CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年08月25日

第7回里山フェスタ情報・16 「ナナツノツキノ」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「ナナツノツキノ です」

二人の写真.jpg

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
 圃場の場所:北上市和賀町煤孫望野2−1

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、  きっかけについて教えてください。
 連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
「魅力は何と言っても、河内山一家が暮らしている暮らしぶりをかいま見れるところ。
 こうやって土地と接したり活かしたりしてるのだなぁと勉強になります。
 また、他の出店者さんはじめ、スタッフの皆さんも非常に気持ちのよい、 
 想いのある方々が多く、初めて会う方でもなぜか安心感があります。

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
 麹2種(減農薬「ひとめぼれ」・農薬不使用天日干し「亀の尾」の麹)
 それを使用した甘酒ドリンク
 少ないとは思いますが、少量の野菜を持参予定です。(ハーヴ類など)
 
ナナツ稲.jpg

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「100%自家製素材です。」

・お客様にメッセージをお願いします。

「麹はおいしいですね〜」
「ありがとうございます。真空にして冷凍保存しています」
「甘酒に仕込んでも、塩麹に仕込んでもお米の香りが生きてます!」
「ひとめぼれは甘く濃厚に、亀の尾はさらっとさっぱりに仕上がりますので
 お好みのものをお求めください。」
「今回はナナツノさんの顔ともいえるジェイ君不在なんですよね。残念」
「カナさんとのかけあいも私の中ではツボなので残念です・・」
「新しい顔としてまぁこさんデビューですねっ!」
「やめてください〜あせあせ(飛び散る汗)控えめにこそっと売り子してますので・・」
「どんな絡みができるかなぁ・・ふふふ!」
「普通でいいです!普通で!!」
「私の普通でいきます(笑)」

2017年08月24日

第7回里山フェスタ情報・15 「喫茶ミニヨン」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「喫茶ミニヨンと申します」

ミニヨンブログ.jpg

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
 〒023-1111 岩手県奥州市江刺区大通り7-22
  0197-35-3193
 営業時間 10:00〜18:00(ラストオーダー17:30) 
 定休日 毎週土曜&第2・4日曜
 facebook https://m.facebook.com/mignon1977
blog  http://mignon324.exblog.jp/

ミニヨンブログA.jpg

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、  きっかけについて教えてください。
 連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
「里山の景色、風 、音、匂い、作り手の想いがこもった素敵な物達、
 素敵な人達とのふれあい。
 心も体も豊かにしてくれるイベントだと思います。」

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「ベリーソーダ・梅ジュース・麦茶・紅茶・焼き菓子」

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「うたがき優命園の小麦粉、卵
 江刺産無農薬ブルーベリー、和一郎のはちみつ
 北上産無農薬イチゴ
 衣川産はとむぎ
 奥州市産青梅 を使用します。」

・お客様にメッセージをお願いします
「今年で創業40年。江刺の喫茶店です。
 普段から、なるべく多くの地元産・県産・国産の素材を使い、
 添加物の無いお料理・お飲物・お菓子作りを心がけています。
 フェスタでは、皆さまに地域の魅力を感じていただけるよう、
 より多くの地域素材を取り入れたお飲物・お菓子をご用意します。
 里山の空の下、美味しく楽しく、豊かな時間を過ごせますように。
 皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。」

「お店の雰囲気にマッチしているママと聖子さん。
 だけど里山の風景にもなじんでいていい空間を作り出してくれますよね」
「いつもお店の中ばかりでお客様に対応しているのですが
 自然の中でお会いするお客様とは、同じ空間を共有できている感が
 いつもよりある感じがして私達も気持ちがいいです。」
「ママはテントとテーブルをフェスタに向けて新調してくれるんですよね!」
「うふふ。使うの楽しみ〜」
「昨年はさりげなくお花も飾られていて、
 あ〜ミニヨンさんだね〜ってスタッフと話してました。」
「初出店でどうなることかと気ばかり先走っていた昨年よりは落ち着いて
 出店に臨めそうなので、お花も増やそうかな?なんて・・」
「一日ドタバタしている私も受付に添えようかな・・。」

2017年08月23日

第7回里山フェスタ情報・14 「いわてのZINE(ジン)Acil(アシル)

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「いわてのZINE(ジン) Acil(アシル)です」

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
(お店がないのでブログのみお知らせします。)
 http://acilmorioka.blog.fc2.com/

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、  きっかけについて教えてください。
 連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
「自然と人の工夫が一体となった里山で1日過ごすことができる、とても気持ちのよいイベントで す。クイズラリーや中継など毎年新たな挑戦があり、出店者の1人として気を引き締めつつ楽し みにしています。」

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「いわてのZINE Acil」の販売、古本の物々交換(テーマ:衣食住、里山を含めた環境、健康など)、古本の販売(テーマ:物々交換と同じです)を行います。

アシルブログ.jpg

アシル.jpg

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「地域資源を生かした活動をしている方を取材し、
 ZINE(ジン/個人単位で小部数を発行する小冊子)
 という形にしてお届けしたいと思っています。」

・お客様にメッセージをお願いします
「古本の物々交換は一応「衣食住」「里山を含めた環境」「健康」というテーマがありますが、  ざっくりとした分類でOKです。
 時には、古本の中に絶版本や一般に流通しない本が混ざっていることもあります。
 掘り出し物を探すような感覚で、気軽にのぞいて頂ければと思います。
 詳細はブログをご覧ください。」

「小冊子 いわてのZINE Aci は丁寧な取材の元、
 とても読み応えのあるものになっていますねl」
「その地域で生きている熱を感じるためには実際に足を運んで
 時間をかけて体感するのが一番ですからね」
「そしてフェスタでは木陰という資源を見事に利用した
 読書スペースの提供、本の交換という楽しい提案、
 毎年どんな本が来るのか楽しみにしている方もいるんですよ!」
「うれしいです。お金の介在しない交換が本だと割と気軽にできたりします」
「私も今年こそは交換会に参加する・・時間を作る・・と思いたい・・」
「朝一お待ちしています!」
「みなさんも気軽にテーマに沿った本を持ってきて、あらたな本を手に入れてください」

2017年08月21日

第7回里山フェスタ情報・13 「わとな自然農園・てしごとやWatona」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「わとな自然農園・てしごとやWatonaです」

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
紫波町東長岡字長苗代10
Faebook:
https://www.facebook.com/watonanouen/

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、きっかけについて教えてください。
連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
「うたがきさんの入り口を入るとまず空気感が違い、浄化される気がする
 清々しい空気の中で、同じ思いに賛同する出展者さんと、お客さまと過ごす時間がとても有意義 な時間に感じられます。
 売り上げを伸ばすというより、森林浴にいく気分でとても楽しみです。」

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「自家製天然酵母を使った手づくりパン
 農薬と化学肥料を使わずに育てた朝採り野菜」

WATONA.JPG

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「紫波町産の小麦粉「ゆきちから」を主原料に、5年間継ぎ継ぎしたWatona酵母を使って、パン を作りました。
 寒暖差の激しい紫波町で、ゆっくりじっくり育った野菜です」

・お客様にメッセージをお願いします
「心を込めて作った、安心安全な美味しい野菜とパンを、
 どうぞお試しくださいませ」

「昨年はいろいろぶつかってしまい参加できなかったんですよね!」
「そうでした!今年もドキドキしながら日程を確認して、よっしゃ今年は行ける!
 主人と子供とガッツポーズ!」
「先日の台風5号の影響で、水没した畑から復活した野菜の話を聞いてからは
 収穫の喜びは奇跡に近いものもあるんだなと改めて実感しました」
「本当に・・。今年の野菜たちは今まで以上にいとおしいです」
「パンの種類も増えて、求める声も増えて、水害の時も
 そんなお客様の声に励まされたんですよね・・。」
「そうなんです!本当にありがたかったです。その声に応えるべくフェスタにも
 心を込めて作っていきますのでよろしくです。」
「お待ちしてます!」

2017年08月20日

第7回里山フェスタ情報・12 「手作り石けん Olea Trees」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「手作り石けん Olea Treesです」

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
店舗はありません。
FB : https://www.facebook.com/oleatrees/

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、きっかけについて教えてください。
連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
「去年までトコトコカタツムリとして活動していましたが、今年から独立しました。
 里山が初のイベントです。
里山フェスタは河内山ご夫婦もスタッフの皆さんもとても温かくてパワフル。
人の繋がりとモノの循環が直に見えたり、
自然の中に交わることで生まれる笑顔と雰囲気が大好きです。
地域素材を使った石けんの様々なアイデアが生まれたのは里山のお陰です」

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「 植物性オイルを主とした手作り石けん
手でこねて、ハーブや透明石けんをのせてアレンジする石けん作りワークショップ」

みき石鹸ブログ.png

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「県産の椿油やはちみつ、塩、水、羊毛などの特徴を活かした石けんを作ります。
ワークショップでは地元のオーガニックのラベンダーを使います。」

・お客様にメッセージをお願いします。
「地球にも自分にも優しく、デザインも自由な手作り石けんの魅力を伝えたくて、これから少し ずつ活動していこうと思っています。 どうぞよろしくお願いします。」

「独立しての初出店がフェスタなんて!嬉しいです」
「手探り状態ですが丁寧な対応を心掛けて、一つ一つの作品にも丁寧に向き合い
 心を込めて作ろうと思っています」
「丁寧、というキーワードはみきさんにぴったりだと思います。」
「いやいや・・」
「ワークショップは小さいお子さんでもできますか?」
「粘土遊び感覚で作れますので是非親子で作りに来てくださいね」
「使うのがもったいないような美しい石鹸です。お気に入りのカラーがきっと見つかりますよ」


2017年08月19日

第7回里山フェスタ情報・11 「ミトン」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「菓子工房ミトンです」

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
 奥州市水沢区川口町21−1  
 ま〜るくなぁれ  http://blog.goo.ne.jp/angelmitten

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、きっかけについて教えてください。
連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
「2年ぶりの参加になります。自然と一体となれる環境の中で「食の大切さ」「身体を緩めることの大切さ」をお伝えしたくて参加を決めました。
慌ただしい日常を過ごしていると、五感の感覚を生かす機会が少なくなります。
身体に備わっている感覚にアプローチして、身体が喜ぶことをご提供したいと思います。

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「菓子工房ミトンでは・・
 古代小麦「スペルト小麦」を使った体に優しいパンケーキをご提供します。
 ヒーリングミトンでは・・
 里山の自然に包まれて、アロママッサージと共にシンギングボウルの音浴も
 体験していただきたいと思います。

ミトンお菓子.jpeg

ミトン.jpeg

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「里山の空間を生かしたアロママッサージ体験は室内とまた違った効果を実感できると思います。

・お客様にメッセージをお願いします
自然を肌で感じる環境の中で、自分の身体の奥深さに気づくお手伝いをしたいと思っております。

「お久しぶりです!」
「はい。声をかけてもらえてうれしいです。」
「パワーアップした智子さんの作り出す空間楽しみです」
「二年ぶりに行く里山の変化を私も楽しみにしています」
「駐車場スタッフ希望の義弟さん、菓子工房ミトンの店番妹さんとともに参加ですね」
「義弟は駐車場スタッフを熱烈希望です!」
「あの里山に響き渡る指笛復活ですね!」

2017年08月18日

第7回里山フェスタ情報・10 「ānuenue makani(アーヌエヌエ・マカニ)」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「ānuenue makani(アーヌエヌエ・マカニ)ハワイ語で虹と風の意味です。」

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
 coromo(パターン・縫製) http://coromoroom.exblog.jp/
 とKOШKA(草木染)のコラボ HP: https://kosika.jimdo.com/
 FB:https://www.facebook.com/kosikatarogu/ 

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、きっかけについて教えてください。
連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
 「普段から綿・シルクなどの天然素材の布地に草木染をして、その布と自然と働く人からインスピレーションを受けて作品をつくっています。だから、里山に作品が並ぶ時、なんともしっくりくる感覚があります。」

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「今回はオーガニックコットンに草木染(里山フェスタ限定色もあり)をしたふんどしパンツを
中心に働く服(エプロン・まえかけ)など里山で生まれた作品も並びます。」

アーヌエブログ画.jpg

アーヌエ2.jpg

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「基本的に普段から素材・原料自体、里山にあるものを主に使っています。
 例:今回のふんどしパンツではマツヨイクサで染めています。」

・お客様にメッセージをお願いします
「ぜひ、里山の豊かな環境を五感をフルに楽しみにいらしてくださいね♪」

「女子の間でひそかなブーム ふんぱん!フェスタで登場ですね!」
「草木のパワーも込められているので一度はいたら癖になりますよ!」
「お客様は女子率高いですからね」
「里小屋の中でつつましやかにお待ちしております。」
「当日会場でのマイク宣伝はやめときますね・・」

2017年08月17日

第7回里山フェスタ情報・9 「KOШKA」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「KOШKA(コシカ)ロシア語で猫の意味です。」

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
KOШKA HP: https://kosika.jimdo.com/
     FB:https://www.facebook.com/kosikatarogu/ 

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、きっかけについて教えてください。
連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
 「普段から粘土、釉薬等も草木染も自然素材が主です。また里山フェスタには里山の粘土や素材を使った釉薬なども使用しています。なので普段から沢山のインスピレーションを受ける自然の中(里山)で作品が並ぶ事はとても自然であり、理想の形だと思っています。」

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「作品としては里山おやじ(耕さん)とコラボのマグカップを限定販売します。耕さんがカップのフタにもなる胡桃の木でつくったミニ皿に合わせ、皿のバランスに合わせて里山や胡桃をイメージして作らせていただきました。どれもデザインがひとつひとつ違い、世界にひとつずつしかないカップになりました。
また、ちょうど季節にぴったりでこの時期しか出来ない、柿渋の生柿渋染めをWSします。
今回はコースター・ランチバックに加え新たなアイテムにランチョンマットを入荷しております。
水に強い柿渋染め、ランチョンマットを染めたらきっと上部で長く使っていただけるのではないかと思います。」

コシカ.jpg

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「やきもの作品では里山の粘土、草木染では里山の青柿」

・お客様にメッセージをお願いします
「ぜひ、里山の豊かな環境をお楽しみ頂き、WSや作品を通して里山素材を身近に感じていただけ たら嬉しいです♪」

「コラボ作品の提案、快く引き受けてくれてありがとう!」
「いや〜悩んだ分だけいいものができたと思うんだけど〜」
「このカップの表面のクルミ感といったらもぉ・・」
「この凸凹感はストローの先っぽで一つ一つつけていったんだよ・・」
「えっ!そうなの?でこぼこの上をころころ〜って転がしたのかと」
「一つ一つ手でつけたんですっ!!手間かかったんです!もう作れない!」
「この色合いもまさにクルミ!
 取っ手についてるリスも、取っ手のクルミもいい味出してる!」
「だから〜たくさん作れませんっ!」
「こちらも限定品ですあせあせ(飛び散る汗)気になる方はお早めに!
 あっ!カップとコラボの里山おやじ作クルミ材のお皿ももちろんいいですよっ!」
(とってつけたような言い方ではないです・・断じてない・・です)

2017年08月16日

第7回里山フェスタ情報・8 「Yoga Studio SOHAM 八重樫桃子」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
Yoga Studio SOHAM 八重樫桃子

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
〒024-0013 岩手県北上市藤沢12-34
http://blog.livedoor.jp/soham108/

・今回が初参加になる出店者さん、しばらくお休みしていて今回再度参加される出店者さんは、きっかけについて教えてください。
「連続して参加いただいている出店者さんは里山フェスタのご自身なりの魅力を教えてください。
今年で3年目になります。里山フェスタの魅力…それは、里山それ自体。自然も人も分け隔たり無く、今を生きることをふつふつと体感できる場所です。自然は美しいし、その中にいるだけで満たされていくのがわかります。モノや時間に振り回されることなく、人の持つ思いやりややさしさに溢れたイベントです。まさにヨガが目指す「いまここ」にストンと落ちていく、中心が安定していて、落ち着いていく精神。そこに導いてくれるのが里山のエネルギーです。」

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
ヨガ=ポーズではない、もっとゆっくりとした身体の動きで普段の癖や偏りに気づきます。それは身体だけじゃない、思考や心の動きにもつながっています。呼吸と身体の動きを合わせながら、少しずつ身体のこわばりをほぐす方法と、呼吸が深くなっていくことの心地よさを里山の自然の中だからこそ、内側から感じられる心地よさをみなさんとシェアできればと思っています。

ソハム.JPG

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
例:クラフト作品やワークショップは、里山のエゴや山桜、クルミ、ヤナギなどの樹木を活かしたものが主体です。
私たちの五感を使って、里山の自然をフルに感じていきます。空の色、雲の動き・形、風、草、土、すべての色・感触・匂い・音…。そしてだんだんその奥にある心や思考の動きを観察していきます。頑張らなくても、しぜんに身体や心がほぐれていく、里山の自然は人を癒す力があります。



・お客様にメッセージをお願いします
今年は参加しやすいように料金をお安くしました。頑張らないヨガ。暮らしの中で簡単にできるポーズや関節をほぐす動きをご紹介します。外でやるヨガはとても気持ちがいいです。持ち物は特に必要ありません。時間が余ったら、ちょっとした息抜きに、食後でも。初めての方も、ご経験がある方も、身体が硬い方もどなたでも気軽においでください。お待ちしております!

「今回は参加しやすい体制ですね!」
「はい。場所も少し山から下りたところを予定しています。」
「上の方が見晴らしはよかったんですけどね・・。」
「空に近くて気持ちはいいのですが、そこまで来るのに山登体験になってしまうんですよね・・」
「な、なるほどあせあせ(飛び散る汗)
「小さいお子様でも参加できます。ご家族でぜひ!」
「囲いのない中でのポージングは想像以上に体も心も解放されますよ!」

2017年08月12日

第7回里山フェスタ情報・7「風蔵」

・お名前 or お店の名称をお知らせください。
「風蔵feat.安孫自然塾です」

・所在地、お店がある方はそちらの住所もお知らせください(ブログ等がある場合はそちらも)
「岩手県葛巻町在住
 風蔵ブログ http://stm19.blog79.fc2.com/

・フェスタではどんなこと ( 物 ) を提供されますか
「うたがき優命園で生産された稲わらを使った鍋敷き、円座、他。
 葛巻の山の木を使った樹皮細工、木工など。」

風蔵@.JPG

風蔵A.JPG

・地域資源、地域素材、里山地域の利活用をどのようにとらえ、取り入れる予定ですか 
「葛巻の林業家・外久保蔦雄さんが主宰する「安孫自然塾」にて、身近な自然素材を使ったものづくりや暮らし方に出会って以来、自分なりの創作を続けています。
地域の先人の知恵に学びながら、自分のセンスを磨いて、素材そのものの良さが伝えられるものを作りたいと思っています。」

・お客様にメッセージをお願いします
「自分にとって毎年欠かせないイベントとなった里山フェスタ。
里山で暮らす植物も動物も、そこに集う仲間たちのキャラクターも、まさしく多様で、それぞれが気持ちよく関わり合っているところが大好きです。
今回、風蔵はブーステントを張らず、稲わらの鍋敷きのワークショップを里小屋でやらせていただく傍らで、小規模な展示販売をさせていただくことになりました。
自分の出店&ワークショップはもちろん、他の出展者さん巡りもワクワクですし、私自身、一日里山フェスタを満喫したい(笑)!
皆さまにお会いできることを楽しみにしています。」

「今回はチラシ作成のご協力感謝ですっ!」
「ふぅ〜やっと燻製&ジャガイモとの交換が終わった〜」
「本当は樹皮籠と円座希望だったんだけどね・・」
「(;'∀')」
「一つ一つ丁寧に作成するから数はできないんだもんね!
 そっちはお客様に譲ります!」
「今回は作品販売もですが、メインは稲わら利用の円座ワークショップ!
 繊細な樹皮や麦藁を利用するよりザクザクできる稲わらが私と相性抜群!」
「大人向けのワークショップになります。材料の関係で人数に限りがあります。
 ご予約をお勧めします!」