CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年06月 | Main | 2018年08月 »
海の恵みを拒絶する日本の復興 No.158[2018年07月12日(Thu)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.158
no158.jpg

  • 海岸線に延びるコンクリートの防潮堤

  • グレーインフラでは将来世代の暮らしを守れない

  • コンクリートが好きな日本人

  • 津波災害からの復興と再建

  • 自然を取り戻す世界の沿岸

  • 宝の海と生き続ける


コンクリートの堤防に1兆4000億円、これが日本の復興。
自然との共存、それが世界の復興です。


宝の海と生き続ける

海と折り合いをつける

悠久の昔から、豊かな恵みをもたらしてきた宝の海。
時にまちを飲み込み、尊い命を奪う畏れの対象にもなってきました。
国は、四方を海に固まれた国土を守ることを目的として、潮や砂の流れ、地形などをもとに海岸線を71に区分し、すべての海岸で、都道府県が海岸保全基本計画を策定しています。
港はもちろん、海に面してまちや農地などがある場所では、海岸線に人工的な構造物をつくり、津波や高潮、高波などから防護する、ということが基本となってきました。

しかし東日本大震災では、海岸線につくってきた防潮堤を、津波は軽々と乗り越え、多くの命と資産が失われてしまいました。
人間が自然をコントロールし抑え込もうとしても、その猛威の前にはなすすべがないと、あらためて思い知らされたのです。
ようやく国は、海岸線で防護する、というこれまでの考え方を転換しつつあります。
東日本大震災のような、数百年から千年に1回程度の頻度で発生し、甚大な被害をもたらす最大クラスの津波に対しては、防護だけでなく避難を軸に、高台へ早く逃げるためのルートや施設をつくったり、まちの高台移転を含め、海に近い場所の土地利用を見直したりして、海辺の地域全体で対応しようという方針です。

ただ残念ながら、海岸線自体の考え方は変わっていません。
全国一律に、防潮堤をさらに高く分厚くするという姿勢です。
被災地で建設が進む防潮堤は、これまで以上に、まちと海を隔てる巨大な壁となり、景色は一変しました。
肝心の海が見えなくなり、海とともに暮らしてきたまちらしさが失われ、人々の心は、海から、そしてまちから離れつつあります。
命を守るためにと防潮堤をつくっても、防潮堤の背後のまちから人がいなくなってしまっては、元も子もありません。

大事なことは、津波のおそれがある場所から遠ざかり、海辺の地域でそれぞれに培われてきた風土や生業、歴史や文化を活かして、これからも住み続けたい、訪れてみたいと思えるまちをつくることです。
海と折り合いをつけながら、賢くしなやかに暮らしてきた先人の経験や知恵が、重要な鍵となります。

自然の盾で、将来に渡って命と暮らしを守る

コンクリー卜でつくった防潮堤の寿命は、数十年から百年です。
次に津波が来る時まで持たないのです。
一方、多様な生きものを育む海岸の自然には、激しい波のエネルギーを弱めて穏やかにする働きがあります。
しなやかで厚みのある自然の盾となり、大きな防災・滅災効果があるのです。
また、豊かな水産資源をすることに加え、美しい自然は地械の魅力や価値を高め、観光の目玉にもなるので、地域の経済を支える基盤とも言えます。
子どもたちや将来の人々のことを考えたとき、海岸にもともとあった湿地や樹林、砂丘、砂浜、干潟、藻場などを再生し効果的に活用することが、将来に渡り海辺のまちで生き続けるための条件となるはずです。

海岸の自然は、自然の作用が生み出す地形や生態系なので、回復力もあり、維持管理の費用は少なくて済みます。
一方、海岸から流域に目をやると、川にはダムやたくさんの堰(せき)があり、砂の供給や移動が妨げられています。
自然の盾が機能するためには、合意形成をしながら人工的な構造物を撤去し、自然の営みを取り戻すことが不可欠です。

津波の被災地における教訓を絶対に無駄にしてはなりません。
沿岸の土地利用の制限や補助金の活用によるまちの移転など、あらゆる政策を駆使して、宝の海と共存するしなやかなまちをつくり直し、世界が求める持続可能な地方創生を果たすことが、今を生きる私たちの使命です。
渡り鳥が減っている No.157[2018年07月11日(Wed)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.157
no157.jpg

  • 世界の環境を見ている渡り鳥

  • 7割が渡り鳥

  • 狭まる生息環境

  • 渡り鳥が求める自然環境

  • 欧米における国境を越えた取り組み

  • 世界共通の財産を守る


自分の翼だけで、壮大な旅を続ける渡り鳥。
その貴重な鳥たちの生息地を打ち壊した日本。
干潟、草地、森の再生が今、求められています。


7割が渡り鳥

私たちが国内で見る鳥のうち約7割が渡り鳥です。
どのような鳥がいて、またどのような環境を必要としているのでしょうか。

国境を越える季節

四季の変化がはっきりしている日本では、季節によって北へ南へと移動する多様な渡り烏を見ることができます。
例えば、春には、前述したツバメが、東南アジアからやってきて子育てをします。
無事に巣立ったヒナは、数か月後にはすぐに一人前になり、秋には東南アジアへとまた海を越えて戻っていきます。
初夏の森には、同じく東南アジアから渡ってきたオオルリの美しい声が響きます。
春と秋には、シギ・チドリの仲間たちが繁殖地であるシベリアと、越冬地である東南アジアやオーストラリアなどを行き来する途中で、栄養補給や羽を休めるために日本に立ち寄ります。
トウネンという小さなシギの仲間は、体重がわずか25g程度しかありませんが、そんな小さな体で、往復2万km以上という距離を移動します。
冬になると、短い夏に豊富な食物に恵まれるロシアなどの北の国で子育てを終えたカモやガンの仲間などが、巣立った若鳥を連れて日本にやって来ます。
そのほかにも、日本国内で山地から低地へ移動するような、小規模な渡りをする鳥もいます。

日本で確認されている鳥のうち約7割もの種が、何らかの形で渡りをしながらくらしています。

渡り鳥が必要とする環境

季節によって生活する場所を変える渡り鳥たちには、子育てをする繁殖地、冬を過ごす越冬地、移動する間に休憩場所として立ち寄る複数の経由地が必要で、どれか一つでも欠けてしまえば生きていけません。
また、それぞれの地域で必要とする環境も種によってさまざまです。

例えば、タカの一種であるサシバは林と水田が一体となっている里地里山に好んで生息しますが、カモたちは河川や湖沼に、シギ・チドリたちは干潟や淡水湿地に飛来します。
渡り鳥全体を見ると、森、湿地、河川、湖沼、干潟などの自然環境に加え、水田、畑など、人聞に近い環境を利用する種もいます。
多様な渡り鳥たちの生活を支えるためには、日本各地で多様な環境がしっかり守られている必要があります。
プロフィール

日本生態系協会さんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 環境ブログへ

http://blog.canpan.info/seitaikeikyokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/seitaikeikyokai/index2_0.xml