CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
2010 ANNUAL REPORT[2011年04月28日(Thu)]
2010 ANNUAL REPORT が公開されました。

当財団は、アジア太平洋地域におけるポートステートコントロール(PSC)の係る地域協力に関する合意(東京MOU)に基づく事務局としての事業を的確に行い、サブスタンダード(基準不適合)船を駆逐し、海上における安全確保及び海洋環境の保全に寄与することを目的に設立された。

ANNAL REPORTは当財団が毎年発行しているもので、1年間の活動状況やPSC関連のデータを掲載している。因みに、2010年のアジア太平洋地域におけるPSC検査隻数は14,536隻、入域船舶数は22,058隻、検査率は66%、航行停止処分数は1,411隻、航行停止処分率は5.48%であった。

関連する成果物
2007 ANNUAL REPORT
2008 ANNUAL REPORT
2009 ANNUAL REPORT


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 東京MOU at 10:29 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

平成22年度東京MOUに隣接するPSC地域組への専門家派遣事業報告書[2011年04月27日(Wed)]
平成22年度東京MOUに隣接するPSC地域組への専門家派遣事業報告書 が公開されました。

助成事業の概要

1.事業名:東京MOUに隣接するPSC地域組への専門家派遣事業

2. 目的:隣接地域から東京MOU域内に入港する船舶の中には未検査のものも多く、良好な状態にないという状況下で、東京MOU域内の海上安全及び海洋環境の保全を確保するためには、他地域のPSC組織と連携強化を図り、域内入港船舶から未検査船舶を無くしていく努力を行うことが課題となっています。この課題を解決するには、研修ノウハウを持つ東京MOUから他地域に専門家を派遣し当該地域のPSC職員を対象に研修を行い、PSC職員の能力向上を図る必要があり、本事業を開始しました。本事業により、当該地域及び東京MOU域内の海上安・海洋環境保全が図れます。

3.概要:本年度は、隣接するインド洋MOU地域のインド及びケニアへの専門家派遣を実施しました。


関連する成果物
平成21年度報告書


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 東京MOU at 17:04 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

平成19年度「PSC検査官ネットワーク」事業報告書[2010年06月25日(Fri)]
平成19年度「PSC検査官ネットワーク」事業報告書 が公開されました。

当事務局は、東京エムオウユウ域内の途上国に対する研修事業を実施している。1995年に研修事業を開始して以来、日本で行う「基礎研修」及び「中級研修」の受講者は延べ466名、「専門家派遣」の受講者は約1200名に及ぶ。しかしながら、当事務局には、研修生のフォローアップを十分には行っていなっかたという反省もあり、研修生データベースを構築したいと考えた。このため、データベース構築の前段階として、各国を訪問し、研修履歴を含めたPSC検査官の名簿を作成することとした。また、同時に、研修生等から直接、当事務局が行っている研修事業に対する評価や要望なども聴取することとした。

事業は、平成17度から平成19年度までの3年間にわたり実施した。今後は、3年間に得られた成果を活用し、データベースの構築やより効果のある研修事業の実現に向けて努力していく。




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 東京MOU at 15:12 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

2007 ANNUAL REPORT[2010年06月25日(Fri)]
2007 ANNUAL REPORT が公開されました。

当財団は、アジア太平洋地域におけるポートステートコントロール(PSC)の係る地域協力に関する合意(東京MOU)に基づく事務局としての事業を的確に行い、サブスタンダード(基準不適合)船を駆逐し、海上における安全確保及び海洋環境の保全に寄与することを目的に設立された。

ANNAL REPORTは当財団が毎年発行しているもので、1年間の活動状況やPSC関連のデータを掲載している。因みに、2007年のアジア太平洋地域におけるPSC検査隻数は12,337隻、入域船舶数は22,039隻、検査率は66%、航行停止処分数は1,239隻、航行停止処分率は5.62%であった。



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 東京MOU at 14:15 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

2008 ANNUAL REPORT[2010年06月25日(Fri)]
2008 ANNUAL REPORT が公開されました。

当財団は、アジア太平洋地域におけるポートステートコントロール(PSC)の係る地域協力に関する合意(東京MOU)に基づく事務局としての事業を的確に行い、サブスタンダード(基準不適合)船を駆逐し、海上における安全確保及び海洋環境の保全に寄与することを目的に設立された。

ANNAL REPORTは当財団が毎年発行しているもので、1年間の活動状況やPSC関連のデータを掲載している。因みに、2008年のアジア太平洋地域におけるPSC検査隻数は12,622隻、入域船舶数は22,149隻、検査率は61%、航行停止処分数は1,530隻、航行停止処分率は6.91%であった。



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 東京MOU at 14:07 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

2009 ANNUAL REPORT[2010年04月16日(Fri)]
2009 ANNUAL REPORT が公開されました。

当財団は、アジア太平洋地域におけるポートステートコントロール(PSC)の係る地域協力に関する合意(東京MOU)に基づく事務局としての事業を的確に行い、サブスタンダード(基準不適合)船を駆逐し、海上における安全確保及び海洋環境の保全に寄与することを目的に設立された。

ANNAL REPORTは当財団が毎年発行しているもので、1年間の活動状況やPSC関連のデータを掲載している。因みに、2009年のアジア太平洋地域におけるPSC検査隻数は13,298隻、入域船舶数は21,827隻、検査率は61%、航行停止処分数は1,336隻、航行停止処分率は5.78%であった。



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 東京MOU at 16:59 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

平成21年度「東京MOUに隣接するPSC地域組織への専門家派遣」 事業報告書[2010年04月08日(Thu)]
平成21年度「東京MOUに隣接するPSC地域組織への専門家派遣」 事業報告書 が公開されました。

助成事業の概要

1.事業名:東京MOUに隣接するPSC地域組への専門家派遣事業

2. 目的:隣接地域から東京MOU域内に入港する船舶の中には未検査のものも多く、良好な状態にないという状況下で、東京MOU域内の海上安全及び海洋環境の保全を確保するためには、他地域のPSC組織と連携強化を図り、域内入港船舶から未検査船舶を無くしていく努力を行うことが課題となっています。この課題を解決するには、研修ノウハウを持つ東京MOUから他地域に専門家を派遣し当該地域のPSC職員を対象に研修を行い、PSC職員の能力向上を図る必要があり、本事業を開始しました。本事業により、当該地域及び東京MOU域内の海上安・海洋環境保全が図れます。

3.概要:本年度は、隣接するインド洋MOUへの専門家に関する事前調査とインド洋MOUに加盟しているイランへの専門家派遣を実施しました。




成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 東京MOU at 19:45 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

プロフィール

東京エムオウユウ事務局さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/secretariat/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/secretariat/index2_0.xml