CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«リサイクルせっけん総会 つづき | Main | せっけん使おう!7月はシャボン玉月間»
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
榊原
せっけん売り隊 (11/01) 榊原
本当にドラム式はせっけん向き? (05/22) 榊原
試作品です (03/27)
プロフィール

せっけんの街さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index2_0.xml
川崎市民石けんプラントのセミナーに参加しました [2018年07月09日(Mon)]
せっけんの街はリサイクルせっけん協会の事務局を担っています。
今年の関東セミナーは「NPO川崎市民石けんプラント」ご協力のもと、開催されました。参加予定だった長野県「飯島町粉石けんを作る会」の方が大雨の影響で参加できなくなり、西東日本の大雨が心配される中の開催でしたが、川崎は天気に恵まれました。川崎駅から、バスで30分ほどの住宅と工場が混在するエリアに石けん工場はありました。とてもきれいな工場で、スタッフの方の努力と気遣いが感じられました。23名の参加者があり、皆さんが今最も興味のある液体せっけんの焚きを見学、学習しました。川崎石けんの凄いところは、未使用の賞味期限切油が山ほど回収できているところです。液体せっけんはこの未使用油100%で焚いています。このことから、川崎石けんの液体せっけんは、安定して焚くことが可能なのだと思いました。午後はせっけんの化学を学習しました。鹸化反応や脂肪酸の種類と石けんの性質などです。「油脂は加水分解して、1つのグリセリンと3つの脂肪酸が作られます。それぞれの脂肪酸がナトリウムと結合して3個のせっけんになります。」ですよね。何度聞いても頭に定着しません。鹸化師としてこれくらい覚えないと〜(>o<)(鈴木)
リサイクルせっけん協会セミナーINIMG川崎20180707_4280.JPG
Posted by 鈴木 at 09:25 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント