CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
セボネ10月号キラリ世田谷人「大谷 尚子さん」 [2016年11月01日(Tue)]

キラリ世田谷人は、世田谷を中心に活躍するキラリと光る素敵な方がたをご紹介します。

「あなたが大事」を伝えつづける 
大谷 尚子さん

otani-san-svn.jpg

 福島の子どもたちに世田谷で外遊びを楽しんでもらおうというプロジェクト「ふくしまっ子in世田谷」のボランティアの中にいつからか大谷さんの姿がありました。

 最近、『「あなたが大事」の伝えかた』という本を出版しました。東大医学部保健学科を卒業して3年間、国立の男子校で養護教員、その後茨城大学の教員に。「養護の実践の根拠=学問体系があるはず」と「養護学」を提唱し、多くの養護教員を育ててきました。

 一方で、小児科医の山田真さん・毛利子来さんを編集代表とする雑誌『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』(※)の編集にかかわって約20年。そうしたキャリア、そして家庭人として自ら関わった老人介護、3人の息子の子育てやPTAの経験を経て「すべては養護につながる」と実感。
 1990年頃から「保健室登校」が社会的に注目され、からだ・ことばのやりとりを通じて、一人ひとりの子どもとの関係を育み、「養護」(養い護る)する「保健室の先生」は学校で不可欠な存在となりました。

「子どもに対して先回りをして教え込むことではなく、安心してヘルプサインが出せるような雰囲気をつくることが大事。子どもは答えを持っているのですから。子どもが知りたい、相談したいと思った時に、一緒に考え学んでいきます。それが養護教員の仕事です」。

うかがっているうちに、これは子どもの電話「チャイルドライン」にも通じ、ひいては人生すべての場面に通じる言葉だとあらためて思います。

 大学を辞められた今、自宅を「養護実践研究センター」とし、「自分のもっている力が役立つなら、子育て中の方々や養護教員を応援したい」という大谷さんのスタンスは「養護」そのままです。

 東日本大震災で居ても立ってもいられない気持ちになっていた時に、宮城の養護教員たちが「保健室のあねさん」という支援チームを立ち上げ、声をかけてくれました。石巻で「ちょこっと遊ぼう」というイベントを毎月1回開催し、もう70回近くになります。
今では、なごみカフェ、物づくりコーナー、ハンドマッサージ等があり、被災者・ボランティア計100人ほどが、ともに手づくりの昼食をいただきます。参加者が対等な関係になっているこの場にも「養護」が生きています。
(取材/編集委員 星野弥生)

※『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』(ジャパンマシニスト社)…大きいこと・強いことが一番、という価値観に疑問を投げかけている雑誌。

Posted by setabora at 15:48
せたがや災害ボランティアセンターレポート 7月〜9月の動き [2016年11月01日(Tue)]

■7月、国士舘大学・昭和女子大学と協定を締結
 災害が起きた際に、災害ボランティア活動の拠点となる『マッチングセンター』開設に関する協定を、7月26日に国士舘大学、7月29日に昭和女子大学とそれぞれ締結いたしました。日本体育大学とは昨年3月に協定を締結。各支所に1か所ずつ、計5か所の大学と協定を結ぶ予定です。

kokushikan-Lup-svn.jpg showa-Lup-svn.jpg


■中学・高校の教員向け研修を実施
 8月29日、昭和女子大学附属昭和中学校・昭和高等学校の先生方を対象にした防災に関する研修を行いました。前半は、東京湾北部地震の被害想定や災害時に大学に開設する計画のボランティアマッチングセンターについて講義を行いました。後半は、教室を『マッチングセンター』に見立てて、実際にマッチングセンターで行われる流れを模擬体験していただきました。

昭和教員A.jpg


■せたがや災害ボランティアセンターのホームページを開設しました
 http://www.saigai.otagaisama.or.jp/
 『せたがや災害ボランティアセンター』の活動の報告や、災害ボランティアに関する情報などを随時お届けいたします。また皆様から寄せられた情報も併せて届け、情報を充実させていきたいと思います。
 災害時にはここに情報を更新していく予定です。ぜひ一度ご覧ください。

saigai-svn.jpg


Posted by setabora at 15:37
セボネ10月号特集「「もったいない」からはじまる シェアする暮らし」 [2016年11月01日(Tue)]

「もったいない」からはじまる シェアする暮らし

 秋はバザーの季節。気候がよく、いろいろなところでバザーやフリーマーケットが開催されます。最近、本屋には「片付け」をテーマにした本が数多く並び、モノとのつきあい方を見直す風潮が高まっているようです。
 ついつい増えてしまうモノ。でもまだ使えるモノを捨てるのは「もったいない」。今回はそんなモノを活用する方法について考えてみたいと思います。

mottainai.jpg


◆モノの寄付で参加

 世田谷といえば、「世田谷ボロ市」が有名。約430年続くこのイベント、最初は古着や古道具などを持ち寄ったことから「ボロ市」という名前がついたとされています。今では骨董品のほか、植木や着物、古本など約700以上の店舗が軒をつらね、掘り出し物がたくさんあります。

 一方で、バザーはリサイクル啓発とともに、さまざまな団体の運営資金集めの方法として、各所で開催されています。バザーのためにモノを寄付するというのは、比較的ハードルが低く、参加しやすい方法です。引越やお片付けブームで、捨てるにはもったいない不要品を前に、「どこかの団体に寄付したい」と思っている方のために、物品寄付を集めているいくつかの団体をご紹介します。提供先の選択肢としてお役立ていただければと思います。


◆品物を寄付したい人のためのバザー情報

《凡例》@提供受付期間、A提供場所、B集めているもの、Cバザー開催日時、Dバザー会場、E問合せ先

【リサイクル市(世田谷地域)】
 世田谷ボランティア協会は民間のボランティア活動推進機関で、世田谷ボランティアセンターと区内3カ所のボランティアビューローを運営しています。ボランティア活動希望者や、ボランティアの協力を求める方の相談に応じ、地域の「おたがいさま」の関係づくりの橋渡しをしています。

@通年随時。開館時間は火曜〜金 曜10時〜22時、土日は10時〜20時。月曜・祝日休館。
A世田谷ボランティアセンター
B衣類(洗濯済みで季節に合ったもの)、子ども服、アクセサリー、カバン、靴、食器類、贈答品(石けん・タオル・シーツなど)、着物、きれいなぬいぐるみ
C11月17日(木)10時半〜14時(次回は2月23日(木)。年4回開催)
DE世田谷ボランティアセンター
 電話1(プッシュホン)03‐5712‐5101


【代田ボランティアビューローバザー(北沢地域)】
@10月8日(土)〜15日(土) 10時〜16時半
A代田ボランティアビューロー
B秋冬物衣料(洗濯済みで新品に近いもの)、贈答品、着物、バッグ、アクセサリー、食器。
C10月28日(金)・29日(土) 10時半〜14時(29日は13時半)
DE代田ボランティアビューロー
 電話1(プッシュホン)03‐3419‐4545


【玉川ボランティアビューローバザー(玉川地域)】
@2月のバザーに向けて、12月にも3日間だけ受け付けます。
 12月8日(木)〜10日(土) 10時〜16時半
A玉川ボランティアビューロー
B新品または新品同様の婦人服、 子ども服、バッグ、アクセサリー、靴、贈答品、食器、雑貨
C2月24日(金)、25日(土)10時半〜14時(予定)
DE玉川ボランティアビューロー
 電話1(プッシュホン)03‐3707‐3528


【にじのこバザー(烏山地域)】

 にじのこは、支援や配慮を必要とする幼児・学童へのデイサービス事業、成人への自主事業、相談支援事業、児童・障がい者・高齢者への介護事業を行っています。毎年春と秋に、保護者交流と地域交流を目的として、バザーを開催しています。
@10月20日(木)、21日(金)、24日(月)、25日(火) 10時〜14時
Aにじのこ事務所401号室
Bご家庭に眠っている新品・未使用の秋冬衣類・雑貨・おもちゃ・食器・生活日用品など
C10月28日(金)・29日(土)10時〜15時半(小雨決行)
D烏山区民センター前広場
ENPO法人にじのこ
 電話1(プッシュホン)03‐5314‐2488
 http://nijinoko.jp/

【せたがやハウス チャリティバザー(砧地域)】

 国立成育医療研究センターの隣にある、ドナルド・マクドナルド・ハウスの活動拠点のひとつ「せたがやハウス(以下ハウス)」。ハウスは病気の子どもとその家族が利用できる滞在施設で、その運営は寄付や多くのボランティアに支えられ、バザーの収益はハウスの運営のために使われています。
@随時。事前にご連絡ください。
Aせたがやハウス
B新品・未使用の雑貨、食器、衣類、日用品
C10月20日(木)11時〜14時
D成育医療研究センター内
Eドナルド・マクドナルド・ハウスせたがや
 電話1(プッシュホン)03‐5494‐5534
  http://www.dmhcj.or.jp/jp-house/1536/

 ハウスではチャリティバザーのほかに、物品寄付のサポートも呼びかけています。リストをご覧の上、ご提供いただける品物がありましたら、事前にハウスにお問合せください。

せたがやハウス“WISH LIST”
http://www.dmhcj.or.jp/jp-house/1536/


【憩いの家チャリティバザー】
 事情があって家庭では暮らせない10代の子どもたち(概ね15歳〜19歳)が、働いて自立を目指す、自立援助ホームです。売り上げはすべてホームの運営費となります。
@品物は随時募集。事前にお問合せください。
A青少年と共に歩む会
B食器、手芸品、壺、衣類(洗濯 済みのもの)、靴、アクセサリー、鞄、タオル、シーツ、羽布団、和服、本・CD・DVD
 新品か新品相当のものがありがたいです。(世田谷区近郊の方は引き取り応相談)
C秋のバザーは9月26日〜28日に終了しました。次回は5月予定。
D世田谷区民会館(予定)
E社会福祉法人青少年と共に歩む会
 電話1(プッシュホン)03‐3424‐3313
 http://ikoi-setagaya.jp/


【0円マーケットくるくるひろば(北沢地域)】
 くるくるひろばはお金を介さない、ご近所同士の不用品交換所。ユニークな新しい取り組みとして注目されています。
 「世の中モノが多すぎない? 捨てたり買ったりする前に、ご近所みんなでシェアしてみよう」と呼びかけ、始まりました。羽根木プレーパークで開催してきましたが、2016年4月からは東松原と豪徳寺の2か所で、無料の不用品活用スペースを運営しています。ぜひ一度訪ねてみては。

kurukur.jpg
店の軒先まで品物がびっしり。ご近所さんとの会話もはずみます。

@A東松原駅前 常設くるくる店舗 毎日10時〜18時(雨の日は閉店)。
 豪徳寺駅そば 常設くるくる棚 月曜〜金曜10時〜17時(土日閉店)。
B服、食器、文具、雑貨、まだ使えるモノを、自由に持ち込み、持ち帰りできます。予約は不要。 手ぶら参加も歓迎。
Eくるくるひろば代表 伊藤
 電話1(プッシュホン)080‐4063‐0744
 http://ameblo.jp/millionseasons/


◆提供するときのマナー

 このほかにも各地域でさまざまな団体がバザーを開催しています。提供品を集めている団体は、バザーで活用するために集めています。まだ使えるといってもなるべく状態のよいものを提供し、汚れのあるものは出さないようにしましょう。また、モノの集まり具合によっては予定より早く募集を締め切ることもあります。持ち込んだり送る前に、一度問い合わせをして確認するといいですね。


◆エコな生活をめざして
 これを機に、そもそもモノがあふれている生活を今一度、見直してみませんか? 「もったいない」から、必要以上に「もたない」生活へ。     
(編集/事務局)
Posted by setabora at 11:43