CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月26日

「第9回里山フェスタ」情報・5

里山ダリアさんの花束、センスいいよね~」

ダリア.jpg

「ダリアと里山の草木を組み合わせただけ(あ、失礼・・)であの存在感」
「お隣の旦那さんが奥様に買ってくれた時は、なんかよかったよね」
「あ、私も遠目に見てたけど、奥様嬉しそうだった」
「おらいの裏山にもあるやつだけど、ちゃんとすると立派なもんだじゃ、
 って言って買ってくれた旦那さんでした」

P1320175.JPG

「里山ダリアさんは古布小物も作ってるんだよね」
「渋いけど学生さんも見入ってたね」

P1260684.JPG

「小物と言えばJP-STYLEさんの木で作ったペンダントトップもいいよ」
「ナチュラルなワンピースにさりげなく合わせてる人見かけるよね」
「奥様の由希子さんもしっかり首にかけてたわ」
「愛だね!そこに愛が見える」
「はいはい(羨ましいのね)」

P1320162.JPG

「そういえば、とださちえさんのイラストは
 旦那さんがカットした杉の木に書かれているものもあるのよね」
「あぁ〜、結構大きいものよね」
「・・そこにも愛が見える・・」
「はいはい(涙目になんないで)」

P1260729.JPG

光子屋は製作進んでる?」
「今年は色々忙しくてね〜里山にも中々作業に行けてないよ」
「スタッフもそれぞれ忙しくしてるもんね」
「でもフェスタに向けては頑張って準備してるから!」
「ワークショップも2種類だしね」
「そこは一大イベントだから頑張る!協力よろしくね」
「ワークショップの詳細は後程まとめてお知らせしよう」

P1320166.JPG

「里山おやじの木工作品も並ぶんでしょ?」
「うん、今年はちょっとひねりを利かした販売スタイルにしてみるよ」
「へぇ〜。それは楽しみだ」
「またなんか凝ったこと言いそう」
「そこに愛が見えるかもよ!!」
「あらあら(嬉しそうじゃない)」

P1310054.JPG

「そして今回ご本人さんは都合が悪くなって出られなくなってしまったのだけど
 作品の販売を生活学校でするのが風蔵さんとゆびこびとさんだよね」
「風蔵さんは里山の稲わらや樹皮を籠やアクセサリーに仕上げてくれています。
 今回はガマ作品も並びます」
「ガマの穂?」
「ガマの葉を編んで作った籠!」
「へぇ〜。」
「稲わらとはまた違った良さがにじみ出てた」

P1320140.JPG

「ゆびこびとさんは子供さんが今年もスタッフ?」
「そうなのよ。ありがたいことです。」
「お母さんが朝一で送ってきてくれるんだって?」
「助かるね」
「しかもお姉ちゃんは前半スラックラインのインストラクターで山。
 後半は何とワークショップの先生で里小屋に!」

P1320146.JPG

「あ、この間見せてもらったあの中3女子が作り出したとは思えないあれね!!」
「そう!すごいものが作れちゃう」
「今回ワークショップははしごできそうな感じだよね」
「時間あればだよね・・スタッフは」
「一つはチャレンジできそうだよ!」
「そんなワークショップのあれこれは」

続く