CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年11月01日

仙台のNPO・まちづくりのこれまでとこれからを考える2時間半 せんだいCARESクロージングシンポジウム|12月4日(水)


こんにちは。
せんだいCARES事務局です。

すっかり更新が滞ってしまい申し訳ありません。

そして、突然ではありますがみなさまのご報告がございます。

東日本大震災以降、なかなか思うような活動ができずにいる一方で今後のせんだいCARESの在り方について実行委員を中心に話し合いを重ねてきました。

「つながることがまちのチカラになる」をキャッチフレーズに取り組んできました「せんだいCARES」でしたが、東日本大震災後の2012年2月にイベントを開催したものの、残念ながら現在は活動を休止しておりました。そのあいだ実行委員メンバーで話し合いを続け、震災後の被災地におけるNPOのめざましい活躍を目の当たりにし、NPO・企業・行政・地域の新たなつながりが見えてきた状況を踏まえて、せんだいCARES実行委員会を発展的に解散することにいたしました。

careslogo_red.jpg


そこで本年12月4日(水)に「せんだいCARES」の軌跡と成果を振り返り、これからのまちづくりを考えるシンポジウムを開催することとなりました。ぜひこれまでに関わっていただいたみなさまもご参加いただければ幸いです。

仙台のNPO・まちづくりのこれまでとこれからを考える2時間半

せんだいCARESクロージングシンポジウム


〇日 時:2013年12月4日(水)18:30〜21:00(開場18:00)
〇会 場:仙台市市民活動サポートセンター市民活動シアター
     仙台市青葉区一番町4-1-3 地下1 階
    (地下鉄「広瀬通駅」西5出口すぐ)
〇参加費:無料(要事前申込)
〇申 込:TEL・FAXまたは以下のメールフォームよりお申込みください。
     https://ssl.form-mailer.jp/fms/fa1c1948272411

〇プログラム

1. せんだいCARES これまでの軌跡
  NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター 代表理事 紅邑晶子

2. 講演「地元の人が地元を支える仕組みとは」
  NPO法人吉備野工房ちみち 理事長 加藤せい子さん

NPO法人吉備野工房ちみちとは・・・
古の時代から連綿と続く歴史と豊かな自然を背景として、様々な文化・人材を育んでいる岡山県総社市で、今まで受け継がれてきた地域資源を「吉備野ブランド」として確立していく活動を行っている。吉備野の持つ歴史や文化や自然などを生かしたまちづくりや、まちづくりに関連する市民活動を自ら行うだけでなく、それらを支援することを通じての魅力を高めることを目的に様々な事業を展開している。

3. パネルディスカッション「これからのまちづくりの展望」
  パネラー
  (株)一ノ蔵 代表取締役名誉会長 浅見紀夫さん
  仙台市市民局市民協働推進部 参事
  (公財)せんだい男女共同参画財団 専務理事 佐々木伸さん
  NPO法人ミヤギユースセンター 理事長 土佐昭一郎さん
  仙台市市民活動サポートセンター センター長 菊地竜生さん
  コーディネーター
  富士ゼロックス宮城(株)マーケティングサポート部 部長 小関裕さん

〇問い合わせ
せんだいCARES事務局(せんだい・みやぎNPOセンター内)
仙台市青葉区大町2-6-27 岡元ビル7 階 
TEL 022-264-1281
FAX 022-264-1209

主催:せんだいCARES実行委員会
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/903562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック