CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
セボネ11月号キラリ世田谷人「相沢祐司さん」 [2016年11月05日(Sat)]

キラリ世田谷人は、世田谷を中心に活躍するキラリと光る素敵な方がたをご紹介します。

休日は山登り ときどきボランティア
相沢 祐司 さん

aizawa-san.jpg

 ふだんは会社員としてお勤めしている相沢さん、いまやボランティアセンターのイベントに欠かせない名物ボランティア。威勢よく、わなげ屋さんを盛り上げて、子どもたちを笑顔にし、見ている人をも虜にしてしまう名人です。

 そんな相沢さんが地域に目を向けるようになったのは、2011年の東日本大震災がきっかけでした。「自分も何かしなくちゃ」と思い、ネットで調べて見つけたのがボランティアセンターとの出会い。2011年11月のボランティアバスに参加し、岩手県山田町に行きました。その時の街の様子は衝撃的で、いまでも忘れられないといいます。それから2013年3月のボラバス終了まで、計10回以上被災地支援にかかわりました。

「それまで地域のことには見向きもしなかったけど、このことをきっかけに地域のことを考えるようになった」と話します。「今ここで何か災害が起こったら地域はどうなるのかとか、自分に何かできることはないかと思って、動いてみようと思ったんです」

 地域の防災訓練や避難所運営訓練にも参加するようになり、ご近所の顔見知りも増えました。行動的な相沢さんは、その後も福島県浪江町の町の人にガイドしてもらって実際に現地を見に行ったり、昨年の茨城県常総市の水害支援にも参加してきました。

 今年も熊本地震や豪雨災害など各地で被害が出ました。それらの報道を「遠くの他人事としてみるのではなく、自分にも降りかかるかもしれない心配事として、少しでも関心をもつことが大切」といいます。しかし関心をもつ人は多くても、そこから一歩行動を踏み出すのはなかなか難しいこと。

 休日はもっぱら近郊の山登りに行くのを楽しみにしている相沢さんですが、「山登りと同じですよ」と話します。
「高い岩場でも、まずは足を一歩前に踏み出し、手を岩にかけることから始まる。一歩一歩小さくやっていけばおのずと前に進んでいく。ただ眺めているだけでは先には進めないですからね。少しずつでも動いていくことが大切なんじゃないかな」と。

ボランティアで地域とかかわることは、仕事などの日常生活から一歩離れて、自分自身を解放でき、いろんな発見ができるのだとか。「自分が楽しくないと、まわりも楽しくないしね」自然体で楽しむ姿勢がまわりを元気にしています。
(取材/事務局)
Posted by setabora at 15:52
この記事のURL
http://blog.canpan.info/setabora-vc/archive/219