CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ささえが必要な子どもたちにも自然体験 No.150 | Main | 生きている海岸線 No.152 »
川は治めるから共存するへ No.151[2017年05月31日(Wed)]
日本生態系協会 会報「エコシステム」No.151
−川の法律改正から20年 −
no151.jpg

河川法の目的に「環境」が加えられ、今年で20年の節目を迎えます。
この間、ある一定の成果は得られましたが、取り組みはまだまだこれからです。
50年先100年先を見据えた川づくりが、いま、求められています。



ダムと堤防では守りきれない

気候変動の時代を迎えて
気候変動により、今後ますます高まる水害の危険。
「治める」から「共存する」へと発想の転換が求められる川の現状を見ていきましょう。

鬼怒川の決壊が突きつけた現実

2015年9月9日から11日にかけて発生した「平成27年9月関東・東北豪雨」では、台風17号、18号の影響により、鬼怒川一帯が猛烈な豪雨に見舞われました。
各観測所で既往最多雨量を記録し、全川にわたり急激に水位が上昇しました。
鬼怒川の中流部では堤防が決壊、氾濫した流れは、およそ10km下流の常総市の水海道地区まで到達し、市の約3分の1に相当する約40kuが浸水、常総市では2名の方が亡くなり、約4,300名の住民が救助されました。
家屋の流出、損壊および浸水等、9,000棟近くが被害を受け、浸水が解消するまでに10日間を要するという規模の大きさとなっています。
2016年8月の「平成28年度北海道豪雨」においても、相次いで台風が発生、いずれも北海道に上陸し、東部の札内川や空知川の堤防が決壊するなど大きな被害となりました。
また数年前、広島市で大規模な土砂災害が発生した「平成26年8月豪雨」など、かつては“記録的”とされるような豪雨が、近年では毎年どこかで発生している状況になっています。
今後、気候変動は激化すると予測されており、このような災害はどこでも起こりうることであり、災害規模も大きく、頻度も増えていくと考えられます。
さて、鬼怒川の大水害を踏まえて、平成27年12月に、社会資本整備に関する審議会より「大規模氾濫に対する減災のための治水対策のあり方について」と題する答申がなされました。
それによると、気候変動によりダムや堤防等の能力を上回る洪水の発生頻度が高まることが予想されることから、社会の意識を「施設の能力には限界があり、施設では防ぎきれない大洪水は必ず発生するもの」へと変え、社会全体で洪水氾濫に備える必要があるとしています。

新しい発想と対策

気候変動により、今後高まることが予想される水害リスクに対して、河川法の改正から20年を迎える現在において、以下のような発想と対策が必要だと考えられます。


@発想の転換「治水」から「共存」へ

今後は、ダムや堤防などの施設では防ぎきれない大洪水は必ず発生するものだと意識し、今までの「治水」や「利水」といった川を「治める」という考え方から、私たちの生存基盤である自然の川と「共存」していく、という方向に考えを変える必要があります。

A土地利用の見直しによる対策

私たちはダムや高い堤防をつくることで、川のすぐ近くまで生活の場を広げてきました。
しかしながら、この状況は、鬼怒川のケースのように、ひと度、計画規模以上の洪水が起こると、その被害も甚大になります。氾濫による被害を受けやすい場所には生活空間をつくらず、被害を受けにくい場所に移住や都市機能を徐々に移転するなど、土地利用の状況を考慮した対策が必要です。

B流域全体での対策

今後は、ダムや堤防に頼りすぎず、使われなくなった農地などを湿地に戻してそこに氾濫した水を流す、雨水浸透マスにより雨水を地下に浸透させるなど、流域全体で洪水を受け止めていくような対策が求められます。

タグ:
この記事のURL
http://blog.canpan.info/seitaikeikyokai/archive/154
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1273991
 
コメントする
コメント
プロフィール

日本生態系協会さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 環境ブログへ

http://blog.canpan.info/seitaikeikyokai/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/seitaikeikyokai/index2_0.xml