CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 印旛沼工場 | Main | 雑記»
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
榊原
せっけん売り隊 (11/01) 榊原
本当にドラム式はせっけん向き? (05/22) 榊原
試作品です (03/27)
プロフィール

せっけんの街さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index2_0.xml
川崎市民石けんプラントのセミナーに参加しました [2018年07月09日(Mon)]
せっけんの街はリサイクルせっけん協会の事務局を担っています。
今年の関東セミナーは「NPO川崎市民石けんプラント」ご協力のもと、開催されました。参加予定だった長野県「飯島町粉石けんを作る会」の方が大雨の影響で参加できなくなり、西東日本の大雨が心配される中の開催でしたが、川崎は天気に恵まれました。川崎駅から、バスで30分ほどの住宅と工場が混在するエリアに石けん工場はありました。とてもきれいな工場で、スタッフの方の努力と気遣いが感じられました。23名の参加者があり、皆さんが今最も興味のある液体せっけんの焚きを見学、学習しました。川崎石けんの凄いところは、未使用の賞味期限切油が山ほど回収できているところです。液体せっけんはこの未使用油100%で焚いています。このことから、川崎石けんの液体せっけんは、安定して焚くことが可能なのだと思いました。午後はせっけんの化学を学習しました。鹸化反応や脂肪酸の種類と石けんの性質などです。「油脂は加水分解して、1つのグリセリンと3つの脂肪酸が作られます。それぞれの脂肪酸がナトリウムと結合して3個のせっけんになります。」ですよね。何度聞いても頭に定着しません。鹸化師としてこれくらい覚えないと〜(>o<)(鈴木)
リサイクルせっけん協会セミナーINIMG川崎20180707_4280.JPG
Posted by 鈴木 at 09:25 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
リサイクルせっけん総会 つづき [2018年07月05日(Thu)]
リサイクルせっけん総会に参加しました。
二つの講演会がありました。一つは前回お話した「手賀沼の現状」。
もう一つの講演会は、「生活の中にある化学物質」と題し、数々の有害化学物質に関する著書を執筆している水野玲子さんにお話を伺いました。水野さんのお話は怖い事ばかりでした。私たちの周りにはたくさんの有害化学物質があることを知りました。海外で禁止されている有害化学物質が、日本では当たり前に使用されていたり、スーパーでよく見るようなハンドソープに入っている成分が、有害と分かり、数年前、ひそかにその物質が除かれ、今は普通に販売していたり…。日本製だから大丈夫と思っていた私が甘かったですね。そもそも、その化学物質が有害と分かるまで、数年、数十年という時間がかかる事が多い、もっとかかるかもしれないという事実から、新しい物、一見便利な物は自分で判断し、選択していく必要があると思いました。皆様ご存知のように、せっけんは紀元前3000年程前に発見されたとされています。このことからもせっけんはあんしんといえますね。いろいろ考えさせられる講演会でした。(鈴木)
201806 リサイクルせっけん総会 講演会IMG_4186.jpg
Posted by 鈴木 at 14:14 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
生活クラブ牛久センター 展示会 [2018年06月30日(Sat)]

今日は、生活クラブ牛久センターの展示会に来ています。風が強いです!暑いです!お近くの人!お得な消費財もありますよ!見に来て!4時までやってます!

F623D91C-98C9-4E24-B347-D7CC7C4C667D.jpeg
Posted by 鈴木 at 12:44 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
アースデイちば [2018年06月01日(Fri)]
5月27日(日)稲毛海浜公園でのアースデイちばに出展しました。
芝生広場を大きく取り囲む様に多くの出展があり、家族連れや時折犬を連れた方等で賑わいました。
せっけんの街は、リサイクルせっけん類や害虫忌避材ニーム640やニームケーキ等の販売、雨水タンクの展示、賞味期限切れの未使用未開封の食用油の回収をしました。
ステージからの様々なジャンルの歌やダンス、楽器演奏に耳を傾けつつ、天候にも恵まれ、時折吹く風が心地よく感じる一日でした。( 須田)
20180527 アースデイちばDSC_0089.JPG
Posted by 鈴木 at 09:29 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
シャボン玉フォーラムin北海道 [2018年05月30日(Wed)]
シャボン玉フォーラムin北海道、二日目の分科会でお茶をいただきながらせっけんの使い方の情報を交換する「せっけんカフェ」に参加しました。
写真は、生活クラブ北海道せっけん運動委員会のメンバーによる、ネクタイやおしゃれ着洗い。
シルクのネクタイも液体せっけんで押さえながら洗うと、あら!きれい!コツは、揉まないこと。すすぎのあと、乾いたタオルを使って押さえるようにして水気を取り、その後陰干しします。
分科会報告ネクタイ洗い.jpg
・5月12日の朝、北海道大学の植物園を散策しました。またお花見ができるなんて・・。様々な種類の桜が満開です。エンレイソウはまだ蕾でした。街のあちこちでチューリップが首を長くしてきれいに咲いていました。
桜満開.jpg
エンレイソウシャボン玉フォーラム北海道.jpg
・時計台の前で記念写真!
シャボン玉フォーラム北海道2018時計台の前で.jpg
(道端)
Posted by 鈴木 at 09:40 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
成田市で雨水タンクの補助金制度が始まりました! [2018年05月17日(Thu)]
せっけんの街では水環境問題への取り組みとして、雨水タンクの設置を推進しています。印旛沼周辺の開発が進み、地面がアスファルトや建物に覆われる事で、雨水が地面に浸透せず、沼に一気に流れ込む現象が起きています。数年前のゲリラ豪雨では印旛沼の水があふれ、一帯の道路や田畑が浸水しました。衝撃的な光景はいまだ目に焼き付いています。私が生まれた40年前から比べると、成田ニュータウンとその周辺の開発は進み、空き地も森林もコンクリートで覆われました。環境への負荷ははかりしれません。せっけんの街では、2016年、成田市の雨水タンクの補助金設置の請願活動に取り組み、12月の議会で全会一致で採択されました。待ちに待った制度の実施です。チラシのポスティング活動の働きもあり、4月から今日までにせっけんの街への雨水タンク設置希望のお問い合わせは10件を超えました。せっけんの街が設置する雨水タンクは150ℓですから、1,500ℓのミニダムが街にできる事になります。「家庭の小さなダム計画」活動をこれからも進めていきます。
興味を持ってくださった方は、お気軽にせっけんの街本部事務局まで、お問い合わせください。
NPOせっけんの街 本部事務局 TEL04-7134-0463 (平日9:30〜17:00)
雨水タンク チラシ.png
Posted by 鈴木 at 10:03 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
ナリタヤ酒々井店 店頭アピール [2018年05月10日(Thu)]
5月9日(水)ナリタヤ酒々井店 店頭アピール
5月だというのに、13℃という3月並みの気温になったこの日、雨にも負けず風にも負けず、行って来ました!!ナリタヤさん。
しかし、出かけてよかった。見てください、この油の量を。こんなにも協力してくださる方々がいらっしゃるのです。ありがたいことです。(本当はもっとありますが・・。)
ご高齢のご婦人からは、お腹と背中にカイロを張るのよ!!と激励の言葉をいただいたり、寒い中ご苦労さまですと、お店の方々から入れ代わり立ち代わり声をかけていただいたり、とても励みになります。
青年が萌をのぞき込んで、「このブランド!どこかで見たと思ったら、先日ケーブルテレビでやっていましたよね!」と声をかけてくださいました。
ナリタヤ酒々井店では、毎回2時間のアピールですが、だんだんと覚えていただいて、集まる油の量が増えています。
店内の洗剤コーナーに廃食油から作られた萌や固形せっけん、せっけんの街がならんでいますので、洗濯や食器洗いに使ってくださいね。

おまけ:
店先にお花屋さんが花の苗を出しているのですが、いつも季節の花を見るのが楽しみです。
きょうは、紫蘇の苗を買ってしまいました!
今シーズン、これで紫蘇の葉は買わなくてすむ・・、たぶん。
(道端)
20180509 ナリタヤ回収SH3E0719.jpg
Posted by 鈴木 at 12:06 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
せっけん運動ネットワークの行政訪問 事前学習会 [2018年05月01日(Tue)]
せっけん運動ネットワークに入っている生活クラブ虹の街とせっけんの街は、毎年、手賀沼・印旛沼周辺の自治体にせっけん利用を推進してほしいと訪問活動をしています。
せっけん運動ネットワークとは、約40年前の琵琶湖の合成洗剤による汚染問題をきっかけに誕生した合成洗剤ではなく、せっけん利用をすすめる生活協同組合や市民団体の集まりです。

4月17日、生活クラブ虹の街の地域交流スペース渚で、行政訪問前の学習会を行いました。
せっけん運動を知らない若い世代が生協の運営を担うようになり、当日は、今なぜ私たちはせっけん利用を行政に呼びかけるのかを互いに確認するよい機会になりました。

少量でいつまでも泡立ち、油汚れがすっきり落ちると宣伝している台所用合成洗剤や、衣類が真っ白く洗い上がると宣伝している合成洗剤の誕生は、戦時中の油脂不足から端を発しています。
これらにはさまざまな化学物質が入っていて、分解が遅く、環境や生物に負荷をかけることが大変危惧されています。

せっけんは約5000年前から使わていたといわれるほど、人類の進化に沿った長い歴史があります。微生物をはじめとする生物や環境にもやさしいものです。

どのくらい化学物質を環境中に排出したかを役所に届け出なければいけないというPRTR制度に、水性毒性があると指定されている物質が、合成洗剤には入っています。しかし、せっけんには入っていません。
また防虫剤に含まれる化学物質も指定物質とされており、これらをフィトンなどの植物由来の虫除け剤に替え、せっけん利用を進めれば、家庭から出る指定物質のほとんどを削減することができます。

行政はこれら洗剤の種類や防虫剤についてよく理解し、PRTR制度に指定された化学物質削減に向け、市民とよく情報共有し、啓発をすすめてほしいと思います。(道端)
201804行政訪問事前学習会1524002260631.jpg201804行政訪問事前学習会1524002216199.jpg
Posted by 鈴木 at 09:29 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
ぽっぽの市 春の開催 [2018年04月10日(Tue)]
4月8日(日)に稲岸公園(通称汽車ぽっぽ公園)で開催されました。
当日は好天に恵まれ、朝から来場者も多く3時頃には完売の文字もあちこちで見られました。
隣のJFSAさんのブースでは、古着の回収、せっけんの街では、賞味期限切れの未使用未開封の食用油を回収しました。
5人ほどの方に台所用液体せっけんおれんじミニをお渡ししました。
ハーブを育てている方が、これが欲しかったとニーム640(害虫忌避材)を買われました。これからの季節に梅やバラ等に効果があります。
次回は、秋に開催予定です。(須田)
ぽっぽの市2018春1523303609713.jpgぽっぽの市2018春1523303584679.jpg
Posted by 鈴木 at 17:05 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
つながりひろがれ「ぽっぽの市」 [2018年04月03日(Tue)]
4月8日(日)はつながりひろがれ「ぽっぽの市」春の開催です。

今回も「フリーマーケット」「産直野菜」「カフェ」「体験」「ライブ♪」など盛りだくさん!
せっけんの街では、未使用未開封で賞味期限切れの食用油の回収を行います。おうちに油田がございましたら、お持ちください。「台所用液体せっけんおれんじ」200mlを差し上げます。お近くにお住まいの方は、散歩がてら、のぞいてみてはいかがでしょうか?
 
4月8日(日)10:00〜16:00
稲岸公園 千葉市美浜区稲毛海岸4-15

ぽっぽの市201804S__42745859.jpg
Posted by 鈴木 at 13:15 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ