CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 生き物 | Main | 子供たち »
野草を忘れた日本 No.133[2016年04月24日(Sun)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.133
no133.jpg

  • 野草から恵み

  • 野草は勝手に生えるもの?

  • 生きものを支える野草

  • かつての草地は-芝生と、繁茂する外国の草花

  • アメリカでの取り組み

  • 日本の野草を増やす




生きものを支える野草

野草は、人間以外の生きものにとっても、なくてはならない存在です。
生物多様性を豊かにしていくうえで欠かせない、野草の重要性を紹介します。

生態系を支える野草

植物は、生態系ピラミッドを底辺から支えていて、いろいろな動物の食物となっています。
例えば、チョウは幼虫の時に植物の葉を食物にしますが、多くのチョウは特定の種類の葉しか食べません。
日本で見られるチョウのうち、野草を食物としているチョウは86種と、全体の約36%を占めています。
これらのチョウは、食物となる野草がないと生きていくことができません。
成虫になったチョウは花の蜜などを食物にしますが、富士山麓の森林地帯で調査を行った研究では、チョウが食物として蜜を吸っていた植物45種類のうちの80%(36種)が野草で、
樹木はわずか20%(9種)であったと報告されています[1]。これは、森林地帯であっても、林の縁(へり)などの明るい場所に多くの種類の野草が生え、それらがチョウの重要な食物になっていることを示しています。

花と花の間を行き来して、花粉を運ぶハチやアブは、植物が実をつけることを助けるという大事な役割を果たしていますが、同時に、花粉を食べることで生きています。
花が咲く時期はそれぞれの種によって決まっていますので、ハチやアブにとっては、咲く時期が異なる多くの種類の花が、春から秋にかけて途切れることなく、順に咲いていくことが必要です。

日本の在来植物は、野草が約7割を占めていますので、多くの種類の野草が生育していることで、葉を食べる虫も、また花粉を食べる虫も、多くの種類が生きていくことができるのです。
※【引用】[1]北原正彦(2000)トランセクト調査によるチョウ類成虫の食物資源利用様式の解析とそれに基づく群集保全への提言。
昆虫と自然 35(14):4-9
緑 みどり 緑化 No.62[2016年02月13日(Sat)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.62
−『緑』から日本が輝く『自然』へ−
no62.jpg

  • 身近な緑

  • 『緑』と『自然』どこが同じでどう違う?

  • 『緑』のイメージ 『緑』=『木』?

  • 『緑』のなかみ いろいろあれば何でも良い?

  • 『緑』の管理 何のための『管理』?

  • 『緑』がもつ機能 何のための『緑』?

  • 本来の『緑』とは?

  • 『緑』化ではなく、『自然』化へ




身近な緑


川の緑

広い河川敷は、リクレーションの場所として整備されているところもあります。
春には、堤防上の桜並木が楽しめます。

庭の緑

色とりどりのきれいな花が咲く花壇には心がなごみます。
ガーデニングブームとともにいろんな種類の花が一般家庭でも見られるようになりました。

公園の緑

きれいに刈られた芝生では、ごろんと横になる人、ボール遊びをする人、犬の散歩をする人などで賑わいます。
こういった場所は、防犯の意味もあり、見通しがきくようになっています。

田んぼの緑

風になびくイネの緑が広がります。農家の人は化学肥料や除草剤をまいてこの緑を管理します。

神社の緑

神聖な場所として手を付けないので、古木や大木が残っています。鳥居やお堂の裏にこんもりとおい茂る緑を目にします。

街路樹の緑

道路の脇に続く街路樹は街の顔になっています。
排気ガスに強い木が選ばれ、最近では枝が横にはらない品種も育生されています。

森林の緑

日本は、国土面積の約7割が森林です。
山に行くと、スギやヒノキといった同じ種類の木が一面に生えているところが多く見られます。

ゴルフ場の緑

鮮やかな緑、きれいに刈られた芝が続きます。
芝は一年を通して管理され、雨水もたまらないような仕組みになっています。
ゴルフは、緑の中でできるスポーツとして人気があります。

丘陵の緑

均衡ではクヌギやコナラなどの緑が、みられます。雑木林と呼ばれ、地域の人々の憩いの場としても親しまれています。

屋敷林の緑

農家の背後にまとまった緑が見られることがあります。かつては、風を防いだり、燃料や資材とするために植えていました。


「緑豊かなまちに!」

こんなキャッチフレーズを掲げて緑化活動に取り組んでいる場面に、私たちはよく出会います。
誰もが良いことだなあと思います。そしてまた実際、そのような取り組みによって生まれた『緑』は全国各地で見られます。
しかし、どうやらこれらの『緑』のなかに、本来の『自然』とはかけ離れているものもあるようです。

生物多様性の保全について世界中で様々な取り組みが行われる昨今、日本においても本当の『自然』を取り戻すために、今回は『緑』について考えます。
メキシコの花コスモス No.33[2016年01月15日(Fri)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.33
no33.jpg

  • 全国に広がるコスモスの輪

  • コスモスはメキシコの花

  • コスモスでは日本の自然が壊れてしまう

  • 地域の自然をまちの誇りに

  • 正しい自然観で豊かな生態系を

写真は、メキシコの自然のなかに咲くコスモスです。
日本の秋の風物詩のように思われがちなコスモスですが、実は日本の花ではなく、もともとメキシコからの外来の花です。
近年、日本各地で自然草地にコスモスを大量に植えるまちが増えていますが、そのため日本に本来ある自然生態系が壊れつつあります。


地域の自然をまちの誇りに

誤解されたアメニティ

一昔前、アメニティを重視したまちづくりという言葉がよく聞かれました。※1
アメニティとは、場所や気候など本来そこにあるものについての心地よさ、快適さなどを意味し、自然や歴史文化財、公共サービスなど、簡単に値段をつけて評価しきれないようなことを含めた「住み心地のよい生活環境」を指します。※2
しかし、わが国では、快適さや便利さの部分のみが強調されるあまり、いままであった本当の自然や文化を壊してまで、見た目の美しさなど一面的な快適性を得るための人工空間づくり、まちづくりがもてはやされてきました。
こうした誤解は、自然環境の価値がより重要視されるようになってからも続き、「自然と共生するまちづくり」といいながら、内容は前ページに挙げたような外来種の大規模な導入や自然のモノカルチャー化という例が後を絶ちません。
※1わが国でアメニティ議論が本格化したのは、1977年にOECD(経済協力開発機構)が"日本は公害問題の解決には目ざましい成果をあげたものの、快適環境(アメニティ)においては欧米諸国に比べて著しく立ち遅れている"と指摘されて以来といわれています。
※2(『日本の環境政策』宮本憲一,1987)

花とみどりのまちづくりコンクール
1990年の「国際花と緑の博覧会」の精神や理念を継承し、その輪を全国または国際的に広げることを目的に1991年から毎年行われているのが、このコンクールです。
審査のポイントのなかのひとつ「環境との調和」にあげられた項目は、

  • 花と緑の調和

  • 空間の有効利用

  • 屋外広告物等の地域環境と整合性

  • 環境美化への対応

  • アメニティー


となっており、コンクールの審査基準に自然生態系の視点はありません。
また、審査のポイントは第1回目から現在まで同じです。
こうした大規模なコンクールや催しものは、人々に自然の意味を教えることができる大切な場です。
コンクールの中で上位入賞を目指そうとする人々に、守り育てるべき自然とは何なのか、具体的に提示する必要があるといえます。
自然が激減している現在、ささやかに庭先に植えた園芸種で心をなごませたり、植物の成長を観察する程度ならそれほど大きな害はありません。
しかし、自然のなかを外来の園芸品種で埋めつくすことは大きな問題です。
地域の自然生態系に目を向けるべきだという世界の潮流をくみ、むしろ日本に回復させるべき自然の姿を明確に示し、日本に本来の豊かで多様な自然を取り戻すきっかけづくりとなる、コンクールが開かれることが望まれます。

地域の野草をまちの誇りに

地域の草といわれても、何を植えたらいいのかわからないという人が、日本にはたくさんいます。
それが地域の植物でなくとも、鳥などがやって来るピラカンサのような実のなる木を植えれば、自然生態系に配慮したことになると思っている人も少なくないでしょう。
しかし鳥の種類も地域によって特徴をもっていますから、エサとなる植物も昔からその土地にあった植物を植える必要があります。
現在、多くの市町村が「○○市の植物」といった本を出しています。
また、各県版のレッドデーターブックも続々とつくられるようになりました。
地域の生きものや自然の状況を多くの人々が正しく理解していくためには、こうした資料の内容の充実と活用、地方自治体の積極的なPRなども必要です。
見た目にきれいな草を植えることを地域の売りものにする時代はもう終わりを告げました。
地域色豊かな植物やその生息地を守り、自分のまちの自然を大切にすることが将来のために必要なのです。
表土が危ない! No.31[2016年01月13日(Wed)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.31
no31.jpg

  • 土壌はなぜ大切か

  • 土壌とは何か

  • 表土がなくなる

  • 危機はさらに

  • 表土なしに未来はない

  • 表土の保全に向けて

  • 土壌憲章

  • 身近なところから


作物を育てたり、雨水を浄化しきれいな水を与えてくれるなど、古くから私たちの生活になくてはならないものである土壌。
実は人間の役に立っているばかりではなく、生態系全体を根底から支えています。
しかもそうした働きの多くは、土壌の地表に近い部分の「表土」が担っているのです。
しかし、この大切な表土が今、世界中で急速に失われています。
ところが日本では表土のことを気にとめる人はわずかで、日常生活の中で土に触れることすらなくなってきているのです。
表土が失われ、生態系が根本から崩れていく状況をこのまま見過ごして、果たして私たちの未来はあるのでしょうか?


土壌はなぜ大切か

土壌には3大機能がある

土壌には私たちの生活との関わりから考えると、生産・分解(浄化)・養水分の保持という3つの大きな働きがあります。

1.生産

緑色植物が育つには大気からの二酸化炭素、太陽からの光のほかに、養分や水などが必要です。
その養分や水は主に土壌から与えられています。
つまり土壌には植物を育てる働きがあるといえますが、この働きが、植物を餌とする動物やさらにそれらを食べて生きるものたちすべてに恵みを与えているといってよいでしょう。
もちろん、それは人間にもあてはまります。
人類は古くから農業や林業、牧畜などの生産手段として、また、育った植物を食料や、医薬品の原材料にするなど、この生産機能を利用してきました。
人間を含めた生き物は、土壌の生産機能に大きく頼っているため、土壌が衰えたり失われてしまっては、生き続けることができません。
特に、世界の人口をこれから養っていくためには、食料生産を可能としている土壌の役割は、きわめて重要です。

2.分解(浄化)

毎年、秋になると森のなかにはたくさんの落ち葉が降り積もりますが、落ち葉が無制限に増えないのはなぜでしょうか?
それは落ち葉が、ヤスデ、トビムシ、ササラダにといった土壌動物に食べられて細かくなり、また、キノコやカビなどの菌類、そして細菌類によって分解され、最後には植物の養分などの無機物になるからです。
落葉が仮に動物の遺体などであっても分解の過程は同じで、土壌生物を育む土壌には分解機能があるといえるのです。
また、土壌粒子は他の物質を吸いつけたり、溶かしだしたりする性質をもっています。
地表から浸みこんできた汚水の汚染物質などは、この性質によって土壌中にとどめられ、あるものは土壌微生物によって分解されます。
そして水はさらに下へと浸透し濾過され、きれいな地下水になっていきます。
井戸水などが飲めるのもこの土壌の浄化作用のおかげです。

3.養分、水分の保持

よく発達した土壌では、スポンジのように大小さまざまな孔やすき間がたくさんあり(団粒構造)、水や空気の通りがよいと同時に養分や水を貯えておくことができます。
大雨の後、グラウンドなどでは水たまりがなかなか消えないのは、団粒構造がないためで、逆に豊かな森林をもつ山に大雨が降っても水たまりができにくいのは、森林の土壌がもっている団粒構造のおかげなのです。
土壌は養分や水を貯えると同時に、地下にゆっくり水を通し、地下水を豊かにしています。
土壌は、以上のような3つの働きを中心に私たちの生活と深く関わっていますが、そのほかにも酸性雨など様々な影響を和らげたり消したりする働きがあり、この働きにより酸やアルカリなどは中和されます。
また、たとえばコンクリートの上では温度が急激に変化していますが、土壌ではある程度一定しています。

植物たちが危ない! No.27[2016年01月09日(Sat)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.27
no27.jpg

万葉の昔から親しまれてきた秋の七草。
七つの花の名をあげられる人は案外少ないのではないでしょうか。
まして、見分けられる人となれば、もっと少ないことでしょう。
上の写真から秋の七草はどれかわかりますか?
日本文化の象徴の一つともいえる秋の七草ですが、今も身近に見ることができるのは、クズだけとなってしまい、うち1種は「絶滅危惧種」に、他の5種も私たちの身近から明らかに姿を消しつつあります。
日本の野生植物は、6種に1種が絶滅の危機にあるといわれています。
しかし、現在進められている調査では、絶滅の危険性がより深刻な植物が、大幅に増えそうだといわれています。
今月号では、身近で進む植物たちの危機について考えます。


激減・絶滅 理由は何?

なぜなくなった 秋の七草

かつてはごく身近に見られた秋の七草は、なぜ姿を消したのでしょうか?実は秋の七草は、尾花と呼ばれたススキの草原に好んで咲くものばかりなのです。
草原は人の手や洪水、野火などが入らないと森に変わります。秋の七草は万葉時代以前、おそらく縄文時代後期か弥生時代から人々が屋根を葺き、牛馬の餌や肥料にするために草を刈り、あるいは洪水や野火で維持されてきたススキ原で生きてきた植物なのです。
高度経済成長以降、大きく変わった私たち日本人の暮らしは、草刈り場を必要としなくなりました。農地整備は、野草が咲いていた畦や土手を削り取ってしまいました。ダム建設や河川改修によって洪水も起こりにくくなり、川原のススキ草原もなくなりました。身近な自然を壊してしまったことを意味します。

水草激減のわけ

日本の植物の中で、最も危機的な状況にある水草。激減の理由を探りました。

●埋め立て

湖沼や湿地の埋め立てで、生育環境が消失しました。

●コンクリート護岸

農業用水路や小川、湖沼、ため池の岸辺がコンクリートで固められたために、生育環境が消失しました。

●水質の悪化

特に透明度の低下は、沈水植物※や浮葉植物※の芽生えに太陽光線が届かないため、光合成ができなくなります。

●水位の安定化

湖沼に水門や堰が建設され、水位の変動がなくなったため、一年生の水草が好む岸辺の泥湿地が消失しました。

●除草剤の多用

除草剤によって水田や農業用水路などの水草がなくなりました。

●浚渫(しゅんせつ)

沈水・浮葉植物が消滅した湖沼の沖合を浚渫すると、波浪と湖底の侵食によって湖岸の植生帯が崩壊します。

●外来種の侵入

外国産の水草によって、日本在来の水草が駆逐されています。


※沈水植物:茎や葉など植物全体が水中に沈んでいるもの。浮葉植物:茎は水中にあるが葉が水面に浮いているもの。
落ち葉はゴミではない No.4[2015年12月17日(Thu)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.4
no04.jpg

  • ゴミ扱いされる落ち葉

  • 自然を支える落ち葉

  • 落ち葉は土に

  • 落ち葉の活用

  • 有機物が循環する社会を

  • 落ち葉を大切にしよう


春から夏にかけて青々と緑を茂らせてきた植物が、冬を間近に迎えた今、その活動を休もうとしています。
植物は土の中の養分と水を根から吸収し、二酸化炭素と太陽の豊な恵みを受けて、酸素と緑を創りだしています。
このような働きをする植物は、私たち人間だけでなく、あらゆる種類の生き物を含めた、自然生態系を形づくる大切な要素です。
もちろん庭や公園の植物や街路樹などの都市の植物たちも、その役割は大自然の中の植物と変わりません。
しかし、街に生きる落葉樹のほとんどは、紅葉の季節を迎えるとその美しさが一時的に楽しまれますが、地面に降る落ち葉は一転、ゴミとしてじゃまもの扱いにされてしまいます。
落ち葉は雨樋(あまどい)を詰まらせたり、歩道を汚すだけの無用のものなのでしょうか。
今回は落ち葉の役割について考えます。


ゴミ扱いされる落ち葉

落ち葉はじゃまもの!?

街路樹の落ち葉が歩道に散り、庭や公園にも赤や黄色の落ち葉が降る季節です。
落ち葉は私たちに季節の変化を知らせ、その美しさに心が和みます。
しかし、いったん地面に散った落ち葉は、街の厄介者になってしまいます。
屋根に降る落ち葉は雨樋を詰まらせ、歩道の落ち葉も排水溝を詰まらせます。
吹き寄せられた落ち葉はやがて腐り、街の美観を損ねます。
風で飛ばされる落ち葉は苦情の原因となり、街の中に残された大切な大木が伐られることもあります。
過度に人工化された都市部では、落ち葉はじゃまものになっています。

"処分"される落ち葉

地面に散った落ち葉の"処分"は、各家庭から行政までさまざまなレベルで行われています。
家庭の庭で掃き集められた落ち葉は、燃やすか「燃えるゴミ」としてゴミの日に出されます。
自治会や各種の奉仕団体、さらに国や自治体が道路や公園などで行なう清掃作業でも、集められた落ち葉の多くは大変な費用をかけて焼却処分されています。
ところで、落ち葉は本来土に還って再び植物の養分となるべきもののはずです。
落ち葉を焼却処分することは、豊かな土をつくる資源を浪費し、地球温暖化の原因のひとつである二酸化炭素を増加させているのです。

自然を支える落ち葉

落ち葉は豊かな土をつくる

街の落ち葉は焼却処分されてしまいますが、自然界の落ち葉は地面に降り積もり、細菌やカビ、さまざまな動物などによって分解されます。
森の中に足を踏み入れればわかりますが、森の土はふかふかと弾力をもっています。
それは落ち葉の層、落ち葉が腐った腐葉土の層、そして「黒土」の層と、何年にもわたって降り積もった落ち葉が、水分と空気を多く含くみ、養分に富んだ豊かな土になっているからです。

落ち葉は多くの生き物を育む

東京都の明治神宮の例では、落ち葉や表土の中には片足の下だけで26万匹の小動物と、175億個の細菌が生息するといわれています。
また、落ち葉を隠れ家にしている生き物も少なくありません。
コオロギやゴミムシなど地上に住む多くの昆虫がそうですし、ノネズミも落ち葉の層の下にトンネルをつくって生活しています。
さらに、落ち葉を冬越しに使う生き物もたくさんいます。
例えば、エノキの葉を食べて育つオオムラサキやゴマダラチョウの幼虫は、地上の落ち葉にくっついて冬を過ごします。
落ち葉はそれ自体がいろいろな生き物を育む「ゆりかご」でもあるのです。

落ち葉は表土を守る

落ち葉は豊かなな土(表土)をつくる大切な資源ですが、落ち葉そのものが表土を物理的に守る働きもあります。
森は「緑のダム」といわれますが、植物が大地に根を張って、水分を含みやすい豊かな土を守っているからです。
もちろん植物自体もたくさんの水分を含んでいます。
さらに、落ち葉が地面を覆うことによって土の感想を防ぎ、雨や風で大切な表土が失われることを防いでいます。
プロフィール

日本生態系協会さんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 環境ブログへ

http://blog.canpan.info/seitaikeikyokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/seitaikeikyokai/index2_0.xml