CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月14日

図鑑編集会議

厳しい寒さが続く中、今年初の「里山樹木利活用図鑑」の図鑑編集会議。

P1300879.JPG

昨秋までに約100種の樹木リストができあがり、
葉に関しては写真撮影も進んだ。
その後、様々な資料も参考に、
でもあくまで実際の経験値をもとに器官別利活用の項目も充実してきた。

しかし、それだけでは出来上がる図鑑のオリジナル性は決して高くないだろう。

2年後の完成はサプライズ付きで発表したいので、
それまでページのコア部分は公表しないが、
絶対的オリジナルな図鑑を作り上げたい。

というか、オリジナル性が高くなければ苦労して作る意味はない。

この冬は色々な図鑑を読み漁り、
木こりんからもたくさんのヒントをもらい、
ようやく固まってきた具体的なページ構想を
このメンバーと会議で共有した。
まだイメージの段階ではあるが、
メンバーもオリジナル性への自信を感じ取ってくれたはず。

この日は3時間で15種の樹木ページを煮詰めていくことができた。
各自の各樹木に関する経験値や参考資料の情報をもとに、
オリジナルストーリーのアイディアを出し合う会議は、
必死に知恵を絞りだすとても楽しい作業だった。

差し入れは、木こりんからの松皮餅。

P1300873.JPG

松の皮を利用したとても珍しい秋田のたべもの。
みんなで食べて、これも一つの樹木利活用の経験値に、ね。

   by 里山おやじ



2018年02月13日

フクロウの剥製

昨秋、農場で防鳥用の糸に絡まって死んでしまったフクロウ。
貴重な猛禽の想定外の事故に落ち込んだのだが、
せめてこの死体を有効に活用しようと、思っていたところ・・・

岩大の智君が剥製を作ってみたいということで、
お願いすることにした。

P1300885.JPG

ずいぶん手間暇かかって苦労していると聞いてはいたが、
昨日初めて途中経過を持ってきてくれた。

内臓や筋肉の除去作業を聞いて、
あぁ、なるほど、これは大変だなぁ、と納得。

完成までにはもう1工程あるので、
あと1回、数時間だそうだ。

完成後は里小屋に展示してくれるというので、とても楽しみ。
二ホンシカやキツネの毛皮、
様々な哺乳類の頭骨はあるけど、剥製は初めて。

サシバと並んで里山の象徴的な猛禽なので、
見える形で大切に保存したい。

   by 里山おやじ


2018年02月03日

冬場のモノづくり

里山は数年ぶりの大雪に見舞われている。
全国的に大雪の年なのだからまあ仕方ない。

モノづくりは農閑期が勝負なのだが
雪かき、雪下ろし作業に時間を奪われて、
なかなか冬場のモノづくりが進まない。

それでも、正月からモノづくり小屋の整備を頑張ったので、
少なくとも昨年までよりは
スペースができたのだから、着実に前進はしている。

P1300827.JPG

今年は
これまで、色々な講師の先生に教えていただいた地域資源ワークショップから、
生活学校のオリジナルなモノづくりが
一つでも二つでも生み出せるように、
じっくり挑戦していきたい。

まずは過去のワークショップをおさらいしながら、
実際に作りながらの試行錯誤だ。

P1300842.JPG

桑のジャムスプーン、
胡桃のデザートフォークに、スープスプーン、
欅のこけし・・・

P1300845.JPG

と、まずはこんなところから始めている。

小さくて構わないから、
里山発の確かな物語と結びついた味わい深いモノづくり、
これが目標だ。

   by 里山おやじ