CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
榊原
せっけん売り隊 (11/01) 榊原
本当にドラム式はせっけん向き? (05/22) 榊原
試作品です (03/27)
プロフィール

せっけんの街さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sekkennomachi/index2_0.xml
せっけんの街と一緒に花見川終末処理場を見学しよう [2018年07月17日(Tue)]
せっけんの街と一緒に花見川終末処理場を見学しよう

せっけんの街は夏休み企画として花見川終末処理場見学を企画しました。
みなさんはどのような水を飲んでいますか?ペットボトル?スーパーで配布されている水?それとも地下水?さて、使い終わった水はどこでどのように処理されているのでしょう。そして、降った雨水はどのような行方をたどるのでしょう。次世代のそのまた次世代の大切な水のめぐりのために、私たちができることを一緒に考えてみましょう。

日時:2018年7月26日(木)10:00〜11:50
場所:花見川終末処理場(第一)注意:第二が別の場所にあります。(千葉県美浜区磯辺8丁目24-1)
集合場所:花見川終末処理場(第一)駐車場 9:50 現地集合・解散
参加費:無料
申込締切:7月23日(月)
主催&申込先:特定非営利活動法人 せっけんの街 本部事務局
       TEL:04-7134-0463 FAX:04-7134-7468
       e-mail:honbu@sekkennomachi.org
花見川終末処理場見学  行政 201807.png
Posted by 鈴木 at 16:08 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
せっけんの街と一緒に花見川終末処理場を見学しよう [2018年07月17日(Tue)]
せっけんの街と一緒に花見川終末処理場を見学しよう

せっけんの街は夏休み企画として花見川終末処理場見学を企画しました。
みなさんはどのような水を飲んでいますか?ペットボトル?スーパーで配布されている水?それとも地下水?さて、使い終わった水はどこでどのように処理されているのでしょう。そして、降った雨水はどのような行方をたどるのでしょう。次世代のそのまた次世代の大切な水のめぐりのために、私たちができることを一緒に考えてみましょう。

日時:2018年7月26日(木)10:00〜11:50
場所:花見川終末処理場(第一)注意:第二が別の場所にあります。(千葉県美浜区磯辺8丁目24-1)
集合場所:花見川終末処理場(第一)駐車場 9:50 現地集合・解散
参加費:無料
申込締切:7月23日(月)
主催&申込先:特定非営利活動法人 せっけんの街 本部事務局
       TEL:04-7134-0463 FAX:04-7134-7468
       e-mail:honbu@sekkennomachi.org
花見川終末処理場見学  行政 201807.png
Posted by 鈴木 at 16:08 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
せっけん使おう!7月はシャボン玉月間 [2018年07月12日(Thu)]
7月は【シャボン玉月間】です。シャボン玉月間とは「せっけん運動ネットワーク」が毎年行っているせっけん利用をすすめるキャンペーン活動です。今年は回収車用に素敵な幕を買ってもらいました!お顔がちょっとおしゃれになって、回収作業も上がります↑今年のキャッチコピーは「せっけんで おうちも くらしも 地球もきれい」です。せっけんを入り口に、水環境を考えるきっかけになるよう、アピールしていきたいと思います。(鈴木) 
※「せっけん運動ネットワーク」せっけん使用を入り口に、水環境を守る視点から幅広く暮らしを見直そうと活動する全国60団体の協同組合・NPO等で構成されています。旧協石連。
IMG_4157.jpg
7468399f9fa6fec77fa16e1b2355af476.jpg
Posted by 鈴木 at 09:30 | 印旛沼工場 | この記事のURL | コメント(0)
せっけん使おう!7月はシャボン玉月間 [2018年07月12日(Thu)]
7月は【シャボン玉月間】です。シャボン玉月間とは「せっけん運動ネットワーク」が毎年行っているせっけん利用をすすめるキャンペーン活動です。今年は回収車用に素敵な幕を買ってもらいました!お顔がちょっとおしゃれになって、回収作業も上がります↑今年のキャッチコピーは「せっけんで おうちも くらしも 地球もきれい」です。せっけんを入り口に、水環境を考えるきっかけになるよう、アピールしていきたいと思います。(鈴木) 
※「せっけん運動ネットワーク」せっけん使用を入り口に、水環境を守る視点から幅広く暮らしを見直そうと活動する全国60団体の協同組合・NPO等で構成されています。旧協石連。
IMG_4157.jpg
7468399f9fa6fec77fa16e1b2355af476.jpg
Posted by 鈴木 at 09:30 | 印旛沼工場 | この記事のURL | コメント(0)
川崎市民石けんプラントのセミナーに参加しました [2018年07月09日(Mon)]
せっけんの街はリサイクルせっけん協会の事務局を担っています。
今年の関東セミナーは「NPO川崎市民石けんプラント」ご協力のもと、開催されました。参加予定だった長野県「飯島町粉石けんを作る会」の方が大雨の影響で参加できなくなり、西東日本の大雨が心配される中の開催でしたが、川崎は天気に恵まれました。川崎駅から、バスで30分ほどの住宅と工場が混在するエリアに石けん工場はありました。とてもきれいな工場で、スタッフの方の努力と気遣いが感じられました。23名の参加者があり、皆さんが今最も興味のある液体せっけんの焚きを見学、学習しました。川崎石けんの凄いところは、未使用の賞味期限切油が山ほど回収できているところです。液体せっけんはこの未使用油100%で焚いています。このことから、川崎石けんの液体せっけんは、安定して焚くことが可能なのだと思いました。午後はせっけんの化学を学習しました。鹸化反応や脂肪酸の種類と石けんの性質などです。「油脂は加水分解して、1つのグリセリンと3つの脂肪酸が作られます。それぞれの脂肪酸がナトリウムと結合して3個のせっけんになります。」ですよね。何度聞いても頭に定着しません。鹸化師としてこれくらい覚えないと〜(>o<)(鈴木)
リサイクルせっけん協会セミナーINIMG川崎20180707_4280.JPG
Posted by 鈴木 at 09:25 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
リサイクルせっけん総会 つづき [2018年07月05日(Thu)]
リサイクルせっけん総会に参加しました。
二つの講演会がありました。一つは前回お話した「手賀沼の現状」。
もう一つの講演会は、「生活の中にある化学物質」と題し、数々の有害化学物質に関する著書を執筆している水野玲子さんにお話を伺いました。水野さんのお話は怖い事ばかりでした。私たちの周りにはたくさんの有害化学物質があることを知りました。海外で禁止されている有害化学物質が、日本では当たり前に使用されていたり、スーパーでよく見るようなハンドソープに入っている成分が、有害と分かり、数年前、ひそかにその物質が除かれ、今は普通に販売していたり…。日本製だから大丈夫と思っていた私が甘かったですね。そもそも、その化学物質が有害と分かるまで、数年、数十年という時間がかかる事が多い、もっとかかるかもしれないという事実から、新しい物、一見便利な物は自分で判断し、選択していく必要があると思いました。皆様ご存知のように、せっけんは紀元前3000年程前に発見されたとされています。このことからもせっけんはあんしんといえますね。いろいろ考えさせられる講演会でした。(鈴木)
201806 リサイクルせっけん総会 講演会IMG_4186.jpg
Posted by 鈴木 at 14:14 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
生活クラブ牛久センター 展示会 [2018年06月30日(Sat)]

今日は、生活クラブ牛久センターの展示会に来ています。風が強いです!暑いです!お近くの人!お得な消費財もありますよ!見に来て!4時までやってます!

F623D91C-98C9-4E24-B347-D7CC7C4C667D.jpeg
Posted by 鈴木 at 12:44 | 活動紹介 | この記事のURL | コメント(0)
生活クラブ 佐倉ブロック 工場見学 [2018年06月25日(Mon)]
今日は、生活クラブ生協佐倉ブロックコミュニティの方々が工場見学に来られました。
固形せっけんの焚きを見学されました。固形せっけんを台所で使用するお話をすると、「固形のせっけんが台所で使えるんですか?」とびっくりされる方がいますが、印旛沼工場で作っている固形せっけんは、台所にこそ使っていただきたいせっけんですぬれたスポンジに直接こすりつけてモミモミして使えます。固すぎず、柔らかすぎず、スポンジにこすりつけるには程よい硬さ、そして何よりコスパ上等一個買えば長〜くご使用いただけます。固形せっけんを焚き始めてから20年が経ちますが、このせっけんのファンが沢山いらっしゃって、「このせっけんのおかげで、手荒れが治りました!」など、うれしいお声もいただけます。固形せっけん焚きは、とても難しく、何年たいても、焚くたび緊張しますが、こんなお声をいただけると、やっててよかったまた頑張ろうと思えます。生活クラブ生協佐倉ブロックの皆さんは、せっけんと合成洗剤の違いや、せっけんの使い方など、沢山質問してくださり、とても嬉しかったです。小さなお子さんのお母さんもいて、次世代の為にも、せっけん利用が広がってくれると嬉しいなあと思いました。(鈴木)
工場見学のお問い合わせはお気軽に
本部事務局 04-7134-0463
※写真右は固形せっけんにラベルを張っていただいているところです。
20180625佐倉ブロック 工場見学linecamer.jpg

Posted by 鈴木 at 13:39 | 印旛沼工場 | この記事のURL | コメント(0)
リサイクルせっけん総会 [2018年06月21日(Thu)]
リサイクルせっけん総会に参加しました。北海道から沖縄まで、日本各地のリサイクルせっけんを作っている団体が参加しました。会場となった我孫子市の星野市長から、手賀沼でトライアスロンが行えるまでに、水質の浄化が進んでいる事、学校などで、積極的にリサイクルせっけんが使用されている事を伺いました。印旛沼近隣の市長も星野市長のように、リサイクルせっけんに積極的になっていただけると嬉しいのですが…厳しいです。講演会では「美しい手賀沼を愛する市民連合会」の竹内順子さんから、手賀沼の現状と、問題の対策などを伺いました。オオバナミズギンバイなどの外来水生植物が繁茂し、人とお金をつぎ込んで駆除をしても、繁殖は抑えきれない様です。印旛沼の外来生物としてはカミツキガメが有名ですが、毎年大規模な駆除活動を実施しても、根絶に至らないのが現状です。外来生物から沼を守ることは本当に困難なことだと思いました。せっけんの街では、せっけんを通じて、「美しい手賀沼を愛する市民連合会」とともに、手賀沼の水質の改善や流域の環境保全のための活動を積極的に行っていきます。
もう一つの講演会のお話は、後程…(鈴木)
2018リサイクルせっけん総会『美手連』 MG_4179.jpg




Posted by 鈴木 at 10:25 | この記事のURL | コメント(0)
ドラム式洗濯機のカビ対策 [2018年06月15日(Fri)]
千葉県も梅雨に入り、毎日ジメジメしています。
こんな時気になるのは「洗濯機のカビ」です。

【カビ対策で一番重要なことはドラムの中を多湿にしない事】

@毎日の洗濯時に20分程度の乾燥機能を使います。
ドラム式洗濯機はたたき洗いなので、タオルなどのパイルが寝てしまい、タオルが固くなってしまうのが難点です。そこで20分程度の乾燥を使う事でタオルが柔らかく仕上がります。
A洗濯物は温かいうちに取り出し、すぐに干します。洗濯物を取り出したら、洗濯機のドアを開けておきます。
干し終わって蓋を閉めるころには、ドアについた水滴も乾いています。可能であれば常時ドアを少し開けておけるといいですね。
B洗濯機の臭いが気になりだしたら、ドラム槽の洗濯をします。
酸素系漂白剤と少量のせっけんを入れて、槽洗浄コースを回します。
※衣類の仕上げに、クエン酸を使用することで、カビの餌となるせっけんカスをドラムの中に残さないようにすることが出来ます。
kaden_sentakuki.png

Posted by 鈴木 at 12:25 | 雑記 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ