CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2018.7.19富士山・シャクナゲツアー(中村俊彦講師) [2018年07月19日(Thu)]
農学博士・中村俊彦先生の引率により毎年開催している富士山ツアーは今回で4回目となります。これまでは秋の実施でしたが、今回は先生お薦めの富士山のシャクナゲを見学・観察するツアーをメインとして7月の開催です。
千葉シニア自然大学OB・在学生39名、一般参加2名、中村先生他スタッフ8名の総勢49名のバスチャーターツアーは、天候にも恵まれ、淡い桜色の「ハクサンシャクナゲ」の満開の花々を満喫した1日となりました。
富士山頂上を背景に5合目・奥庭荘そばでの集合写真
DSCN7112D.jpg
西洋シャクナゲとは異なり淡いソメイヨシノのような淡い桜色のハクサンシャクナゲはとても可憐な花のように見えます
DSCN7057a.jpg
富士山5合目パーキングから、5合目を水平に歩く「御中道」を約1時間30分、奥庭荘を目指すトレッキングコースには群生するハクサンシャクナゲが多く観られます。中央は解説する中村先生。
DSCN7056a.jpg

DSCN7061a.jpg

DSCN7064a.jpg

DSCN7066a.jpg

DSCN7067a.jpg

DSCN7077a.jpg
群生するハクサンシャクナゲはどこまでも続きます
DSCN7079a.jpg
雲に隠れたり、顔を見せたり頂上の風景は絶え間なく変わります。たまたま頂上がはっきりと・・・
DSCN7087a.jpg
5合目パーキングは大勢の外国人であふれていましたが、この御中道を歩く人々はまばらです。小学生の団体と出会いました。
DSCN7090a.jpg

DSCN7091a.jpg
中村先生は苔の専門家でもあり、溶岩で覆われた富士山に木々や花が咲くには苔が欠かせない役割を果たしていることを解説されます
DSCN7103a.jpg

DSCN7107a.jpg
富士山頂上をバックに集合写真(再掲)
DSCN7112a.jpg

Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
専門コース「自然と俳句講座」7月18日講義より [2018年07月18日(Wed)]

今回も作品5句を当季雑詠、内1句以上を兼題「登山、登山靴、登山小屋、ボッカ、ケルン」で提出、合計85句が集まった。

当日は読み合わせ・質疑応答・選句・披講・講評と行われたが、選句で選ばれた高得点句は以下の通り。

 なお、夏休み後の9月19日講義に向けての兼題は「落鮎・錆鮎」と一気に秋へと向かう。


俳句_夏登山ブログb.jpg


・音も無く追い越す歩荷長い影


・九合目きりりと結ぶ登山靴


・あな涼し苔の衣の石仏


・蚊遣火の灰の形で時知らせ


・山百合の蕾ふくらむ夜明けかな


・丸太橋渡るあしもと糸蜻蛉


・日盛やかすかに聞こゆ浪花節



Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
【専門コース「自然と俳句講座」6月20日講義】より [2018年06月20日(Wed)]
五七五_岩崎氏.jpg
毎回予め各自5句づつを投句し、講義当日は生徒数×5句を素材とします。

H30年度の生徒数は17名で、合計85句を素材として選句・披講・講評が行われます。6月期は当季雑詠ですが内1句以上を兼題「あぢさゐ、紫陽花(アジサイ)、四葩(ヨヒラ)、七変化(シチヘンゲ)」として行いました。平栗 瑞枝(ヒラグリ ミズエ)講師と受講生17名による選句で、好きな句や良かった句を10句づつ選んだ結果の高得点句・8句を以下にご紹介します。

・あぢさゐの色まだ浅き夜明けかな

・夏帽子ずらし蛇口へ口寄する

・あぢさゐや暖簾の藍も濡れそぼち

・ほの暗き露地にどくだみ雨にぬれ

・あぢさゐや短期となりし喜寿の妻

・軽鴨の子に道を譲りて一休み

・屋久島の手汲みの水や夏来る

・生垣に咲きてこぼれて七変化


続きを読む...
Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
7期生開講式&第1回講座(中村俊彦講師) [2018年04月12日(Thu)]
2018年4月12日(木)、10時より千葉市生涯学習センター3F研修室2にて、基礎コース7期生の開講式を開催。今年度の7期生は24名(男15人、女9人)で、54才〜79才の面々となりました。ご来賓には、県・自然保護課 井田 忠裕課長、中村 俊彦氏、東山 乾氏、金親 博榮氏、浅井 信氏の方々にご挨拶を戴きました。
飯田理事長の開講の挨拶
DSCN6449b.jpg

DSCN6451b.jpg
中村俊彦氏の「桜と富士山と日本人」と題する約1時間の講話では、突然変異で生まれた美人桜のソメイヨシノをクローン化し一斉に花を咲かせる話など興味深いものでした。
DSCN6456a.jpg
千葉自然学校の小松氏から、自然体験活動指導員のNEALリーダーについて説明を受ける
DSCN6465a.jpg

午後からは、第1回目の授業、中村俊彦先生の「千葉の自然環境@」の座学講座です。
DSCN6475a.jpg
・北と南の生物が出会う房総、・房総の三つの貝層物語、・豊かな生物多様性とトキ、・里山里海のすばらしさ、・房総の魅力の富士山、・植物に見る富士山と房総、・奥山富士山を取り込む房総の里山里海・・・について興味深い講義が続きました。
Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
H29年度6期生修了式(2018年3月8日) [2018年03月09日(Fri)]
午前の崎山 樹先生の「医学と健康」2回目の授業で全54行程の授業が終了しました。そして、午後からは6期生14名の「修了式」です。6期生の皆さん卒業おめでとうございます。5名の方が皆勤でしたが、学校都合で日程変更した授業を除くと半数の7名が皆勤でした。以下は修了式の様子と修了パーティの風景です。
飯田理事長の挨拶
DSCN6340b.jpg

DSCN6343b.jpg
修了書の授与
DSCN6347a.jpg

DSCN6351a.jpg
思い出のスピーチ
DSCN6353a.jpg
スピーチ代わりに紙切りの余技を披露
DSCN6354a.jpg
出来上がった・・・
DSCN6356a.jpg

修了パーティも賑やかに
DSCN6377b.jpg

DSCN6380b.jpg
6期生の皆さん、良い仲間たちと末永い付き合いを!!
Posted by 千葉シニア自然大学 at 23:33
動物学の基礎 [2018年02月08日(Thu)]
中央博物館での「動物学の基礎」講座、午前は駒井 智幸先生の「深海生物学入門」、午後は萩野 康則先生の「土壌動物入門ー身近な未知の世界ー」について講義とバックヤードの実験室の見学を行った。
中央博物館・講堂での駒井智幸先生の講義
DSCN6252a.jpg
世界の有人潜水調査船
DSCN6257a.jpg
深海動物のサンプル
DSCN6258a.jpg

      DSCN6265a.jpg

DSCN6261a.jpg
棚には沢山のサンプルが並んでいる
DSCN6268a.jpg

午後の萩野康則先生の「土壌動物入門」。土壌動物のあらまし、どんなものがいるのか、自然環境への役割などについて講義を受ける
DSCN6272a.jpg
ダンゴムシ、ミミズ、・・・・などなど身近には沢山の土壌動物が生息しています。土壌を改良してくれるものや、血を吸うヒル、嫌われ者の8本足の蜘蛛型類など多種多様です。
DSCN6277a.jpg
土壌動物が沢山生き残っている場所は自然が豊かな環境と考えられます。
Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
房総丘陵の地形・地質 [2018年02月01日(Thu)]
中央博物館・八木 令子先生の房総丘陵や日本の地形・地層全般について講義を受ける。「21世紀は自然災害の時代?」の視点で、最近の自然災害と地層の関連の話は説得力がありなるほどと思いました。
千葉市周辺の地層ジオラマで台地と谷地の解説をする八木先生
DSCN6226b.jpg
天災と自然災害は違う!・・・例えば、H26年の広島の豪雨による土砂崩れは、もともと土砂崩れが想定されている個所に住宅開発した行政判断の間違い・・・。地層を理解していれば起きなかった災害と言える!
DSCN6217a.jpg
地球のプレートを示した地球儀
DSCN6235b.jpg
嶺岡丘陵など千葉県の地層について解説を受ける
DSCN6242a.jpg
沖積(ちゅうせき)平野の地質と縄文海進について・・・2万年前と現在の房総半島
DSCN6243a.jpg
中央博物館内は、様々な切り口で房総半島の知識を誘発してくれます。65才以上シニアは入場無料。

Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
気象入門 [2018年01月11日(Thu)]
元気象庁札幌管区気象台長の古川 武彦先生の気象入門講座を受講。天気予報はどんな知識で、どのように行われているのか、気象観測の方法、「気圧」とは、風はどうして吹くのか、気圧と風の関係、低気圧・台風・竜巻の仕組み・・・などなど盛りだくさんのテーマであった。
水銀気圧計(フォルタン型)の仕組みを説明する古川先生
DSCN6192b.jpg
手に持っているのは「プロペラ型風向風速計」、机上は「転倒ます型雨量計」
DSCN6194a.jpg
高層気象観測用のラジオゾンデの観測方法の説明に納得し、落下したラジオゾンデの実物に触れ、気象観測の一端を知ることが出来ました。
DSCN6203a.jpg

Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
伝統の技を習う:正月飾り作り [2017年12月27日(Wed)]
JR君津駅より送迎バスで50分、君津亀山少年自然の家(君亀)で「伝統の技を学ぶ」授業で、正月飾りを作成します。キモは、左萎えの藁縄づくりですが、初めて取り組む人達には難しい実技となりました。午前中は、玄関でもどこでも飾れるオールラウンドの鳥居飾りを作ります。
出来上がった「鳥居飾り」を披露する面々
DSCN6188b.jpg
各自の苗の前で、君亀の村岡 宏樹先生とスタッフの皆さんから種々の正月飾りの講義を受けます
DSCN6142a.jpg

DSCN6147a.jpg
門松の飾りの草木について解説
DSCN6150a.jpg
村岡先生のお手本を見て、各自の作成が始まります
DSCN6155a.jpg
まず、藁を霧ふりし木づちで叩いて柔らかくします
DSCN6152a.jpg
スタッフの皆さんの指導もあり、皆さん鳥居飾りの形が出来たようで、飾りを付けていきます
DSCN6159a.jpg
うらじろ、だいだい、稲穂、へいそく・・・などを飾ります
DSCN6160a.jpg
お昼休みに修了書に使う記念写真を撮りました(一人欠席)
DSCN6167b.jpg
斜面でダンボール滑りに興じます
DSCN6170a.jpg
午後からは、藁で左萎えの藁縄づくりです
DSCN6174a.jpg
なかなか萎えません・・・先生・・・の声が多く出ます
DSCN6175a.jpg
お、出来た・・・ウーン難しいな・・・さまざまです
DSCN6179a.jpg
先生が見本の飾りを作りました
DSCN6181a.jpg
市販で買えばウン千円もするような先生作の飾りをじゃんけんでゲット
DSCN6186a.jpg
皆さん、先生作の飾りと自作の飾りを持って帰路につきました

Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
禅気功を学ぶ [2017年12月14日(Thu)]
気功家・各務 和男(かかみ かずお)先生による、「禅気功を学ぶ」について、講義と実技を受講します。各務先生は、1964年奉天で生まれ6才の頃より武術を習い、1980年来日。その後、全日本療術師の資格取得、江戸川区平井に中国気功センターを開設されています。この講座は、禅気功を通じて、気を体験し、更に生命を知る・・・禅と気功を取り入れた体操「健身気功」を体験します。
DSCN6079b.jpg
各務先生の紹介
DSCN6065a.jpg

DSCN6066a.jpg
各務先生
DSCN6069a.jpg
武術+太極拳+気功を合わせたものと説明を受け・・・習慣にすることが肝要と習う
DSCN6076a.jpg
この数分の実技は10Km のウォーキングに引き適する・・・(?)
DSCN6078a.jpg
基本の実技を伝授
禅気功実技1b.jpg

Posted by 千葉シニア自然大学 at 00:00
| 次へ
プロフィール

千葉自然学校 千葉シニア自然大学さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/senior/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/senior/index2_0.xml