CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月16日

第10回開校日「森まなび・山あそび」

海の日に、山で、記念すべき?通算10回目の開校日開催しました。

今回は本当に久しぶりに優命園の農場見学がメイン。
ちびっ子もたくさん来てくれました。

S__286679048.jpg

観察会は森へは入らずに、農場の樹木を中心に。
梅、プルーン、クルミ、柿など、
いま優命園で取り組み始めた切り上げ剪定という、
従来の方法とはかなり変わった剪定を紹介しながら歩きました。
(常識的な剪定をされている方にとっては、
 とても受け入れがたいと思いますが・・・これも実験です。)

S__286679051.jpg

田んぼでは、やっぱり大人気の合鴨君たち。
今日は子供たちにおとなしく抱っこまでされちゃいました。

ほぼ毎日、脱走を繰り返して手こずらせているというのに、
なんという外面の良さでしょう。
飼い主に似たんでありましょうか。

S__286679057.jpg

ところで、写真こそ撮れませんでしたが、
このタイミングでサシバが止まり木に止まっているのを
今年初めて見たのであります。
合鴨君たちと大騒ぎしてたので、すぐに飛んで行ってしまいましたが、
春からスタートしたサシバたんぼプロジェクトが、
ちょっと報われた気がして、とても感激です。

S__286679059.jpg

田んぼから帰って来てからは、いのち森に直行。

S__286679066.jpg

この年代の子供たちには、ペーターパークはパラダイスだ。

S__286679064.jpg

ツリーハウスからはいつものパチンコ的当て。

S__286679067.jpg

たっぷり遊んで、汗もかいて、あずまやへ。

見学してきた梅や柿の利活用を込めた軽食タイムです。

メニューは、
・梅ジュース
・梅サイダー
・柿の葉茶
・梅おにぎり
・柿酢のがんづき

S__39567372.jpg

そして、この日は、「えっ、こんなもん食えるの?」
と、題しまして、2種類の雑草の試食もしました。

田んぼからは強害草のコナギ。(お浸しを柿酢醤油で。)
畑からは鶏が好んで食べるアオビユ。(ナムルで。)

どちらも大変好評でした。
ほんとに普通に美味しい、まるっきり野菜レベルなのです。

ただし、コナギの場合は、洗ったり、根っこ取ったり、結構下処理大変ですが。

それにしても里山の田んぼは豊かです。
コメを育むだけでなく、
サシバを呼び、
合鴨が育ち、
子どもたちがはしゃぎ、
雑草も楽しめる。

労働生産性が低いから、
コストパフォーマンスが悪いから、
どんどん日本中の地域から激減していますが、
お金だけでは測れない、お金には測れない多様な価値があるのです。

選挙間近、その価値を深く理解して守る力のある政治家を
心の底から望んでいます。

   by 里山おやじ

2019年07月04日

第10回・開校日のお知らせ

7月15日(月だけど海の日でお休み)13時から、
通算10回目の開校日「森まなび・山あそび」を開催します。

前回の開校日の時に、
「次回、海の日の開校日のテーマは柿の利活用の予定です。」
とお知らせしてたんでありますが、
若葉利用の時期は過ぎてしまい、
果実はもちろん、青柿利用の時期にはちと早すぎまして、
申し訳ありませんが予定変更。

ひっさびさに「森まなび」は「優命園の農場見学会」にします。

・樹木観察・・・柿を含めて、梅やクルミなど。
        (まずは果樹の結果習性を知ろう!)

・農場見学・・・サシバ田んぼプロジェクトの紹介
(可愛くて、くそわがままな合鴨ちゃんたちに会えるよ!)

・ティータイム・・・ちょっと珍しいものを用意してみます。
          (「えっ、これって食えるの」コーナー)

・山あそび・・・子供たちには、いのち森ペーターパークを開放します。

<参加費> 大人(高校生以上)650円  子供(小中学生)350円
      未就学児は無料

 定員20名くらい。(今のところ、予約された方6名です。)

 お問い合わせ 0197-36-3292

2019年05月05日

第9回開校日・森まなび山あそび

超大型連休も残すところあと2日・・・
という五月晴れの中、第9回開校日開催しました。

森まなびのテーマは「里山山菜スペシャルデー」略して里山サンデー。
参加者総勢29人は久々の満員御礼。

P1340061.JPG

まずはやさし森に入って、心行くまでのワラビ採り。
雨が少なくて、ややワラビの出が心配でしたが、
この人数で一斉に採っても40分以上かかって、
たっぷりの収量がありました。
太くて質の良いワラビは採り甲斐もあります。

やまんば工房・若生さんの動きの速いこと、速いこと。
その速さは、動画でないとお伝えできません。

38495.jpg

続いて、いのち森へ。
子どもたちは、ペーターパークの遊具あそびへ。
(ちなみに現在ペーターは、昨日も今日も、孟宗竹で、次のモノを製作中。)

P1340073.JPG

そして大人たちは、この時期採れる様々な山菜の現地勉強会へ。

まずは5種類のウコギ科の樹木を確認して採取。
タラの芽、ヤマウコギ、ハリギリ、タカノツメ、コシアブラ。
通称天ぷら5兄弟であります。

さらにアケビの芽とサンショウの若葉もこの時期ジャストの旬。
アケビの芽は山形ではかなり食べられているそうで、
さわやかな苦みが、山菜らしくてとても美味な大人の味です。

最後にコゴミも少々採取。

おまけに、かぶれが要注意のウルシやヌルデについてちょっと学習。

ゆっくりと木漏れ日のいのち森を周ってあずまやに引き返してきました。

P1340082.JPG

あずまやではまず、ワラビのあく抜き実演。
何年か前に、ここで地元のEさんを呼んで実演してもらいましたが、
今はすっかり自分の技として身に付けられたかあちゃんです。
愛農かまども久々に大活躍いたしました。

P1340093.JPG

さて、お腹もすいてきたところで、
山菜づくしの試食会。
今日、採取した色々な山菜の食べ方体験です。
そのメニューは、

・ワラビの浅漬け(今年のワラビ)
・ワラビとコゴミのおこわ(昨年の塩蔵ワラビ)
・コゴミのマヨネーズ和え
・アケビの黄身和え
・ウコギの味噌和え
・山椒味噌とおにぎり
・差し入れの北上アスパラとクロモジ茶
・抹茶ケーキ

P1340090.JPG

気温は26℃にもなりましたが、
さわやかな風が吹く最高のお天気で、
あずまやでの外ご飯は美味しくて楽しくて、
おしゃべりの尽きない素敵な時間になりました。

地域資源のシンボルの一つである山菜。
丸1日、仲間と共に、この資源とじっくりと
五感で向き合った1日でした。

そして今日から今月いっぱい、ワラビ刈りの予約受付いたします。
採取したワラビは1キロ600円でお持ち帰りいただけます。
お問い合わせください。0197−36−3292



2019年05月02日

5月5日、予約満員御礼

5月5日、令和最初の開校日ですが、
参加予約される方が久々に20名を超えました。
たくさんのご予約ありがとうございます。

それで、申し訳ないのですが、
今回は山菜採り放題企画もありますので、
ここで参加を締め切らせていただきます。

当日の模様は、ブログでお伝えしますし、
次回は7月15日、海の日に開催いたします。
(おおまかなテーマは柿の利活用)

よろしくお願いいたします。

2019年04月23日

第9回・定期開校日

里山にやってきました山菜の季節。

春先の温かさのせいか、この春のタラの芽はなんとも早いおでまし。
で、4月中旬から食卓に。

P1310245.JPG

というこの季節、今年最初の・・・通算9回目の開校日は、5月5日。
「山菜取り体験会」というテーマに絞って企画します。

多分、ワラビも出始めていると思われますので、
ワラビ採り体験と、そのあく抜き体験。
採ったワラビはお持ち帰りください。

やさし森のワラビ群生地はかなり整備したので、
年々、採りやすくなってきております。

さらに希望者は山の観察コースを歩きながら、
タラノキをはじめとする
ウコギ科の山菜の見分け方を学びましょう。

P1310262.JPG

岩手の里山に自生する5種のウコギ科は、
みな山菜として食べられる「おいしい科」です。
貴重な地域資源ですから、
ぜひ覚えて季節の食卓に載せて楽しみましょう。

当日は、いのち森・ペーターパークの手作り遊具スペースも解放します。
お子様はツリーハウスやスラックラインやジャングルジムで、
どうぞ、遊んでいってください。

<里山生活学校・第9回・開校日>

・5月5日(日)13時より

・里山生活学校 奥州市江刺広瀬字松館89

・「山菜取り体験会」採ったワラビは無料でお持ち帰りokです。

・ウコギ科山菜観察会

・山あそび・・・ツリーハウスやスラックラインやジャングルジム

・参加費 大人(高校生以上)650円  子供(小中学生)350円
     未就学児は無料

 


2019年03月21日

山菜取りの季節に向けて

まだまだ先だけど、
来年度最初の開校日(5月5日)に向けて・・・
ワラビ採り体験場の整備を開始。

P1330761.JPG

イバラやカヤの草刈りと、
急斜面の足場づくり。

P1330758.JPG

農場周辺でこの春伐倒したニセアカシアの大枝や幹を
この斜面に運び込んで、足場の材にしていきます。

P1330812.JPG

さてさてそんな山菜の季節に、

里山農場の「うたがき優命園」では、
今年はこんな受け入れも始めまする。

受け入れ対象は、小・中・高の修学旅行生。

どんな出会いがあるか楽しみ半分、
一方で、全校行事となると、田舎嫌いの子もいるよな、
と思うと不安半分。

どうなりますか・・・。

   by 里山おやじ

2018年10月22日

第8回・開校日

第8回、開校日。

最近はこのパターンが多いのですが、
午前中は里山若者サミット、で、がっつりの里山作業。

P1320507.JPG

この日は、ここ数年、収穫時に乾かずに苦労する田んぼの環境改善に、
少しでも日当りを良くしようと、周辺樹木の伐採と片付け。

来年から、生活学校のイベントに、
田んぼとお米との絡みを発展させていく計画もありまして、
その周辺整備という意味も込めて、貴重な第一歩にもなりました。

なによりも秋晴れで最高に気持ちよい気候の中で、
サミットメンバー3人の学生と、
久々に来てくれたドキュメンタリー映画監督の澄川さんと、
目いっぱい楽しく頑張れました。

P1320523.JPG

お昼の里山ランチは、
久々に愛農かまどとヌカかまで、炊きたてご飯を、
これまた久々にあずまやで。

P1320526.JPG

午前中の重労働(伐りたての枝や幹は重たいのです。)でお腹もすいて、
午後からの観察会、山あそびにも備えて、
モリモリとお代わりを平らげて・・・

P1320530.JPG

いざ、里山樹木観察会へ。
今回は今年初めてのいのち森コースで、
「実」をテーマに約30種の樹木を観察。

午後から来てくれたプロカメラマンの花さんに、
素敵な写真をたくさん撮ってもらいながら、
今回も図鑑づくりを兼ねたスタイルの観察会で、
ガイドはサミットメンバーの智君。

樹木イラストもさらに増えて18枚。
会を増すごとに確実に中身が充実してきました。
参加者がガイドの説明を聞いてから、
各樹種の利活用がイラストによってもう一度再確認されことで、
印象付けられていく効果もとても高いように感じます。

そもそも1度に30種もの樹種観察は、
かなり欲張りな数だと思うのですが、
「これはイラストにするとどう表現されるのか」
という楽しみが加わって退屈しません。

里山生活学校ならでは、のオリジナルな観察会が、
自信をもって展開できるようになった気がします。

P1320538.JPG

今回は田んぼ近くのビオトープまで足を延ばしてのロングコース。
たっぷりと2時間以上歩いて、子供たちチームが遊ぶ
ペーターパークに合流しました。

P1320533.JPG

フェスタ前にペーターとみぽりんが作ってくれた杉丸太シーソーは、
フェスタでは雨のため使えませんでしたが、
ここでようやく使えてよかった!

このあと、子供たちは日暮れまで、
思う存分いのち森で遊びきって、
今年最後の開校日を満喫してくれました。

P1320546.JPG

さて。
開校日終了後も、
若者サミットメンバーは、熱い熱い里山樹木図鑑図鑑編集会議、

さらに夕食後は、
先月、屋久島に行ってきたメンバー・めいちゃんの
「屋久島(どしゃぶり)報告会」
(屋久島って九州で一番標高高いって知ってました?)、

おまけに里山経済学者(を目指す)里山おやじの
「おかねっておっかねー」講座(本日の受講者は1名)、

と、第8回・開校日の里山生活学校の濃密な一日は、
月が沈んでオリオン座流星群が飛び交い始めるまで、
延々と続いたのでありました。

   by 里山おやじ

2018年10月12日

第8回・開校日のお知らせ

この秋の稲刈り作業が少しでも楽になるよう
フェスタ前から、毎日のように溝切りをしてきた優命園の田んぼ。

少しでも乾くように願っておりましたが・・・
9月中旬からの雨続きで・・・・

P1320381.JPG

さらに稲刈り直前に、週末の連続台風のパンチにとどめを刺され・・・
受験生も半強制的ボランティア出動させて水を切ったのでありますが・・・

P1320443.JPG


結局、今年も、バインダーが使えないところが約半分。
これをすべて手刈りでやる羽目になりました。

P1320420.JPG

田植えに続いて、若者サミットメンバーが2回お手伝いに来てくれましたが、
それでも1週間以上かかりまして、ようやく終わりました。
(お手伝いに来てくれたみなさん、ありがとね。)

が、本当にぬかって大変なところは、写真を撮る余裕もなく、画像が残っておりませぬ。
(第一、手がどろどろでカメラが持てませぬ。)

しかし、不思議なことに、これだけの重労働、1日3,4時間ぶっ続けても
まったく筋肉痛なしなのであります。
年取って体力、筋力は落ちたというのに、これはどういう現象なのでしょうか。
(痛みを感じる神経が鈍ってきたのか?)

とはいえ、2年続いてのどろどろ手刈り稲刈りは、いただけません。
仕事として、なんというか、美しくない。
従いまして、当然、排水路の改良がこの冬の大きな課題であります。



さてさてさて。
前置きがぬかるみにはまった如く、長くなってしまいましたが、
これが、「稲刈りに手いっぱいで告知が遅れちゃいましたが」という
言い訳でありまして、本題は・・・

今年4回目の第8回・開校日「森まなび・山あそび・モノづくり」開催します。
が、(今回も図鑑編集会議が入るためモノづくりはお休みです。ごめんなさい。)

P1310814.JPG

実りの秋という季節ですから、6月に続いて今回もテーマは「実」。
里山103種類の樹木リストを持って、いつもの観察会コースを歩きながら、
この時期見られる各樹木の実をじっくり観察しましょう。

樹木利活用や食べられる実に関心ある方に
とても興味深い観察会になると思います。

若い感性で、美奈ちゃん&夢ちゃんコンビの描く本当に素敵な
オリジナル樹木イラストも
1枚ずつ増えてきましたので、そちらもお楽しみに。

山あそびの方は、いつものように
ツリーハウスや竹滑り台、
フェスタ前にペーターが直してくれた杉丸太シーソーも。

33209.jpg

(ペーターと言えば、アーボリストとしてのお仕事ぶりが、
 先日何気なく地元テレビに映っておりました!)

そして雨のため、フェスタでできなかったスラックラインを張って遊びましょう。
昨年フェスタ前に完成したジャングルジムもね。


10月21日(日)13時〜

・里山樹木利活用観察会

・山での手作り遊具あそび

・参加費(大人)650円(子供)350円

P1310624.JPG

   by 里山おやじ

2018年08月01日

第7回・開校日(後編)

集まってもらった参加者には、
川村さんから、蒸留装置の説明をしていただき、サンショウの匂いをチェック。
2時間後このサンショウからどんな蒸留水(ハーバルウォーター)
と、精油(アロマオイル)が採取できるのか・・・。

P1310792.JPG

川村さんにはその後約2時間という蒸留をお任せして、
その間の時間を利用して、一同里山樹木観察会へ。

観察会のガイドは、前回に続いて岩大農学部4年生の智君。

P1310814.JPG

この里山観察コースの樹木にすっかり慣れて来た智君、
事前にその樹木に関わる写真も十分用意してくれてとても良いガイドでした。

そしてなにより、この観察会の主役アイテムは、
同じく岩大4年生の美奈ちゃんが描いてくれる樹木に関わるイラストです。
参加者も次にどんなイラストが登場するのか
期待をもって楽しみにしている空気が伝わってきました。

図鑑づくりと連結したこのイラストは、
まだまだこの先増えていきます。

一般参加者と違って、
岩大1年生の若者メンバーには、4年生智君のガイドを聞きながら、
ゆくゆくガイドができるくらいの力を身に付けるためのよい機会。

いわば、ガイド養成講座のような場として、
この観察会が機能しているようで、
それはそれでとてもいい光景に見えました。

P1310836.JPG

さて、暑い中、観察会から帰って来ると、
かあちゃんの手作りアイス&シソジュースとともに、
川村さんのサンショウ蒸留水が採取されておりました。

早速これをリフューザー(熱ではなく、振動を利用して蒸気を飛ばす仕組みらしい)
と呼ばれる装置に入れて、
その香りを里小屋中に放出してみました。

うん、これは確かにさわやかな香りです。
昔どこかで嗅いだことのある香りのようで思い出せない…
柑橘系とハッカを混ぜ合わせたような・・・
鼻を近づけて思い切りクンクン嗅いでみると、
強いレモン風味のピリリとした刺激にむせてしまいそうな感じです。

科学的にどんな成分からの香りなのかは不明ですが、
前回のクロモジ同様に
間違いなくアロマチックな芳香。
これならアロマセラピーとして大いに楽しめます。

一方、オイルセパレイターの表層にたまった精油は、
クロモジと比べたらもう、ほんのわずかな量。
それを川村さんがセパレイターのコックを慎重に慎重に開閉しながら
確実に分離採取しました。

P1310838.JPG

採取したサンショウ蒸留水を参加者人数で分けて、
最後にこの貴重な精油を1滴ずつ蒸留水に垂らして、
これが本日のワークショップのお土産です。

川村さん、暑い中、
面白いサンショウ蒸留ワークショップをありがとうございました。

そして、川村さんには、手打ち胡桃の葉を持ち帰ってもらいました。
この葉っぱも特に若葉の時期にかなり強い柑橘集を出すので、
きっとアロマチックな蒸留水が取れるに違いないと、
ひそかに期待していたものです。
どんな蒸留水が撮れるのか、楽しみです。


このあと、若者メンバーと生活学校スタッフで、
「里山樹木利活用図鑑」の編集会議を開き、
これもまた大いに盛り上がりましたが、写真撮り忘れ。
また、いつかまとめて報告します。

     by 里山おやじ

2018年07月30日

第7回・開校日(前編)

第7回・開校日。

いや〜、暑かった、暑かった。
「ここは本当に岩手なのか!」と怒鳴りたくなるほど。
もう、連日なので驚きゃしませんが・・・。
早朝から2時間、地域の草刈り作業のあったワタクシは、もう朝から汗だく。

午前中に到着した若者サミットメンバーは、
この中で干し草の切り返しや
ジャガイモ堀を2時間みっちりやってもらいました。
時折吹く心地よい風が、わずかな救いではありましたが・・・もう汗だくだく。
(ちなみに過去最高とも思えるニジュウヤホシの大発生で、
7月前半に葉を食い尽くされたジャガイモの収量は過去最低。泣)

P1310772.JPG

そのメンバーのランチを薪ストーブで作るかあちゃん
(の、たくましい腕)は、さらに汗だくだくだくでありました。
(あまり汗をかけないかあちゃんにも今年の暑さは別なのです。)
この日のメニューは、
ジャガイモ堀にちなんでのスコップコロッケ、
ビーズのコールドスープ、
鶏ササミフライ、
ナス、ズッキーニの素揚げに、
おにぎりとみそ汁。

恒例の「里山自給プレート」大好評でありました。

P1310776.JPG

さて、若者メンバーでワイワイとその汗だく早ランチをしているところへ、
本日のメインイベント「サンショウ蒸留ワークショップ」講師の川村さんが到着。

ワークショップは午後1時開始ですが、
蒸留には3,4時間かかるので、午前中から装置をセッティングして
蒸留をスタートさせるためです。

P1310778.JPG

持ってきてもらったサンショウの枝から葉をはさみで切って、
15万円もするという蒸留装置のステンレスの鍋に
ぎゅうぎゅうと入れていきます。
そこいらじゅうにサンショウのよい香りが充満。
季節がらウナギが食べたくなる気分・・・。

P1310784.JPG

このグラハム冷却管という装置に冷却水を循環させて、
沸騰して出てきた蒸気を冷やし、
蒸留水が点滴となって落ちてきたものをオイルセパレイターに集めます。

学生の頃にやった理科の実験の授業をかすかに思い出しました。
若者サミットメンバーはほとんどが理系学生なので、
この装置自体に鋭く食いついておりました。

そうこうしているうちに参加者が続々と集まってきて開校日スタートです。

          by 里山おやじ