CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月11日

第9回里山フェスタ報告・2

入口スタッフは目立つTシャツで目印代わり。

7732.jpg

「ここのシフトは、最初にお客様を迎えられて、最後のお見送りが
 できていいんだけど、会場からは離れてるからちょっと孤独・・」

今年はスタート時間からどんどん車が上がってきて
駐車場に車が並んでいきます。

P1350300.JPG

「今回の駐車場スタッフもベテラン揃いだったし、ぬかるところが全くないから
 いつもより楽に誘導できたなぁ・・」
「日影がなくてすんごく暑かったけど・・」
「ある程度駐車場が埋まってからは、青空見上げる余裕もあって
 気持ちよかったし・・」
(その頃山のスタッフはてんてこ舞いだったことは後から知る・・)

受付では里山かぁちゃんと伝書鳩スタッフの三人が
長蛇の列を作っていたお客様の対応に奮闘中。
里山かぁちゃんは初めて受付でテンパりそうになるも・・
右横では絶妙なタイミングで先着プレゼントの桑の実ジャムを差し出す空!
左横ではワンデイ地域通貨の説明をしながら販売しているこのは!
更にその奥で飛び立つ準備万端で満面の笑みをたたえたつむぎ!
一人じゃない!という思いが、かぁちゃんの心を落ち着かせる。
(当然そこを写真に収める余裕のあるスタッフはいやしません!)
受付横のボードに張られたペーターパークの写真や説明をチラ見しながら
受付を終えた親子はどんどん森に続く道に消えていく。

そんな親子を見送るマーケットブースのみなさん

わとな自然農園&てしごとやわとなさん

P1350288.JPG

ヤサイノイトウさん

P1350303.JPG

やえはた自然農園さん

P1350307.JPG

豆蔵さん

P1350306.JPG

LOCABOREさん

P1350331.JPG

木陰のベンチで朝一ワークショップをするTrush worksさん

P1350310.JPG

受付では早くも樹木クライミングの予約がいっぱいになり始め
ワークショップの時間予約も入り
伝書鳩は森やワークショップ会場の里小屋、あずま屋と受付間を
飛び回り大活躍!
(当然飛び回っているので写真に納まることはありません)