CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事

和佐福祉工場 [2011年05月09日(Mon)]
4月14日(木)に、和歌山県の和佐福祉工場の取材に行ってきました。ここは和歌山方式と呼ばれる行政・企業・施設が三つどもえで福祉工場(現在は、就労継続支援A型事業)を運営する方式に則った、先駆的な取り組みをしている事業所です。和佐福祉工場の運営パートナーは、花王株式会社和歌山工場。歯ブラシや歯磨き粉、シャンプー・リンス等の旅行用ミニセットをパッケージにセットするのを仕事としています。福祉工場の中でも全国的にもトップクラスとも言える高賃金を実現しており、働く人たちの素敵な笑顔と綺麗に整頓された事業所の雰囲気が印象的でした。

こちらが工場の様子です。普通、こういうセット作業はベルトコンベアによる流れ作業が一般的なのですが、ここの特色は一人ひとりが一つのセット作業を完結する「セル方式」を採用しているとのこと。これによって自分のリズムでセット作業をおこなえる利点があるだけでなく、「成果報酬」の根拠となる数値も明確にできるそうです。

こちらは工場で働く障害者職員の中瀬さん。笑顔がとてもチャーミングですが、この職場で働けるようになるまでは、障害ゆえに「やりたくてもできない」ことだらけだったとのこと。全国でも有数といわれる高賃金にも満足しているけれど、「戦力として期待されて働けていること自体が本当に嬉しい」とのことでした。働く喜びに溢れた人たちの表情は、本当に素敵だと思います。