CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ■ミーティングのお知らせ、報告 | Main | ☆インタビュー»
最新記事
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新コメント
北川
フォーラムの様子 (06/02)
hirakawa
フォーラムの様子 (04/28)
中野智志
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
中野智志
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
http://blog.canpan.info/send43/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/send43/index2_0.xml
当団体のメールマガジンを始めました。 こちらから登録できます。 購読開始はこちら!
解除申し込みはこちら!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
延期のお知らせ [2011年03月12日(Sat)]
いつもお世話になっております。
代表の北川です。



明日予定しておりました

新しい社会をつくる人材になる 
*想いを言葉にし、言葉を行動に変えていく力*

は、延期とさせていただくことにしました。




東方地方太平沖地震が発生し、
多くの犠牲者、負傷者が出ています。


北海道でも函館や釧路等、津波の被害が出ています。




このような状況の中、
身の回りから自分達ができることを考え、行動していきたいと思い
講師のNPO法人G-net秋元さんともご相談し
開催延期を決定いたしました。


お申込頂いた方、参加予定の方々には深くお詫び申し上げます。


また、こちらのブログでも告知しておりました
3月15-17日の地域留学in網走・釧路も開催延期となりましたことをお伝えさせていただきます。


重ねてお詫び申し上げます。

最近のSEND [2010年12月11日(Sat)]
こんにちは。
SENDの新妻ですびっくり

最近のSENDの活動についてです星



先週はイベントラッシュでした^^

SENDでは2日にイベントがあり、
5日には合同学生団体説明会というものに
参加してました!!


そういえば・・・合同学生団体説明会の告知を
ブログで報告しわすれていました困った
すみません。。。。


SENDメンバーは、この他にも連日、
模擬裁判やインターンシップフェア、
ビズカフェ10周年記念パーティー、大学、課題等が山のようにあり、
バッタバタバタバタバタバタしておりました
笑顔汗



本日は12/5に開催された
合同学生団体説明会の報告をさせていただきます電球

(現在のSENDはほぼ学生で運営されております!)
(イベントを開催すると、よく、
「学生さんが運営してるんですか!?」と驚かれますウインク



合同学生団体説明会では札幌の17もの学生団体が一同に集まり
合同で説明会が開催されました!!
就活での合説の学生団体バージョンを
イメージしていただければわかりやすいかと思います。


そちらでは全体プレゼン個別説明をさせていただきました。

SEND代表の北川のプレゼンです。


私もSENDではないですが
別団体のプレゼンをしてました電球


個別説明ではこんな感じで
SENDに興味を持ってくださった方々に
SENDの説明をさせていただきました!




なんと、SENDに入りたい!
とおっしゃってくださった方がいて
大変嬉しかったですドキドキ大


現在のSENDは学生9割、社会人1割で活動してます音符
来年は学生と社会人の割合が逆転します・・笑

SENDの活動に興味があり、
話を聞きたい!参加したい!
という方はいつでもinfo@send43.org
までご連絡ください音符

来年にはまたボン!ボン!ボボン!と
様々なイベントが開催されます電球
今後とも何卒SENDを宜しくお願い致します音符

でわでわ
アジア社会起業フォーラムから3日・・ [2010年12月02日(Thu)]
世界最速?


日本最速?



で、本日札幌ビズカフェにて



アジア社会起業フォーラム2010の報告会

Think globally Act locally 〜世界観を持って北海道で活躍する〜



を開催いたしました電球





大学の名誉教授、学生、中小企業診断士、起業家、会社員など

様々な方々にご参加いただきました。







ASESとは何なのか。
どのようなテーマでディスカッションが行われたのか。
なぜ韓国で開催されているのか。
日本人と外国人の違いはあったのか。
世界で活躍する社会起業家に共通するものとは何なのか。
人生で大切なことは何なのか。



参加者の方々とゲスト2名の方との
熱い対話が2時間にわたって繰り広げられました。

詳細は、twitterをごらんください。



※熱く韓国での経験を語る石井さん




SENDのイベントは、いつも多種多様な方にご参加いただいております。

学生が中心となって運営していますが、
多様な方との交流ができることをスタッフ一同、心より感謝しています。


いつもありがとうございます。



今後とも、突発的にSENDはイベント等を開催していきますので
お時間があればお越しいただきたく思います。




本日学んだことをSENDスタッフも

いい話を聞けてよかった!で終わらず、
身の回りの社会でジブンの考えや行動を変えていきます。
そういったスモールチェンジがワールドチェンジにつながることを信じて!

新しい合コンの行方・・・ [2010年11月14日(Sun)]
12日に開催いたしました、

social cafeのご報告をさせていただきます笑顔




11月1日・・・・

twitterでこのように北川が返信したことからスタートした、social cafe in札幌クローバー

『おもしろいです。北海道でもあればいいのに…ないならつくろうか。RT @canpan2009: 【希望RT】求む!ソーシャル系男子。11月26日(金)夜Socail Cafe開催!”新しい合コン”円卓会議 http://ow.ly/328dv』





ノリの良い山田さんのおかげで実現したこの企画。準備期間は10日間。

当日は、
参加者21名+山田さんが参加してくださりましたハート

まさかの男子15名・女子6名での合コン・・・・
女の子が少なめですみませんでした悲しい



学生と社会人は、半々くらいでした電球




内容は、こんな感じですヒヨコ

■第1部『みんなでトーク』 テーマ「少子化」

 ワールドカフェを用いました。
 各セッション25分、1チーム3〜4名とし、キーワードを提示して話していきましたびっくり
@ キーワード「子育てに対するイメージ」
A キーワード「イクメンのイメージ」
B キーワード「理想の子育てとは!?」
C ハーベスト・・・3回目までのトークを通じての「子育て」に対する気づき・想い・考えなどを共有

初対面同士とは思えないほどの盛り上がりを見せました笑顔

SENDスタッフも山田さんもびっくりです音量


ここで、ハーベストで出た意見をちょこっとご紹介星

・ 子供にやってほしいことは、まず自分がやってみます。
・ 日常あまり会話しない「子育て」という内容でしたので、とても勉強になりました。
・ みんな真剣ですごくおもしろかったので、またやりたいです。熱い議論が出来ました。
・ イクメンも大事だが社会で男性と女性が平等に育児に参加できるような制度を実施したいです。
・子供の育て方について自分と同じ意見の人がなんと全員でした。




■第2部『気の合った人たちで自由にトーク』

 子育てについて議論を続けたり、将来のこと、自分の仕事のことなどテーブルによって様々な話題がとびかっていました音符

最後に撮った集合写真ーーーハートハート



みんな打ち解けて仲良しになりましたよラブ


その後、学生を中心に2次会・3次会と続いていったのでした・・・




おそるべし学生パワー


おそるべし花金ダッシュ





次回は、11月26日に東京で開催です飛行機


北海道、東京とどんどん広がりを見せていきそうで
今後もすごく楽しみです太陽



参加者の皆様、山田さん、あがとうございましたまる


twitterのまとめはこちらです!
円山動物園にて! [2010年10月17日(Sun)]
こんにちはびっくり

SENDの南谷です笑顔

昨日は円山動物園にてブルーアース基金助成金授与式がありました音符



青年会議所で応募団体83団体から選ばれた6団体にSENDが選ばれたことは非常に誇りに思います。
また当日はSENDで団体紹介のブースを出展させていただきました。みなさんに「あなたの考える理想の社会」というアンケートをとりました。みなさん熱い想いや面白い意見などありがとうございます。







今後SENDでは授与された助成金で『ソーシャルチェンジセミナー』を行っていきます。

詳細はまた決まり次第お知らせします笑顔
祝!発刊! [2010年10月09日(Sat)]
こんにちは

もうすっかり寒くなってきましたね。
ブログ担当の南谷です!

今回なんと学生が自分たちで作り上げる読売新聞の「学street」さんに取材を受け、
SENDが一面を飾りました!!



10月1日の読売新聞に紙面で入っていたんですがご存じの方はいらっしゃいますでしょうか笑顔
こちらがサイトです→ http://hokkaido.yomiuri.co.jp/street_pdf/street.htm

出来上がった記事を見たときの感動はそれはすごいものです!
自分たちがやってきたことが客観的にこうも素晴らしく活字化されるのをみると
モチベーションがあがります

今回取材に来てくださった学streetのみなさん本当にありがとうございます!

すごくいい記事なのでみなさんもぜひ読んでくださいね笑顔
はじめましての挨拶♪ [2010年06月15日(Tue)]
こんにちは!
このたび新しくSENDのメンバーとして活動に参加させていただくことになりました
南谷賢宏(みなみや たかひろ)です笑顔

自分の経歴を簡単に紹介させてもらいますと、北海道生まれ、北海道育ちの道産子です音符
現在は北星学園大学で4年生をやっています。えぇ、そのとおりです。現在就職活動真っ只中でございます。そんな私とSENDの素敵な出会いは今年の4月に行われたビジネスセッションに遡りますウインク
そこで私は一参加者としてではなく、ぜひ運営サイドに立ち、社会起業家を知りたいと思いました太陽

さて、先週のミーティングではこれからSENDをさらに具体的に活動させるべく、各部署の目標とその共有をする話し合いをしました。そして今回SENDの顧問である石井さんにお会いし、今後の活動についてお話をしてくださいましたびっくり

今回は写真はありませんがみんなの熱意がぶつかる大変有意義な時間でした音符これからもSENDは社会起業家に関する様々な情報を発信していきます。
twitter始めました。 [2010年04月04日(Sun)]
北川です音符



先日より、SENDもtwitterを始めましたハートハート



http://twitter.com/send43 ですチューリップ



イベント情報やSENDの動きを発信していきます。

お気軽にフォローして下さいウインク





4月11日(日)開催のソーシャルビジネスセッションでは

twitterによる実況中継も予定していますキラキラ


ハッシュタグは

#sbs0411 ですドキドキ大


参加者のみなさまもお気軽に
会場でtwitterをご使用下さいドキドキ小



会場が遠くて参加できない

都合が悪いけど後から情報は入手したいな


と思われている方


ぜひご利用下さい!!


twitterを利用することで
イベント後も参加者の方々の交流につながればと願っておりますラブ
今後の進展&新年会! [2010年01月29日(Fri)]
SENDの新年会をしてきました!!
そして、ミーティングをエルプラザで行いました!!

はい。広報のむらなかです。

まずミーティングは
「今後のSENDの進む方向」
についてが主な内容でした。

いろいろな方向に持って行ける訳ですが、
とりあえず!

新たにインタビューの企画を行います!
これは、社会起業支援家ネットワークとして、
多くの人をWebサイトを通して、
社会起業家を知ってもらいたいということや、
昨年のようなサミットを行う場合に、
あの人にお願いしよう!!
そういう展開を目指しているからです。

インタビューは…
いろいろと行ってきましたが、打ち起こしや、写真撮影で、
人が3人くらいは必要になってしまうんですよね。
新たにメンバーも随時募集してますので、
お気軽に連絡ください!!
info@send43.org

こちらまでよろしくお願いします!!



そして、新年会はミーティングに集まったメンバーで
そのまま続行!

なかなかこんなに集まった飲み会も久しぶりと言えば久しぶりのような…。。
そもそも、飲み会は激しく多い訳ではないですしびっくり

友達感覚に仲のいいみんなでやっぱり飲んでましたよ笑顔
そして、今年度の発展をみんなで分かち合って
時間は過ぎて行くのです音符

今年も、SENDをよろしくお願いします!!




…画像が無くて申し訳ないです悲しい
平取町視察に行きました。 [2009年11月05日(Thu)]
こんにちは。
北海道社会起業家支援ネットワークIT担当村中です☆

今回は、「平取町」Website視察に行かせていただきました。
平取町は、アイヌ文化の発祥地でもあり、とても自然が豊な街です
一方で、過疎化という問題を抱えています。
限界集落と呼ばれる、「豊糠」という地区を訪問させていただきました

そこで皆さんは限界集落と言われるとどう感じますか?

私の推測では、密林が広がっていて、車ですごく時間がかかり、道も舗装されているのか
と思っていました
実際は、
携帯電話という当たり前のツールが使えないことや、人がお年寄りの方が多いこと、
しかし!!元気な集落でした。
私が行って感じたのは、人の暖かさでした。
すごく、札幌の街の中では感じる事のできない感覚。
それがすごくいい印象を受けました。

人と、人とのつながりがすごく強い。
それがすごく印象に残りました。


詳細は続きで。





まずは、1日目。(11月2日)
札幌から、車にて移動。
高速道路にて、札幌から2時間で、平取町に到着します。

事前に圏外になるよと言われていたので、覚悟はできてましたが。
携帯が使えないというのは、不便極まりないわけです。
すごくショックを受けてしまいました。
「普段使える物が使えなくなる」
ということに驚きました。
とある方の映画で、携帯の電波が届くところが世界だと思っていたと言っていたのですが、
それでも、こういうことなのかと、思ってしまいました。
予定通り、札幌から、2時間程度で宿泊地である、くまさん荘に到着しました。

くまさん荘にて撮影しました!
今回の参加メンバーは、清野、金子、北川、大友、村中です。
SENDメンバーを待ち構えていたのは、
大勢の方々。
地域の方、自治会長さん、町役場の方、NPO法人ほかげの方。。
多くの方に出迎えられました。
乾杯!やはり、多くの方に、出迎えられました。
「打合せと称して飲み会なの?」と感じるかもしれませんが、
田舎では酒はとっても大切なツールで、特に世代を超えた打合せなどでは飲むことでアイスブレークしてから様々な情報交換へと繋がります。
いろいろな情報を交換しました。札幌の話や、いろいろな話。
とても、充実した時間を過ごせました。

2日目(11月3日(文化の日))
いよいよ視察!です。見て感じる。これが視察ですね。
この日は寒かったです。
まずは、廃校になった豊糠小中学校小中学校。
廃校になってから、しばらく経ってないそうですが、
「維持の問題」
が大きな問題となっています。
こういった建物は、残しておくだけでも、
やはり費用がかかります。
今は、体育館など一部が地域の方で使われるとの事ですが、
まだまだ使える物もあるなと思いました。「生徒が1人になって。
その子が卒業したんだ。」

そう聞きました。やはり、自分の居た学校が無くなるというのはどれだけ寂しいことなのだろう。
改めて感じさせられました。

NPOほかげでは、若者ミーティングを計画していて、2月に実施されます。
そこで、この校舎の今後がメインテーマとなり、話し合いがされます。
興味のあるかた、メールお待ちしております。
すごく、いろいろな考え方ができると思います。
公民館にしてしまう、事務所にしてしまう、企業に入ってもらう、、、、、
いろいろな考えができると思うのですが、
今後が不安です。

次に向かった場所は
ホワイトアスパラNPO法人ほかげの野間さん(赤い服の方)とその後ろに居られる同じく若名さんから、
この場所について説明を受けました。
ホワイトアスパラを育てているところです。
この畑は、若名さんの管理している畑で、まず言われたのは。「鉄線に絶対触らないでね」
電気が流れているらしく、以前に、鹿が引っかかっていた事があったそうです。
野間さんも若名さんも山村留学にて移住した方なのですが、
こういったことをしながら生活していると、お聞きしております。
1日目にも若名さんと話をしていて、引っ越してきたことについて、
気になっていたので、聞いたところ、
「やっぱり、都会で過ごすよりも、子供にとって、良い生活ができますし、こうして、いろいろな人と関われるのも田舎の特性だと思うんです。」
と、おっしゃっていました。
いろいろと、楽しい事もあり、辛い事も有りだと思いました。

次に向かったのは、スズランの群生地
この時期は見られないけれどといわれて、来てみましたが、
やはり、平取町はスズランでも有名だと思いました。

こうして、広がっているので、さいてるときが見てみたいです。
すずらんこれで、午前中の、視察は終わりました。

くまさん荘に戻り昼食となりまして、
お昼ご飯お肉と野菜をいただきました。
あと、おいしいお米もいただきました。
平取では、やはり農業が盛んですし、ほとんどが平取産。
そんな所です。田舎!
牛舎があって、空があって。
そんな気持ちのいい所でした。
午後からは移動となり平取から札幌です。
その途中には、山の駅に寄りました。
山の駅
道の駅に対して山の駅だそうです。

道の駅と同じく、地域の特産品などが売られているとともに、
地域のふれあいの場所となっていました。

帰り道では、色々なところを車内から案内していただき、
いろいろな事を知りました。
アイヌ文化の家であるチセや、町役場などなど。

札幌について、エルプラザにて野間さんといろいろと、熱く語った上、
解散となりました。

2日間、平取町の方々にはお世話になりました。
この場を借りて深くお礼申し上げます。
| 次へ