CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

仙台ダルクブログ

仙台DARCとは、薬物(アルコール)に問題を抱えた人たちが、もう一度健康な生き方を取り戻すために、様々なプログラムを取り入れた依存症の中間施設です。

ダルクは、北は北海道、南は沖縄、遠くはヨーロッパ(トルコ)にまで活動が広がり、現在では約60ヶ所の施設で、「今日1日」薬を使わない生き方を学んでいます。

仙台ダルク公式HPはこちらです。


<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
田中
同窓会 (06/05) 花上
人間味 (02/24)
マイ・バースディ (05/13) ツトム
ダルクはひとつのチームなんです (04/29) カツミ
ダルクはひとつのチームなんです (04/29) ノビ(旧:マサ)
東北関東大震災 (03/15) DMC ブミ
放蕩息子のその後 (12/16) DMC
歴史 (11/11) ツトム
FM ラジオ収録 (10/10) DMC
FM ラジオ収録 (10/07)
ダルクはひとつのチームなんです [2011年04月28日(Thu)]


仙台ダルクでは
8月20日(土) 第15回フォーラムを開催する
予定にしています。

節目の15回なので 色々プログラムを考えて
いましたが 会場である 仙台市シルバーセンター
が被災し 開館の目処がたっておらず
とても不安を感じています。

何とか開催したいと 祈る毎日です。

テーマは
『ありがとう』
〜ダルクはひとつのチームなんです〜
です。

ツトム
Posted by tsutomu at 11:45 | この記事のURL | コメント(2)
コメント
わざわざコメントありがとうございます。
あついコメントで、私もいささか緊張しております。

被災地のことを考えれば、私たちは不便にさいなまれただけですが、確かにこの50日間は足元が落ち着かない毎日でした。

ライフラインの復旧、生活用品の購入など震災前に戻りつつ、生活を送れるようになりましたので、今、被災地に何ができるのかと本日も被災地である東松島市などの避難所に行き、生の声を聴いてきたしだいです。

どんなことでもいいから、まずボランティアする、という考えもありますし、避難所では生活せず自宅で避難生活をおくる、なかなか声の届きにくい被災された方々へ、ピンポイントで支援させて頂くか、そんなことを考えたりしています。

まぁ、今日一日、あせらずあわてず自分たちの出来ることをやっていけたらな、と思っています。
また、ご連絡ください。

ツトム
Posted by:ツトム  at 2011年04月29日(Fri) 21:46
ダルクの皆、家族、支援してくださる皆さん、大震災は様々な形で影響を受けていますが、今日一日をのり越えなくては明日え繋がりませんね、日々、生きていること、生きることに対して改めて深く向き合い考える事でしょう。経験しなくては分かりませんが、あえて苦を望んだわけではありません、今まで生き、生活してきて良かった時を、振り返り繋ぎ逢わせられるよう生きたいです。
ダルクは無くてはならない存在です。苦しい思いを、一人でも取り除き薬物に対し苦しみを経験しない為にメッセージ送りつづけてください。
Posted by:カツミ  at 2011年04月29日(Fri) 21:01
プロフィール

特定非営利活動法人仙台ダルクさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/sendai-darc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sendai-darc/index2_0.xml