CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«本部・手賀沼工場に地域交流スペース「うてな」完成 | Main | 佐倉市消費生活展»
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
榊原
せっけん売り隊 (11/01)
榊原
試作品です (03/27)
プロフィール

せっけんの街さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index2_0.xml
せっけん運動ネットワークの仲間が見学されました [2018年01月29日(Mon)]
1月25日、せっけん運動ネットワークの仲間である生活クラブ山梨の理事や組合員のみなさんが印旛沼せっけん情報センターで液体せっけんおれんじと固形せっけんの製造を見学されました。
12名の参加でしたが、半分ずつの人数に分かれて工場に入っていただきました。工場では、液体せっけんを焚く大釜や「台所用液体せっけんおれんじ」の充填作業、固形せっけんがおかれた棚などを見学しつつ、製造工程や、せっけんつくりの工夫などをお話しました。
残りの半分の方には、隣の人権センターで、まずせっけんの街の成り立ちを簡単にお話しし、おれんじの材料である未使用油の回収は生活クラブ虹の街の協力が大きいことなどをお伝えしました。
工場建設以来、障がいのある人とともに仕事をしてきたせっけんの街の活動に、みなさん興味を持たれていました。一般的な障がいのある人の給与から比べると高いということに、また障がいのある人の給与の支援をどこからも受けずにこれまで活動してきたことに驚かれていました。その後、生活クラブ虹の街の木村理事長と片桐専務理事とともに、佐倉市内のワーカーズ ハーブや、生活介護・就労継続支援事業A型などのサービスを行っている生活クラブ風の村 とんぼ舎さくらへと向かわれました。
5月に行われるシャボン玉フォーラム(開催場所:北海道)で、また山梨の方々とお会いできるのを楽しみにしています。(道端)
20181月生活クラブ山梨工場見学linecamer.jpg
Posted by 鈴木 at 17:19 | 印旛沼工場 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント