CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«寄付(投資)のお願い | Main | ソーシャルイノベーターズカレッジin北海道»
最新記事
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新コメント
北川
フォーラムの様子 (06/02)
hirakawa
フォーラムの様子 (04/28)
中野智志
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
中野智志
キックオフ会議開催! (12/30)
今一生
キックオフ会議開催! (12/30)
http://blog.canpan.info/send43/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/send43/index2_0.xml
当団体のメールマガジンを始めました。 こちらから登録できます。 購読開始はこちら!
解除申し込みはこちら!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
社会起業家プロフェショナルスクールご報告と御礼 [2010年09月26日(Sun)]
こんにちは、北海道社会起業家ネットワーク(SEND)です。


「社会起業家プロフェッショナルスクール」が終了いたしました。


参加者 25名

交流会参加者 23名


と、定員を超えるご参加と
多くの方の懇親会への参加を心から嬉しく思います。




【講師】田辺氏の魅力が充分に伝わり、
皆様の中の「何か」に共感した一日になったのではと思います。


氏は北海道南西沖地震で経験したボランティアが今の活動の
ルーツとなっていると語っておりました。
その意味では大変北海道にご縁がある方なので、また是非呼びたいものですね。


また今回の講座は、一般的にソーシャルメディアと言われる
USTREAMとTWITTERを連動した中継を行っておりました。
会場のみならず全国から反応があり、これらの持つオープン性、インタラクティブ性は
ファーストインプレッションから様々な人々を巻き込み、変革する
大きな「可能性」を感じることが出来ました。
是非昨日の振り返りにも、ご覧になっていただければと存じます。


その後の交流会も大いに盛り上がりました。
SENDのスタッフも参加した皆様も、共に駆け抜けた大切な3時間半でした。

SENDでは今後も社会起業に関する活動を行って参ります。
是非皆様の熱い応援と共に、ご指導ご鞭撻ご叱責をいただきながら
より良いサービスを提供していきますので、宜しくお願い申し上げます。

最後になりましたが改めて…

ご参加下さいまして、誠に有難うございました!!




会計報告



【収入】


参加費  500×25=12000

交流会費 500×23=11500

カンパ
 会場     2200
 WEB    1000
合計   3200
協賛金     12000


合計       38700

ご協賛いただいた方々

・合資会社Neeth様
・原芳明様
・高原一隆様(北海学園大学経済学部教授)
・樽見弘紀様(北海学園大学法学部教授)


【支出】
交流会費  3554

会場費   5250

資料印刷費 1750

機材費   3400


合計    13954





【収入】38700円
【支出】13954円

差額の24746円は、
本イベント主催の北海道社会起業家ネットワークと有限会社フォレストで12373円ずつ分配します。

この利益は、今後社会起業家の啓蒙活動に使用させていただきます。


皆様ご参加誠にありがとうございました。

今後も共に、社会に新しいムーブメントをおこしていきたいと思います。




◆参照◆

・使用資料
http://seps-jp.blogspot.com/
・togetter
http://togetter.com/li/53485
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/525953

コメントする
コメント
先日は、誠にお世話になりました。

史上初という事もあり、気合いが入りすぎて、内容を盛り込みすぎてしまったのではと反省しております。

ですが、将来性の大きな場である事も感じました。終了後の懇親会で目を輝かせてお話をされる方々に相次ぎお会いし、ご一緒に開催してよかったと心から思っております。

そして「2時間では短すぎて、半日か一日はほしい」とのお声もアンケートでは頂戴しました。今後の企画にてぜひ検討させていただきます。

最後になりますが、会場での寄付や、Ustreamでの寄付、そして協賛金にご賛同くださいました方々にも、厚く御礼を申し上げます。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。
Posted by: 田辺 大  at 2010年09月28日(Tue) 10:39