CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月22日

第8回・開校日

第8回、開校日。

最近はこのパターンが多いのですが、
午前中は里山若者サミット、で、がっつりの里山作業。

P1320507.JPG

この日は、ここ数年、収穫時に乾かずに苦労する田んぼの環境改善に、
少しでも日当りを良くしようと、周辺樹木の伐採と片付け。

来年から、生活学校のイベントに、
田んぼとお米との絡みを発展させていく計画もありまして、
その周辺整備という意味も込めて、貴重な第一歩にもなりました。

なによりも秋晴れで最高に気持ちよい気候の中で、
サミットメンバー3人の学生と、
久々に来てくれたドキュメンタリー映画監督の澄川さんと、
目いっぱい楽しく頑張れました。

P1320523.JPG

お昼の里山ランチは、
久々に愛農かまどとヌカかまで、炊きたてご飯を、
これまた久々にあずまやで。

P1320526.JPG

午前中の重労働(伐りたての枝や幹は重たいのです。)でお腹もすいて、
午後からの観察会、山あそびにも備えて、
モリモリとお代わりを平らげて・・・

P1320530.JPG

いざ、里山樹木観察会へ。
今回は今年初めてのいのち森コースで、
「実」をテーマに約30種の樹木を観察。

午後から来てくれたプロカメラマンの花さんに、
素敵な写真をたくさん撮ってもらいながら、
今回も図鑑づくりを兼ねたスタイルの観察会で、
ガイドはサミットメンバーの智君。

樹木イラストもさらに増えて18枚。
会を増すごとに確実に中身が充実してきました。
参加者がガイドの説明を聞いてから、
各樹種の利活用がイラストによってもう一度再確認されことで、
印象付けられていく効果もとても高いように感じます。

そもそも1度に30種もの樹種観察は、
かなり欲張りな数だと思うのですが、
「これはイラストにするとどう表現されるのか」
という楽しみが加わって退屈しません。

里山生活学校ならでは、のオリジナルな観察会が、
自信をもって展開できるようになった気がします。

P1320538.JPG

今回は田んぼ近くのビオトープまで足を延ばしてのロングコース。
たっぷりと2時間以上歩いて、子供たちチームが遊ぶ
ペーターパークに合流しました。

P1320533.JPG

フェスタ前にペーターとみぽりんが作ってくれた杉丸太シーソーは、
フェスタでは雨のため使えませんでしたが、
ここでようやく使えてよかった!

このあと、子供たちは日暮れまで、
思う存分いのち森で遊びきって、
今年最後の開校日を満喫してくれました。

P1320546.JPG

さて。
開校日終了後も、
若者サミットメンバーは、熱い熱い里山樹木図鑑図鑑編集会議、

さらに夕食後は、
先月、屋久島に行ってきたメンバー・めいちゃんの
「屋久島(どしゃぶり)報告会」
(屋久島って九州で一番標高高いって知ってました?)、

おまけに里山経済学者(を目指す)里山おやじの
「おかねっておっかねー」講座(本日の受講者は1名)、

と、第8回・開校日の里山生活学校の濃密な一日は、
月が沈んでオリオン座流星群が飛び交い始めるまで、
延々と続いたのでありました。

   by 里山おやじ

2018年10月18日

森プロ日記・秋2

21日の開校日の樹木観察会は、
久々にいのち森コースを周ろうと思う。

予定では、約30種の広葉樹を観察する。

でもって、ちょっと田んぼの方まで脱線したい。

P1320477.JPG

と、いうわけで、本日はいのち森から田んぼへ抜けるアプローチ作り。

里山の中で、
森と田んぼは水でつながっているし、
生き物の行き来でも結びついてもいる。

分断と競争ではなく、
繋がりと共生の、とても日本的な空間とも言える。

P1320446.JPG

秋晴れになれば、
収穫を迎えた里山田んぼの景観は文句なく素晴らしい。
ニッポンのふるさとここにあり、と思う。

せっかくこの時期の観察会なので、
田んぼまで含めたちょっと長めのコースを歩きましょう。

P1320412.JPG

脱線ついでに、ちょっと面白い昔の道具も再現製作中。
これも、ちょっとお披露目予定。

   by 里山おやじ

2018年10月12日

第8回・開校日のお知らせ

この秋の稲刈り作業が少しでも楽になるよう
フェスタ前から、毎日のように溝切りをしてきた優命園の田んぼ。

少しでも乾くように願っておりましたが・・・
9月中旬からの雨続きで・・・・

P1320381.JPG

さらに稲刈り直前に、週末の連続台風のパンチにとどめを刺され・・・
受験生も半強制的ボランティア出動させて水を切ったのでありますが・・・

P1320443.JPG


結局、今年も、バインダーが使えないところが約半分。
これをすべて手刈りでやる羽目になりました。

P1320420.JPG

田植えに続いて、若者サミットメンバーが2回お手伝いに来てくれましたが、
それでも1週間以上かかりまして、ようやく終わりました。
(お手伝いに来てくれたみなさん、ありがとね。)

が、本当にぬかって大変なところは、写真を撮る余裕もなく、画像が残っておりませぬ。
(第一、手がどろどろでカメラが持てませぬ。)

しかし、不思議なことに、これだけの重労働、1日3,4時間ぶっ続けても
まったく筋肉痛なしなのであります。
年取って体力、筋力は落ちたというのに、これはどういう現象なのでしょうか。
(痛みを感じる神経が鈍ってきたのか?)

とはいえ、2年続いてのどろどろ手刈り稲刈りは、いただけません。
仕事として、なんというか、美しくない。
従いまして、当然、排水路の改良がこの冬の大きな課題であります。



さてさてさて。
前置きがぬかるみにはまった如く、長くなってしまいましたが、
これが、「稲刈りに手いっぱいで告知が遅れちゃいましたが」という
言い訳でありまして、本題は・・・

今年4回目の第8回・開校日「森まなび・山あそび・モノづくり」開催します。
が、(今回も図鑑編集会議が入るためモノづくりはお休みです。ごめんなさい。)

P1310814.JPG

実りの秋という季節ですから、6月に続いて今回もテーマは「実」。
里山103種類の樹木リストを持って、いつもの観察会コースを歩きながら、
この時期見られる各樹木の実をじっくり観察しましょう。

樹木利活用や食べられる実に関心ある方に
とても興味深い観察会になると思います。

若い感性で、美奈ちゃん&夢ちゃんコンビの描く本当に素敵な
オリジナル樹木イラストも
1枚ずつ増えてきましたので、そちらもお楽しみに。

山あそびの方は、いつものように
ツリーハウスや竹滑り台、
フェスタ前にペーターが直してくれた杉丸太シーソーも。

33209.jpg

(ペーターと言えば、アーボリストとしてのお仕事ぶりが、
 先日何気なく地元テレビに映っておりました!)

そして雨のため、フェスタでできなかったスラックラインを張って遊びましょう。
昨年フェスタ前に完成したジャングルジムもね。


10月21日(日)13時〜

・里山樹木利活用観察会

・山での手作り遊具あそび

・参加費(大人)650円(子供)350円

P1310624.JPG

   by 里山おやじ

2018年10月03日

森プロ日記・秋

フェスタが終わると、
米作りをしている農家のスタッフは、稲刈り準備を迎える。

その稲刈までのわずかな期間に、森プロチームの山作業。

P1320289.JPG

フェスタ、フェスタで突っ走ってきた気持ちの一新に、
最大の難所であるいのち森・ペーターパークに隣接する藪に取り掛かった。
目標は「見通し30メートルの森」である。

P1320285.JPG

ここまでの藪を手掛けるのはおそらく数年ぶり。
木が極端に少ない場所は日当たりが良くてこうなる。

こんな藪払いだと、怖いのがハチの巣・・・
と、思っている傍から刈り払い機で蜂の巣を切ってしまい、
怒り出したハチが一斉に飛び出して来て危うく大惨事。

3人で必死に逃げて、事なきを得た。
(ふと、ガキの頃のクワガタ取りで、ハチから逃げたことを思い出す。)

P1320312.JPG

その後、てっちゃんや辻君のスペシャルコンビにも来てもらい、
この藪を徹底的に刈り払った。

が、こういう場所はなかなか数の少ない低木の樹木が自生しているので、
観察会用にも残したい樹が多く、
「これとこれは切らずに残して」とか
「おぉ、ここにもハナイカダあったあ!」とか
結構、楽しいのである。

そして、残暑厳しい一日だったけど、
思いっきり汗だくの山作業は久しぶりで心地よかった。

P1320333.JPG

すっかり山の達人となってきたてっちゃんには、
安全講習として、色々なアイテムも紹介してもらった。
(虫除けネット付きヘルメットは、ハチ対策にもすぐれものだ。)

そして、作業の最後に、またまた熱いフェスタ反省会。
(てっちゃんからとびっきり面白いアイデアいただきました。
 来年、こうご期待。)
気分一新のはずが…まだ冷めやらぬフェスタ熱・・・
の森プロ作業で、ありました。

   by 里山おやじ