CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月12日

ハジメマシテ羊の毛

 朝5時に目が覚めました。
ワクワク、ソワソワの落ち着かない気分!
早くワークショップの時間にならないかな〜音符



ちょっとくもり空だけど桜もきれいだし…いよいよ始まります。
山本実紀さん、羊毛工芸家という方に教えていただきます。
よろしくお願いします。初心者

羊の見学から・・・ハイポーズ汗
あらら・・お尻になってしまった。
ワクワク空回りしながらも羊の毛を目の前にして「さ〜やるぞ!!」
そっとさわってみると想像していたのとは全く別で脂がしっとりとあるんです。
「あら、フカフカの毛は?」




これが1頭分の毛です。
これを使える部分と使えない部分に分ける作業をこれからするわけです。
よく見るとウンチの部分もうんち

使える部分を洗って乾かせばあのフワフワのウールができるですってラブ
全部で7頭分の毛の仕分けをしました。
使えなかった部分は肥料になるそうです。
捨てるところは一つもないんですね!

使える部分の洗濯は2ヶ月後のワークショップまでの宿題です。
洗濯の仕方も教えていただき、自分でウールに変身できるかなキラキラ
ちょっと心配だけどやってみま〜す力こぶ
実紀さんが失敗したりわからなかったりして当たり前!電話で聞いてください!とのこと。
電話番号も控えたしOK

可奈ちゃんが作ってくれたアンコ餅ときなこ餅、美味しかったですドキドキ大
宿題の使える部分の毛を大事に持って今日は終了です。
みなさん御苦労さまでした。
今日からの10名は職業も趣味も多種多様の方の集まりです。
今後もとても楽しみにしています

2010年05月11日

ワークショップ 羊毛加工

5月9日 一回目のワークショップ 「羊」を開催しました。

事前に申し込みをしてくれていた10名の羊好き、手作り好き、洋裁の先生、
好奇心もりもりの皆さん。そして講師のウール作家・山本実紀さん。
自己紹介の段階で楽しそうなグループだなーとワクワクしました。

これから11月まで4回のワークショップと宿題をこなしていきます。

里山生活学校のワークショップは、ただ羊の毛から作品を作るだけでなく、
里山での羊を観察し、里山との共生関係を学び、刈り取った毛を洗う所から
それぞれの思いを作品としていきます。

詳しくは参加者の報告をお待ちくださいね!

             事前に毛刈りをしました。