CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年05月03日

チェンソー技術講習

人びとが大型連休に浮かれ、
ブログの閲覧数がめっきり落ちるこの時期・・・
森プロチームは、
昨秋から計画に上がっていたいのち森の新遊具づくり、である。
コツコツと設計図や模型や材料の準備を重ねてようやくいま着工なのだ。

それと、合わせて
ログビルダーの戸田さんを講師に招き、
杉丸太間伐材利活用のチェンソー技術講習会を兼ねる形で
2日間にわたって、ワークショップ形式で技術を学びながら、
この大型新遊具を立ち上げた。

計画当初より大掛かりなものになった訳は2つ。
一つはこれを生きた立木に組み合わせるようにしたこと。
これで工事の難易度は格段に難しく、そして面白くなってしまった。

もう一つは、この遊具に屋根をかけるようにしたこと。
これで遊具のサイズはずいぶん大きく、そして楽しくなってしまった。

そうなると、簡単な金具で止めただけでは危険。
しっかりと丸太を加工してボルトで固定するものにしよう、
ということで、チェンソーの達人・戸田さんに講師依頼。

丸々2日間、実際の遊具づくりの中で、
実にたくさんの丸太加工に関する技を見せてもらい、
チェンソーをはじめとする機械や道具の使い方を習った。
素人がすぐにできるものばかりではないが、
この先、間伐材の利活用のためにはぜひとも身につけたいものばかりだ。

P1280759.JPG

立ち木をチェンソーで水平に切るためには、
切れこみを入れた後、エンジンを止めて、
このように水準器をチェンソーバーの上において水平を確かめる。

P1280807.JPG

丸太同志の接合に欠かせないスカーフ。
を、刻むための墨付け。
これは難しい、がこの先なんとしても覚えねばならないな。

P1280801.JPG

そして、墨に合わせてチェンソーの刃を入れて、
こうしてスカーフを出していく。


P1280823.JPG

観ていると簡単にできそうな気がするのだが、
実際にこの作業をやらせてもらってみると・・・

墨付けのラインは2本同時に見ながら刃を入れなければならず、
材の大きさによっては、片方のラインしか見れないので実に難しい。
ましてや重たいチェンソーで、ミリ単位のコントロールが必要なのだ。

スカーフの刃の入れ始めの角度つけや、
逆に刃の出し始めの角度つけも、
一度狂いだすと修正が大変で、これも思うようにいかない。

P1280783.JPG

さすがに熟練の技は甘くはない。
時にはこうして、チョエンソーの刃を立ててカンナのように使うことも・・・。
これはとてもまねできない。
下手にまねしたら、スカーフがどんどん深くなっていってしまうだろう。

P1280804.JPG

そして、スカーフの仕上げには、
曲面カンナという特別なカンナを使うのだが、
この刃の研ぎ方に微妙な工夫が凝らされていて、
これまた勉強になった。

P1280834.JPG

ほぞ穴をあける特殊機械も使って見せてもらった。
チェンソーが合わさったような仕組みで、一瞬で穴をあけられる。
ただし、穴の中のコーナーは丸くなるので
その分、ほぞを短くしなければならないので要注意だ。

P1280928.JPG

最後に、スカーフをとった材を実際に結合させて通しボルトで止める。
そのための貫通穴はドリルだが、
これを垂直に開けるのもこれまた難しい。
しかも、ほとんどの場合、相手の材にドリルが近くて
ドリルスタンドが使えないので、「勘」に頼るしかない。
これも私たち素人が上達するには時間がかかりそう…。

P1280838.JPG

今回も、忙しいところ無理難題を引き受けてくれた戸田さんは、
多分、今岩手県で唯一のログビルダー。
高い技術による本当に素晴らしいモノづくりをする職人だ。
昨年からブログを立ち上げて、
これまでに県内に建ててきたいろいろな建造物を紹介しているので、
ぜひのぞいてみてください。
http://nofuzo1192.blog.fc2.com/

20年以上前に出会って以来、「同じ年生まれの移住者」ということもあって、
何かとウマが合い、
生活学校始まってからは、遠慮なく無理難題を頼みまくってきた、
ほんとに長い付き合いの戸田さんが、
実は学年が一つ上だったということがこの日判明。
次から敬語で無理難題を頼むことにします。

ところで、この遊具が何であるかは
完成までもうしばらくナイショでありまする。

   by 明日で戸田先輩と同い年になる里山おやじ
posted by 里山生活学校 at 10:40| Comment(0) | 研修