CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事

いのちのクッキー [2010年12月26日(Sun)]
以前SELP訪問ルポでも紹介し、8月に開催された日本セルプセンター研究大会でも報告のあった大分県のウインド丹羽施設長から、素敵な知らせが届きました。県内八つの障害者就労施設でつくる「チャレンジ!おおいた福祉共同事業協議会」の新たな企画として、「いのちのクッキー」の販売をスタートしたというのです。

これは災害などの非常食品として長期間保存できるクッキーで、「災害弱者といわれる人たちが非常食品を提供する」ことに価値があり、話題性も十分です。長期保存を保障するために愛知県の富士特殊紙業の全面的な協力を取り付け、参加施設も機材や作業室の整備を半年かけておこないました。11月に販売スタートしたばかりの商品ですが、これまでに2800袋が販売されるなど、好調の出だしのようです。

とくに大分市中心部の中島校区社協が「独居老人を励ます会」に300袋採用してくださり、校区の小学生と民生委員の皆さんが、お年寄りのお宅を一軒一軒訪ねて配布したという事例は、「いのちのクッキー」ならではと言えるでしょう。読売新聞や大分日々新聞、OBS大分放送などのメディアも大きく取りあげるなど、今後もこの企画は県内を大いに盛り上げていくことでしょう。

「チャレンジ!おおいた福祉共同事業協議会」というのはもともと、2008年おおいた国体開催時にスポーツ文化事業実施団体として暫定的に結成された組織です。それが大会後も継続的に活動を続け、大分県庁舎内にオープンさせた「けんちようのパン屋さん」、そしてこの「いのちのクッキー」と次々に企画を打ち出しています。ぜひ他県のセルプセンターも注目し、参考にしてみる価値在りですよ。