CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
セボネ9月号キラリ世田谷人「山田紀子さん」 [2016年09月01日(Thu)]

キラリ世田谷人は、世田谷を中心に活躍するキラリと光る素敵な方がたをご紹介します。

同じ悩みをもつからこそできること
山田 紀子 さん

yamada-san-06.jpg


 世田谷区の「身体障害者相談員」は、区長の委託を受けて障害のある人や家族からの相談にのる民間の協力者。相談員自身もみな障害を抱えており、山田紀子さんもそのひとりです。
「私はサルコイドーシスという皮膚や臓器に腫瘍ができる難病の患者です。区から相談員にとお話があり、あらためて勉強する機会をいただいたと思ってお引き受けしました」と山田さん。さまざまな講座を受けたり自分なりに資料を読んだりし、今年4月、相談員として区のホームページに紹介されると相談の電話がかかってくるようになりました。

「体の状態や生活のようすをお聞きし、介護認定やあんしんすこやかセンターのご紹介などもします。私にお話されるだけで満足なさる方もおいでです」といいます。「原因も治療法もわかっていない難病の患者は、先が見えないなど特有の不安もあり、同じ悩みを持つ難病患者と共感できるだけでも少し気持ちが楽になるのかもしれません」

 クラシックバレエや器械体操など体を動かすことが大好きだった山田さんは、40歳を過ぎてもバク転をして子どもたちを喜ばせるほどパワフルだったとか。パートナーの転勤で各地を転々とするようになってからも、何らかの形で子どもや教育、医療などに関わってきました。

 発症したのは約10年前。息子が小学5年生の時で、耐え難い痛みや倦怠感が続きました。このまま仕事が続けられなくなったらきっと家に引きこもってしまう。少しでも外に出ていくことを考えよう、と山田さんは、傾聴講座や高齢者の昼食会活動、地域での生活支援などに参加し、その中でさまざまな人と心を通わせてきました。

「ボランティアじゃないの。出会いを求めていくうちにお友だちになって、私の方が元気にさせてもらっているの。病気になったからこその出会いね」とほほ笑む山田さんですが、入退院を繰り返すなかでの活動には想像を超えるものがあることでしょう。家事などでもできないことは増えたけれど、いつも家族に支えられているという山田さんは、相談者にこんな言葉をかけています。
「一日でも長く生きていれば、いい治療法が見つかるかも。それまで楽しく過ごしましょうよ」と。
(取材/編集委員 家井雪子)
Posted by setabora at 17:38
セボネ9月号まちの市民力「よみきかせボランティア 藤の会」 [2016年09月01日(Thu)]

「まちの市民力」は、街の中で地域やそこで暮らす人たちと一緒に活動している団体を紹介します。

よみきかせボランティア 藤の会

hujinokai.jpg

 絵本のよみきかせというと、子ども相手のイメージが強いですが、藤の会では高齢者施設で出張よみきかせをしています。
「『絵本って子どものものでしょ? なんで高齢者に?』とよく言われるのよ」と話すのは代表の鎮目邦子さん。「でも絵本ってね、すごく深いの」

 さかのぼること7年前。もともと子ども向けに絵本のよみきかせをしていたところ、よみきかせには高齢者の認知症予防にも効果があると知りました。
「自分もいずれ誰かのお世話になるでしょ。だから元気なうちに地元で何か役に立つことをしたいと思ってね」それなら自分でやってみようと思い立ち、はじめはたったひとりでのスタートでした。徐々に仲間を集めて、藤の会を結成。現在は砧地域を中心に5ヵ所の高齢者施設で月1〜2回、よみきかせをしています。

 聴き手の方々は平均年齢が80代後半から90代のことも。「ここの施設は男性もいるから、この本にしようか」と行く先々の施設にあわせて読む本を選びます。また、絵本をただ一方的に読むのではなく、紙芝居を交代で読んでもらったり、季節の歌をいっしょにうたったり、クイズを組み合わせて、聴き手の方が声を出して楽しく参加してもらえるよう、毎回プログラムを工夫しています。

 図書館で超大型の絵本を借りてきたり、模造紙で歌詞カードをつくったり、紙芝居セットを自転車で運んだり、とかなり体力勝負です。よみきかせは聴き手に本を見せながら、読み手は横から見て読むので、時々うっかり読み飛ばしてしまうこともあるとか。「本当はいけないんだけど、だんだんと活動しているほうもシニアだし、心が伝わればいいんじゃないかなと思うようになって」と。6月から始まった初心者講習会には7名の方が参加して勉強しています。

 おもしろい、つまらないの表現がダイレクトな子どもと違って、高齢者は老いや病気ゆえに口数が少なく表情が乏しかったり、気をつかって「みんなおもしろかったよ」とあたりさわりのない感想で、本当の気持ちをつかむことが難しいといいます。「まだまだ勉強中」と謙虚な鎮目さん。いつか「今日は○○の本のここがおもしろかったよ」といってもらえるようなよみきかせを目標に、試行錯誤をつづけています。
(取材/事務局)

よみきかせボランティア 藤の会
電話 03-3482-3516 鎮目(しずめ)まで
Posted by setabora at 17:32
セボネ9月号特集「「思春期の性」を考える 〜せたがやチャイルドライン公開講座より〜」 [2016年09月01日(Thu)]

「思春期の性」を考える

〜せたがやチャイルドライン公開講座より〜

 せたがやチャイルドラインでは、子どもからの電話を受けるボランティア「受け手」の養成講座のなかで毎年『思春期の性』について、村瀬幸浩先生からお話を聴く機会を持っています。
 7月9日に開かれた公開講座では、特に「男子の性」に焦点を当てたお話をうかがいました。思春期のみならず、「性」を人間の生きる「生」と考える上で大変興味深い内容でしたので、講演の内容を一部ご紹介したいと思います。


◆性と生のあり方を学ぶ

 チャイルドライン支援センターによると、2015年度に全国のチャイルドラインで受けた、会話の成立した電話のうち、男子の主訴の事柄の第1位は「性への興味・関心」でした。男子では小学校高学年から「身体に関すること」「性への興味・関心」が増えはじめ、身体の変化への戸惑いや不安の電話が少なくありません。

『2016チャイルドライン支援センター年次報告』より抜粋
■電話のかけ手の性別・年齢
graf-2.jpg
  
■主訴の事柄(多いもの10項目)
syuso-men.jpg

 元一橋大学講師で、「"人間と性"教育研究会協議会」幹事の村瀬幸浩さんは、長年、高校の保健体育教員として「人間の性を学ぶことはまさに人が生きることにかかわること」という「セクシュアリティ(性と生のあり方)」の考え方を伝えてきました。その後、一橋大学や津田塾大学などでも大学生に「ヒューマンセクシュアリティ(人間の性)」を説き、全国各地で講演活動を続けてきました。思春期の性だけでなく、パートナーとの豊かな関係を紡ぐ大切さ、学校現場での取り組みの必要性などを伝えてきました。

murase-san.jpg
講師の村瀬幸浩さん

 「男子の性」について考える機会として、公開講座での村瀬さんのお話に耳を傾けていただければと思います。

◆自らの性を肯定的にとらえる 
 
 これまで性教育というと女子の性だけが取り上げられ、男子の性は軽視されて、教育のテーマにされてきませんでした。性の問題はその人の生や関係性に大きくかかわる問題であるにもかかわらず、男子の性についてまともに学ぶ機会がないのが現状です。そういう状況は、パートナーである女性の人生をも傷つけているといえます。男と女がいたわりあって、「柔らかな関係」を楽しみ合って人生を生きている男女は極めて少ないのが現状です。自らの性を肯定的にとらえないままで、相手との「柔らかな関係」は築くことはできません。私は長年、男が変わらなければ関係が変わらないといってきました。

 男子は自らの性について学ぶ機会がないまま、中学生くらいになって精通が始まると、汚い、ウミが出たとびっくりする。私は大学で男子の性について授業をしてきましたが、男子学生に聞くと、約3割が性的成熟をネガティブにとらえていることがわかりました。
「自分はおかしいんじゃないか、病気じゃないか」と感じたり、一方で快感を感じてしまうことに「いやらしい」と感じたり、自分の性に対してネガティブなイメージをもっています。学生に授業をすると「目の前がぱっと明るくなった」と本当に喜んでいた。「今まで誰にも相談できず、自分は不潔だと思い込んでいた」と。自分の性をポジティブに思っていない、これは大問題です。「もっと早く知りたかった」という感想もありました。

 昔から「生まれる」ことは価値あることとして、産む女の体は大事にしようと月経の教育は家庭で行われてきました。知っているから、女子は月経が始まってもびっくりしないで迎えることができる、知らなかったら大変ですよね。そうやって自分の体、自分の性と正対することが大事なんですよ。

 しかし、果たして女性も自分の性を肯定的にとらえることができているでしょうか。大人たちはどれだけ子どもたちに自分の体を大事にすることを教えているのか。月経痛を苦痛と感じてマイナスのイメージをもっているでしょう。しかし実は男子だって精通のときに複雑な感情をもっている、という話を女子学生にしたところ、「生理は月1回だから我慢できるけど、男の人は日々、女性よりももっと自分の性に立ち向かわないといけないということがわかり、男の人も大変だなと親近感を持つようになった」と言っていました。そうやってお互いの性を知って、お互いをいたわりあっていけばいい。そういうことが性を学ぶ力なんだと思います。

 性の問題は2人にとっていちばんプライベートな問題でしょう。こういうことをきちんと話せるかどうかが、2人の関係の質を決定的に変えます。お互いの性を学ぶこと、そして自己表現すること、そのことが男女の関係の根本をかえていくと思います。


◆自己肯定感を育てることが 子どもの性を育てる

 家庭で子どもの性を育てるというと、赤ちゃんがどこから生まれるか、とかいうことにお母さんたちの関心は向きがちです。そういう話も大事ですが、性を育てる一番の核心は「自己肯定感」。自分の存在は価値がある、意味がある、という気持ちを育てることです。「自分が自分であっていい」と思えることが他人を大事にする原点。

 逆に自己肯定感が低く、「自分なんか価値がない」と思ってしまうと、他人に対して優しい気持ちを持つことが難しい。子どもの頃から暴力にふれていると暴力への親和感をもち、気に入らなければ殴ってもいいと学んでしまう。愛も暴力も、本能ではなく、学習によって身につけていくんです。なぐる、蹴る、つねるなどの行為をうけると、自己肯定感が下がり、人に対する憎しみや恨みを積み重ねます。その鬱屈感がやがて自分よりも力が弱いものにむかっていく。力がある子はいじめに、力がない子はひきこもりにむかっていく。いじめもひきこもりも根っこはひとつ。鬱屈が外にむかうか、内にむかうかです。
 自己肯定感を育むことが性のあれこれを教える基盤なんです。安心して触れ合う心地よさを味わう関係でないと、親子で性の話なんてできっこないですよ。


◆相手を尊重する関係づくり

 乳幼児期は身体的な肌のふれあい、思春期を境に精神的な心のふれあいが重要になります。思春期以降の自己肯定感を育てるには、ほめる、うなづく、ねぎらう、よく聞く。乳幼児期は肯定的な肌のふれあいができている親でも、思春期以降は子どもに対して嫌味や皮肉を言ったり、否定的なふるまいをしてしまう人も少なくない。教師と生徒の関係でも同じ。あえていえば夫と妻も同じですね。夫婦の間でも、うなづく、ほほえむ、やっていますか? 

hureai.jpg

人との関係づくりで相手を尊重するのはとても大事なことです。ただ聞く(hear)のではなく、傾聴(listen)。相手の心のひだに寄り添って、共感したりうなずく。そういったことが相手を思いやる人間関係を育てるんです。性教育はそういう意味では心の教育。身体のあれこれを教えるだけが性教育ではない。このことをぜひわかっていただいて考えてほしい。

 また、男の子にも性被害がある、ということを知っていますか。小さい頃は親や大人から、中学生くらいになると同年代から。友達の前で辱められるのはいじめでなく、虐待です。男子が自殺にいたる事件には、セクシュアルな問題が背景に隠れているといわれています。男子が助けを求めたところで、「男のくせに黙ってやられてたのか」とか「殴り返せ」という親がいる。教師もまもとにとりあわない。レイプは魂の殺人といわれますが、それは男も同じです。虐待は人権侵害だときちんと教えないといけないと思います。

ijime_boy-50.jpg


◆子育ての終わりは子別れ

 思春期以降は体のなかで革命が起き、男女で機能が違ってきます。男子の性の機能の始まりは射精からです。小学校3〜4年生になったら父親が徐々に教えてあげてほしいですね。父親がいなければ、子どもが読んでわかる本を与えて、知恵をつけさせるといい。機能が変化するということは女性を妊娠させる力をもつということ。心のありようを大きく変えていきます。

一般的に母親から離れ、親子の間に境界ができ、自分の世界をつくってそこでさまざまな葛藤を始める。親の引力圏から抜け出て、違うパートナーと新しい関係をつくる、親との関係を断ち切るのが必修課題なんです。自分が選んだパートナーとやっていくんだという覚悟。それがないと、妻よりも母親との関係を大事にしてしまい、自立できない。そういう意味では、愛着は息子の自立を損ねるのでこの時期は意識的に親子が離れないと危ないと思います。

 だから、「子育ての終わりは子別れ」と私は言っています。いつまでもいっしょにいるのは子育ての失敗と思ったほうがいいかもしれない。子どものほうから決別していくエネルギーも必要。そうやって離れていくことを親が認めていく。子どもなしでも生きていける、そのためには夫との関係や社会との関係が重要になってきます。子育ての終わりは、親は孤独になります。そのときに夫婦の関係があらためて問われるんです。

 いろいろ話しましたが、自分の体の主人公として性の問題を考えていくことが大事だと思います。相手の人生にもかかわる重要な問題でもあります。性をいやしむのではなく、男も女もお互いの性を学んで、ひとりの大人として、子どもに語れるようであってほしいと思います。
(まとめ/事務局)


Posted by setabora at 17:12
ボランティア情報誌「セボネ9月号」を発行しました  [2016年09月01日(Thu)]

sevone201609-image.jpg

★9月号表紙 本多絵美子さん(木彫刻家)

【今月の掲載記事】
★特集「「思春期の性」を考える 〜せたがやチャイルドライン公開講座より〜」
7月に実施した公開講座で、「思春期の性」、とりわけ「男子の性」について、“人間と性”教育研究会協議会の村瀬幸浩さんに講演していただきました。そのときの内容の一部をご紹介します。

★まちの市民力「よみきかせボランティア 藤の会」
子ども相手ではなく、認知症予防効果があるといわれている、高齢者に対して絵本のよみきかせを続けているグループです。

★キラリ世田谷人「山田紀子さん」
自らも難病を患いながら、身体障害者相談員として、難病に苦しむ人を支えている山田さんにお話をうかがいました。

世田谷ボランティア協会の情報誌「セボネ」は、
区内の図書館や区民センター、出張所・まちづくりセンターなどでも配布しています。

なお、情報誌「セボネ」はボランティアの編集委員が企画・取材して制作しています。
ボランティア募集、イベント告知など、みなさまからの情報を集めていますので、
ホームページの投稿フォームから情報をお寄せください。
http://www.otagaisama.or.jp/usp_form/toukou
Posted by setabora at 17:05