CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年05月12日

札幌の雪捨て場の雪を東京へ!

東京電力の福島原子力発電所が平成23年3月11日に発生した東日本大震災により被害を受け、首都圏の夏場の電力不足が懸念されています。

そこでNPO法人雪氷環境プロジェクトは、融けずに残っている札幌の雪捨て場の雪を首都圏へ運び、都内の老人福祉施設や東京中央卸売市場の農産物の低温保管に利用することを東京都へ提案しました。



5月12日現在、ご返答待ちで雪の冷熱を利用した冷房などが都内で実現するかどうかは、これからというところです。


〜雪山が首都圏民の命と食卓に守る〜
除排雪を活用した農産物の低温貯蔵について
この件は、2011年4月27日 日本経済新聞の首都圏版と北海道版に取り上げられ掲載されました。