CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新コメント
北川
フォーラムの様子 (06/02)
hirakawa
フォーラムの様子 (04/28)
中野智志
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
中野智志
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
http://blog.canpan.info/send43/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/send43/index2_0.xml
当団体のメールマガジンを始めました。 こちらから登録できます。 購読開始はこちら!
解除申し込みはこちら!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ソーシャルビジネスセッション終了いたしましたハート
ジム・マンディバーグさんと一緒に考える 障がいのある人々が引っぱる社会起業!! [2010年11月22日(Mon)]
こんにちは太陽
北海道社会起業家ネットワークの新妻です。

私が通う大学の樽見教授が指揮をとり運営されているイベントの紹介をさせていただきます。
【社会起業や福祉】に興味のある方はぜひご参加されてみてはいかがでしょうかはてなキラキラ

1週間後にはまた別の社会起業関連のイベントを告知させていただきますので、そちらも宜しくお願い致します。





21世紀の社会で世界中から注目される社会起業。

その社会起業の最前線にいらっしゃり、世界トップレベルの教育を受けられる米コロンビア大学ソーシャルワーク大学院のマンディバーグ氏から、世の中を変える【社会起業】についてお話をききませんか?
マンディバーグ氏が着目する、障がいのある人々自らが中心となる【福祉】視点の社会起業についてのお話もお聞きいただけます。

そして、北海道が全国・世界に誇る社会起業家3名も集まりマンディバーグ氏とパネルディスカッションを行います。
豪華メンバーが集まるパネスディスカッションはそうそう聞けません!


以下詳細になります。


ジム・マンディバーグさんと一緒に考える
障がいのある人々が引っぱる社会起業!!


社会問題にビジネスで答えを出す社会起業が注目を集めています。ニューヨークに暮らすジム・マンディバーグさん(コロンビア大学ソーシャルワーク大学院助教授)は、サービスの受 け手である障がい者自らが社会起業の中心的な役割を果たす「当事者起業」の可能性に着目し ます。日本のNPOやソーシャルビジネス事情にも詳しいマンディバーグさんが、北海道の社 会起業家のみなさんと「新しい働き方」、「新しい社会の変え方」のデザインを考えます。ぜひ、ご参加ください。
実行委員長樽見弘紀(北海学園大学)

*基調講演者・ジム・マンディバーグさん略歴*
Dr. James M. Mandiberg, Columbia University
おもに精神障がい者サービス領域で米国カリフォルニア州やニューヨーク州での行政機関やNPOでのマネージャーやディレクターとしての長い実務経験を持つ。その後、学究に転身。ウィスコンシン大学ソーシャルワーク大学院助教授を経て、現在、コロンビア大学ソーシャルワーク大学院助教授。精神障がい者自立支援論や社会起業論で教壇に立つ。四国学院大学での教職経験や上智大学での客員助教授経験などを通じて、日本のNPO事情や社会起業事情にも詳しい。

【イベントの最新情報はコチラ→http://blog.canpan.info/jmsymposium/
____________________________________________________________________________
【日時】12月10日(金)18:30〜20:45(受付18:00から)
【場所】北海道医療大学札幌サテライトキャンパス
    (札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12階)
【参加費】1,000円(資料代含む、申込み先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。)
【主催】ジム・マンディバーグ氏北海道交流実行委員会
【プログラム】18:00〜受付
第1部 講演(18:30〜19:35)
[講演者]ジム・マンディバーグさん(コロンビア大学ソーシャルワーク大学院)
第2部 パネルディスカッション(19:35〜20:45)
[パネリスト]
・加納尚明さん(NPO法人札幌チャレンジド、札幌市役所)
・日置真世さん(NPO法人地域生活支援ネットワークサロン、北海道大学)
・向谷地生良さん(社会福祉法人浦河べてるの家、北海道医療大学)
・ジム・マンディバーグさん(コロンビア大学ソーシャルワーク大学院)
[モデレーター] 長谷川聡さん(北海道医療大学)

※このセミナーは「北方圏センター国際交流基金」の協力で開催されます。

【申込み・問い合わせ先】
特定非営利活動法人 北海道NPOサポートセンター
FAX: (011)299-6491
Email: infojm2010@gmail.com
※氏名・所属・Eメールアドレス・電話番号をご記入し、FAX又はEメールにて申込みください。

[問合せ先]
〒060-0906
札幌市東区北6条東3丁目 サッポロ63ビル6階
TEL: (011)299-6940
Think globally Act locally 〜世界観を持って北海道で活躍する〜 [2010年11月17日(Wed)]
Think globally Act locally 〜世界観を持って北海道で活躍する〜


を12月2日(木)に開催します!



※写真は、2010年2月に開催された「ハーバード社会起業大会」のものです。




11月29・30日に韓国で、アジア最大規模の社会起業の大会である
アジア社会起業フォーラム2010(公式HP: http://ases.bluechips.co.kr/ )が開催されます。


世界に大きなうねりをもたらしている社会起業。



北海道からアジア社会起業フォーラムにご参加される斉藤拓男様と石井宏和様が韓国から帰国2日後に、世界そしてアジアの最新社会起業の動向をお話していただくことになりました!


日本ではどこよりも早い報告会になるのではないでしょうか。



北海道でご活躍するお二方が、フォーラムに参加された感想、今後の北海道、日本を熱く語ります。

そしてお話を聞くだけでなく、参加者とスピーカーでディスカッションを行います。


最新の世界情勢を知った上で、自分たちは北海道でなにができるのか。



一緒に考えてみませんか。



世界を知る事で今まで見えなかったものが見えてきます。

また、グローカルイベントを開催するにあたり、
札幌に滞在している世界各国の外国人の方にも参加を呼びかけ、
世界と日本の双方向の視点から社会起業や北海道の今後についてディスカッションを致します。


札幌で社会起業の世界の動向を知れ、外国人の方とも意見交換できる数少ない機会です。

皆様のご参加をお待ちしておりますハート



◆◆イベント詳細◆◆
日時:2010年12月2日(木) 18:00-19:30(交流会参加の場合は20:30まで)

場所:札幌ビズカフェ(札幌市北区北7条西4丁目5-1伊藤110ビル2F)

テーマ:「Think globally Act locally 〜世界観を持って北海道で活躍する〜」

プログラム:17:30開場
       18:00開演
       18:05報告会
       18:35ディスカッション
       19:30-20:30交流会

スピーカー:
【斉藤拓男様】
■株式会社トライ・ビー・サッポロ・NPO法人札幌ビズカフェ理事北海道大学大学院法学研究科中退。平成16年から潟gライ・ビー・サッポロにて新産業系ベンチャー育成・広報支援業務、産学官連携促進業務に従事。平成21年度「北海道ITクラスターフォーラム」クラスターマネージャーとして、IT産業と他産業との連携、人材育成支援を行う。平成20年度からNPO法人札幌ビズカフェ理事。


【石井宏和様】
■合資会社Neeth最高経営責任者・NPO法人札幌ビズカフェ理事 
北海道大学法学部卒業。慶応義塾大学大学院経営管理研究科卒業。2007年合資会社Neethを設立し、北海道の企業の事業・会社の立上げや「事業再生」、「起業家型人材育成事業」、持続可能な「地域再生事業」に取り組み始める。現在は、新しい公共のあり方を、ビジネスの手法で実現する社会起業を課題解決型のプロジェクト開発、起業家型人材育成事業を通して行っている。


参加料:500円(交流会に参加される場合は別途500円かかります)

定員:30名

お問い合わせ:info@send43.org(受付担当:新妻)

主催:北海道社会起業家ネットワーク(SEND)

共催:合資会社Neeth
NPO法人札幌ビズカフェ(予定)

★お申込方法★
こちら( http://bit.ly/cePeXn )からお申し込みください。
※〆切2010年12月1日(水)18:00迄

※エントリーフォームから送信できない場合は、
【件名】12/2イベント申込
【本文】1.お名前(ふりがな)
2.ご所属
3.緊急連絡先(携帯電話など)
4.参加動機
5.どちらでこのイベントを知ったか
6.交流会参加の有無
7.ゲストへの質問
8.北海道社会起業家ネットワークのメーリングリスト登録の有無
をご明記の上、info@send43.org(担当:新妻)までご連絡ください。
後日、参加確認のメールを送らせていただきます。


※本セミナーは、社団法人札幌青年会議所ブルーアース基金助成事業の一環としておこなっております。
新しい合コンの行方・・・ [2010年11月14日(Sun)]
12日に開催いたしました、

social cafeのご報告をさせていただきます笑顔




11月1日・・・・

twitterでこのように北川が返信したことからスタートした、social cafe in札幌クローバー

『おもしろいです。北海道でもあればいいのに…ないならつくろうか。RT @canpan2009: 【希望RT】求む!ソーシャル系男子。11月26日(金)夜Socail Cafe開催!”新しい合コン”円卓会議 http://ow.ly/328dv』





ノリの良い山田さんのおかげで実現したこの企画。準備期間は10日間。

当日は、
参加者21名+山田さんが参加してくださりましたハート

まさかの男子15名・女子6名での合コン・・・・
女の子が少なめですみませんでした悲しい



学生と社会人は、半々くらいでした電球




内容は、こんな感じですヒヨコ

■第1部『みんなでトーク』 テーマ「少子化」

 ワールドカフェを用いました。
 各セッション25分、1チーム3〜4名とし、キーワードを提示して話していきましたびっくり
@ キーワード「子育てに対するイメージ」
A キーワード「イクメンのイメージ」
B キーワード「理想の子育てとは!?」
C ハーベスト・・・3回目までのトークを通じての「子育て」に対する気づき・想い・考えなどを共有

初対面同士とは思えないほどの盛り上がりを見せました笑顔

SENDスタッフも山田さんもびっくりです音量


ここで、ハーベストで出た意見をちょこっとご紹介星

・ 子供にやってほしいことは、まず自分がやってみます。
・ 日常あまり会話しない「子育て」という内容でしたので、とても勉強になりました。
・ みんな真剣ですごくおもしろかったので、またやりたいです。熱い議論が出来ました。
・ イクメンも大事だが社会で男性と女性が平等に育児に参加できるような制度を実施したいです。
・子供の育て方について自分と同じ意見の人がなんと全員でした。




■第2部『気の合った人たちで自由にトーク』

 子育てについて議論を続けたり、将来のこと、自分の仕事のことなどテーブルによって様々な話題がとびかっていました音符

最後に撮った集合写真ーーーハートハート



みんな打ち解けて仲良しになりましたよラブ


その後、学生を中心に2次会・3次会と続いていったのでした・・・




おそるべし学生パワー


おそるべし花金ダッシュ





次回は、11月26日に東京で開催です飛行機


北海道、東京とどんどん広がりを見せていきそうで
今後もすごく楽しみです太陽



参加者の皆様、山田さん、あがとうございましたまる


twitterのまとめはこちらです!
11月12日 social cafe開催! [2010年11月05日(Fri)]
”新しい合コン”円卓会議さんとのコラボ企画の緊急開催決定しました笑顔



今までになかった、1石3鳥の出会いの場に参加しませんか?




(以下、転載歓迎です。)

北海道社会起業家ネットワーク(SEND)”新しい合コン”円卓会議さんとのコラボ企画




肉食系女子とソーシャル系男子の出会いの場、いえ、協働の場として、
21世紀型の合コン「Social Cafe」を開催します!

これにセレンディピティを感じた、ソーシャル系男子&肉食系女子のみなさん、
ぜひご参加ください。


Social Cafe in 札幌

===========================

しあわせライフを目指す「肉食系女子」と
  しあわせ社会を目指す「ソーシャル系男子」が出会ったら!?
  〜合コンを超えた合コン、それが新しい合コンの形「Social Cafe」〜


21世紀の今、これからは世の中がよくなることと、
自分の幸せを同じ感覚で一緒に追及する行動や意識が
重要になってきます。


いみじくも、新しい公共宣言の中で「企業自身にとっても、
『経済的リターン』と『社会的リターン』の両方を追求していくことが
より必要になっていく」と語られているように、
個人が「恋愛的リターン」と「社会的リターン」の両方を追求していくことが
必要になってきています。


そのようなことを考えた時に、我々に出来ることは何でしょうか?
それが「新しい合コン」の形を模索する円卓会議の活動と、「Social Cafe」です。


20世紀の合コンが参加者の幸せを願って開催されていたものから、
21世紀の合コンスタイルはこれ!


わたし、あなた、そして、みんなの幸せをもとめる“Social Cafe”

男女の出会いから、日本を大きな愛で包む

恋愛×博愛=Social Cafe


【ここが違う!Social Cafe合コン】
1) 自動ローテーション方式で多くの参加者と自然に知り合える

2) 普段の合コンでは話せない話題もズバリ話して、本音もわかる

3) あなたも関係する「社会の課題」を気の合う人と解決できる?!


【こんなことを皆でトーク】
学生さんも社会人も、いろいろと大変ですよね。
世の中も、ちょっと暗い話題が多くって。

でも、こんな時だからこそ、楽しいことをやってみたい!
しかも、それが世の中をちょびっとでも明るく出来ることなら。

自分も楽しく、世の中のためにもなるアイデア。
そんなアイデアを考えるトークなんて、なんかすてき。

ここから生まれる出会いとアイデアがあなたと日本をしあわせにする!
あっ、この気持ちがソーシャルなのね☆

トークテーマは当日のお楽しみということで。

------------------------------------------------------------

日 時: 2010年11月12日(金) 19時〜22時

【第一部】19時〜20時30分 Social Cafeでみんなでトーク
【第二部】20時30分〜22時 気の合った人たちで自由にトーク
【第三部】あとは各々自由に(解散)


場 所:cafe ジミーブラウン http://www.jimmybrown.jp/cafe/index.html
(札幌市中央区南1条西4丁目GSビル2F)
参加費: 社会人:3000円 学生:2500円 
※アルコール・ソフトドリンク・軽食・おつまみ付


参加者: 女性→肉食系女子 男性→ソーシャル系男子(各10名)

参加申込: 参加申し込みはこちらから
※定員を超えた場合は参加出来ないこともありますので、あらかじめご了承ください。
※参加申し込み後、一両日以内に事務局より確認のメールをいたします。


主 催: ”新しい合コン”円卓会議
共 催: 北海道社会起業家ネットワーク 日本ソーシャルブログ協会
協 力: 日本財団CANPANプロジェクト 日本スイーツ協会

------------------------------------------------------------

※このセミナーは、社団法人札幌青年会議所ブルーアース基金助成事業です。
12/4 インターンシップフェア開催 [2010年10月27日(Wed)]
北川です。

12月4日にインターンシップフェアが開催されます笑顔



受け入れは、
北海道への熱い想いを持つ企業さんのようですハート

興味がある方は、ぜひ参加してみてくださいびっくり


充実したキャンパスライフを送りたい君へ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
自分の未来を、ここから創る。
★12月4日(土)春のインターンシップフェア開催★
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

どんな仕事をしたいのかわからない。
どの企業に就職したらいいのかわからない。
自分一人では、何も変えられないと諦めてしまいそう。

春休みを無駄にしたくない。
これからの学生生活をより充実したものにしたい。
今しかできないことをやりたい。

社会人の基礎を身につけたい。
就職面接で勝ち抜きたい。
北海道の未来を創る企業に出会いたい。

「自分に自信が持てない」なら
―本気でぶつかってみよう。
「自分の力を試したい」なら
―新しい事に挑戦してみよう。
「自分の強みと弱みを知りたい」なら
―今まで逃げていた自分と向き合ってみよう。

『自分を変えたい』―そう感じた今こそが
君にとって最大のチャンス。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
現在の自分を知って、半年後の自分を思い描く。
変えるのは、君のその一歩。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■春のインターンシップ開催概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
日  時:2010年12月4日(土)13:30〜16:40 開場13:00
会  場:TKP札幌ビジネスセンター カンファレンス5B
(札幌市中央区北3条西3丁目1-44
ヒューリック札幌ビル5階)
札幌地下街9番出口直結!
参加費:無料
定  員:100名
主  催:ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト
運営事務局:合資会社Neeth(ニーズ)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■Neethのインターンシップ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
Neethの手がけるインターンシップのプロジェクトは
繋がりの中で「人は育まれる」と信じ、関係性を
何より大切にしています。
大人も若者も隔てなく、目標に向かって
真剣に向き合うことで相互に影響を与え合い
終わりのない成長をもたらします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■インターンシップフェア当日プログラム
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
│13:00 開場
│13:30 開会
│     @合資会社Neethとは?
│     A春のインターンシップとは?
│     Bインターンシップの意義とは?
│14:00 ワークショップ
│        ―まずは自分自身を知ることから始めよう。
│15:00 インターンシップOBOG発表
│        ―君たちが引き出す成長体験。
│15:20 休憩
│15:30 受入企業の紹介 ― 君たちの挑戦の舞台。
│16:00 交流会
│16:40 終了

◇インターンシップの日程は、フェア当日に配布します!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■受入企業の紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇NPO法人札幌ビズカフェ 
―ソーシャルビジネスの担い手達を世界へ発信プロジェクト!

◇NPO法人スリーケア
―女性起業家の元でマーケティングプロジェクト!

◇NPO法人エコモビリティ
―人の繋がりをつくり続けるベロタクシーの
魅力発信プロジェクト!

and more!
その他、様々な企業やNPOにご協力いただいており、
インターンシップフェアで発表します!乞うご期待!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■過去のインターンシップ参加者
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
Foodlifework〜食べ物と命は切り離せない一つ〜

「働いた後の飯が美味い!」
こんな当たり前の事実を思い出させてくれたのは
Neethのインターンシップで、岩見沢の「ほのぼのふぁーむ」
に農業研修をさせてもらった時だった。

太陽を浴びながら働くのは、生きている実感が湧く。
農業は人の命を直接支える仕事だが、
自分もまた「誰かが作った食べ物に生かされている。」
ということを皮膚感覚で実感できた。(男子学生)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■お申込方法
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
【MAIL】
▼下記を記載の上、合資会社Neeth( nip@neeth.biz )
担当:高村まで送信!

◇件名に「12/4インターンシップフェア申込」
◇本文に@名前 A所属大学・学部 B電話番号
CMailアドレス(携帯&パソコン) D憧れの人
E今夢中になっていること F質問内容 

【FAX】
▼インターンシップフェアのチラシをお持ちの方は
裏面の申込用紙に必要項目を記載し
合資会社Neeth(FAX : 011-802-9786)まで送信!

┏━━━━━━━━■お問合せ先■━━━━━━━━┓
│合資会社Neeth(ニーズ)
│〒060‐0001
│札幌市中央区北1条西7丁目1-15 あおいビル8F
│TEL&FAX : 011-802-9786
│MAIL : nip@neeth.biz

◆最新情報更新中!◆
Staff Blog : http://blog.canpan.info/neeth/
Twitter : http://twitter.com/neeth_staff
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
社会起業家ワークショップ [2010年10月19日(Tue)]
今週末は、おもしろそうなイベントが盛りだくさんですね笑顔




(以下、転載です。)

法政大学地域研究センターのからファシリテーターを招き、社会課題をソーシャルビジネス化するワークショップの開催に関わるご案内です。

法政大学が長野県諏訪地方の地域活性化で得た社会的起業のノウハウを北海道の社会起業家を目指すす皆様へ伝えたく、下記のようにワークショップを行います。


日時:10月24日日曜日13時〜16時

場所:札幌卸センター(札幌市東区北6東3)・・・北海道NPOサポートセンターが入居しているビルの北側です。

ファシリテーター:尾羽沢すわ地域「おこし塾」塾長兼法政大学教授、白蓋法政大学地域研究センター客員研究員

参加料:無料



参加を希望される方は事前に、札幌学院大学大学院研究課(代表電話011-386-8111)へ電話でご連絡をいただくか、お名前、性別、年齢、所属(ご職業)、連絡先(メールアドレスか電話)をご記入の上、 kawanisi@sgu.ac.jpへメールでご連絡をお願いいたします。
ワークショップゆえに定員は20名、定員に達した時点で締め切ります。
小樽ブリッジプロジェクト 第5回講演会 BOPビジネス  [2010年10月19日(Tue)]



(以下、転載です。)

-----------------------------------------------------




こんにちは。
OTR-ブリッジプロジェクトの小笠原です。

この度、第5回の講演会を開催することが決定しました。
既に何名かにはお申し込みいただいていますが、
改めて詳細をお知らせします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

OTR-ブリッジプロジェクト第五回講演会
「そーだったのか!誰でもわかるBOPビジネス」

BOPビジネスとは、40億人いる世界の貧困層(=BOP)を「マーケット」と捉え、
こうした人たちにも買える安価で、なおかつ生活向上に役立つ商品、
サービスを提供しようというものです。
こういったビジネスはすでに米国を中心に広がりつつあります。

「ビジネスと社会貢献の両立」これこそが、21世紀の新しいビジネス・コンセプト。
北海道に世界で活躍してもらいたいという思いから、
北海道からBOPビジネスの起業家をどんどん出すべく、
BOPビジネスを北海道民に知ってもらうことが目的の講演会です。

■とき
2010年10月24日(日) 13:30〜16:30

■ところ
JRタワーさっぽろ13階 ベネッセコーポレーション北海道事業所

■ゲスト、ファシリテーター
小山 智氏(経済産業省)
小田 兼利氏(日本ポリグル会長)
中尾 洋三氏(味の素株式会社)
平本 督太郎氏(野村総合研究所)
ファシリテーター:菅原 秀幸氏

■内容
1.パネリスト講演
2.学生×ゲストのクロストーク
3.質疑応答

■申し込み方法
どなたでもご参加いただけます。参加は無料です。
こちらの申し込みフォームよりお申し込みください。
http://bit.ly/9FNi6J
OTR-ブリッジプロジェクト
[プロジェクトブログ] http://otaru-bridge.com/
[プロジェクト公式Twitter] https://twitter.com/OTR_bridgePJ
10/24(日)説明会&締切:中国と韓国の社会起業家のキーパーソンに一気に会えるスタディツアー [2010年10月18日(Mon)]
北川です。


私が2010年2月に参加させていただいた、アメリカへの社会的企業のスタディーツアー飛行機
企画者の田辺大さん、雨宮寛さんが新たなツアー参加者を募集しています笑顔


ご興味ある方は、ぜひ田辺さんに連絡をとってみてくださいハート


(以下、転載です。)

皆様

こんにちは!

今回のご案内は、話し言葉で恐縮です。

「今の中国、韓国は、
日本人の私たちは見ておくべき」と私は思います。

中国は世界第二位の経済大国となり、
韓国も急速な成長を遂げ、
先進国の仲間入りをしたと言われていますが、
一方、社会の課題も増大し、例えば
貧富の差は日本の比較でないほど大きいです。

しかし、中国では過去数年で財団も急増し、
世界水準の社会起業家も次々に誕生しています。
デザインで雇用を生み、
社会を変えようとする社会起業家がいます。
日本でも珍しい、身体障がい者の路上生活者を対象とした
デザインを活かした雇用創出活動があります。
韓国では、貧困者には無料でレストランで
食事を提供する社会起業家も出現しています。

日中関係は、報道のように、ぎくしゃくしています。
しかし、この間にも、民間の交流は活発で、
例えば、年内に南米から中国へ社会起業訪問団が
予定されているとの情報もあります。
中国からの社会起業訪日団も企画されているようです。

日本国内で私たちがもたついている間に、
世界各国は、成長著しい
中国、韓国との関係をどんどん創っています。

かつて日本企業が、中国進出に消極的であった間に、
欧米企業は積極的に中国へ入っていき、信頼関係を築きました。
日本企業は後から「猫もしゃくしも中国へ」となりましたが、
後発組の憂き目を見てしまいました。

社会起業や、市民活動の民間交流でも
同じ失敗を繰り返してしまってはいけないと思います。
日本の私たちの損になると考えられます。

日本の国内の社会課題は、経済のグローバル化に伴い、
国内だけ見ていても解けません。
いわば将棋のように、海外に駒を置く事で、効いてきて
国内の課題解決が進む事があります。
海外のネットワークを創る事で、日本での仕事を進める。

日本で海外団体の日本支部が活発に活動を開始しているのも、
まさに上記の力学をうまく活用している、優れた動きと思います。

私は、毎年3月にアメリカのハーバード大学で
開催されている社会起業家の世界大会へのツアーを
2007年以降、呼びかけさせていただきました。

世界の潮流の最先端を知り、
世界と日本をつなごう、という思いに共感くださる方々が増え、
2006年に2人の日本人参加者だった、ハーバード社会起業大会では
2010年に25人の日本人参加者まで増加しました。

なお、この間に同大会は世界トップ12大会の1つと
米経済誌のフォーブスに評価され、
総入場者数は2008年から2010年にかけて
1000人->1200人->1400人の増加の一途です。
「世界の最先端を知り、人生を変えるきっかけになった」との声も
後日、スタディツアー参加者の多くの方々から伺う事が出来ました。

そして、中国、韓国。

いままでの関係は、薄かったかもしれません。

しかし、世界史的にも急成長した隣人たちと、
今こそ出会い、対話を始めるべき時機と思います。

以上の思いから、スタディツアーを企画しました。

11/25(木) - 12/1(水):上海・ソウル7日間
11/25(木) - 11/28(日):上海4日間
11/28(日) - 12/1(水):ソウル4日間

訪問先や料金等詳細は、下記HISさんのリンクの
ご参照をお願いします。
http://his-j.com/tyo/group/2010csr_study/index.html

説明会を10/24(日)に開催します。
お問合せやお申込は、下記のフォームからお願いします。
http://ow.ly/2UDCh

なお、ツアー申込も、日が近いため、恐縮ながら
説明会のある10/24(日)で締切とさせていただく予定です。

大学生や、院生の方や、企業卒業組の方で、
今後の自分の方向性を
どうしたらいいか?と悩んでいる方も、
人生が変わるきっかけとなります。

7日間で、中国・韓国の社会起業家の
キーパーソンに一気に会えます。

よくばりなツアーです。

★「マイレージがあるので、現地に直行して
大会と視察だけ同行したい」
「成田でなく、例えば関空から渡航したい」
「今回は参加できないが、国内勉強会には参加したい」等の
様々のご相談に応じます。詳細は下記フォームへお問合せください。
http://ow.ly/2UDCh

【ツアー企画者】
雨宮 寛(コロンビアMBA, ハーバードケネディスクールMPA、
明治大学大学院講師、『暴走する資本主義』訳者)
田辺 大(フォレスト代表、社会起業家プロフェッショナルスクール主宰、
東京工業大学大学院NPMコース博士後期課程)

【現地コーディネーター】
李 凡(リ・ファン)さん (GLI事務局長)
中国で社会企業という概念を初めて提唱。
中国国内外の多くの実践者からの信頼も厚い。
英中日の3カ国語に堪能。
上海の現地コーディネートを担当。

李 润锡 (サム・リー) さん
(InnoCSR創業者兼CEO)
CSR経営や社会事業開発のコンサルティングに従事。
中欧国際工商学院(CEIBS)卒(MBA)。
上海の現地コーディネートを担当。

姜 周賢 (アンジェラ・カン) さん
(G-CEF創業者兼CEO)
CSR広報や人権のコンサルティングに従事。
ハーバードケネディスクール卒(MPA)。
ソウルの現地コーディネートを担当。

【過去スタディツアー参加者の声】
「楽しかったです!」
「ほぼ無知の状態だったので、勉強会があって本当に良かったです。」
「最高の出会いと経験と
自分が成長するための一歩を与えてくれた、最高のツアーでした。」

田辺 大
03-3815-6667
http://fp.cocolog-nifty.com/se/
円山動物園にて! [2010年10月17日(Sun)]
こんにちはびっくり

SENDの南谷です笑顔

昨日は円山動物園にてブルーアース基金助成金授与式がありました音符



青年会議所で応募団体83団体から選ばれた6団体にSENDが選ばれたことは非常に誇りに思います。
また当日はSENDで団体紹介のブースを出展させていただきました。みなさんに「あなたの考える理想の社会」というアンケートをとりました。みなさん熱い想いや面白い意見などありがとうございます。







今後SENDでは授与された助成金で『ソーシャルチェンジセミナー』を行っていきます。

詳細はまた決まり次第お知らせします笑顔
祝!発刊! [2010年10月09日(Sat)]
こんにちは

もうすっかり寒くなってきましたね。
ブログ担当の南谷です!

今回なんと学生が自分たちで作り上げる読売新聞の「学street」さんに取材を受け、
SENDが一面を飾りました!!



10月1日の読売新聞に紙面で入っていたんですがご存じの方はいらっしゃいますでしょうか笑顔
こちらがサイトです→ http://hokkaido.yomiuri.co.jp/street_pdf/street.htm

出来上がった記事を見たときの感動はそれはすごいものです!
自分たちがやってきたことが客観的にこうも素晴らしく活字化されるのをみると
モチベーションがあがります

今回取材に来てくださった学streetのみなさん本当にありがとうございます!

すごくいい記事なのでみなさんもぜひ読んでくださいね笑顔