CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
10日間の実習記録 [2016年08月31日(Wed)]
〈はじめに〉 
 今回、私はインターンシップの実習先として世田谷ボランティア協会を選びました。その理由は大きく分けて3つあります。一つ目は、人と接することが好きだからということです。二つ目は、今まで大学で学んできたパソコンのスキルをどれだけ生かせるか知りたかったからです。三つ目は、そもそもボランティアというものに興味があったからです。
 そこで、今回の実習を通して、センターの方々やボランティアの参加者と接することで多くの学びを得たいと考えました。特に、ボランティアセンターの活動にはどのようなものがあるのか、活動資金はどこから出ているのかなどを学ぶことを目的として実習に取り組みました。

〈主な活動内容〉 
 実際に行った主な活動は以下の通りです。
@ 区民まつり
A ナツボラ訪問
B 災害ボラセンナツボラプログラム
C ナツボラ報告会

@ 区民まつり
 インターン初日は馬事公苑で行われる区民まつりのオリエンテーションを行いました。オリエンテーションではボランティアとして参加する中高生、大学生にスライムの作り方を教えました。世田谷ボランティアセンターは、区民まつりの日にスライムとバザーを出店しています。今回、私はスライムの店を担当しました。接客する相手は小さな子どもですので、いかに楽しませながら作ってもらうかを考えながら接客しました。16時から21時までスライムをつくり続けて非常に大変でしたが、小さな子どもたちからたくさんの元気をもらうことができました。馬事公苑でやるのは今年で最後ということだったので、最後の年に参加できたことが嬉しかったです。

A ナツボラ訪問
 ナツボラ訪問では「老人給食協力会ふきのとう」に訪問しました。ここでは、買い物や食事作りが困難になった方へ、温かい家庭の味のお弁当をお届けするという活動を行っています。この活動では、お弁当をただ受け取るだけでなく、地域のコミュニティも広がるのでとても良い取り組みだと感じました。ここには中学1年生と大学生のボランティアの方がいました。ここで働いている方の平均年齢はとても高いのですが、2人のボランティアの方はとても打ち解けていて、非常に良い雰囲気で活動を行っていました。

B 災害ボラセンナツボラプログラム
 このプログラムには3日間参加させていただきました。主な活動内容は、世田谷区の災害対策について、マンホールトイレの組み立て、給水施設の見学、心肺蘇生講習、足湯の6つです。私は、センター側の人間として参加しましたが、私自身知らなかったことが多く、ほとんどボランティアの方と変わらない立場で参加していました。足湯では「ケアセンターwith」という施設へ行きました。そこには高次脳機能障害の方がいらっしゃいました。言葉がうまく出てこないという情報は事前に聞いていたのですが、いざ対面してみると、とてもお話上手な方がいたり、足湯が気持ちいいと喜んでくれたりと普通にコミュニケーションをとることができました。私たちが帰るときに別れが寂しくて泣いている方を見ることができたので、とても嬉しかったです。

C ナツボラ報告会
 ナツボラの報告会では、ナツボラの参加者がそれぞれの活動場所で学んできたことをグループで報告し合い発表するということを行いました。普段は大学でグループワークをやる立場なので、外側からグループワークを見るというのは非常に新鮮でした。私からいろいろアドバイスをすることもあったのですが、中学生にも分かりやすいように伝えるにはどのように言えばいいのかなどを考えながら話すことができました。報告会の最後に話す場をもらったのですが、大学でプレゼンを重ねているからかあまり緊張せず話すことができました。

〈まとめ〉
 今回のインターンシップでは様々な人から様々なことを学ぶことができました。10日間という短い実習期間の中で、様々な年齢の方と関わることができました。私よりも年下の人からは柔軟な発想や、学ぶことの楽しさを教えられました。また、高齢の方からはボランティアの重要性や、効率性など非常にためになる話を聴くことができました。このことから、様々な人と接することで、多くの学びを得ることができるということを改めて実感しました。
 パソコン作業では、入力作業を行った後に見直しをしたところいくつかの間違いを見つけました。間違えないように慎重に作業していたつもりだったのですが、間違いがあったので見直すということは非常に重要だと感じました。また、大学では学ばなかった技術を知ることができたり、忘れていたことを思いだしたりすることができました。
 ボランティアの事に関しては、活動資金をどのようにして集めているか、どのようなボランティアがあるのかも聞くことができたのでとても勉強になりました。ボランティアの種類としては「子ども」系のものが最も多いと聞きました。私は子どもが好きなのでもし機会があれば参加してみたいと思いました。イベント尽くしのとても充実した10日間を過ごすことができました。今回のインターンで関わった皆さんに感謝したいです。ありがとうございました。

産業能率大学 伊東貫太郎
Posted by setabora at 16:46
この記事のURL
http://blog.canpan.info/setabora-vc/archive/207