CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月29日

図鑑づくりラストスパート

里山フェスタが終わって、ほっとしたのも束の間、
今年は、製作3年目を迎えている
「里山樹木利活用図鑑」の完成がノルマの年なので、
あとはこれを最大の目標としてゴールまで走り続けなければなりません。

フェスタ4日後には、もう会議の開催。

P1350356.JPG

主力メンバーであるT君とⅯちゃんは、
わざわざ福島から駆けつけてくれました。

100ページを超える大作だし、
どのページも丁寧な手描きのイラストが描かれている力作。

なので残り時間を考えれば、
早くもラストスパートをかけなくてはならない状況であります。

やっと、完成の全体像が見えてきた今、
メンバー一人ひとり、確かな手ごたえを感じてる一方、
生みの苦しみってやつも出てきています。

でも、この苦労は楽しいやりがいもあるし、
苦労した分、必ず図鑑として多くの人に受け入れられる
唯一無二のオリジナリティとクオリティの高さを表現してみせる!

ゴールまで、あともうひと踏ん張り、ふた踏ん張り。

2019年05月01日

平成最後の里山樹木図鑑会議

久々の、そして平成最後の里山樹木図鑑会議開催しました。

この春、就職した智君、美奈ちゃんコンビは共に福島から、
木こりの木こりんは、盛岡から
わざわざこの連休に駆け付けてくれました。

P1340011.JPG

里山は今、最高の季節。
で、この日は最高のお天気。
と、いうことで、
日中は畑仕事や伐倒作業にがんがんと参加してもらいました。
(木こりんのプロのチェーンソー使いが凄かった!
まるで鉈を振るように軽々と・・・さすがプロです。)

P1340018.JPG

午後からは、樹木の花の撮影会。
図鑑用に、花と実の写真がまだまだ不足しています。
花と実は時期を逃すと、来年まで撮れませんので、
常にチェックしておかなければなりません。

この日撮れた花は、
アケビ、ニワトコ、カスミザクラ、クロモジ、モミジイチゴ、
ヒメアオキ、ヤマナシ、イタヤカエデ、ウリハダカエデ、
キブシ、ウグイスカグラ、ヤマブキ・・・の12種。

福島県矢吹町の地域おこし協力隊員としてスタートを切った智君。
カメラの腕が、短期間にすんごくレベルアップしていて驚きました。
素人の私から見たらもう、プロ!

きっとこのスキルは、地域おこし活動にも活かせますね。

四月花の写真_190501_0001.jpg

樹木の花の撮影ついでに
タラの芽、ヤマウコギ、コゴミを採取してきまして、
夕飯は里山山菜ディナーをたらふく食べました。
山の幸、本当に美味しい最高の季節です。

P1340042.JPG

そして夜遅くまで、図鑑編集会議。
この日は、キャラクターのキャッチコピーを次々と決めていきました。

P1340044.JPG

メンバーが募ってアイディアを出し合うのは、
毎回とても楽しい時間ではありますが、
完成期限まで1年を切った今、課題は山済みで、
厳しいスケジュールで相当の作業量が必要になります。

早くも始まりかけた生みの苦しみ。
今年は、本当に完成に向けて頑張り続けなければならない一年であります。





2019年01月28日

図鑑編集会議

今年最初の里山樹木利活用図鑑編集会議をようやく開催。
今年は3年計画最後の完成に向けた年です。

P1330403.JPG

これまでに撮りためた里山自生樹木103種の
葉、冬芽、花、実、樹皮の写真と、
キャラクターイラストや利活用データの整理、
およびこれらのページレイアウトについて、
5時間ぶっ通しで話し合い。

さすがに頭がパンクしそうに疲れました。

P1330409.JPG

改善案もたくさん出たので、
あと1年、ゴールに向かって必死に頑張らねば。

農閑期に進めるだけ進みます。

   by 里山おやじ

2018年04月29日

ウコギ科の季節

里山に新緑の季節到来。
新芽の中には、この季節に食べられるものが目白押し。

野菜が豊富ではない時期だからこそ、とても重宝する。

P1310284.JPG

102種類の自生樹木の中で、
5種類あるウコギ科の新芽は、どれもみな山菜としておいしい食料。

タラ、ハリギリ、タカノツメ、ヤマウコギ、コシアブラ。
(残念ながらコシアブラは、まだまだ放射能が検出されているが…。)

P1310288.JPG

これに、コゴミやワラビも加えて、
豪華山菜ランチになる楽しい季節だ。

仮に、里山樹木樹木利活用図鑑の中で、
このウコギ科にオリジナルな名前を付けるとしたら「天ぷら科」だな。

   by 里山おやじ


2018年04月20日

里山花見

桜前線が岩手を縦断中。
良い季節になってきた。
100種を超える里山の樹木たちに目をやると、
花を咲かせ始めた樹木がちらほら目立ちだした。

P1310230.JPG

今はコブシ、ウグイスカグラ、イタヤカエデがそれぞれに
特徴のある花を咲かせている。

これに栽培種のウメ、サクランボ、を加えて、生け花に。
ふむふむ、なかなかの見ごたえ。

めじろ.jpg

そのサクランボの花には、
可愛いメジロたちがやってきた。

何とも微笑ましくて大好きな野鳥。
絵になるなあ。

さくらの観光名所は県内各地で大賑わいのニュース。
それはそれでいいことだけど、
身近な足元の里山にも、
面白い花はたくさん咲いていて、
動物や昆虫たちと強く結ばれた共存のストーリーは奥が深い。

28日の観察会では、そんなところも楽しみたい。

   by 里山おやじ


2018年04月16日

種まき桜

今日は、優命園の水稲種まき作業日。

将来自給的な田舎暮らしをしてみたいという
智君&美奈ちゃんが体験を兼ねてお手伝いに来てくれました。

今年は、例年より少し田植えを早めようと計画したので、
種まきも約1週間早め。
ので、ちょっと肌寒い中での種まき日になってしまいました。

P1310160.JPG

作業は、ポット苗に40グラム蒔きという方法で、
ポット穴一つに2〜4粒の種もみを播種したい。
ので、手道具を使いながらのめちゃめちゃ細かい仕事。
これで60枚の苗箱に播種。
たったこれだけで午前中いっぱいになりました。
もしかすると一年で一番細かい作業かもしれません。

午後から、天然プール育苗池に60枚を平置き。
トンネルをかけてビニールを張って、ようやくいっちょあがり。
(忙しかったのでほとんど撮影してる暇なし。)
これから約40日かけて、
丈夫で大きな苗を育てて5月末に田植えを迎えたいのであります。
予定通りうまくいきますかどうか。


続いてそのあとは畑にて、ジャガイモ植え。
キタアカリ、メイクイン、男爵の3種を約30キロ定植。
きっちりとラインを張って、
畝間40センチ、株間40センチという間隔を正確にとります。
数週間後に管理機という機械で土寄せ作業をするため、
この間隔は正確でないと後々苦労します。
そして作業自体は、穴掘り係と芋植え係を分担して手際よく行います。

P1310165.JPG

自給の暮らしの中で、
コメ、麦、芋など主食になる作物の栽培技術はとても重要。
丸1日で、その米と芋2つとも種まき体験できました。

P1310178.JPG

午後のティータイムは、サクランボの桜の木の下で、
お花見ティータイム。まさに今が見ごろのグッドタイミング。
蜜を吸いに来たモンシロチョウが寒さで固まっているところを狙って、
ちょっといい感じの4ショット撮れました。

P1310193.JPG

さて、仕事帰りにいのち森を歩いてみると・・・
コブシが満開。
「種まき桜」という別名通りに、
コブシの花と同時に米と芋が種まきできました。

花の開花を目安に農作業を行うという知恵も、
これもまた広い意味での樹木の利活用と言えるでしょうね。

   by 里山おやじ

2018年04月02日

春の図鑑編集会議

年度が新しくなりまして最初の図鑑編集会議。
前回から約2カ月。
この間に、Ⅿちゃんに実際のイラストを描き始めてもらい、
今日初めてメンバーで再確認。
素晴らしい!(ごめん、まだ公開しないよ。)
これなら、オリジナルないい図鑑ができる!と、手ごたえあり。
子供たちにも受けるものになりそうな予感。
この編集会議、さらに楽しくなってきました。

就活や卒論で忙しいⅯちゃんにどこまで頼んでいいものか、
気がかりでもあったのですが、やる気満々の返事ももらって、
この先、さらに頼むことにしたのでした。

P1310113.JPG

イラストと言えば、木こりんのイラストも本日デビューしました。
何かというと、
里山かあちゃんの「いただきますに続く道」という連載エッセイが、
本日から月1で、「岩手日日」で始まったのでありましたが、
その食事のイラストを木こりんがコラボで描いてくれることになって、
奇しくもこの日がその第1回目、掲載日。
こちらも、柔らかいタッチの素敵なイラストで、
とても心が和みました。

P1310110.JPG

そして、この日は、早くも来月掲載分の食事会も兼ねて、
かあちゃんが、そのたくましい腕を振るっての里山自給料理を写真撮影。
来月のイラストもお願いします。

ちなみに、この連載エッセイの題字とイラストを描いてくれたのが、
イラストレイターの戸田さちえさんで、
かあちゃんのプロフィール似顔絵のイラストを描いてくれたのが、
地元の高校生・美術部のNちゃん。

なんだか最近、イラストレイターとの交流が深まる
生活学校なのであります。

P1310125.JPG

そのイラストレイターのみなさんも、
ここへ来ると里山労働付きになるわけでありまして、
今日は、春の畑の畝立てや、藁マルチ作業などもがっつり
やってもらいました。

右手にペン、左手に鍬を持つ二刀流イラストレイター養成講座
随時受付中なのであります。
(岩手発二刀流はMLB初勝利、おめでとうございまする。)

   by 里山おやじ

2018年03月14日

図鑑用利活用写真撮影

ようやく雪も解け始めた里山。
先日は図鑑用の写真撮影会。

P1310062.JPG

この冬作り出したカトラリー、
数年前に作った木皿、
懐かしいペーターの木人作品、
ワークショップなどで講師先生に作っていただいたもの、
それぞれ樹種別に分けての撮影。

カメラマンは新米パパになった優介君。(本当におめでとう!)
一点、一点、きめ細かく、丁寧に撮ってもらいました。

P1310066.JPG

この図鑑づくりは、
当初、樹木に利活用に関わるオリジナルな名前を付けていく
という企画でありましたが、
実際始めてみると、それはとても難しいことが分かり、
大きく路線変更してオリジナルなイラストを多く採用することにしました。

利活用モノづくりと絡めて、この図鑑づくりが
今年の生活学校のメイン活動の柱の一つになります。

   by 里山おやじ

2018年02月25日

アオハダ

無理を言って、木こりんに探してもらったアオハダ。
名前の由来通り、
薄皮を剥いてみると確かに青い。

P1310001.JPG

「花巻こけし」の材料だというのだが・・・
あまり大木にはならないというし、
数も多くはない。

この里山にはまだ1本しか確認できてない。
なぜこれが、こけしの材料として適しているのだろう。

うーん、謎だ。

   by 里山おやじ

2018年02月14日

図鑑編集会議

厳しい寒さが続く中、今年初の「里山樹木利活用図鑑」の図鑑編集会議。

P1300879.JPG

昨秋までに約100種の樹木リストができあがり、
葉に関しては写真撮影も進んだ。
その後、様々な資料も参考に、
でもあくまで実際の経験値をもとに器官別利活用の項目も充実してきた。

しかし、それだけでは出来上がる図鑑のオリジナル性は決して高くないだろう。

2年後の完成はサプライズ付きで発表したいので、
それまでページのコア部分は公表しないが、
絶対的オリジナルな図鑑を作り上げたい。

というか、オリジナル性が高くなければ苦労して作る意味はない。

この冬は色々な図鑑を読み漁り、
木こりんからもたくさんのヒントをもらい、
ようやく固まってきた具体的なページ構想を
このメンバーと会議で共有した。
まだイメージの段階ではあるが、
メンバーもオリジナル性への自信を感じ取ってくれたはず。

この日は3時間で15種の樹木ページを煮詰めていくことができた。
各自の各樹木に関する経験値や参考資料の情報をもとに、
オリジナルストーリーのアイディアを出し合う会議は、
必死に知恵を絞りだすとても楽しい作業だった。

差し入れは、木こりんからの松皮餅。

P1300873.JPG

松の皮を利用したとても珍しい秋田のたべもの。
みんなで食べて、これも一つの樹木利活用の経験値に、ね。

   by 里山おやじ