CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年07月16日

タネ細工&樹皮細工ワークショップ

九州地方では大雨による甚大な被害が出てしまいました。
大量の土砂が復興を妨げていると聞きます。
今なお避難生活をされている方々もいます。
日常を取り戻すには時間もかかると思いますが、一日も早く自宅に戻れますように・・・。

一方の岩手県
梅雨入りしてから猛暑、いや酷暑!
時折ゲリラ的にピンポイントで雨は降っているようですが
生活学校の周辺は空梅雨。

そんな中、最近スタッフ花子さんが依頼を受け里小屋で開いているワークショップ。
材料集めが大変な花子さんですが、
一年を通して集めることになるので、山作業の合間や、野良仕事の合間に目を光らせ
生活学校らしいワークショップにすべく奮闘しています。

今回は保育士さんに頼まれてのタネ細工&樹皮細工ワークショップ

P1290453.JPG

こんな感じでテーブルいっぱいにタネやら、実や枝、蔓に、花びらを広げ
木のプレートにデザインしていきます。

P1290466.JPG

みなさん素敵な出来栄えです!

お茶時間を挟んで続いては樹皮細工。

P1290467.JPG

あらかじめサイズごとに揃えて湿らせて準備してきた花子さん。
今回はクルミとヤナギ

P1290474.JPG

最初に一連の流れをみんなで確認
この段階では手順も少なくできそうかな・・と一瞬思うのだけど・・
いざやり始めると樹皮を抑える手はこわばり
通す順番が分からなくなり
と、悪戦苦闘!
マンツーマンにならないとなかなか組めず。
助手に付いた里山かぁちゃんも、大忙しでこの後の撮影まで手が回りませんでした!

全員の完成を待つことなく、次の作業に行かねばならず、
みなさんの力作も写真に収められませんでした・・。すみません。

暑い中みなさんお疲れさまでした。
今回も笑顔いっぱいのワークショップでした!

花子さんの先生ぶりも板についてきました!
9月に控えているフェスタでのワークショップに向けても準備中ですよ!

by どんなに暑くても食欲だけは落ちない里山かぁちゃん

2017年07月12日

嵐の農繁期・・・の怒涛の週末(後)

で、翌日9日は、
朝から早朝ウォーキングなる悲しい地区行事で、
農繁期の農作業前に残り少ないアドレナリンを無駄に削り取られたあと、
午前中大急ぎで動物たちの世話をして、その午後・・・
この日は、森プロの里山林100uモニタリング調査。

里山の手入れの指標として割り出された「幹距比」を調べます。

調査区は杉山、雑木山の中2か所。

まずは、比較的下草などが少ない杉山から。
最初に平均的な高さの木を1本選んで、
中心樹として、そこから5.65mの半径で円を描きます。
といっても、
木が立ち並んでいるわけですから簡単ではありません。

P1290398.JPG

いちいち巻き尺を中心樹近くまで戻して、
4方角、8方角、16方角と、
半径5.65mを正確に測ってはそこに次々と杭を立てていきまして、

P1290412.JPG

最後にこの16本をマーキングテープで囲います。
これで100uの円の出来上がり。
中心木の樹高を目測で測ると約20m。
「幹距比」表で見ると、人工林の場合、
20mの樹高の木が望ましい本数は、7〜8本。
実際に数えてみると、9本。いい線です。
2年間自己流でやってきた整備は、なかなかだったわけです。

一応、低木や灌木類も数えてみると、
実に16種、35本。
人口の杉林内でも、雑木山が近いせいなのか
結構思った以上に多様性があるもんです。

P1290419.JPG

続いて、雑木山。
こちらは灌木が多くて、100uの円を描くのがはるかに大変。
比較的、平らで見通しの良いところを選んではみましたが、
鉈や鋸で、邪魔な木を伐りながらの作業。
気温はどんどん高くなるし、藪なので蚊もぶんぶん。

こんな中で、今日はスタッフに交じって、
ⅭちゃんとR君の小学生兄妹も立派に一人前に手伝ってくれたのでした。
たくましいなあ。

P1290422.JPG

雑木山の方は、100uの円内に
14本の高木、13本の中木、そして30本以上の低木。

中心木の栗の木の樹高が目測で14mだったので、「幹距比」表で見ると、
見晴らしの良い高木育成型の里山林の指標本数は
100uあたり9〜12本。
これからかなりの手入れが必要ということになります。

それにしても森林内だというのに、
岩手だというのに、
まだ7月頭だというのに、
本当にうだるような暑さの中で、はじめての「幹距比」調査。
2時間半で、みな汗まみれになって下山してきました。

この数値が絶対最適ということではないと思いますが、
一応の目安に沿って作業を進めるためには、とても有効な気がします。

猛暑の中、みんな、おつかれ〜。

   by (アドレナリン銀行を探す)里山おやじ

2017年07月11日

嵐の農繁期・・・の怒涛の週末(前)

嵐の農繁期に33度超える猛暑が続く中、
先週は怒涛の週末でありまして・・・。

DSC07821.JPG

まずは、8日。
午前中は地元・玉里小学校の親子レク受け入れ。
(かなり気温を上昇させそうに賑やかな)1年生9人のクラスで、
先生、保護者含めて19名の参加。

DSC07836.JPG

今回はかまどピザづくりがメイン。

あずまやは斜面の桑の木が作る木陰から冷たい空気が下りてくるので、
かなり涼しい空間になるんでありますが…

P1290341.JPG

久々の愛農かまどにて、
20枚のピザを次々に焼くこの人は汗だくだく。

かわいそうに、これでは、体重が減ってしまう。

P1290382.JPG

さて、この日の早朝、
鶏の世話の最中に、たまたま見つけたオオムラサキを、
これまた、たまたま素手でうまく捕まえてしまったので、
虫籠に入れて、子供たちに見せることにしまして、
この場で放して見せました。
偶然でしたが実にいいタイミングでありました。
日本の国蝶は、「里山のチョウチョ」でもあります。

P1290396.JPG

そして、午後。
里山樹木同定調査。
森林インストラクターで木こりの木こりんに来ていただいて、
猛暑の中、3時間余り、里山内を共に歩いてもらって、
リストを片手に、これまで同定できなかった樹種を次々に確認してもらいました。

ヤマガシュウ
ニシキギ
コマユミ
ツクバネウツギ
クマヤナギ
アオハダ
エビヅル
イワガラミ・・・・・・などなど、
新たに12種がリストに入りまして、
なんとキリが良いことにジャスト100種!

8月から始まる「里山樹木利活用図鑑」づくりに向けて、
何だかモチベーションが高まるいいスタートになりました。

P1290390.JPG

午前中に見たオオムラサキの幼虫の食樹・エゾエノキも数本確認。
「これだけあれば、立派なオオムラサキ天国」
と、木こりんが言うほど。

それにしても、幼木の同定も次々にできる木こりんはすごい。
「詳しく調べれば、あと5〜10種出てきそう」とも。

25年住んでいて、コツコツと樹木図鑑で約90種を確認していた
私の里山樹木リストに、わずか3時間で12種をプレゼントしてくれたのでした。

ありがたいことに、この猛暑の中、
木こりんはそのあと日暮れまで私が小麦の脱穀をしている最中に、
ガンガンとたんぼでの田車作業も手伝ってくれまして、
それもまたとても助かった1日になったのでした。



   by (アドレナリン通帳の残高がゼロになった)里山おやじ

2017年07月03日

嵐の農繁期

田植えから始まる優命園の嵐の農繁期”に、
今年もたくさんの人がお手伝いに来てくれて、
何とか倒れずに、乗り切れそうです。

P1290319.JPG



P1290336.JPG



P1290335.JPG


この忙しい時期に、
生活学校の樹皮細工に使うクルミの伐採、皮むき作業も重なるのですが、
今年は、ペーター、花子さんが、伐採してきてくれました。

先日はその皮むき作業。

そして、大事なのはこの先の樹皮の保存であります。
昨年はずいぶん失敗しちゃったからなあ。

クルミはつるんと剥けた幹も真っ白で美しいので、
これも何かに使いたいのですが、
やはり、すぐにかびてしまいやすく、結局このあとの保存次第ですね。


   by (6月に年間アドレナリンのほとんどを失う)里山おやじ