CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AGE FREE COMMUNITY
北海道札幌市を拠点に発達障害の理解啓発を深める活動をしており、月に1〜2回のペースで「発達障がいの学びば」を開催しています。
« 定例会のご案内です。 | Main | 発達障害を考える 11月5日、佐賀市で(佐賀新聞より) »
発達障害の理解深める企画展、関連本も100冊設置 宇都宮市東図書館(下野新聞より)[2014年10月18日(Sat)]
 【宇都宮】発達障害をテーマにした企画展「ing(今もそしてこれからも)〜発達障がいの理解を深める」が17日、東図書館で始まった。多くの市民や関係者に深く理解してもらうのが狙いで、同館が発達障害の大型企画展を開くのは初めて。100冊に及ぶ関連本コーナーを設置したほか、講演会やDVD上映会も予定しており、発達障害を総合的に理解できるように工夫している。

 出入り口に設置した企画展コーナーには、発達障害を説明した3枚のパネルを掲示したのをはじめ、視覚支援として残りの時間を知らせるタイムタイマーなど発達障害の手助けとなるグッズ類も展示。市内にある発達障害支援施設のパンフレットも用意して、自由に持ち帰ることができるようにした。

 講演会は3回開く予定。とちぎリハビリテーションセンターの佐藤俊夫相談支援部長が30日に「みんなで考える子どもの育ち〜発達障がい児の理解とその支援」、11月19日に「こどもの心を受けとめるために〜思春期における発達障がいへの理解と支援」をテーマに講演する。

 11月9日には市内のNPO法人チャレンジド・コミュニティの金井光一理事長が「発達障がい者の就労支援〜事例紹介を交えて」について話す。DVD上映会は22日と11月6日。講演会も上映会も開始はいずれも午前10時から。

 企画展は11月19日まで。問い合わせは同館電話028・638・5614。

   住所:栃木県宇都宮市中今泉3丁目5-1
開館時間:午前9時30分から午後7時

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20141018/1750751
この記事のURL
http://blog.canpan.info/seir/archive/109
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

Age free communityさんの画像
Age free community
プロフィール
ブログ
発達障害関連書籍
タグクラウド
最新記事
カテゴリアーカイブ
http://blog.canpan.info/seir/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/seir/index2_0.xml
QRコード