CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
セボネ12月号キラリ世田谷人「工藤恵子さん」 [2017年12月19日(Tue)]

キラリ世田谷人は、世田谷を中心に活躍するキラリと光る素敵な方がたをご紹介します。

児童館から「きぬたま」へ
子どもの育ちをささえる
 工藤 恵子さん
kudo-san2-hp.jpg


 工藤さんの40年以上にわたる児童館人生は、ひょんなところから始まりました。大学の社会福祉学科を卒業し、そのまま1年間研究室に助手として在籍。「勉強は向いていないなあ」と思って受けた東京都の職員採用試験に受かり、世田谷区への赴任が決定したのが3月の終わり。4月1日からの勤務先がたまたま、船橋児童館開設準備中の児童課でした。

「子どもと遊ぶなんて向いていない」と思っていたのに、常勤職員は新米の自分ひとり。助けてくれたのは地域の方たちで、一緒に「どんな児童館にしたいか」と必死で考えました。「あの頃は23区全体で、子どもに向き合うために、子どもの『命』とか『生きる』といった本質的なことも論議していたんです。今もそれが糧になっています」

 児童館によく来ていた子どもが学校で問題を起こした時にも「児童館で頑張っている子だから」という工藤さんの一言で、停学を免れたこともありました。時には就職のために推薦文を書いたり、子どもと一緒になって頑張り、子どもの力になりました。

 児童館を子ども主体の場にしようと、子どもたちと共につくってきた工藤さんですが、ある児童館の経験で大人がお膳立てし、子どもがお客様になってしまっていることに違和感をもちました。退職の時にたまたま家の近くに、地域の子育て支援の場「きぬたまの家」がつくられることになり、「子どもが主体になるためには幼児期の育ちから遊びをつくる場が必要。それをつくるのを最後のご奉公にしよう」と決め、理事として準備に関わりました。

 「きぬたまの家」は外遊びと親子をつなぐ屋根のある拠点、里帰りのように親子が遊びにきます。子どもの一時預かりもあり、お母さんたちはリフレッシュできます。月に一度は「夕ごはん会」や「宿題クラブ」も開催されます。歩いて3分の多摩川の河川敷のはらっぱには、プレーワーカーのいる「きぬたまあそび村」があり、自然の中での子どもの外遊びにつながります。

「児童館時代に関わった子どもたちがいまだにもめごとを持ち込んできますが、ここに工藤がいるからと訪ねて来てもらえる。子どもたちとは一生のつきあいかな!?」と嘆息する日々。「きぬたま」は工藤さんの今の居場所です。
(取材/編集委員 星野弥生)



Posted by setabora at 18:06
この記事のURL
http://blog.canpan.info/setabora-vc/archive/269