考えてみました。

★まちの市民力「学習支援ボランティア 桜んぼ塾」
 日本大学文理学部の学生が、手作りのプリントで、小学生から高校生まで約30人の子どもたちの学習を支援しています。

★キラリ世田谷人「相沢 祐司さん」
 山登りが大好きな相沢さん、ボランティアを始めたきっかけは5年前にありました。


世田谷ボランティア協会の情報誌「セボネ」は、
区内の図書館や区民センター、出張所・まちづくりセンターなどでも配布しています。

なお、情報誌「セボネ」はボランティアの編集委員が企画・取材して制作しています。
ボランティア募集、イベント告知など、みなさまからの情報を集めていますので、
ホームページの投稿フォームから情報をお寄せください。
http://www.otagaisama.or.jp/usp_form/toukou
Posted by setabora at 14:31
セボネ10月号キラリ世田谷人「大谷 尚子さん」 [2016年11月01日(Tue)]

キラリ世田谷人は、世田谷を中心に活躍するキラリと光る素敵な方がたをご紹介します。

「あなたが大事」を伝えつづける 
大谷 尚子さん

otani-san-svn.jpg

 福島の子どもたちに世田谷で外遊びを楽しんでもらおうというプロジェクト「ふくしまっ子in世田谷」のボランティアの中にいつからか大谷さんの姿がありました。

 最近、『「あなたが大事」の伝えかた』という本を出版しました。東大医学部保健学科を卒業して3年間、国立の男子校で養護教員、その後茨城大学の教員に。「養護の実践の根拠=学問体系があるはず」と「養護学」を提唱し、多くの養護教員を育ててきました。

 一方で、小児科医の山田真さん・毛利子来さんを編集代表とする雑誌『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』(※)の編集にかかわって約20年。そうしたキャリア、そして家庭人として自ら関わった老人介護、3人の息子の子育てやPTAの経験を経て「すべては養護につながる」と実感。
 1990年頃から「保健室登校」が社会的に注目され、からだ・ことばのやりとりを通じて、一人ひとりの子どもとの関係を育み、「養護」(養い護る)する「保健室の先生」は学校で不可欠な存在となりました。

「子どもに対して先回りをして教え込むことではなく、安心してヘルプサインが出せるような雰囲気をつくることが大事。子どもは答えを持っているのですから。子どもが知りたい、相談したいと思った時に、一緒に考え学んでいきます。それが養護教員の仕事です」。

うかがっているうちに、これは子どもの電話「チャイルドライン」にも通じ、ひいては人生すべての場面に通じる言葉だとあらためて思います。

 大学を辞められた今、自宅を「養護実践研究センター」とし、「自分のもっている力が役立つなら、子育て中の方々や養護教員を応援したい」という大谷さんのスタンスは「養護」そのままです。

 東日本大震災で居ても立ってもいられない気持ちになっていた時に、宮城の養護教員たちが「保健室のあねさん」という支援チームを立ち上げ、声をかけてくれました。石巻で「ちょこっと遊ぼう」というイベントを毎月1回開催し、もう70回近くになります。
今では、なごみカフェ、物づくりコーナー、ハンドマッサージ等があり、被災者・ボランティア計100人ほどが、ともに手づくりの昼食をいただきます。参加者が対等な関係になっているこの場にも「養護」が生きています。
(取材/編集委員 星野弥生)

※『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』(ジャパンマシニスト社)…大きいこと・強いことが一番、という価値観に疑問を投げかけている雑誌。

Posted by setabora at 15:48
せたがや災害ボランティアセンターレポート 7月〜9月の動き [2016年11月01日(Tue)]

■7月、国士舘大学・昭和女子大学と協定を締結
 災害が起きた際に、災害ボランティア活動の拠点となる『マッチングセンター』開設に関する協定を、7月26日に国士舘大学、7月29日に昭和女子大学とそれぞれ締結いたしました。日本体育大学とは昨年3月に協定を締結。各支所に1か所ずつ、計5か所の大学と協定を結ぶ予定です。

kokushikan-Lup-svn.jpg showa-Lup-svn.jpg


■中学・高校の教員向け研修を実施
 8月29日、昭和女子大学附属昭和中学校・昭和高等学校の先生方を対象にした防災に関する研修を行いました。前半は、東京湾北部地震の被害想定や災害時に大学に開設する計画のボランティアマッチングセンターについて講義を行いました。後半は、教室を『マッチングセンター』に見立てて、実際にマッチングセンターで行われる流れを模擬体験していただきました。

昭和教員A.jpg


■せたがや災害ボランティアセンターのホームページを開設しました
 http://www.saigai.otagaisama.or.jp/
 『せたがや災害ボランティアセンター』の活動の報告や、災害ボランティアに関する情報などを随時お届けいたします。また皆様から寄せられた情報も併せて届け、情報を充実させていきたいと思います。
 災害時にはここに情報を更新していく予定です。ぜひ一度ご覧ください。

saigai-svn.jpg


Posted by setabora at 15:37
セボネ10月号特集「「もったいない」からはじまる シェアする暮らし」 [2016年11月01日(Tue)]

「もったいない」からはじまる シェアする暮らし

 秋はバザーの季節。気候がよく、いろいろなところでバザーやフリーマーケットが開催されます。最近、本屋には「片付け」をテーマにした本が数多く並び、モノとのつきあい方を見直す風潮が高まっているようです。
 ついつい増えてしまうモノ。でもまだ使えるモノを捨てるのは「もったいない」。今回はそんなモノを活用する方法について考えてみたいと思います。

mottainai.jpg


◆モノの寄付で参加

 世田谷といえば、「世田谷ボロ市」が有名。約430年続くこのイベント、最初は古着や古道具などを持ち寄ったことから「ボロ市」という名前がついたとされています。今では骨董品のほか、植木や着物、古本など約700以上の店舗が軒をつらね、掘り出し物がたくさんあります。

 一方で、バザーはリサイクル啓発とともに、さまざまな団体の運営資金集めの方法として、各所で開催されています。バザーのためにモノを寄付するというのは、比較的ハードルが低く、参加しやすい方法です。引越やお片付けブームで、捨てるにはもったいない不要品を前に、「どこかの団体に寄付したい」と思っている方のために、物品寄付を集めているいくつかの団体をご紹介します。提供先の選択肢としてお役立ていただければと思います。


◆品物を寄付したい人のためのバザー情報

《凡例》@提供受付期間、A提供場所、B集めているもの、Cバザー開催日時、Dバザー会場、E問合せ先

【リサイクル市(世田谷地域)】
 世田谷ボランティア協会は民間のボランティア活動推進機関で、世田谷ボランティアセンターと区内3カ所のボランティアビューローを運営しています。ボランティア活動希望者や、ボランティアの協力を求める方の相談に応じ、地域の「おたがいさま」の関係づくりの橋渡しをしています。

@通年随時。開館時間は火曜〜金 曜10時〜22時、土日は10時〜20時。月曜・祝日休館。
A世田谷ボランティアセンター
B衣類(洗濯済みで季節に合ったもの)、子ども服、アクセサリー、カバン、靴、食器類、贈答品(石けん・タオル・シーツなど)、着物、きれいなぬいぐるみ
C11月17日(木)10時半〜14時(次回は2月23日(木)。年4回開催)
DE世田谷ボランティアセンター
 電話1(プッシュホン)03‐5712‐5101


【代田ボランティアビューローバザー(北沢地域)】
@10月8日(土)〜15日(土) 10時〜16時半
A代田ボランティアビューロー
B秋冬物衣料(洗濯済みで新品に近いもの)、贈答品、着物、バッグ、アクセサリー、食器。
C10月28日(金)・29日(土) 10時半〜14時(29日は13時半)
DE代田ボランティアビューロー
 電話1(プッシュホン)03‐3419‐4545


【玉川ボランティアビューローバザー(玉川地域)】
@2月のバザーに向けて、12月にも3日間だけ受け付けます。
 12月8日(木)〜10日(土) 10時〜16時半
A玉川ボランティアビューロー
B新品または新品同様の婦人服、 子ども服、バッグ、アクセサリー、靴、贈答品、食器、雑貨
C2月24日(金)、25日(土)10時半〜14時(予定)
DE玉川ボランティアビューロー
 電話1(プッシュホン)03‐3707‐3528


【にじのこバザー(烏山地域)】

 にじのこは、支援や配慮を必要とする幼児・学童へのデイサービス事業、成人への自主事業、相談支援事業、児童・障がい者・高齢者への介護事業を行っています。毎年春と秋に、保護者交流と地域交流を目的として、バザーを開催しています。
@10月20日(木)、21日(金)、24日(月)、25日(火) 10時〜14時
Aにじのこ事務所401号室
Bご家庭に眠っている新品・未使用の秋冬衣類・雑貨・おもちゃ・食器・生活日用品など
C10月28日(金)・29日(土)10時〜15時半(小雨決行)
D烏山区民センター前広場
ENPO法人にじのこ
 電話1(プッシュホン)03‐5314‐2488
 http://nijinoko.jp/

【せたがやハウス チャリティバザー(砧地域)】

 国立成育医療研究センターの隣にある、ドナルド・マクドナルド・ハウスの活動拠点のひとつ「せたがやハウス(以下ハウス)」。ハウスは病気の子どもとその家族が利用できる滞在施設で、その運営は寄付や多くのボランティアに支えられ、バザーの収益はハウスの運営のために使われています。
@随時。事前にご連絡ください。
Aせたがやハウス
B新品・未使用の雑貨、食器、衣類、日用品
C10月20日(木)11時〜14時
D成育医療研究センター内
Eドナルド・マクドナルド・ハウスせたがや
 電話1(プッシュホン)03‐5494‐5534
  http://www.dmhcj.or.jp/jp-house/1536/

 ハウスではチャリティバザーのほかに、物品寄付のサポートも呼びかけています。リストをご覧の上、ご提供いただける品物がありましたら、事前にハウスにお問合せください。

せたがやハウス“WISH LIST”
http://www.dmhcj.or.jp/jp-house/1536/


【憩いの家チャリティバザー】
 事情があって家庭では暮らせない10代の子どもたち(概ね15歳〜19歳)が、働いて自立を目指す、自立援助ホームです。売り上げはすべてホームの運営費となります。
@品物は随時募集。事前にお問合せください。
A青少年と共に歩む会
B食器、手芸品、壺、衣類(洗濯 済みのもの)、靴、アクセサリー、鞄、タオル、シーツ、羽布団、和服、本・CD・DVD
 新品か新品相当のものがありがたいです。(世田谷区近郊の方は引き取り応相談)
C秋のバザーは9月26日〜28日に終了しました。次回は5月予定。
D世田谷区民会館(予定)
E社会福祉法人青少年と共に歩む会
 電話1(プッシュホン)03‐3424‐3313
 http://ikoi-setagaya.jp/


【0円マーケットくるくるひろば(北沢地域)】
 くるくるひろばはお金を介さない、ご近所同士の不用品交換所。ユニークな新しい取り組みとして注目されています。
 「世の中モノが多すぎない? 捨てたり買ったりする前に、ご近所みんなでシェアしてみよう」と呼びかけ、始まりました。羽根木プレーパークで開催してきましたが、2016年4月からは東松原と豪徳寺の2か所で、無料の不用品活用スペースを運営しています。ぜひ一度訪ねてみては。

kurukur.jpg
店の軒先まで品物がびっしり。ご近所さんとの会話もはずみます。

@A東松原駅前 常設くるくる店舗 毎日10時〜18時(雨の日は閉店)。
 豪徳寺駅そば 常設くるくる棚 月曜〜金曜10時〜17時(土日閉店)。
B服、食器、文具、雑貨、まだ使えるモノを、自由に持ち込み、持ち帰りできます。予約は不要。 手ぶら参加も歓迎。
Eくるくるひろば代表 伊藤
 電話1(プッシュホン)080‐4063‐0744
 http://ameblo.jp/millionseasons/


◆提供するときのマナー

 このほかにも各地域でさまざまな団体がバザーを開催しています。提供品を集めている団体は、バザーで活用するために集めています。まだ使えるといってもなるべく状態のよいものを提供し、汚れのあるものは出さないようにしましょう。また、モノの集まり具合によっては予定より早く募集を締め切ることもあります。持ち込んだり送る前に、一度問い合わせをして確認するといいですね。


◆エコな生活をめざして
 これを機に、そもそもモノがあふれている生活を今一度、見直してみませんか? 「もったいない」から、必要以上に「もたない」生活へ。     
(編集/事務局)
Posted by setabora at 11:43