CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事

火の国の山々 [2011年01月27日(Thu)]
鹿児島県のなごみ苑の取材のために、南九州に来ています。鹿児島と言えば、桜島。昨日は少し時間が開いたので、桜島見学に行ってきました。フェリーで海を渡ること15分あまり。昼間は15分感覚で船が出ていて、気軽に島にたどり着くことが出来ます。(とはいっても、その後の交通アクセスがほとんどなくて大変なんだけど…)晴れていたこともあり、船から眺める海の景色は素晴らしく美しかったです。



こちらが桜島。ただいまの噴火状況は平穏なりという感じ。少し白い煙が吹き上げていますが、機嫌が悪くなると黒煙が立ち上り、ものすごい轟音がするそう。こうなると風下の人たちは大変です。傘を差さないと外出できず、真夏でも部屋を閉め切る状態になるとのこと。


桜島は平穏なのですが、大変なことになっているのが霧島山系の・新燃岳ですよ。1923年以来の大噴火ということで、宮崎自動車道もJR日豊線も完全にストップしている状態です。鹿児島中央駅の改札で、面白い告知を見つけました。噴火により電車が止まっているという看板です。台風や地震によるストップならともかく、噴火による降灰の影響で運転見合わせ? さすが火の国というべきでしょう。



こいつは毎日新聞からの借り物写真でありますが、ホントに大変な噴火状況でありました。しかし鹿児島市内からも町中に黒煙が迫ってくる様子が見られて、ちょっとビックリ。しかし少し怖かったですよ。宮崎県とかには、もしかしたら噴火の影響を受けた施設の方もいるかもしれませんね。くれぐれもご無事をお祈りしたいと思います。